マーク金井blog

2019年01月24日超私的な試打インプレッション キャロウェイエピックフォージド スチール仕様

YouTubeアナライズチャンネル 新しい動画は

今話題のテーラーメイドM5ドライバーをマーク金井が徹底試打インプレッションします

 


ここ数年、スノボ三昧になので冬場はまったくコース出てません。例年、初打ちは3月に入ってからなんですが、今年は昨日(1月23日)、初打ちをしてきました。ピンの新製品、G410シリーズをコースで試す機会をいただき、浦和ゴルフ倶楽部をサクッと9ホールプレー。プレーはサクッとですが、試打はドライバー、フェアウェイウッド、アイアン、そしてクロスオーバー(ユーティリティ)とガッツリやってます。

ドライバーはG410プラスとG410SFT。プラスの方はバックフェース側のウエートを移動することにより、重心距離を移動できる機能が付加されています。対して、SFTの方はウエートはヒール側に固定。右へのミスを抑制し、捕まりやすい特性に設計されています。
ピンは空気抵抗軽減に対しても積極的に取り組んでおり、このG410では前作よりもさらにリブ(突起)の数が増えています。ヘッド体積はどちらも455CC。ルール最大級よりもわずかに小さめです。

フェースに関しては、ピンは高強度・極薄フォージド(鍛造)フェースで高初速をアピールしていますが、キャロウェイやテーラーメイドのようにルール上限ギリギリというフレーズは出てきませんでした。

 

 

今回のピンのキャッチフレーズは、、、

 

 

 直球勝負!!!!!

 

ピンは慣性モーメントの大きさをアピールしているメーカーです。慣性モーメントが大きくなると直進性が高い弾道が打ちやすいわけですから、モノ作りとキャッチコピーに隔たりがありません。実際にコースで試打してみても慣性モーメントの大きさが手に伝わり、そして直進性の高い弾道が打てます。意図的にドローを打ちにいっても曲がり幅はほんのわずか。前作G400と比較すると捕まりが良くなり、ドローを打ちに行った時、右にスッポ抜けにくくなっています。

 

 

さて、今月はキャロウェイテーラーメイド、そしてピンの新作ドライバーを試打していますが、マーク金井が2019年、最初に衝動買いしたドライバーは、キャロウェイのエピックフォージド。エピックフラッシュが出たことでマークダウンされ、3万円以下という魅力的な値段で手に入れることができました。エピックフォージドはフルチタンヘッドで、ネックは固定式。シンプルな構造が好きなので、マークダウンの情報が入るやいなや、つるやゴルフ神田店に足を運んで手に入れました。

 

 

エピックフォージドを購入した理由は値段の安さだけではありません。バンパースチールを作ってみた時、「今どきのドライバーにもスチールシャフトを装着」してみたかったのです。

 

スチールシャフトは島田ゴルフ製作所の100g台の軽量スチール。フレックスはR(レギュラー)です。エピックフォージドのヘッド重量は192.9g。やや軽めだったので、長さは43.5インチで組上げました。スペックをざっと紹介すると、、、

 

 

クラブ重量 350.8g
バランス D0(ヘッドに鉛を3g付加)
振動数 266cpm
センターフレックス値 4.05
リアルロフト 9.5度(表示ロフト9.5度)

 

 

純正シャフト装着時に比べると約60gも重くなり、長さは2インチ短くなっています。数値だけみるととてつもなくハードな感じがしますが、いざ打ってみると、「なんだこりゃ~」ってぐらいスンナリ振り切れました。重くないと言ったら嘘になりますが、スイングしている時はちょっと重いかなってぐらいで、重さに負けることがないのです。

 

 

試打して弾道計測してみると、シャフトが短いことと重いことが影響しているのでヘッドスピードは上がりません。これはバンパースチールの時と同じです。ヘッドスピードで1~2m/sダウンし、ボール初速も2~3m/ほどダウン。飛距離に関しても8~12ヤードほど落ちます。今どきのドライバーよりも飛ぶなんてことは絶対にありません。

 

 

しかしながら、こと安定感という意味ではスチール仕様にはアドバンテージがあります。重さがあるとテークバックでしっかり身体を使えます。また、切り返しのタイミングが取りやすく、ダウンで手元がストンと落ちます。インパクトの再現性が高まるので、大きなミスが出づらく、方向性が安定します。ティショットをバントさせたい(フェアウェイキープ)時には、かなり有利です。

 

 

加えて、試打して感じたのがクラブの挙動。一言で言うと、、、

 

 

 スチール装着ドライバーはアイアン感覚で打てる!!!!!

 

ドライバーにスチールを装着すると、アイアンにスチールを装着したのと同じ。同じ材質のシャフトなわけですから、アイアンと同じようなしなり感、アイアンと同じようなインパクトの感触を味わえるのです。エピックフォージドの重心距離は37.5ミリと今どきのドライバーとしては重心距離が短め。重心距離が短い方がスチールシャフトの相性が良いことも影響しているのでしょう。

 

 

ドライバーとアイアンを同じ感覚で打ちたいというゴルファーが少なからずいますが、もしも本当に同じ感覚を求めているならば、ドライバーとアイアンも同じ材質のシャフトで揃えるのは大いにアリだと思います~。

 

(▼▼)b


こちら限定入荷しました

アナライズのRS1.5パター、限定発売ですが、売り切れていたスペックも入荷するそうです気になっている方、ぜひこの機会に

こちらでスイングのレベルアップを!

←クリック


カテゴリー 超私的な試打インプレッション

コメントは停止中です。