Products

  • 短尺スチール
  • R25チッパー
  • mmUT
  • mmアイアン
  • mmウエッジ
  • ゴルフの竪琴
  • NEOスーパーシャットくん
  • フレループ
  • スポンジボール&パイロン

アナライズはゴルフクラブの「定番」を提供致します。

ずっと長く使っても色褪せることなく高い性能を維持しているのが定番であり、自分の手足の延長のごとく体にすっと馴染むのが定番です。 ゴルフの世界ではシャフトやグリップには長く愛される定番アイテムがありますが、ゴルフクラブに関しては頻繁にモデルチェンジがなされているものが大半です。
アナライズが販売するクラブはモデルチェンジありきではなく、継続販売を前提に設計、製作がなされています。シャフトやグリップだけでなく、ゴルフクラブにも定番があってしかるべき。
マーク金井が設計するゴルフクラブはずっと長くお使いしていただける定番仕様であり、アマチュアのスコアメイクに確実に役立ちます。

アナライズbyマーク金井(▼▼)b

クラブを整える

この50年間でゴルフクラブは劇的な進化を遂げていますが、アマチュアゴルファーの腕前はほとんど変っていません。昔も今もシングルゴルファーの比率は5%以下ですし、多くのゴルファーが100が切りに苦労しています。クラブが進化しているのとは裏腹にアマチュアゴルファーはクラブの進化を享受できていません。

アマチュアゴルファーはスコアアップに苦労している要因はいくかありますが、そのひとつは「進化したクラブ」の多くは飛距離性能に特化するあまり、アマチュアゴルファーも飛ぶクラブを使う傾向にあります。飛ぶクラブは確かに魅力的ではありますが、「飛距離=スコアアップ」とは限りません。

アナライズが考えるスコアメイクに欠かせなクラブとは、安定した飛距離を得ること、ナイスショットとミスショットの差が狭いこと、そして距離のコントロールをしやすいではないかと思っています。

ゴルフは距離を競うゲームではありません。確率のゲームです。ドライバーで大事なことは致命的なミスを減らし、確実にフェアウェイに運ぶこと。FW、UT、アイアンにおいても確実にグリーンを捕らえる確率を上げること。アプローチにおいても致命的なミスが出づらいクラブを使った方がミスのリスクを減らせ、それがスコアアップにつながるのです。

"クラブを整える" アイテム一覧

スイングを整える

レベルアップにはスイング作りは欠かせません。理に叶ったスイング、再現性の高いスイングを習得する上で大事なことは、たくさんボールを打つことよりも、正しい動きに導いてくれる練習器具を使って練習することです。マーク金井が推奨する練習器具はいずれも正しいスイング作りに役立つものばかりです。未来は現在の蓄積によって決まります。ゴルフの練習で大事なことは毎日15分でいいから質のいい練習を続けることです。

"スイングを整える" アイテム一覧

スコアを整える

ゴルフ上達にはプレーの内容を分析することが大事です。どのクラブでミスが多いのか、何打目にミスしているのかを具体的に知ることで、練習の課題が見つかり、クラブ選択、コース攻略の善し悪しについて学ぶことができます。アナライズGOLFは単純にスコアを管理するのではなく、1打、1打、自分が放ったたショットを管理できるアプリ(正式にはWebソフト)です。記憶ではなく記録でゴルフをする。ショットを分析することがスコアアップの戦略を立てることの第一歩です。

About US

アナライズとは

30年に及ぶゴルフクラブ、ゴルフシャフトの試打を経て、マーク金井が2005年に「アナライズ」を設立。設立以来、計測及び試打を繰り返したゴルフクラブは数千本に及ぶことは周知され、業界内でもひときわ注目されています。
練習器具、ゴルフクラブ、シャフト、グリップの研究開発にも余念がなく、アマチュアゴルファーのスコアアップに役立つ練習器具、ゴルフクラブを自ら設計、制作、販売を手がけています。近年はアマチュアゴルファーがずっと長く使える定番なゴルフクラブの販売に力を注いでいます。 オーナーのマーク金井はゴルフクラブを分析するのに止まらず、ゴルファーのスイングならびにスコアメイクについても徹底分析し、真のスコアアップに役立つ情報を発信しています。

アナライズとは

マーク金井とは

ゴルフ雑誌「アルバ」の編集記者を経てフリーに転身。試打したクラブは数千本にも及び、自ら試打できる専用スタジオを作りたくて2005年に神田に「アナライズ」を設立。62歳にしてベストスコア「62」をマークし、自身初のエージシュートを達成。エージシュート時もクラブの本数は7本だけで、ドライバーは43インチの短尺スチール、mmアイアン、mmウエッジ。1958年9月生まれ、関西大学文学部哲学科を7年かけて卒業。

マーク金井とは

アナライズとは

30年に及ぶゴルフクラブ、ゴルフシャフトの試打を経て、マーク金井が2005年に「アナライズ」を設立。設立以来、計測及び試打を繰り返したゴルフクラブは数千本に及ぶことは周知され、業界内でもひときわ注目されています。
練習器具、ゴルフクラブ、シャフト、グリップの研究開発にも余念がなく、アマチュアゴルファーのスコアアップに役立つ練習器具、ゴルフクラブを自ら設計、制作、販売を手がけています。近年はアマチュアゴルファーがずっと長く使える定番なゴルフクラブの販売に力を注いでいます。 オーナーのマーク金井はゴルフクラブを分析するのに止まらず、ゴルファーのスイングならびにスコアメイクについても徹底分析し、真のスコアアップに役立つ情報を発信しています。

マーク金井とは

ゴルフ雑誌「アルバ」の編集記者を経てフリーに転身。試打したクラブは数千本にも及び、自ら試打できる専用スタジオを作りたくて2005年に神田に「アナライズ」を設立。62歳にしてベストスコア「62」をマークし、自身初のエージシュートを達成。エージシュート時もクラブの本数は7本だけで、ドライバーは43インチの短尺スチール、mmアイアン、mmウエッジ。1958年9月生まれ、関西大学文学部哲学科を7年かけて卒業。

オンラインショップ

Twitter

ワイドコンテンツの見出し

ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。

サンプルボタン
PAGE TOP