マーク金井blog

2013年11月21日BSツアーステージXドライブGR 超私的インプレ!!

ドライバーの最新モデルもほぼ出揃いました。マーク金井もほぼ試打を終えてますが、買わずに入られなくなったのは2モデル。ブリヂストン ツアーステージXドライブGRヤマハ インプレスリミックス02。誰が打っても飛ぶドライバーというのはありませんが、この2本については多くのゴルファーが「さらなる飛び」を実感できるでしょう。そこで今回のエントリーは超私的なGRの試打レビュー。

P1050078

GRとは「Generate Reaction Desin」‥‥反動を引き起こすという意味だそうです。ちなみに、前作までのGRとは「Grabity Revolution」。名前は変わってませんが、クラブ作りのコンセプトはガラっと変えてきています。

ec_bb4b0f7a

さて、このGR。インターネットラジオ、ソラトニワ「マーク金井の喋らずにいられない」の収録でも取り上げましたが、宮里藍ちゃんが試打するや即座にトーナメントで使用したとのこと。クラブをなかなか替えない藍ちゃんがベタ惚れしたドライバーです。ガチガチのプロモデルではないにも関わらず、すでに17名のBS契約プロがすでに使っているそうです。マーク金井は神田のスタジオで試打してみたら、1発目からボール初速がかなり出ました。45.5インチの長さで初速が70m/sを楽に超えましたが、打った本人が一番驚きました。

メーカー側の資料を見ると、高初速と高打ち出しをアピールしています。

ヘッドはフルチタンですが、クラウン前方の内側にスリット(溝)が2本

1本入っています。これによりインパクトではソール側よりもクラウンが多くたわみ、打ち出し角が高くなる効果を狙っているとのこと。打ち方によっても若干変わりますが、このたわみで打ち出し角が0.5度前後高くなるそうです。初速についてはなぜかヘッドではアピールしていません。シャフトを少し軽量化することと中間部分の剛性を上げることで「弾き感」をアップさせ、前モデル対比で0.8m/sヘッドスピードが上がり、それによってボール初速がアップしていると謳っています。試打した感じでは、純正シャフトはツアーADのMTを少しマイルドにした感じ。手元側が適度にしなるシャフトなので、タイミングが取りやすく仕上がっています。

試打クラブを入手したのでヘッドを計測してみると‥‥

ヘッド重量  197g(スリーブ込み)
重心距離   36.5ミリ
重心深度   34.5ミリ
重心アングル 24.5度
リアルロフト 11.25度
フェース向き +0.75度

昨日、赤羽の薄暮でGRをフィールドテストしまいた。シャフトは純正ではなくてアナライズのW65。硬さはSR相当。GRのイメージカラーであるイエローバージョンを装着。手前味噌ですが、ヘッドとシャフトのカラーリングが見事にマッチしています。クラブスペックは‥‥

1424507_10200324288069720_2070590476_n

総重量    318.8g
バランス   D3
長さ     45.5インチ
振動数    242cpm

1424504_10200334670929285_447441468_n

10番ホールは荒川に向かって打つ真っ直ぐなホール。W65を装着したGRを打つのはこれが初めてにも関わらず、いきなり芯を喰ってフェアウェイど真ん中にナイスショット。セカンド地点からブッシュネルで計測してみたら、飛距離は275ヤード。軽いフォロー風にも助けられましたが、申し分ない飛距離です。コースでは3ホールの使用となりましたが、いつもよりキャリーが5ヤード以上伸びている感じです。それでいて吹き上がりません。2400~2600回転ぐらいです。重心距離もそれほど長くないのでしょう。捕まりも悪くない。平均よりも良い部類です。ノーマルポジションだとフックフェースが少し気になりますが、今回のGRは可変機能付。カチャカチャでフェース角をスクエアに調整すれば、リアルロフトも10.5度にぐらいになるでしょう。これでちょうどいい感じに仕上がります。

ヘッド重量を考えるとGRの長さは45.5インチぐらいがベストでしょう。ノーマルポジションだとフックフェースなので、スライサーはノーマルポジションから捕まるポジションで調整するのがお勧め。対して、フックフェースが構えづらい人や、フッカーは捕まらないポジションに調整することで、より扱いやすさが増してくると思います。

シャフトにこだわる人はカチャカチャでポジションを変更する場合、リアッセンブルをお勧めします。マーク金井はポジション変更した場合、シャフトをいったん抜き、調整したポジションに対してシャフトを装着し直します。シャフトの向きが変わるとロゴの位置が変わるだけでなく、シャフトのしなり具合も少し変わってくるからです。カチャカチャ式ドライバーを本当に上手く使いこなすには、この手間を省かないことが極めて重要なんです~。

(▼▼)b

PS.シャフトのリアッセンブル。可変式ドライバーのフェース向きフィッティングはアナライズで承っております。GRにベストマッチのW65イエローバージョンも限定発売を予定しています~。

僕作った新しい練習器具 スーパーシャット君販売を開始しました。自宅で練習できる練習器具です。シャットフェースも覚えられます。長尺ドライバーもこれで打ちこなせませす

pr00009-300x300

スーパーシャット君

こちらも毎日更新しております。アナライズのストアブログ(T島ブログ)

store_blog_header

アナライズT島ブログ写真をクリック!


カテゴリー ゴルフクラブ分析, 新製品情報

コメントは停止中です。