マーク金井blog

2017年01月12日超私的な考察 女子ゴルファーがドライバーで飛距離を稼ぐコツとは!?

 

本日開催,赤羽ゴルフ倶楽部で開催

観戦無料です! 是非お越し下さい↑クリック

 


2017年、新製品記者発表の第二弾はテーラーメイドです。すでにFBにもアップしましたが、Mシリーズがリニューアル。ドライバー、FW、UT、そしてアイアンまでのフルラインで、2代目のM1とM2がお披露目されました。ちなみに正式発売日は3月9日です。

M1、M2シリーズの特徴はヘッドをカーボン素材にしたこと(ドライバーとFW)、そしてカーボン素材を前面的に打ち出したデザインで作り上げたことです。初代のM1、M2が出る前までは、正直、国内マーケットにおいてはヘッドに「カーボン素材」が用いられたドライバー、FWは大ヒットしませんでした。「カーボンは売りづらい」というイメージがあたたのですが、M1、M2はこのイメージを一気に払拭しました。

 

 

そして、2代目となるM1、M2では、さらにカーボンの比率が上がっています。M1ドライバーに関しては、初代よりもカーボンの比率が43%増えています。クラウン部分だけでなくソールのトウ側にもカーボン素材が配されています。これにより余剰重量が生まれ、設計の自由度が増しています。もちろんM2もカーボンの比率が増しています。

 

 

 

加えて、どちらにも挙憂っ通しているのがスピードポケットと呼ばれるソールのフェース側のスリット(溝)が拡大されたこと。これにより、フェース下側でヒットした時でもボール初速が落ちづらく、かつ打出し角が低くなり過ぎない配慮がなされています。

 

 

マーク金井は初代のM1、M2、どちらも今なお所有してますが出番が圧倒的に多かったのはM2です。初代のM2の方がヘッドの構造がシンプルで、かつM1に比べると少し捕まりが良かったからです。恐らく2代目も同じコンセプトで設計されているかと思いますが、今回、M2にはさらに捕まりが良くなるM2Dタイプもラインアップに加わりました。今回の国内記者発表では紹介されてませんでしたが、米国ではすでにリリースされています。

 

ピン、テーラーメイドに続き、キャロウェイも新製品の記者発表が控えてますが、キャロウェイの新作ドライバーもクラウン部分はカーボンの編み目がくっきり入っています。これからのドライバーのトレンドは、カーボンとチタンを組み合わせた複合ヘッドが主流になりそうです。国内メーカーではカーボンを積極的に使っているのはヨネックスぐらいですが、恐らく増えてくるかと思います。

 

 

テーラーメイドの記者発表を終え、スノボショップで衝動買いした新しいボード(板)を引き取った後、夕方から弊社女子スタッフのコソ連を少し手伝いました。ゴルフの竪琴を振らせるとプロ級ですが、ゴルフクラブを手にすると、、、経験の浅さからか余計な動きをしがちです。当たらなくなってくると、ダウンスイングで肩の開きが早くなりヘッド軌道がカットになって弱々しいスライス球が出ます。なので、練習している時は、ストレートな弾道ではなく、意図的に捕まり過ぎた球、いわゆる引っかけやチーピン気味のショットを打ってもらいます。真っ直ぐ打つことよりも、捕まり過ぎた球を打てるようになってもらいます。

 何故かと言うと、男性と違って女性(女子)の場合、真っ直ぐやフェード弾道よりも、強いドロー弾道(フック、ひっかけ、チーピン気味)を打った方が、確実に飛距離が伸びるからです。

 

ここからはマーク金井の超私的な考察ですが、ゴルフの場合、ヘッドスピードによって最適な弾道、飛ぶ弾道は変わってきます。ヘッドスピードがある程度以上速い(46m/s以上)だと、捕まり過ぎると飛距離をロスすることがあります。また、引っかけやチーピン球を打つとOBのリスクも高くなります。

 

他方、ヘッドスピードが速くない人や女性(女子)の場合(40m/s以下)、ストレートやフェード弾道よりも、強いフック系の弾道(引っかけ、チーピン気味)の方が効率良く飛距離が出ます。ヘッドスピードが速くない人や女性の場合、強いフック系の弾道の方がキャリーが落ちても、それを上回るだけのランが出やすくなるからです。

 

ドライバーはキャリーが出た方が距離が伸びると言われてますが、キャリーを10ヤード伸ばすのは容易ではありません。対して、落下後のランを10ヤード伸ばすことは、キャリーを10ヤード伸ばすよりも簡単なのです(もちろん条件によっても変わります)。

 

強いフック系(引っかけ、チーピン気味の弾道)は、ストレートよりも低スピンになりやすく、その分だけランを稼げます。加えて、強いフック系の球というのは、ストレート弾道よりもインパクト効率が高い分だけ、ボール初速も出やすくなるのです。強いフック系(引っかけ、チーピン気味の弾道)を打っている時、インパクトではヘッド軌道に対してフェースの向きはクローズ(閉じた)状態。ヘッド軌道に対してフェースがスクエアな状態よりも、閉じた状態の方がインパクトロフトが減る分だけ、ボールに強いエネルギーを与えることができるのです。

 

 

誤解を恐れず言うと、ヘッドスピードが速くない人や女性(女子)はチーピンにならないギリギリの強いフックを打つと、ドライバーでのランが30ヤード以上出てくれ、ボールを遠くに飛ばせます。また、ヘッドスピードが速くない人や女性(女子)の場合、強いフックでも曲がりの幅はパワーヒッターほどありません。なので、OBが出るリスクがそれほど高くありません。強いフック(チーピン気味の弾道)というのは見た目は美しくないのが難点ですが、これが上手く打てるようになると、ドライバーでビックリするぐらい飛距離を稼げるようになるのです~。

 

(▼▼)b


 

1月14日に開催する、オンプレーンとゴルフの竪琴セミナーはすでに満席となりました。ありがとうございます

15日にやりますこちらは、まだ若干空きがあります

1月15日(日)中越豪パッティングセミナー 

10時開始〜時間は2時間半/ 料金:8,000円 / 人数:8名限定

プロのパターコーチも務める中越豪が、パターの悩みを解決しますお申し込みはyoyaku@analyze2005.com お名前とお電話番号を書いてメール下さい(携帯アドレスでないほうが後々助かります) よろしくお願いします!

他のセミナーはコチラをご覧ください

  • 1月15日 10時中越豪のパッティングセミナー
  • 1月21日 11時インパクトセミナー 13時シャフトセミナー
  • 1月29日 11時オンプレーンセミナー 13時ゴルフの竪琴セミナー

詳細は↓をクリック


2017年01月11日超私的な考察 ゴルフが上手くなりやすい人になるためのコツとは!?

今週はクラブメーカーの記者発表が続きます。昨日は新宿NSビルの最上階でピンの記者発表。新作パター「シグマG」レディスモデルの「GLe」、そしてアスリート向けアイアンの「i200」ウエッジの「グライド2.0」がお披露目されました。

パターのキャッチフレーズは「1パットでいこう!」。フェース素材とヘッド間にエラストマー(樹脂ゴム)を挟み込み、これによりソフトな打感でもしっかり転がるそうです。レディスモデルの「GLe」のキャッチフレーズは、

 

 ゴルフは、貴方にしっかりあった「1本」との出会いから始まります。

 

 

ピンはウッドだけでなく、すべてのクラブ(アイアン)を1本から購入できます。他のメーカーと違う点を明確に打ち出し、クラブセッティングの重要性をアピールしています。

 

アイアンの「i200」は、従来モデルのiシリーズを継承したもので、キャビティでありながらもGシリーズに比べるとヘッドは小ぶり。シャープな形状でありながらも、やさしく飛ばせることをアピールしています。アイアンのロフト設定は5番で26度、7番で33度。今どきのぶっ飛び系アイアンに比べるとロフトは立ってません。コントロール性も重視されて設計されてます。そして、ピンならではなのがバンス角。

 

 

5番のバンス角が7度、7番のバンス角が9度。
しっかりバンス角が確保されているのでダウンブローに打ちやすいですし、ダフりのミスにも強くなっています。実際に試打してみても、バンスがしっかり利いているのでアイアンらしいアイアン。キャビティですが打感がソフト。フェース裏側にエラストマー(樹脂)を埋め込むことで、インパクトの手応えが良くなっています。

 

 

今日はテーラーメイドの記者発表があります。昨日もそうですが今日も移動は電車です。
クルマよりも電車の方が時間が読めますし、なによりも移動中に本が読めるのがいいです。昨日から「魔法のコンパス」(西野亮廣著、主婦と生活社)を読んでますが、グイグイ引き込まれます。サブタイトルが「道なき道の歩き方」となってますが、全体を通して言えるのが、

 

 

目の付け所の巧みさ!!!!

 

ピンチはチャンスに始まり、至る所に常識の先を行く発想力がこれでもかって書かれてあります。ゴルフに関することは一切書かれてませんが、ライブに集客する方法のくだりについては、ゴルフトーナメントの集客に相通じることがあります。

 

それだけではありません。実は、ゴルフ上達のヒントも書かれています。

 

 それは、、、「僕は問を持つ」というフレーズ

 

問とは、「なぜそうなるのか」。ゴルフに置き換えるならば、

 

  • なぜ上手くならないのか?
  • なぜボールが飛ばないのか?
  • なぜスライスするのか?
  • なぜスコアが良くならないのか?
  • なぜプレッシャーに弱いのか?
  • なぜ練習しても上達しないのか?

 

スライスするからスライス矯正の答えるを求めるのではなく、なぜスライスするのかをしっかり問う。飛ばないから飛ばし方の答えを求めるのではなく、なぜ飛ばないのかをしっかり問う。上手くいかないことがあった時、すぐに答えを求める人よりも、上手くいかない原因はどこにあるのかをしっかりと「問う」。超私的なことを言わせてもらうならば、答えをすぐに求める人よりも、いい「問」を作れる人の方がゴルフが上手くなれます。

 

 なぜなら、いい「問」には、すでに答えが内包されているからです。

 

ゴルフは上手くなるのが難しい競技です。ならばなぜ難しいのかをちゃんと問うことが大事です。例えば、アナライズのセミナーでは、パットとショットとではどちらが易しいのかと質問すれば、ほとんどの参加者は「パットの方がやさしい」と答えます。しかし、なぜ「ショットよりもパットの方がやさしいのか?」と問うと、それに対して正しい答えを言える人はほとんどいません。正しい答えが言えないからセミナーに参加しているのですが、それ以前に、ショットよりもパットの方がやさしい理由を「問う」ことをしていないからです。

 

 

ゴルフが上手くなる方法はいくつもありますが、「なぜパットはショットよりもやさしいのか」「なぜショットはパットよりも難しいのか?」これをちゃんと「問う」ことは、回り道のように見えて、実は、一番の近道なんです~。

(▼▼)b

今月もアナライズでセミナー開催しています

  • 1月15日 10時中越豪のパッティングセミナー
  • 1月21日 11時インパクトセミナー 13時シャフトセミナー
  • 1月29日 11時オンプレーンセミナー 13時ゴルフの竪琴セミナー

参加者募集中!

詳細は↓をクリック


ゴルフの竪琴!

販売再開!!!

tategoto2016_ver3


2017年01月09日超私的な考察 アマチュアがドライバーの飛距離を伸ばす一番確実な方法とは!?

3連休の最中、昨日は午後から初打ちに行ってきました。雨の予報だったのですが、運良く雨が降り始める前にスタートし、上がり2ホールで少し小雨が降ったぐらいでホールアウトできました。寒い中でのラウンドですが、雪景色のスキー場に比べるとゴルフ場は暖かいです(笑)。加えて、薄暮ハーフだとグリーンが凍ってないのがgoodです。

 

 

スタートは午後1時40分。荒川河川敷でマラソン大会があったため、ゴルフ場にはだれ1人もいません。貸し切り状態でプレーしたら、スリーサムでプレー時間は70分。赤羽はホールとホールのインターバルが長くないのでサクッとプレーできます。担ぎセルフで歩いてプレーすると、9ホールでも充実感があります。

 

さて、今回のエントリーは前回の続きです。

超私的な考察 アマチュアのドライバーの適正飛距離はどれぐらいなのか!?

 

ゴルフは物理です。ヘッドスピードによってボールが飛ばせる最大飛距離は決まります。例えば、ドライバーのヘッドスピードが40m/sならば、

 

実現可能なドライバーの飛距離は241ヤード。
(打出し角14度、スピン量2400回転、スマッシュファクター1.5、サイドスピン0回転)
キャロウェイの資料から引用

 

女子プロゴルファーのドライバーのヘッドスピードは40m/s前後で、240ヤードぐらい飛ばしています。彼女たちはほぼ実現可能な飛距離を得ています。対して、アマチュアの場合、ヘッドスピードが40m/s前後で240ヤード飛ばせている人はほとんどいません。大抵は220ヤード前後です。実現可能な飛距離よりも20ヤードぐらい不足している人が多いです。言い換えると、ヘッドスピードが同じでも伸びしろが20ヤードぐらいあります。

 

では、どうすればアマチュアゴルファーは、実現可能な飛距離を得られるのか?

 

答えは女子プロを真似ることです。立川流の噺家、立川志らく師匠もこんな風に弟子を指導しています。

落語なんてものはまずコピーすればいい。それなのに弟子を見ていると自我を優先させ自分のリズムで語ろうとする。そりゃうまくなるはずがない。ピアノのバイエルを弾けない人が感情込めて好き勝手に演奏されたらたまらないだろう。
(志らく師匠のTwitterから引用)

 

これをゴルフに書き換えれば、、、

 

ゴルフなんてものはまずコピーすればいい。それなのにアマチュアゴルファーを見ていると自分の感覚を優先させ、気持ちよくスイングしようとする。そりゃうまくなるはずがない。クルマの運転でスピード出したい時に、ブレーキ踏んだらたまらないだろう。

 

志らく師匠ほど的確ではありませんが、ゴルフも「真似るは学ぶに通じ」ます。型にはめるというとマイナスイメージを持たれる人が少なからずいますが、型を知らない人が好き勝手にやると、効率が悪いスイングになりやすい思います。ヘッドスピードが40m/sの人でドライバーの飛距離が220ヤード以下の人というのは、効率が悪いスイングをしていると思って間違いありません。クラブを取り換えることで飛距離を伸ばすことももちろんできますが、クラブの使い方が間違っているスイングのままでは、実現可能な240ヤードを手に入れるのはかなり厳しいです。

 

ゴルフは物理です。そしてゴルフスイングにはタネと仕掛け、いわゆるコツがあります。

 

55歳からスノボに嵌まってますが、スノボはゴルフと同じぐらい初心者にはハードルが高いスポーツです。独学だと滑ることはできても正しくターンできる人は1割にも満たないです。しかし、道具の特性を理解し、正しい指導を受けてターンするためのコツを会得すれば綺麗なターンを描けますし、転倒しなくなります。

 

ゴルフもしかり。実現可能な飛距離を得るためには道具(クラブ)の特性を正しく理解することと、女子プロのように理に叶ったスイングを真似することが一番の近道です~。

 

(▼▼)b


1月のセミナー募集開始しました

  • 1月14日 11時オンプレーンセミナー 13時ゴルフの竪琴セミナー
  • 1月15日 10時中越豪のパッティングセミナー
  • 1月21日 11時インパクトセミナー 13時シャフトセミナー
  • 1月29日 11時オンプレーンセミナー 13時ゴルフの竪琴セミナー

詳細は↓をクリック

ゴルフの竪琴!

販売再開!!!

tategoto2016_ver3


2017年01月08日超私的な考察 アマチュアのドライバーの適正飛距離はどれぐらいなのか!?

1月のセミナー募集開始しました

  • 1月14日 11時オンプレーンセミナー 13時ゴルフの竪琴セミナー
  • 1月15日 10時中越豪のパッティングセミナー
  • 1月21日 11時インパクトセミナー 13時シャフトセミナー
  • 1月29日 11時オンプレーンセミナー 13時ゴルフの竪琴セミナー

詳細は↓をクリック


お正月休みが終わったと思ったら、今は3連休の真っ只中。マーク金井はスノボモード全開ですが、今日、ようやく初打ちに出かけます。このブログを書き終えたら神田駅から京浜東北線に乗って、担ぎセルフでサクッと9ホール。場所はもちろん荒川河川敷の赤羽ゴルフ倶楽部。これまで同様、今年も18ホールプレーよりも9ホールプレーの回数の断然多いと思います。

 

さて、この冬場のゴルフですが、心がけていることがあります。それはドライバーの飛距離にこだわらないこと。理由は単純、夏場に比べると冬場はドライバーの飛距離(正確にはキャリー)が落ちるからです。感覚的には夏場よりも10~15%飛ばない計算でプレーしています。夏場は260ヤード飛ぶとするならば、冬場は220~230ヤードがナイスショットした時の適正飛距離と考えています。

 

かなり控えめだと思うかも知れませんが、これぐらいに設定しておくだけでティショットはかなり気分的に楽になります。冬でも260ヤード飛ばそうとするよりも、「230ヤードで御の字」と思った方が、スイングにも好影響が出るからです。ドライバーのナイスショット時の飛距離は「季節によって変わる」と強く自覚するようになってから、冬場のゴルフは一気に楽しくなりました。

 

もちろん、冬場でも神田のスタジオでボールを打つ時は話が別です。

 

スタジオは室内ですし、空調も効いているので季節は関係ありません。最低気温が0度を下回っている時でも、ウオームアップを済ませてドライバーを試打する時、ガッツリ振った時は260ヤード以上飛ばすことを心がけています。目安としては

 

  • ヘッドスピード45~46m/s
  • ボール初速 66m/s以上
  • スマッシュファクター(ミート率) 1.45
  • ドライバーの飛距離 260~270ヤード

 

弾道計測器によって飛距離が多少変わりますが、今でもドライバーでは260ヤード以上は飛ばせるようしています。そのためにやっていることはヘッドスピードを上げることと同じぐらい、クラブの性能を引出せるようなスイングを心がけています。クラブの性能を上手く引出せるかどうかで、同じヘッドスピードでも20ヤードぐらい飛距離が変わってくるからです。ちなみに、マーク金井のドライバーのヘッドスピードは45~46m/s。今のヘッドスピードでのドライバーの適正飛距離(限界飛距離)というのは、260~270ヤードぐらいです。

 

では、アマチュアゴルファーのドライバーの適正飛距離はどれぐらいなのか?

 

クラブメーカーごとに指標が出ていますが、例えば、キャロウェイの場合はクラブスピード(ヘッドスピード)ごとの「実現可能なドライバーの飛距離」をこんな感じで定時しています。

男性アマチュアの平均的なドライバーのヘッドスピードは40m/s前後。それを考えると、実現可能な適正飛距離というのは241ヤード。これを実現できているアマチュアゴルファーは2割にも満たないでしょう。ヘッドスピード40m/sぐらいだと、ドライバーの飛距離は220ヤード前後の人が多いと思います。

 

対して、女子プロゴルファーのドライバーの平均ヘッドスピードは38~40m/s。彼女たちはドライバーで230~240ヤードぐらい飛ばしています。ほぼ実現可能な飛距離を得ています。言い替えると、女子プロが飛距離を伸ばすためには、体力強化などしてヘッドスピードを上げることが求められます。

対して、アマチュアの多くは実現可能な距離に到達している人は多くありません。ほとんどの人は実現可能な距離よりも20ヤード以上少ない飛距離に甘んじています。言い替えば、ヘッドスピードが現状のままでも飛距離を20ヤード伸ばすことが可能でしょう。

 

では、どうすれば女子プロのようにドライバーで実現可能な飛距離、適正飛距離に近づけるのか?

 

最近のクラブメーカーは「フィッティング」で飛距離を伸ばせることをアピールしています。もちろん「フィッティング」も重要ですが、それ以上に重要なことがあります。それはインパクト効率(スマッシュファクター)を上げることです。女子プロは軽く振っているように見えますが、実際は軽く振っているわけではありません(力んで振っているわけでもないです)。

 

効率良く体を使い、効率良くクラブを操作しているから、軽く振っているように見える
のです。マーク金井はスノボで実感したのですが、スポーツには必ず効率の良い動きというのがあるのです。例えば、そのひとつは「シャフトのしなりを上手く使うこと」です。

おーっと、電車に乗る時間が迫ってきました。この続きは次回お話します~。

 

(▼▼)b


ゴルフの竪琴!

販売再開!!!

tategoto2016_ver3


2017年01月06日超私的な考察 独学で練習するのとレッスンを受けるのとでは、どちらの方が安上がりなのか?

新春キャンペーン開始

本日から、15000円以上お買い上げいただいたお客様に

アナライズ特製グリーンフォークプレゼントします(数に限りがあります。なくなり次第終了)


2017年の干支は酉、テレビのお正月番組で知ったのですが、ニワトリは夜明けに鳴くことから人間が飼うようになったそうです。ニワトリを飼い始めたのは弥生時代だそうで、最初は食用としてではなくて目覚まし時計の役割を担っていたそうです。

 

そしてニワトリと言えば、「三歩歩くと忘れる」とも言われ、物忘れの代名詞としても使われています。実際、ニワトリが物忘れ激しいかどうか定かではありませんが、マーク金井も年を重ねる毎に物忘れが激しくなっています。昨日も新聞原稿の締切りをすっかり忘れており、スノボショップでウエアを物色している時に催促の電話が入りました(笑)

 

 

3年前からすっかりスノボに嵌ってますが、スノボのとりこになった理由のひとつは短時間で上達できたからです。2年目でバッジテストの2級に合格し、昨年(3年目)に1級合格。もちろん独学ではありません。ガーラ湯沢で滑る時は、いつもマンツーマンのレッスンを受けています。レッスンを受けたのはスキーで苦い経験があったからです。

 

 

高校、そして大学時代とスキーをやってましたが、3年間滑りまくっても1級合格できませんでした。2級は1発合格でしたが、1級はなんども不合格。バッジテストに落ちる度に、スキーは独学では上手くなりづらいことを嫌と言うほど味わいました。

 

では、ゴルフはどうなのか?

 

もしも、自分の知り合いがゴルフを始めると知ったならば、迷わずレッスンを受けることを薦めます。それも少人数制かマンツーマンのレッスンを薦めます。老若男女を問わず、ゴルフ未経験者がいきなり独学でゴルフを始めたら、変な癖が付きやすいですし、いったん変な癖がついてしまうと、それを矯正するためのコスト(時間とお金)がかかってしまうからです。

 

場所によっても異なりますが、練習場に行けば1回1000~3000円くらいはかかります。
レッスンは1回3000~1万円ぐらいでしょう。レッスン料は練習場でボール打つよりも割高感がありますが、、、

 

 独学での練習は上達する可能性だけでなく、下手を固める可能性もあるのです!!!

 

「SHINGO IZM」(マイナビ出版)で、片山プロも言ってますが、「ゴルフは思っていることの真逆のことが起こる」スポーツ。

右に行かせたくないと右方向に、左に行かせたくないと左方向にいく理由は、ボールが飛ぶメカニズムにも隠されています。(「SHINGO IZM」より引用)。

 

例えば、ゴルフに使える予算が月に2万円あるとしましょう。2万円を練習場代とコース代に使うのもアリですが、1万円をレッスン代、1万円をコース代にするのもありです。
そして、どちらが上手くなれるかというと、、、後者です。プロから教わることのメリットをざっと上げると、、、

 

 

  • 正しい形、正しい振り方を学べる
  • 的確なアドバイスをもらえる
  • 自分の勘違いを正してもらえる
  • イメージと現実のギャップを埋めてもらえる
  • いいコーチに出会えればコツを教われる

 

対して独学の場合、メリットは安上がりですが、デメリットとしては

 

  • 間違った動作をしても自覚しづらい
  • イメージと現実のギャップを埋めづらい
  • 自己客観視しづらい
  • 悪い形が自覚できても修正方法を見つけづらい

 

クラブを握ってボールを打つだけで上手くなる人もいると思いますが、それはかなりの少数派です。大抵のゴルファーはボールを沢山打てばそれなりに打てますが、狙った所にボールを運ぶのは難しくなりますし、効率良く飛距離を出すのも難しくなります。

 

ゴルフは物理であり運動です。
 そしてゴルフは人間にとって不慣れな動きを求めます。

 

アナライズでは定期的にセミナーを実施していますが、これは練習器具の販売フォローのみならず、スイングを客観的に知ってもらい、正しいスイングをするためのコツを伝えたいからに他なりません。スノボをやって分ってたのですが、運動にはコツがあり、そのコツを知れば劇的に動き(フォーム)が良くなるのです~。

 

(▼▼)b


ゴルフの竪琴!

販売再開!!!

tategoto2016_ver3

セミナーのお知らせ

1月8日日曜日

4スタンスセミナー(レッシュプロジェクト公認トレーナーによる)

10時開始〜時間は2時間半です / 料金:8,000円

レッシュプロジェクト公認トレーナーの山下プロが4スタンスの基礎知識から、ご自分のタイプ診断、スイングのアドバイスなど3時間みっちりやります。料金は8,000円です yoyaku@analyze2005.comに お名前とお電話番号を書いてメール下さい(携帯アドレスでないほうが後々助かります) よろしくお願いします!