マーク金井blog

2022年05月20日超私的な考察  ドライバーが飛ばないから「スコアが良くならない」って本当なのか!?

あなたの本当のゴルフの実力は?


 

火曜日はお一人様、水曜日はツーサムで赤羽ゴルフ倶楽部にて薄暮9ホールプレー。。このところの雨でフェアウェイはすっかり夏仕立てとなり、高麗グリーンもいい感じで仕上がってきてます。

 

 

赤羽で薄暮をプレーする時はインコースをプレーしていますが、アウトに比べるとインは距離が短め。パー35ということもありますが、白ティからだと2847ヤード。パー36換算だと3000ヤード弱ぐらいでしょうか。

 

 

 

超私的には、この3000ヤード弱という距離でプレーするようになってから、ドライバーを飛ばそうという気持ちが100%なくなりました。理由は単純、このヤーデージだと、ドライバーの飛距離は200~230ぐらいに止めておいた方がスコアメイクしやすいことが分ったからです。逆に言うと、この距離でドライバーを250ヤード以上も飛ばしたからと言って、ことさらバーディチャンスが増えるわけでもないこと悟りました。

 

 

 

 

 さて、このコースのヤーデージとドライバーの飛距離の関係。

 

 

 

 

超私的には、自分のドライバーの飛距離に応じてコースのヤーデージを選ぶことが大事ではないかと思っています。USGA(全米ゴルフ協会)でも、それをきちんとアナウンスしてます。

 

 

 

 

・ドライバーの飛距離が275ヤード   推奨ヤーデージ6700~6900ヤード
・ドライバーの飛距離が250ヤード   推奨ヤーデージ6200~6400ヤード
・ドライバーの飛距離が225ヤード   推奨ヤーデージ5800~6000ヤード
・ドライバーの飛距離が200ヤード   推奨ヤーデージ5200~5400ヤード

 

 

 

 

赤羽のインが約2900ヤード(18ホール換算だと5800ヤード)ですから、まさにドライバーの飛距離が225ヤードというのはちょうどいい感じです。この距離ならば、パーオンできないホールはまずありません。ボールを遠くに飛ばすことよりも、距離を上手くコントロールすることがスコアメイクに直結するということが分ってきます。

 

 

 

別言すれば、自分のドライバーの飛距離にちょうどいいヤーデージのコースでプレーする回数を増やした方が、スコアメイクに本当に必要なスキル(技術)は何なのかが分ってくるのです。

 

 

 

 

そして、超私的なことを言わせていただくならば、自分のドライバーの飛距離よりもヤーデージが長いコースでプレーすると、スコアメイクで苦労している原因が一体なんのかが分かりづらくなり、そして誤解を恐れず言えば、いいスコアが出ないのは「ドライバーの飛距離が足りてない」とか「自分はドライバーが飛ばないからスコアが良くならない」という答えを導き出す恐れがあるのです。

 

 

 

 

ゴルフはボールを遠くに飛ばすだけのゲームではありません。

 

 

 

 

グリーン上のパッティングでは距離感が求められるのと同じく、グリーン上以外のショットにもいても、スコアアップに本当に必要なのは距離と方向をいかに正しくコントロールできるかにかかっています。それを知るには、自分のドライバーの距離に見合ったティ(見合ったヤーデージ)からプレーすることが必要なんです。

 

 

 

 

ボールを遠くに飛ばすというのはゴルフの醍醐味ですが、この醍醐味だけを追い求めるだけではゴルフの本当の面白さ、スコアアップに本当に必要なことは何なのかを知ることはできないと超私的に思っています。

 

 

 

(▼▼)b


コチラ売り切れますとしばらく入荷出来ない模様です・・残り少なくなってきました

マーク金井が愛用するウッド用スチールシャフトに、フェアウェイウッド用も追加しました!↑クリック

 

マーク金井がゴルフクラブに関する情報、ゴルフスイング、スコアアップの情報、そしてゴルフに関係ないこと 週数回生配信。セミナー動画もすべて最後までご覧いただけます。

最近では全国を回ってオフ会も開催。無料期間もありますのでぜひ一度ご体験ください


2022年05月18日超私的な考察  誰が打っても飛ぶドライバーとは一体どんなドライバーなのか!?

 

 

のっけからですが、なんともメーカーさんに怒られそうなタイトルを付けてしまいました。もちろんこのタイトルには理由があって、YouTube動画「マーク金井のオルタナゴルフ」の諦めシリーズの最新作は「最新ドライバーを諦める」です。

 

 

 

ブログのタイトルも、YouTube動画のタイトルもパッと見た感じでは最新モデルをネガティブに揶揄しているようなニュアンスがありますが、決して揶揄しているわけではありません。

 

 

 

YouTube動画もじっくり観ていただくと分りますが、最新ドライバーを手に入れさえすれば、すぐに飛距離が10ヤード以上伸びるなんてことは物理的に難しいとコメントしています。今回のブログでは、YouTube動画の補足として最新ドライバーについてさらに深掘りしていきます。

 

 

 

 

今年発売のドライバーで注目を集めているのが、テーラーメイドのステルスキャロウェイのローグSTでしょう。どちらも売れ行きはすこぶる好調ですが、先に発売されたステルスは流通量が非常に多いこともあって、中古市場にも多く出回っています。

 

 

 

 

今のところは、ローグSTの方が手放す人が少ない感じがしますが、超私的に分析すればこれは想定内です。ステルスの場合、フェース素材にカーボンを採用することで新しさをアピールしました。従来とは異なる素材というのは大きなセールスアピールになるからですが、飛距離に対する期待が大きくなるほどに、飛距離に対する満足度のレベルも上がってしまうからです。

 

 

 

 

YouTube動画でも話してますが、ゴルフクラブは2008年に高反発規制が定められました。別言すれば、2008年以降というのはフェースの反発を無制限に上げることはルールで禁じられています。

 

 

 

2008年以降、クラブメーカーが取り組んでいるのは寛容性を高めることとして慣性モーメントの増大。そしてスピンを減らすことで飛距離を伸ばそうとする試みです。ですので、寛容性を超えるほどのミスショットをしたり、すでに最適なスピン量を得ている人にとっては、クラブの進化が飛距離アップにつながるとは限らないのです。

 

 

 

 

加えて、ゴルフクラブ(特にドライバー)は1~2年ごとにモデルチェンジを繰り返しています。モデルチェンジ毎に飛距離性能が向上したことをアピールしていますが、その多くは物理的な優位性です。アマチュアゴルファーが実際に打った場合、その優位性を実現できるとは限らないのです。

 

 

 

 

超私的にはルールでフェースの反発が規制されていることを鑑みれば、1~2年のモデルチェンジのサイクルで劇的に飛距離性能を向上させることは非常に難しいのではないかと思っています。そして、身も蓋もないことを申し上げるならば、ボールを遠くに飛ばすために必要なのはスイングスピード。欧米のツアープロはそれが分っているから、これでもかってぐらいのフィジカルトレーニングをすることで、飛距離が出る身体作りをしているのです。

 

 

 

 

 

ゴルフは道具の依存度が高い競技であるのは間違いないですし、ゴルフクラブは年々進化しているのも紛れもない事実です。しかしながら、2008年に高反発規制が施行されてからは、誰が打っても飛びの限界を大幅に超えるようなドライバーを作るというのは非常に難しくなっています。

 

ルールをまったく無視していいのならば、誰が打っても300ヤード飛ぶドライバーを作ることは可能です。その場合は電動アシスト付き自転車と同じく、ゴルフクラブにもアシスト機能を付けることになるでしょう。

 

 

 

 

(▼▼)b


コチラ売り切れますとしばらく入荷出来ない模様です・・

マーク金井が愛用するウッド用スチールシャフトに、フェアウェイウッド用も追加しました!↑クリック

 

マーク金井がゴルフクラブに関する情報、ゴルフスイング、スコアアップの情報、そしてゴルフに関係ないこと 週数回生配信。セミナー動画もすべて最後までご覧いただけます。

最近では全国を回ってオフ会も開催。無料期間もありますのでぜひ一度ご体験ください


2022年05月16日超私的な考察  100を切る、90を切るのに本当になのは○○○を諦めることです。

 

メーカーさんに怒られても知らないから・・

 


先週は天気があまり良くなかったこともあり、コースでプレーしたのは1度だけ。水曜日の午後、千葉市民ゴルフ場にて担ぎセルフで9ホール回ってきました。そして土曜日は神田のスタジオにてアナライズセミナーを実施。前半は打点の位置をコントロールするスキルを磨く「打点セミナー」、1時間の休憩を挟んだ後半はドライバーの距離をコントロールするスキルを磨く「バントセミナー」を致しました。

 

 

 

日曜日の午前はクルマのメンテナンスの合間に池袋ジュンク堂にて本を3冊衝動買い。
その内の一冊が、、、

 

 

 

 

あなたの給料が上がらない不都合な理由(上念司 扶桑社)

 

 

会社勤めをしている訳ではありませんが、「日本人が囚われている貨幣の減速を打ち砕く!」というキャッチコピーが気に入って購入しました。そして、タイトルは少し書き換えると、ゴルフにも大いに当てはまると思ったからです。

 

 

 

 

 あなたのスコア(ゴルフ)が良くならない不都合な理由

 

 

 

 

例えば、100が切れない、90が切れないと悩んでいるアマチュアゴルファーのプレーぶりを観察すると共通点があります。それは、ミスショットした直後に、ミスをすぐに取り返そうとしていることです。困難な状況に陥った時ほど、リスクが高いショットを選択し、それがミスの上塗りになって1ホールで大叩きしているのです。

 

 

 

 

別言すると、100が切れない人、90が切れない人の場合、すべてのホールをまんべんなくボギーで上がるということができてません。パーやバーディーを取っている反面、ダボやトリプル、時にはそれ以上の大叩きをするために、上がってみれば90以上のスコアになっていることが多いのです。

 

 

 

・なぜ、ずっとボギーを続けられないのか?
・なぜ、1ホールで大叩きをするのか?
・なぜ、ミスの上塗りをしでかすのか?

 

 

 

超私的なことを言わせていただくならば、パーを取ることが前提条件になってプレーをしており、パーが取れづらい状況になった時(ピンチに陥った時)、リスクが高いクラブを選択し、リスクが高いショットを選択しがちです。

 

 

 

楽しくないかも知れませんが、面白くないかも知れませんが、100を切る、90を切るために本当に必要なことは、まずはすべてのホールをボギーオンできるようになることです。

 

 

 

パーオンを諦めて、ボギーオンに徹することです。

 

 

 

 

・パー3は2オン2パットに徹する
・パー4は3オン2パットに徹する
・パー5は4オン2パットに徹する

 

 

 

全ホール、ボギーオンするために必要なクラブはどんなクラブなのか。全ホール、ボギーオンするためにはどこをどう狙ってプレーすればいいのか。これを心底から考えてプレーするのです。

 

 

 

 

超私的なことを言わせてもらうと、ティショットは150~170ヤード。セカンドショットは150ヤードが確実に打てればボギーオンが可能になります。また、100ヤード以内のショットを確実にグリーンに乗せることができればボギーオンできます。アプローチに関しては、徹底的に転がした方が大きなミスは出ません。

 

 

 

100を切る、90を切るのに必要なのは致命的なミスをしないことに尽きます。そして、距離をコントロールする技術を磨くことです。ボールを遠くに飛ばすことよりも、狙った距離にボールを確実に運べることができる人の方が、確実にスコアアップできるのです。

 

 

 

(▼▼)b


コチラ売り切れますとしばらく入荷出来ない模様です・・

マーク金井が愛用するウッド用スチールシャフトに、フェアウェイウッド用も追加しました!↑クリック

 

マーク金井がゴルフクラブに関する情報、ゴルフスイング、スコアアップの情報、そしてゴルフに関係ないこと 週数回生配信。セミナー動画もすべて最後までご覧いただけます。

最近では全国を回ってオフ会も開催。無料期間もありますのでぜひ一度ご体験ください


2022年05月13日超私的な考察  アイアンにカーボンシャフトを装着することのメリットとは!?

またまた問題作!


一昨日の水曜日は午後から千葉市民ゴルフ場にて薄暮9ホールプレー。久しぶりに青ティから回りましたが、パットの調子が良くてボギーなしの1バーディーでホールアウトできました。千葉市民は癒やし系なので青からでも距離は長くありませんが、スコアメイク決め手になったのはティショットです。

 

 

 

 

短尺スチールシャフトを装着したキャロウェイのFTツアーは、この日もフェアウェイキープ率は100%。ティショットは距離が出なくてもフェアウェイからセカンドを打てた方が、スコアメイクしやすいことを改めて実感できました。

 

 

 

ホールアウト後、クルマで向かったのは六本木ヒルズ。今年の4月から正式発売が始まったドップラー式の弾道計測器「フルスイングKIT」ビクトリアゴルフの試打ルームにてじっくりとテストしてきまいた。この計測器はトラックマンと同じレーダー式の計測器で、サイズはトラックマンの半分以下。キャディバッグの背面収納にサクッと入るぐらいコンパクトなのが魅力です。

 

 

 

 

ゴルフの帰りということもあって、計測時に使ったのはマイクラブ。ドライバー、7番アイアン、そして50度のウエッジを持ち込みました。ドライバーは前述した短尺スチールを装着したFTツアー。アイアンはアナライズのmmアイアンウエッジはmmウエッジシャフトはどちらも80gのカーボンシャフトです。

 

 

千葉市民でプレーした時も聞かれたのですが、ドライバーのシャフトが軽量スチールでアイアンのシャフトがカーボンというのは珍しいとのこと。確かに、この組み合わせはアナライズのお客様を以外では、まず見たことがありません。軽量スチールとカーボンを組み合わせているゴルファーは数多くいますが、その人達はドライバーがカーボンシャフトで、アイアンが軽量スチールです。

 

 

 

 

 マーク金井が一般的なゴルファーと逆な組み合わせにしているのには、もちろん理由があります。

 

 

 

 

ドライバーに関しては、長さを43.25インチにする場合、カーボンよりもスチールの方が相性が良い。そしてシャフト重量が100g前後をチョイスした場合、カーボンよりも軽量スチールの方が切り返し時にしなり感を感じやすく、タイミングが取りやすいからです。もちろん、軽量スチールなら何でも良いわけではありません。

 

 

 

 

対してアイアンにカーボンシャフトを装着する理由をざっと挙げると、、、、

 

 

 

 

・シャフト重量が70~80g台だとカーボンの方が剛性が高い
・シャフト重量が70~80g台だとカーボンの方が粘り、しなり感を感じやすい
・シャフト重量が70~80g台だとカーボンの方がインパクトの手応えが分厚い

 

 

 

もちろんこれらは好みの問題もあります。ただし、物理的には70~80g台の軽量スチールは肉厚が非常に薄くなります。超私的にはスチールは肉薄になり過ぎたシャフトはタイミングが取りづらいので、カーボンシャフトの方を好んで使っているのです。

 

 

 

アイアン用カーボンシャフトというと非力な人向けのイメージを持っている人が少なからずいますが、今どきのカーボンシャフトはそんなことはありません。もちろん重量帯やモデルによっても異なりますが、シャフト重量が70gを超えてくると、同重量帯の軽量スチールシャフトよりもしっかり感がありますし、インパクトの手応えも分厚くなってくるのです。

 

 

 

この25年間で主たるスチールシャフト、そして主たるカーボンシャフトを8割以上テストしてきました。

 

 

 

 

その経験を踏まえた上で、現在はドライバーは軽量スチールシャフトがエースで、アイアンは80g台のカーボンシャフトをエースにしています。数日前、GDOのYouTube撮影後、ミタナラバコウタロウのお二人もマーク金井のクラブを試打しましたが、出てきた言葉がこれです。

 

 

 

 ドライバーアイアンも打ちやすい。どちらも違和感ゼロですね、、、、

 

 

 

 

お世辞でも何でもなく、いきない1発目からナイスショットを打たれてました。

 

 

 

 

(▼▼)b


コチラ売り切れますとしばらく入荷出来ない模様です・・

マーク金井が愛用するウッド用スチールシャフトに、フェアウェイウッド用も追加しました!↑クリック

 

マーク金井がゴルフクラブに関する情報、ゴルフスイング、スコアアップの情報、そしてゴルフに関係ないこと 週数回生配信。セミナー動画もすべて最後までご覧いただけます。

最近では全国を回ってオフ会も開催。無料期間もありますのでぜひ一度ご体験ください


2022年05月11日超私的な提案  14本以下の本数でプレーすることを諦める本当の意味とは!?

これは神ドリルかもしれません


昨日は午前中にYouTube動画「マーク金井のオルタナゴルフ」を撮影。そして、夕方6時からはGDOのYouTube動画「ミタナラバコウタロウ」にゲスト出演での撮影でした。場所はもちろん、どちらもアナライズ神田スタジオです。

 

 

 

YouTubeがここまでゴルフ業界にも浸透するとは思ってもみませんでしたが、弊社にこられるお客様のほとんどがYouTubeを観たことがきっかけです。ゴルフ雑誌を見てとか、新聞を見てとか、ブログを見てというお客様は1割にも満たなくなっています。そういう意味では、このブログを定期的に読んでくださっている人よりも、オルタナゴルフを観てくださっている人の方が多いかも知れません。

 

 

 

 

かれこれブログを書き始めて15年以上経った今、このブログが持つ意味も変わりつつあるかと思います。発信するメディアとしてはYouTubeの方が情報量が多いのは間違いありませんが、超私的には文字で伝えたいこともまだまだあるのでしばらくはブログを続けていくつもりです。

 

 

 

 

そして、続けていくと言えば「マーク金井のオルタナゴルフ」の中のシリーズのひとつである「諦めシリーズ」もまだまだ続けていきます。最近のネタで言えば、「パターの素振りを諦める」「ボールにラインを引くのを諦める」があり、すでに「諦めシリーズ」だけでも32本作りました。

 

 

 

さて、この「諦めシリーズ」。アマチュアゴルファーがスコアアップを目指すコツは余計なことをしない、引き算のゴルフをするという意味でスタートしました。ゴルフはナイスショットを増やせばいいスコアが出るとは限りませんが、プレーの流れが悪くなるショットを打ったり、致命的なミスをしでかすと、途端にスコアが悪くなります。

 

 

 

 

別言すれば、プレーの流れを悪くしないこと、致命的なミス(初歩的なミス)を減らすことさえできれば、確実にスコアアップできるのです。

 

 

 

 

100点のショットを打つよりも、ずっと60点ぐらいのショットを打っていれば、楽に100や90は切れますし、白ティからでしたら70台のスコアも出せるのです。

 

 

 

 

足し算のゴルフになれているゴルファーの場合、引き算のゴルフというのは正直言って面白くないかもしれません。ドライバーは飛ばさなくていい、セカンドはグリーンに乗せなくいい、アプローチは寄せなくていい、、、こんなゴルフはつまらない言われたことも少なからずあります。

 

 

 

 

確かに、ナイスショットを求めないゴルフ、飛ばさないゴルフ、ピンを狙わないゴルフというのは派手さはありません。しかしながら超私的なことを言わせてもらうと、100を切るのに、90を切るのに、そして80を切るのに派手なゴルフは必要ないのです。

 

 

 

 

 加えて、クラブの本数も14本必要ないと超私的に思っています。

 

 

 

 

例えば14本でプレーしていても100が切れない人の場合、その半分、7本でプレーした方が100が切れる可能性が高くなるのです。クラブの本数が減れば、苦手なクラブを打つ回数を減らせます。加えて、リスクの高いショットを打つ回数が減らせるからです.

 

 

 

 

そして、なにより同じクラブを使う回数が増えてきた方が、ミスショットを打つリスクを減らせるのです。

 

 

 

 

超私的には、クラブの本数が多い方がスコアメイクに有利に働くのは、70台のスコアが安定して出せるようになってからではないかと思います。逆に言うと、70台のスコアを安定して出せない人は、クラブの本数を減らしてプレーした方が、打たなくていいミスを減らせ、なおかつスコアアップに本当に必要なコースマネジメントとは何かをコースで学べるようになるのです。

 

 

 

 

(▼▼)b


コチラ売り切れますとしばらく入荷出来ない模様です・・

マーク金井が愛用するウッド用スチールシャフトに、フェアウェイウッド用も追加しました!↑クリック

 

マーク金井がゴルフクラブに関する情報、ゴルフスイング、スコアアップの情報、そしてゴルフに関係ないこと 週数回生配信。セミナー動画もすべて最後までご覧いただけます。

最近では全国を回ってオフ会も開催。無料期間もありますのでぜひ一度ご体験ください