マーク金井blog

2019年01月28日超私的な考察 常識外れにやさしいパターってどんなパター!?

YouTubeアナライズチャンネル 最新動画はマーク金井がテーラーメイドM6ドライバーを試打しています

 


昨日の夜は、大型電気店にじっと居座ってテニス観戦してました。大阪なおみ選手が2セット目にマッチポイントを握ったので「これはあっさり勝つのか!?」と思いきや、そこからグビトバ選手が驚異的な粘りをみせて2セット目を奪取。これで流れはクビトバ選手に行ったのかと思いきや、3セット目に最初にブレークしたのは大坂選手。そこからは危なげないプレーを続け、最後まで安定したプレーで初の全豪オープンのタイトルを手に入れました。

これで大坂選手は全米オープンに続いて4大大会2連勝。日本人プレーヤーとしては初の世界ランク1位となることが決まっています。4大大会は優勝賞金も桁外れで、なんと3億2000万円。この1勝で昨年のゴルフ国内男子ツアー賞金王が獲得した賞金の2倍以上を獲得しています。

大坂選手のプレーを見ていたら、テニスもやりたくなってうずうずしていますが、目下のところ上達を目指しているのがボウリング。46年振りにボウリングを再デビューし、半井プロにマンツーマンで投げ方を教わっています。

 

 

右利きなのでボウリングは右投げで練習してますが、46年前と劇的に違うのが投げ方です。昔は片手で投げるのが当たり前でしたが、今どきは片手投げだけでなく両手で投げるプロもいるそうです。「ホンマかいな?」と思ってYouTubeで検索してみたら、オーソドックスな片手投げのプロだけでなく、両手で投げるプロもいるのです。日本ボウリング協会によると、両手投げのプロ選手が誕生したのは2013年。男子プロ約790人のうち、少なくとも7人は両手投げだそうです。

 

 

両手でボウリングのボウルを投げるメリットは球を曲げやすいこと。そしてボウリングの投球で一番デリケートな部分である、「親指をボールから抜く」という動作が省かれ、リリースのタイミングに神経を使わなくていいのだそうです。マーク金井は今のところ片手投げで練習してますが、ある程度投げられるようになったら両手投げにもチャレンジしてみたく思っています

 

 

 そして、そして、このボウリングの両手投げを見てひらめいたことがあります。それは、パターの打ち方についてです。

 

 

ゴルフの場合はボウリングとは逆で、両手でクラブを右ってスイングするのが当たり前な動作です。そして、ルール上は両手だけでなく片手でストロークしても問題ありません。実際、すごく短い距離のパットでは片手ストロークしてカップインさせることも珍しくありません。

 

 

察しのいい人はもうお分かりでしょう。

 

 

 

ボウリングの両手投げを見て超私的に閃いた(ひらめいた)のは、パターの片手打ちと、片手で打てるパターの設計、製作です。ドライバーやアイアンと違ってパターは遠くに飛ばす必要ありません。テニスや卓球は片手で道具を操り、そして精度の高いショットをしています。それを考えると、パターだって片手で打つのに適した道具(パター)があれば片手の方が上手くストロークでき、かつ精度の高いパットが打てる可能性があると思うのです。

 

 

 例えば、金づちで釘を打つのを思い出してみて下さい。金づちを両手で打つ人はまずいません。大多数の人は片手で金づちを持って釘を打っていますが、金づちに慣れてくればかなり正確に釘を打てるようになるはずです。

 

 

そして、そして金づちの柄の部分の太さはゴルフのグリップの太さに類似しています。パターも金づちのように片手で操りやすい重さになっていれば、片手でも違和感なくストロークできるようになる可能性は高いのです。

 

 

パターの場合、ストローク中に左右の手の力加減が変ったり、左右の手が同じスピードで動かないということが少なからずあり、そうなるとヘッドの動きが不安定になってミスが出やすくなります。ゴルフ歴が長いプレーヤー、そしてパットが苦手なプレーヤーほど、左右の手が同じスピードが動きづらくなっています。

 

 

対して、片手でストロークすれば左右の手が違う動きをするということがなくなるのです。右打ちの人ならば右手だけでストロークする。パットの練習でも右手だけでストロークするというのがありますが、方向性を気にしないのであれば、両手よりも右手の方がスムーズにストロークできる人は少なからずいるはずです。

 

世の中に出回っているパターは両手で打つのに適した長さ、両手で打つのに適した重さになっています。なので片手で打つのには少々厄介。でも、片手で打つのに適した長さ、片手で打つのに適した重さのパターがあれば、片手でも距離感、方向性が安定させられるような気がしてならないのです。

 

 

ネットで検索したら、今のところ片手ようのパターは世の中に出回ってません。パターの片手打ちは練習法として紹介されているだけで、実際のプレーで片手打ちを推奨している人もいません。練習では片手打ちは効果があるにも関わらず、実際のプレーでパターの片手打ちを進めているプロもいないようです。

 

 

片手で打つのと両手で打つのとでは、どちらの方がパットの入る確率が上がるのか?

 

 

2019年はこれについてもじっくり研究してみたいですし、片手用のパターを開発してみたいと思います~。

 

(▼▼)b


←クリック


カテゴリー 超私的な考察

コメントは停止中です。