マーク金井blog

2020年12月30日超私的な2020年クラブ・オブ・ザ・イヤー  ドライバー&パター編(▼▼)b

アナライズWEBショップからのお知らせ


12月27日(日曜日)での千葉市民ゴルフ場が今年のゴルフの打ち納めだったはずが、火曜日にお誘いを受けて急遽、石岡ゴルフ倶楽部で18ホールプレー。2度目の打ち納めは7時7分と早いスタート時間だったことが幸いし、お昼休憩があっても13時過ぎにホールアウト。
15時前には神田のスタジオに戻ることができました。

 

 

今回も冬場のゴルフということで使用ティは白。6081ヤードでパー72です。距離が一番長いパー4は18番で389ヤードなので、2打でグリーンに届かないホールはひとつもありません。パー5も500ヤードを超えるのは11番だけですし、パー3はいずれも200ヤード以下。ジャック・ニクラウス設計ですが、距離的には癒やし系です。

 

 

 

癒やし系のセッティングでプレーするわけですから、グリーンが凍っていようと関係ありません。スコアカード通りのパープレーを出すことを心がけてプレー。インからスタートし、13番、14番で連続ボギーを打ちましたが、16番、18番でバーディー。後半のアウトでは5番でバーディーからの、8番パー3でティショットを右バンカーに打ち込んでボギー。最終ホールはセカンドを左バンカーに入れてしまいましたが、バンカーショットが運良くピンに当たってパーでホールアウトできました。

 

イン
ーーー△△ー○ー○  36
222222120  15

アウト
ーーーー○ーー△ー  36
222212221  16

 

 

 

石岡は乗用カートでのプレーですが、歩くためにゴルフをしている人間ですのでカートには一度も乗ってません。おかげで18ホールで1万9000歩も歩けました。毎日2万歩歩く人間にとってはこれは大助かりです(笑)

 

 

 

これで2020年のゴルフはおしまいですが、打ち納めで活躍してくれたのがこのドライバーとこのパター。

 

 

 

 ドライバー 
 コブラ F9 (シャフトはツアーAD XC 5S 45インチ)

 

 パター
 テーラーメイド トラスTB1(34インチ)

 

 

 

 

2020年にエース候補として入手したのは、コブラ スピードゾーンテーラーメイドSIM MAXーD ピンG425LST、そしてタイトリストのTSi2の4機種。いずれも気に入って入手したのですが、昨年までのエースであるピンG410+、キャロウェイ エピックフォージドの牙城を崩すことができませんでした。

 

 

しかしながら、この2強に割って入ったのが2019に購入して、しばらく使っていなかったコブラのF9グラファイトデザインのツアーAD XCのテスト用として使い始めたのですが、打てば打つほどイメージ通りの弾道が出ます。低く抑えたフェード弾道で、風に強い球がオートマチックに打てます。昨日の石岡でもF9は大活躍してくれ、ティショットはノーミスでした。

 

 

 

 

続いて、パター部門では2020年大活躍してくれたのが、、、、

 

 

テーラーメイドのトラスTB1マーク金井はセンターシャフトのマレットばかり使っていたのですが(自ら設計したパターもセンターシャフトのマレット)、つるやゴルフのパターマットでTB1を試打して一目惚れ。TB1はクランクネックのピン型なのに、フェースバランス。ピン型なのにセンターシャフトのマレットのように使える点が気に入り、ベントグリーンでプレーする時は、こればかり使いました。ちなみに、昨日の打ち納めでも、3パットはゼロ。ショートパットで右に押し出すミスも出ませんでした。

 

 

仕事柄、クラブをしょっちゅう買ったり売ったりした方がいいのですが、年々、クラブを購入する本数が減っています。クラブに興味がなくなったわけではありませんが、性能が同質化しつつあるからです。

 

 

 

ちなみに2021年はすでに購入を決めているドライバーが2機種あります。エピックフォージドピンG410+コブラF9に割って入れるかどうか今から楽しみです。

 

 

2020年もこのブログを読んで下さりありがとうございました。それでは皆様、良い年をお迎え下さい~。

 

 

(▼▼)b


マーク金井のオンラインサロン!『マーク金井の「ロジゴル」オンラインサロン』会員募集中です

メンバーに向けて、ほぼ毎日、マーク金井がゴルフクラブに関する情報、ゴルフスイング、スコアアップの情報を発信します。ご入会お待ちしてます.

MSウエッジ 48度もラインナップ追加しました↓こちらからご購入いただけます


2020年12月28日超私的な2020年総括 マーク金井の今年の漢字一文字は「 」です!!

アナライズWEBショップからのお知らせ


あれよあれよという間にあと数日で2020年が幕を閉じます。昨日は人生二回目の競馬にチャレンジし、日刊ゲンダイの鬼才、橘記者が推すサラキア絡みで馬券購入。なんとなんと、なんと、、、、11番人気のサラキアが2着に入ったおかげで複勝と枠連が当たりました。微々たる金額ではありますが馬券を買わないで観るのと、馬券を購入して観るのとでは大違いです。

div class=”fb-post” data-href=”https://www.facebook.com/MSNjapan/posts/3742521462461305″ data-width=”500″ data-show-text=”true”>

【有馬記念】牝馬の2年連続Vは60年ぶり 牝馬の1、2着は史上初

MSN Japanさんの投稿 2020年12月27日日曜日

 

年の瀬になると、恒例なのが「今年はこんな一年だった」という記事ですが、2020年に関してはコロナ禍を抜きにしては書けないと思います。アナライズも4月7日からスタジオでの営業を自粛し、自粛要請が開けた後も完全予約制での営業となりました。セミナーも開催しておりますが、密にならない配慮、そして入室時にはアルコール消毒と検温を欠かさず実施し、受講者はマスク着用を義務付けています。

 

 

不要不急の外出を控える要請、リモートワークの要請、三密を避ける要請等々、、、いろんな制約があった一年だったこともあり、12月12日に今年1年の世相を表す漢字として選ばれたのは、、、「密」です。

 

 

 

マーク金井は、昔から会合や会食、ゴルフにおいてはコンペのたぐいに縁がなかったのですが生活様式は7月からガラッと変わりました。6月くらいからやたらと喉が渇くので血液検査をしたところ、血糖値が300超え。ドライバーが300ヤード超えなら嬉しいのですが、血糖値が300超えてしまうとこれはもう完全に病人です。

 

 

 

入院を免れるために取り組んだのが砂糖が入っている飲料水をやめることと、1日1万5000歩以上歩くこと。毎食後5000歩歩くことに取り組んだおかげで、2ヶ月で血糖値はほぼ正常値に戻りましたが、歩きに関しては、1万5000歩では物足りなくなり、10月からは毎日ほぼ2万歩。ゴルフに行った時は2万5000歩以上歩いています。

 

 

 

 サクッと計算したら、この半年で約350万歩。
 距離にして約2800km歩いたことになります。

 

 

 

恐らく、担当の医師に半年で「2800」km歩いて下さいと言われたら、絶対に3日と続かなかったでしょう(笑)。毎食後、こまめに5000歩、そして移動は極力歩くことを日課にしたおかげで、、、、、気がついたら2800km。丸1日オフという日がないことも幸いして、毎日続けることになんら違和感がないのです。

 

 

 

 よって今年の超私的な漢字1文字は「歩」です。

 

 

 

そして、今年もうひとつ続けているのがDMMのオンラインサロン「マーク金井のロジゴルオンラインサロン」でのライブ配信。こちらは4月7日から7月までは週5回、7月以降も週3回、21時から神田のスタジオでライブ配信しています。そして、ご縁をいただいて立川談慶師匠の落語ライブ配信も月に1度。12月は今日(28日)、午後8時から開演。師走の大定番「芝浜」を演じていただきます。

 

 

 よって今年の超私的な漢字1文字の次点は配信の「配」です。

 

 

 

2021年がどんな年になるのかまったく予想が付きませんが、超私的には毎日の2万歩、ブログライブ配信はこれからも同じペースで続けていくつもりです。今後ともおつきあいいただけますと嬉しいです。

 

 

(▼▼)b


マーク金井のオンラインサロン!『マーク金井の「ロジゴル」オンラインサロン』会員募集中です

メンバーに向けて、ほぼ毎日、マーク金井がゴルフクラブに関する情報、ゴルフスイング、スコアアップの情報を発信します。ご入会お待ちしてます.

MSウエッジ 48度もラインナップ追加しました↓こちらからご購入いただけます


2020年12月25日超私的な考察  自分に合ったシャフトを使うことのメリットとデメリットとは!?

マーク金井のオンラインサロン!『マーク金井の「ロジゴル」オンラインサロン』会員募集中です

メンバーに向けて、ほぼ毎日、マーク金井がゴルフクラブに関する情報、ゴルフスイング、スコアアップの情報を発信します。ご入会お待ちしてます.


今年も残すところ1週間を切りました。2020年はこれまでとはまったく違う生活様式になりましたが、超私的にはすごく充実した年になりました。

 

 

6月末に血糖値が「なんだこりゃ~」ってぐらい上がり、そこから毎日1万5000歩を歩くようになり、10月ぐらいからは1万5000歩が物足りなくなってきたので、毎日2万歩ペースで歩いています。ちなみに、昨日はこまめに歩いたおかげで2万5000歩をクリアできました。

今日はガッツリ2万4996歩〜(▼▼)b

金井 マークさんの投稿 2020年12月24日木曜日

血糖値を下げることが目的で歩く場合、食後に歩いた方がいいとアドバイスを受たので、今も毎食後は4000~7000歩ほど歩いてます。このおかげで順調に血糖値は下がり、今の血糖値は100~110ほど。加えて、食後に歩くと消化が良くなり、胃腸の調子もすこぶるいいですし、ダイエットを意識することなく体重も6キロ減。困ったことは、今まではいているパンツがダブつくようになったくらいです(笑)

 

 

 

血糖値が下がったことで食の好みがずいぶん変わり、あれだけ大好きだった白砂糖をまぶしたあんドーナツが美味しいと思わなくなり、アイスクリームも以前ほど頻繁に食べなくなり、コーラを口にすることもなくなりました。体質が変わったからだと思いますが、クラブとシャフトの好みに関しては、今も変わりません。

 

 

先週もUSTマミヤのアッタスダースと、グラファイトデザインのツアーAD HDをガッツリ試打しましたが、どちらもシャフトメーカーが意図する弾道が1発目が打てています。ムフフなドライバーを試打した時もメーカーの意図通りの弾道が打てています。

 

 

 

手前味噌ではありますが、最近はどのクラブ、どのシャフトを打っても違和感というのを感じづらくなり、かつ、タイミングが取りづらいと感じるクラブ(シャフト)がどんどん減ってきています。ワッグルと素振りをすれば、ほとんどのクラブ(シャフト)は1発目から違和感なく打っていけるようになってきました。

 

 

 

さて、このタイミング取りやすさ。

 

 

 

シャフトはタイミングに影響を及ぼすパーツで、一般的にはタイミングが取りやすいシャフトほど「打ちやすく」感じ、そしてタイミングが取りやすいシャフトほど、ミート率が良くなって飛距離も出やすくなります。逆に言うと、タイミングが取りづらいシャフトを使うと、「打ちづらく」感じ、タイミングが取りづらくシャフトほど、ミート率が悪くなって飛距離が出づらくなります。

 

 

 

ですので、シャフトをフィッティングする時に一番重要視されているのがタイミングが取りやすくかどうかです。フィッティングの現場では、単に弾道計測機での数値だけでなく、「振りやすいのか、振りやすくないのか」を重視している所も少なからずあります。

 

 

 

では、振りやすいと感じるシャフトはゴルファーにとって本当にベストなのか?

 

 

 

明日ラウンドで使う、来週のゴルフで使うというのがシャフト選びのゴールであるならば、迷わず「振りやすさ」を基準にしてシャフトを選ぶのは正解です。飛ぶと評判のシャフトでも、自分にとって「振りづらい」と感じるシャフトを選ぶことのメリットはありません。

 

 

ただし、今のスイングを変えたい、自分のスイングの癖を修正したいとなると、この「振りやすさ」を基準にしてシャフトを選ぶのは得策ではありません。

 

 

 

「振りやすい」と感じるシャフトは、自分の今のスイングで振りやすく、自分の癖がある状態で振りやすいからです。言い換えると、「振りやすい」を使っていると、自分のスイングを変えづらく、自分のスイングの癖を修正するのにはまったくもって適していないのです。

 

 

 

 スイングを変えるということは、体質を変えるのと同じです。

 

 

 

例えば、スティープにダウンスイングしている人がシャローなダウンスイングに本気で変えたいならば、スティープの時に打ちやすいと感じるシャフトを使っている限り、シャローなダウンスイングに変えづらくなるのです。シャローなダウンスイングになりたいと思うならば、あえて振りづらい感じるシャフトを使う覚悟が必要です。

 

 

 

 

ちなみにマーク金井は2年ぐらい前から、持ち球をドローからフェードに変わりましたが、その時に役に立ったのがドライバーに装着している島田の軽量スチールです。それまでずっとカーボンシャフトを使ってたわけですから、スチールのしなりはそれまでと全然違います。全然違うシャフトを使うことで、タイミングの取り方を変えることがすんなりでき、持ち球を変えることがすんなりできました。

 

 

カーボンシャフトに比べると、スチールシャフトの挙動はオーソドックスでシャフトのしなり戻りも穏やかです。ヘッドスピードが上げるのには不利ですが、重さがあるのでスイング中に張力を感じ取りやすいメリットがあります。

 

 

マーク金井島田の軽量スチールシャフトをドライバーに使うようになってドライバーのバントが上手くなり、それがフェードを打つスイングを身に付けるのにかなり役立っています。ドライバーにスチールシャフトを装着するなんて時代に逆行していると思われがちですが、実は、スイング改造、スイングの癖を矯正するのにも非常に役立つのです~。

 

 

 

(▼▼)b


文中に登場した島田のスチールシャフトをスリーブに装着して販売しています

↓こちらからお求めいただけます(クリックしてみて下さい)

MSウエッジ 48度もラインナップ追加しました↓こちらからご購入いただけます


2020年12月23日超私的な考察  練習しても上手くならない人はどこに原因があるのか!? スイングを練習する時、どうすれば難易度を下げられるのか!?

 

マーク金井のオンラインサロン!『マーク金井の「ロジゴル」オンラインサロン』会員募集中です

メンバーに向けて、ほぼ毎日、マーク金井がゴルフクラブに関する情報、ゴルフスイング、スコアアップの情報を発信します。ご入会お待ちしてます.


昨日は新幹線の駅とゲレンデが直結しているガーラ湯沢で、スノボの初滑り。オープンしてまだ1週間も経過していないにも関わらず積雪量はすでに3mを越え、12月とは思えないほど絶好のコンディション中、サクッと2時間弱滑ってきました。

 

 

そして午後からは神田のスタジオで国内ゴルフメーカーとミーティング、それからゴルフパートナーのYouTube動画、「マーク金井の試打職人」の撮影。2時間弱で12本のドライバーをガッツリ試打し、喋くりまくりました。

 

 

 

かなりタフなスケジュールでしたが、毎日2万歩歩いているおかげでドライバーの試打ではいつも通りのパフォーマンスが出来ましたし、途中でバテることもありませんでした。まさに「継続は力なり」です。

 

 

スノボは今年もプライベートレッスンを継続しており、昨日も1時間みっちりマンツーマンで教わりました。習うよりも慣れろではなく、慣れるよりも習った方が上手くなれますし、悪い癖に悩まされなくなるからです。加えて、指導者が適切な難易度の斜面でレッスンしてくれるので怪我や事故になるリスクも減らせます。

 

 

 

そして、8ヶ月ぶりのスノボで改めて感じたのが、、、、前回のブログで引用した以下のことです。

 

難易度の高い課題を与え、それを繰り返し練習させれば、いつかは上達すると思い込んでしまうのです。

 するとどうなるのか?

 「壊れない壁」にひたすら体当たりを続けるような行為となります。結果、「やる気」か「体」か「心」のどれかが壊れます。

中略

 人は困難な状況に追い込まれると、第一に「その場をしのぐ」事を肉体が優先するのです。(以上、「上達論」甲野善紀 方条遼雨著 PHP から引用)

 

 

 

スノボはまさに難易度が高い急斜面になると「その場をしのぐ」動作が出ます。その場をしのがなかったら転倒してしまうからです。対して、難易度が低くなる緩斜面になれば
心に余裕ができるので「その場をしのぐ」ことをやらなくなります。

 

 

では、ゴルフの場合はどうなのか?

 

 

コースでプレーする場合は赤ティを使うことで難易度を下げることができます。練習に関しては、以下の方法を取り入れれば難易度を下げることができると超私的に思っています。

 

 

 ・ボールを打つよりも素振り
 ・わざとボールを飛ばさない
 ・ゴルフボールよりも大きなスポンジボールを打つ

 

 

 

説明するまでもありませんが、ゴルフボールを打つのに比べると素振りの方が難易度が下がります。当たらないという不安が解消され、「その場しのぎ」のスイングになりません、自分が取り組みたいスイングに専念できます。わざと飛ばないに関しても、「飛ばしたい」とか「飛ばさなければ」となれば心理的負担が軽減される分だけ心理的に余裕が出ます。

 

 

 

ボールを大きくするというも心理的な余裕が出ます。ボールを大きくするというのは、スノボに例えるならばゲレンデの斜度を緩やかにするのと同じで、当たらない(転倒する)という恐怖感を排除できるからです。

 

 

 

スノボやスキーでは指導者は生徒(受講者)のレベルに合わせて難易度を変えるのが、ごくごく当たり前になっています。しかしながら、ゴルフの場合は指導者が意図的に難易度を変えているというのはそれほどポピュラーではありません。初心者であっても、ゴルフボールを打たせる所が多いような気がしています。

 

 

手前味噌ですが、アナライズの神田スタジオで長年使っているテニスボールサイズのウレタンボールは難易度を下げるのに役立ってます。マーク金井はスタジオで練習する時、
そのほとんどはウレタンボールを打ち、ゴルフボールを打つのはほんのわずか。1球もゴルフボールを打たないことの方が多いくらいです。

 

 

ゴルフの上達に練習は必要不可欠ですが、練習時の難易度設定を間違えてしまうと「その場しのぎ」な打ち方になるリスクが高いです。

 

 

 

練習しても上手くならない(上手くなれない)を悩むアマチュアゴルファーが少なからずいますが、そうなってしまうのは努力不足ではなく、難易度の高いことをやっているからではないかと思っています。

 

 

(▼▼)b


スポンジボールはこちらからお求めいただけます

 

MSウエッジ 48度もラインナップ追加しました↓こちらからご購入いただけます


2020年12月21日超私的な提案  寒さが厳しい冬場のゴルフ場でいいスコアを出す確実な方法とは!?

マーク金井のオンラインサロン!『マーク金井の「ロジゴル」オンラインサロン』会員募集中です

メンバーに向けて、ほぼ毎日、マーク金井がゴルフクラブに関する情報、ゴルフスイング、スコアアップの情報を発信します。ご入会お待ちしてます.


昨日は千葉市民ゴルフ場で18ホールプレー。ここは9ホールのコースなので2周で18ホールとなり、いつものようにクラブは7本縛りで担ぎセルフ。キャディバッグを担ぐと大変だと思われがちですが、7本しかクラブが入っていないキャディバッグは重くありません。加えて、ピンの担ぎ用セルフバックは超軽量なので、手引きカートを引っ張るよりも快適です。

 

 

18ホールを歩いてプレーすると約1万6000歩。プレー後、神田に戻って1万3000歩ほど散歩したので、トータルで3万歩弱。22キロを越える距離を歩くことができました。

 

 

 

8時にスタートしましたが、典型的な西高東低の気圧配置で北風が5~8m。スタート時の気温は2度ぐらいで、日中は9度あるかないか。寒さ対策をバッチリ決めてのプレーですから、夏場のようなスイングはできません。スタート直後はグリーンも凍っていましたから、どう考えてもいいスコアは出ません。

 

 

 

しかしマーク金井は目標にしているパープレーでサクッとホールアウト。3ボギー、3バーディーでした。

 

 

○△ー○△ーーーー  36
ー△ーーーーーー○  36

 

 

 

同伴の3名の内、ふたりはハーフのベストスコア更新、残るひとりは18ホールのベストタイでホールアウトしています。冬場の厳しいコンディションにも関わらず、我々の組は夏場と遜色のない内容でプレーを終えました。ちなみに、我々の前の組のプレーヤーを観察すると、強い北風に翻弄され、グリーンにたどり着くまでに相当のストロークを費やしているのが垣間見えました。

 

 

 

 では、なぜマーク金井の組は全員、冬場の厳しいコンディションに翻弄されずにいいプレーができたのか?

 

 

 

簡単なことです。コースの難易度を意図的に下げてプレーしたのです。

 

 

 

千葉市民は癒やし系コースですが、北風が強く吹いてグリーンが凍ると難易度が上がります。この上がった難易度を下げるためにマーク金井がやったことは、、、

 

 

 

ホールによって赤ティ(レディスティ)からプレーしたのです。9ホール中、1番、2番、4番、8番、9番では赤ティ、3番、5番、6番、7番では白ティからティショットを打ちました。要所要所で赤ティを使うことでアゲンスト風が吹いてても楽にパーオンできる距離設定にしたのです。対して、前の組はどこからどうみてもハーフ30台のスコアが出る感じがしないのに、すべてのホールを青ティからプレーしていました。

 

 

 

 

赤ティからプレーすれば、簡単だからいいスコアが出て当たり前。そんなことをしたらゴルフの腕前が鈍る、、、、、と考えている人も少なからずいるかと思います。

 

 

 

 

しかしながら、先日読んだ「上達論」(甲野善紀 方条遼雨著 PHP)にも、難易度が高いことによるデメリットが記されてました。

 

 

 

 難易度の高い課題を与え、それを繰り返し練習させれば、いつかは上達すると思い込んでしますのです。

 するとどうなるのか?

 「壊れない壁」にひたすら体当たりを続けるような行為となります。結果、「やる気」か「体」か「心」のどれかが壊れます。

中略

 人は困難な状況に追い込まれると、第一に「その場をしのぐ」事を肉体が優先するのです。(以上、上達論から引用)

 

 

 

この本は武術に関して書かれてますが、ゴルフもしかりです。ゴルフの腕前が未熟な人が、難易度が上がり過ぎた状態でプレーして得られるものはまずありません。ネガティブな情報がインプットされるだけです。

 

 

 

もちろん難易度を下げすぎるのも良くありませんが、冬場のゴルフの場合、初中級者に関してはボギーで上がれるような設定、上級者ならばパープレーが出来る設定でプレーするのがちょうどいいのではないかと超私的に思っています。

 

 

 

当たり前ですが、赤ティだからすべてバーディーが取れるわけではありません。赤ティでもアンフォースドエラーをしてしまえば、ボギーやダボが出ます。加えて、グリーンが凍っていれば、100ヤードからナイスショットしてもコーンと跳ねて奥のOBソーン入ってしまうこともあるのです。

 

 

 

冬はスコアが悪くなるからとあきらめている人が少なくありませんが、そんなことはありません。難易度設定を変えてやれば夏場と同じようにベストスコアを狙えます。

 

 

 

ゴルフは数字との戦いです。

 

 

 

パープレーで回ったことが一度もないなら、30台のスコアを一度も出したことがないなら赤ティからプレーしてみて下さい。距離が短くなれば難易度が下がると同時に、言い訳ができません。難易度を下げることで実は、自分のゴルフの腕前が丸裸にもなるのです。

 

 

(▼▼)b


MSウエッジ 48度もラインナップ追加しました↓こちらからご購入いただけます