マーク金井blog

2018年10月28日超私的なゴルフ場調査~京都ゴルフ俱楽部 上賀茂コース その2

YouTube アナライズチャンネル 新しい動画を配信開始

ぜひご視聴ください


マーク金井の独断と偏見に満ち溢れた超私的なゴルフ場調査、今回は京都市内北部に位置する京都ゴルフ倶楽部上賀茂コース(京都市北区)。

 

 

 

 

1948年(昭和23年)7月に6ホール、10月に9ホール、翌年3月には18ホールが造られ、日本で戦後最初にできたのが、この京都ゴルフ倶楽部 上賀茂コースです。前回に引き続き、今回は5番ホールからご紹介致します~。

 

 

5番171ヤード パー3

 

やや強めの打ち下ろしで手前には盆栽のような松が彩られ、グリーンを取り囲むように5つのバンカーが配される風光明媚なホール。加えて、グリーン奥には大きな池もある。手前も嫌な感じがしますが、奥の池は絶対避けたいので7番アイアンでグリーン手前を狙い、狙い通り手前にワンオン。12mのバーティパットはラインを読み間違え、1.5mカップの右に、パーパットもラインを読み切れず3パットのボギーでホールアウト。

 

6番402ヤード パー4

S字のドッグレッグで2打目からグリーンまでは軽い打ち上げ。ホールの右サイドにはクリークが続くハンデキャップ1の難関ホール。ティショットは左の林ギリギリからフェードを打とうとしたら、狙いよりも左に飛び出し林の中に。OBかと思って暫定球を打ったのですが、1球目がセーフで左のラフに。2打目は7番アイアンでレイアップし、左手前バンカーの手前に。アプローチを2.5mに寄せ、これをなんとか1パットで沈めてからくもパーセーブできました。

 

7番373ヤード パー4

真っ直ぐなホールでフェアウェイ左サイドにガードバンカー。メイングリーンとサブグリーンで距離が100ヤード違うユニークなレイアウト。ティグランド右にあるクリークはら250ヤード地点でフェアウェイを横切り、セカンドからはやや強めの打ち上げ。ティショットは左バンカー横がベストポジションなので、そこを狙うも引っかけて左のバンカー。バンカーのアゴが思いの他高く、PWでレイアップ。残り40ヤードのアプローチは距離感を間違え、グリーンに届かず。4打目のアプローチをなんとか1.5mに付け、必死のパッチで打ったパットは何とかカップに沈んでくれてボギーでホールアウト。レイアウトを知らなかったので池には入らなかったのがラッキーでした。

 

 

8番503ヤード パー5

ティショットは左ドッグレッグ。セカンドからはストレートなパー5。このホールは6番の折り返しで、ホールの右サイドはグリーンに至るまでクリークが流れています。加えてグリーンの傾斜は複雑で入り組んでいます。ティショットはストレートボールでフェアウェイ真ん中をキープ。セカンドは19度のユーティリティでフェアウェイキープ。残り80ヤードほどの3打目でピン横5mに3オン。またもラインを読み違え、バーディパットはカップにかすりもせず。30センチのパーパットをタップインしてパーでした。

 

 

9番148ヤード パー3

池越えで軽い打ち上げのパー3。風がアゲンスト気味だったので7番でしっかり打ってピン手前10メートルほどにワンオン。風の影響か打ち上げの影響か定かではありませんが、見た目よりも実際の距離の方が遠く感じるホールです。ここもグリーンの傾斜をまったく読み切れずファーストパットはカップ横1メートルにつけただけ。1mのパットを何とか沈めてパーでホールアウト。

アウトの印象

どのホールも日本庭園を思わせるような美しさと落ち着き、そして歴史を感じさせるホールが続きます。特に松と池の配置は絶妙で、どのホールも一枚の画になりそうな美しさがあります。距離的は総じて短めですが、ロングヒッターが有利なホールはほとんどありません。ティショット、セカンドショットもかなりの精度が求められます。

 

加えて、グリーン周りはバンカーが多く配され、かつグリーンは砲台形状。グリーンは小さめですが傾斜が複雑なので、乗せても簡単にパットを打たせてくれません。クラブ選手権の直前(直後?)だったこともあり、グリーンは硬く締まっており、かつ11フィートの速さ。この速さにビビりまくり、ファーストパットを1.5mオーバーに打つ根性がないまま前半を終了しました~。

 

お昼はレストランではなく食堂にて、人気メニューNO.1の生姜焼きをチョイス。

 

 

マヨネーズをリクエストさせていただいた所、快くOKを頂きました。お味は京都らしく上品かつやや薄味でGOOD。生ビールとの相性も抜群でした~。

 

バックナインについては、次回じっくりレポート致します~。


シャフトタビライザー

ぶっちゃけフッカーには効果がありますが、スライサーには弱いかな

ということでまた明日


2018年10月25日超私的なゴルフ場調査〜京都ゴルフ倶楽部 上賀茂コース

YouTube アナライズチャンネル 新しい動画を配信開始

ぜひご視聴ください

25日まで、アナライズは社員研修の為、商品の発送、メール返信、電話対応などお休みさせていただきます。Webショップでのお買い物は365日24時間ご利用いただけますが、商品の発送が遅くなる場合があります。(在庫があるものに限り2日に発送させていただきます。それ以外のものは来週の発送となります)

お客様にはご迷惑をおかけしますがよろしくおねがいします。


マーク金井の独断と偏見に満ち溢れた超私的なゴルフ場調査、今回は京都市内北部に位置する京都ゴルフ倶楽部上賀茂コース(京都市北区)。1948年(昭和23年)7月に6ホール、10月に9ホール、翌年3月には18ホールが造られ、日本で戦後最初にできたのが、この京都ゴルフ倶楽部 上賀茂コースです。

 

 

プレー日は10月24日
天気は快晴、微風。気温16〜22度
5527ヤード パー69
グリーンはベントの2グリーン(プレー日はメイングリーン)
コースレート 68.3

5人乗り乗用カートでのセルフプレー
アクセス
車利用の場合
名神高速京都南ICから14キロ
電車利用の場合
京阪本線 出町柳駅からタクシーで約5分

 

クラブハウスは老舗旅館のような歴史を感じさせる木造造り。玄関入ってすぐに受付。右手にロッカールームと風呂場があり、右手に食堂があります。食堂からコースを見渡すことができ、1番ホールは京都の庭園のような佇まいがあります。

 

 

 

朝食はバラエティに富んでおり、洋食、和食、そして中華粥から選べます。マーク金井はさんざん迷った挙句、好物のフレンチトーストとゆで卵(ボイルドエッグ)をチョイス。メイプルシロップをふんだんにかけていただきました。

 

 

フェアウェイ  短く刈り込まれディボット跡はほとんどない

ラフ      脱出に苦労するほど長くないが芝の抵抗は強い

グリーン    ベントで芝目も適度にある
スティンプメーター 10~11フィートで転がりもスムーズ

 

バンカー    要所要所にバンカーが数多く配され、難易度を高めている
マーク金井はグリーン(レギュラー)ティーでプレー。

 

1番370ヤード パー4

 

 

軽い打ち下ろしで、セカンドから軽く右にドッグレッグ。ホールの右サイドには大きな池が配され箱庭庭園の趣がある。池はメイングリーンの右サイドまで続くので、スライサーはティショットだけでなくセカンドでも注意が必要。
ティショットは左サイドからフェード弾道でフェアウェイをキープ。残り140ヤードを8番アイアンで打ち、真ん中に2オン。7メートルのバーディーパットはカップの右を通過し、30センチオーバー。2パットでパーでホールアウト。

 

 

2番341ヤード パー4

 

 

軽い打ち上げでまっすぐなホール。ティショットの落下地点付近はややフェアウェイがタイトになっている。ティショットは飛距離よりも方向性が要求され、セカンドでは上り分だけやや大きめの距離感が求められる。ここもフェードでフェアウェイをキープした後、残り100ヤードをPWで2オン。8メートルほどのバーディーパットはわずかにショートしてタップインからのパー。グリーンは砲台なので外すとアプローチが難しい。

 

 

3番304ヤード パー4

 

 

 

打ち下ろしで軽く左ドッグレッグ。グリーン手前に池があるのでドライバーだと池に届いてしまう。レギュラーティーからだと200ヤードぐらいが丁度いい。ユーティリティでティショットを打ち、残り100ヤードをピン横6mに2オン。下のラインで3パットするのを怖がって30センチショートからの2パットでホールアウト。

 

 

4番313ヤード パー4

 

 

軽い打ち上げでまっすぐなホール。距離は短いが、ティショットの落下地点左サイドにはバンカーが配され、落としどろこが絞り込まれている。グリーンは傾斜のきつい2段グリーンで、手前からも奥からも距離を合わせづらいパッティングが残る。ティショットはフェアウェイキープ、残り85ヤードをPWで打ち4mに2オン。ラインを読み違え、カップを30センチオーバーし、2パットでホールアウト。

 

続きは次回アップ致します〜(▼▼)b


YouTube試打 マーク金井の打たずにいられない 最新動画配信開始

グラファイトデザイン ツアーAD・VR

ツアープロに静かなブームのフレループ

←クリック


2018年10月23日超私的な考察 ドライバーのヘッドスピードを上げる効率の良い練習法とは!?

本日より25日まで、アナライズは社員研修の為、商品の発送、メール返信、電話対応などお休みさせていただきます。Webショップでのお買い物は365日24時間ご利用いただけますが、商品の発送が遅くなる場合があります。(在庫があるものに限り2日に発送させていただきます。それ以外のものは来週の発送となります)

お客様にはご迷惑をおかけしますがよろしくおねがいします。

YouTube試打 マーク金井の打たずにいられない 最新動画配信開始

グラファイトデザイン ツアーAD・VR


昨日は成田ゴルフ俱楽部(千葉県)にて、スピーダーチャレンジのダブルス部門に出場してきました。天気は快晴、微風。絶好のゴルフ日和。コースコンディションもこれでもかってぐらい整備されており、グリーンは超高速。スティンプメーターで11フィートを超えており、練習グリーンでいつも通りの感じでパットを打ったら3メートルぐらいオーバー。上りのパットはなんとか距離を合わせられますが、下りはお手上げ。下り傾斜だと転がっている最中にボールが加速しました。

 

アウトからのスタートでしたが、出だしは左の浅いラフからPWで打ったら2メートルにオン。それを1発で沈めてバーディー発進。スタートダッシュとしては申し分ありませんでしたが、2番では10メートルのバーディーパットを3mオーバーからの、3パットボギー(汗)。

 

これでリズムが狂ってしまい、、、、ここからはバーディパットがことごとくカップに嫌われ、最終ホールも15mのパットを3m弱オーバーからの3パットボギー。マーク金井もパートナーのM野さんもショットは申し分なかったのですが、2番以降はパットに苦しみ、38、37の75ストローク(+3)で終戦。ダブルスは4位まで決勝に進出することができますが、我々は23チーム中、8位タイでした。

 

今日は競技会でしたが、マーク金井のウオームアップのルーティンはいつも通りです。軽くストレッチした後、アプローチ&バンカー練習を15分ほど行い、その後は15分ほどパッティング練習。それからスタート15分前からは、フレループを使って入念な素振りをします。普段からスタート前にドライビングレンジでボールを打たないので、競技の時もスタート前にフルショットの練習はしません。

 

そして、このところスタート前に欠かさないのがトライワン スーパーファーストフレックスロイヤルコレクション 11月発売予定)という練習器具を使っての素振りです。

 

 

これは、ヘッドが付いてないシャフトだけのような器具で、ゴルフにクラブに比べると先端がかなり軽くなってます。総重量も255gと軽いのでビュンビュン振ることができます。ゴルフクラブよりも重いフレループを振った後、この軽いスーパーファーストフレックスを振ることで、スイングスピード(ヘッドスピード)を上げる癖を付け、最後に仕上げとしてプレーで使うドライバーの素振りを行ないます。

 

 

フレループについてはご存じのように、オンプレーンに振る感覚を養います。スーパーファーストフレックスについては、クルマに例えるならばアクセル全開でエンジンをレッドゾーン近くまで上げる目的、身体を目一杯使ってクラブをビュンビュン振る感覚を目覚めさせる目的で使っているのです。

 

 

ゴルフクラブよりも軽い練習器具を振るメリットはどこにあるのか?

 

 

軽いということは身体に負荷がかかりません。負荷が掛からないということはビュンビュン振っても身体を痛める心配がないのです。加えて、ゴルフクラブよりも軽いモノを振ると、、、、

 

 

スイングスピード(ヘッドスピード)を上げることにもつながるのです。

 

 

 

ヤードスティックさんでもヘッドスピードを上げる練習器具「UP5」を販売してますが、これもゴルフクラブよりもかなり軽い練習器具。ヤードスティック代表の山代谷さんは、軽いモノの振るメリットについて、このように説明されています。

 

 

 

UP5は慣性モーメントを小さくすることで、負荷を軽減し、瞬発力を養いヘッドスピードをアッ プすることができます。自転車競技のローラー練習のような負荷軽減法(アシステッド法)の一種です(ヤードスティックのHPより引用)

 

 

ゴルフクラブよりも重い物を振ると筋力を付けることはできますが、スイングスピードを上げることにはあまりつながりません。意外と思うかもしれませんが、身体にかかる負荷が少ない練習器具を使った方が、速く振りやすく、そして自分のスイングスピード(ヘッドスピード)の限界を引き上げることができるのです。

 

 

もちろん、軽い練習器具は身体を使わず手先でも振り回せます。なので、ゴルフクラブよりも軽い練習器具を使う時は、かなり意識的に手先ではなく身体全体を使って振り抜くことを意識することが求められます。

 

 

ゴルフは物理です。

 

 

スイングスピード(ヘッドスピード)を上げるには、重くて高負荷な練習器具ではなく軽くて負荷が少ない練習器具を使った方が、トレーニング効果が高まるのです~。

 

(▼▼)b


YouTubeのアナライズチャンネル
新しい動画を配信開始

おしりでスイングが変わる!!おしりセミナー②回めです

アナライズの大ヒット商品

シャフトスタビライザー

ドラコンのプロのほとんどが手元にウエイトを配するカウンターウエイトにしているんです。ドラコンプロはルールギリギリ一杯の長さ48インチ弱にしているんです。手元のウエイトが長くすると効きますから!!!

そして

インパクトでグリップが浮いて、ヘッドが垂れる人、チーピン、フックに悩む人、ミート率が悪い人に効果があります!! 是非お試しください

analyze_ss_photo01

analyze_ss_top (3)

ということで、お試しいただければと思います


2018年10月21日超私的な考察 女子ゴルファーの18ホールの適正距離は一体何ヤードなのか!?

YouTube試打 マーク金井の打たずにいられない 最新動画配信開始

グラファイトデザイン ツアーAD・VR

 


昨日はブリック&ウッドクラブ(千葉県)にて、アナライズセミナーを実施してきました。セミナーは朝7時10分から8時40分までんも90分間。その後、9時過ぎにスタートし、18ホールをスループレーしてきました。

セミナーではゴルフの物理がテーマで、出球(打出し方向)をコントロールする方法、そしてカップインの確率が高くなるパッティングについて話をし、それからブリック&ウッドクラブでスコアをまとめるのに不可欠なのはティショットの精度。D・ミュアヘッドが設計したコースはいずれも難易度が高いですが、ここブリックに関しては、とにかくティショットの善し悪しがスコアに直結します。超私的なことを言わせてもらうと、スコアの75%はティショットで決まる感じがするコースです。

 

 

セミナーではティショットの重要性を説いたわけですから、実際のラウンドでもティショットでOBを打つわけにはいきません。パー3を除く14ホール、すべてティショットはドライバーで打ち、なんとかティショットはノーミス。3度目の正直というわけではありませんが、3度目にしてOB、池ポチャはゼロ。難関の2番と4番では狙い通りのフェードでフェアウェイキープできましたし、他のホールでもフェアウェイもしくはフェアウェイからわずかに外れたラフに運べました。

 

 

ちなみに昨日プレーしたティはブルー。距離は6419ヤード(パー72)。ドライバーの飛距離が255ヤード前後の人間にはちょうどいいぐらいの距離です。前にも少し書きましたが、ゴルファーの適正距離の目安は、

 

ドライバーの飛距離×25

 

ドライバーの距離が255ヤードならば×25=6375ヤード

 

25という係数は実に絶妙です。

 

ちなみにセミナーでは女性も参加されており、女性はグリーンティー。距離は5968ヤード(パー72)。ブルーよりはティが前にありますが、その差は451ヤード。正直、この距離差というのは非常にアンフェアに感じました。何故かと言うと、パー4やパー5でナイスショットを打っても、パーオンできないホールがいくつもあったからです。

 

ここからは超私的なヤーデージ論ですが、女性アマチュアのドライバーの平均飛距離は男性アマチュアよりもかなり下回ります。そこそこ飛ぶ人で180ヤードぐらいだと思います。180~200ヤードと想定した場合、ちょうどいい18ホールの距離というのは、、、

 

  •  180ヤード×25=4500ヤード
  •  190ヤード×25=4750ヤード
  •  200ヤード×25=5000ヤード

 

 

これぐらいのヤーデージでプレーすれば、ティショットがちゃんと打てれば、すべてのホールで距離的にパーオンを狙えます。ちなみに5968ヤードが女子ゴルファーにちょうどいい距離になるために、ドライバーで必要な距離というのは、、、、

 

 

5968ヤード÷25=238.72ヤード!!!!!!!!!!!!

 

 

5968ヤードのティからちゃんとパーオンするために必要なドライバーの距離は少なく見積もっても230ヤードは必要なのです。230ヤードと言えば女子プロの飛距離で、普通の女性アマチュアが到底出せる距離ではありません。

 

 

 逆に言うと、女性アマチュアが5968ヤードでプレーするというのは、男性アマチュアが7238ヤードぐらいの距離のコースをプレーするのと同じ感じになるのです。

 

 

別な角度からでも、女子アマチュアの適正距離を計算することができます。例えば、男性アマチュアのドライバーの飛距離が230ヤードとし、女性アマチュアのドライバーの飛距離が180ヤードとしましょう。この場合、ドライバーの飛距離差は50ヤード。

 

パー3を除く14ホール×50=700ヤード

 

加えて、男性アマチュアの7番アイアンの飛距離は140ヤードに対して女性アマチュアの7番の飛距離は110ヤード。アイアンの飛距離差は30ヤードあります。この差を考慮するならば、男性ティよりも700ヤードだけ短くしても同一条件になりません。すべてのホールで、、、、

 

30×18ホール=540ヤード

 

すなわち、男性アマチュアと女性アマチュアが同一条件下でプレーするためには、700+540=1240ヤード、男性ティよりも女性ティは1240ヤード短くなっていてこそ同じ条件でプレーできることになるのです。

例えば、ブリック&ウッドクラブならば、

 

 男性アマチュアが6419ヤードでプレーする時ならば、女性アマチュアは5179ヤードぐらいで同じ条件になるのです。

 

 

ブリックの場合、白ティは5805ヤードで、赤ティは5081ヤードです。もしも、マーク金井がコース委員や競技委員になっているならば、女性アマチュア向けのティは白ティと赤ティを混在させて5200ヤード前後のティにします。これでちょうど、男女が同じ条件でプレーできますし、これこそが男女の垣根を越え、ゴルフの腕前を公平に競うことができると超私的に思っています。

 

 

距離の長いティでプレーすることを望むアマチュアゴルファーが少なからずいますが、
トム・ワトソンは「ゴルフは狙った距離に対して、正確にボールを運ぶゲーム」と言ってます。まったくもってその通りで、ナイスショットを打ってもパーオンできないホールがたくさんある中でプレーするというののでは、技術を競うことが難しくなりますし、パープレーを目指すことが著しく難しくなるのです。

 

 

コース設計家の巨匠、ロバート・トレントジョーンズJRは「ゴルフとは屋外で楽しむチェス」と言ってはばかりません。男女に関係なく、自分のドライバーの飛距離に応じたティ、パーオンがちゃんと狙える距離でプレーできる環境を作ることが、今、ゴルフ場に求められているのではないでしょうか~。

 

(▼▼)b


YouTubeのアナライズチャンネル
新しい動画を配信開始

おしりでスイングが変わる!!おしりセミナー②回めです

アナライズの大ヒット商品

シャフトスタビライザー

ドラコンのプロのほとんどが手元にウエイトを配するカウンターウエイトにしているんです。ドラコンプロはルールギリギリ一杯の長さ48インチ弱にしているんです。手元のウエイトが長くすると効きますから!!!

そして

インパクトでグリップが浮いて、ヘッドが垂れる人、チーピン、フックに悩む人、ミート率が悪い人に効果があります!! 是非お試しください

analyze_ss_photo01

analyze_ss_top (3)

ということで、お試しいただければと思います


2018年10月18日超私的な考察 パットを1.5mオーバー目に打つためのとっておきの方法とは!?

YouTubeのアナライズチャンネル 動画を更新しています

おしりセミナー その②です

ぜひご覧ください


野球と比べるとサッカーは点数があまり取れない競技ですが、一昨日の日本対ウルグアイの試合は、点が要所要所で入り、終わってみれば4対3で日本が勝ちました。世界ランキングはウルグアイが5位なのに対して、日本は54位。まさにジャイアントキリングな戦いでした。

 

結構本気モードに近い堅守ウルグアイ相手に4点奪ったのには驚きましたが、テレビを見ていて感じたのが積極的な攻撃的。これまでの日本代表はどちらというとパス主体な感じがしましたが、一昨日の試合では積極的なドリブルでゴールに迫るシーンが何度もありました。攻撃の起点になった、若手の中島、堂安、南野の3選手は自分で勝負するタイプで、個人技に迫力があり、魅力的でした。

 

 

超私的なことを言わせてもらうならば、中島選手はメッシさながら。相手選手をもてあそぶかのようなドリブルは、今までの日本選手にはない魅力を大いに感じました。日本代表は決定力がないと言われ続けてましたが、一昨日の試合では、「決めるところでちゃんと決めてくれる」チームであることを、我々に強く印象づけくれたと思います。

 

さて、この積極的な攻撃。

 

 

前回のブログでも書きましたが、ゴルフにおいてもっとも積極性が求められるショットと言えば、それはボールを遠くに飛ばすドライバーショットではなく、ボールをカップに沈める、、、、

 

パッティングです!!!!!

 

 

日本オープンでツアー初優勝した稲森選手は「チャンスが来たら絶対にショートしない」と強気のパットを心がけたそうですが、まさに強気のパットこそが積極的な攻撃になります。物理的に言うと、どんな距離でもカップを

 

165~225cmぐらいオーバーしてもボールはカップに沈みます!!!!!

 

 

2m25cm以上強く打てば、その強さでボールはカップからはみ出る(飛び出す)そうですが、オーバーの範囲が2m25cm以内に収まっているならば、物理的にはボールはカップインするのです。

 

ツアープロのパッティングを見てもその通りで、例えば、1mのパットでも1m以上オーバーする感じで打つ選手は多いです。カップインインする時は必ずカップの向こう側の土手でボールが当たっています。

 

 

では、どうすれば我々アマチュアも強気のパットを打てるようになるのか?

 

 

1mオーバーするつもりで打つだけで、1mオーバーできる人ならば、イメージだけで強気のパットが打てると思います。しかし、多くのゴルファーは「強く打ったら、返しのパットが辛くなる」とか「打ち過ぎると3パットするのでは」というネガティブなマインドも出てきます。結果、強く打つつもりでもインパクトが緩んでしまい、強く打てないというジレンマに陥ります。このジレンマを打破するのに役立つのは、、、、

 

 

 ピンがカップに立てたままでパッティングを打ち、ピンにガツンと当てることがパッティングの目的にすればいいのです。

 

現在のルールではグリーン上でパットを打つ時、ピンを抜かないままプレーしてボールがピンに当たるとペナルティが課せられます。しかしながら、2019年のルール改正で、ピンを立てたままプレーし、ピンに当てても罰打は付加されなくなるのです。プレー時間短縮の目的でルールが変ったのですが、ピンを立てたままで、ピンに当てようとすれば、より明確に強気のパットが打てるようになります。

 

 

ルール改正まではあと2ヶ月あまり。競技ではなく、プライベートのラウンドではピンを立てたまま(ピンを抜かないまま)プレーをする。ロングパットだけでなく、ショートパットでもピンを立てたままの状態で、カップインではなくピンに当てることがパッティングの目的にするのです。試していただくと分りますが、ピンに当てようとすれば、無意識の内に強気のパットが打てるようになってきます。

 

 

ロングパットでもショートパットでもこれぐらいオーバーする距離感が当たり前になってくれば、パットの数を確実に減らせます。パットは心の格闘技。この心の格闘技で勝つことができれば、スコアも確実に良くなってくるのです~。

 

(▼▼)b


ツアープロも使っているゴルフの竪琴

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↑クリック

フレループ