マーク金井blog

2018年09月11日超私的な提案 軽く振って見えるのに飛距離が出る人の共通点とは!?

日曜日はアナライズセミナーデー。前半はアプローチセミナー、1時間の休憩を挟んで後半は飛距離アップセミナーを開催しました。アプローチセミナーでは、まずやってもらうのはテキサスウエッジと、SWのリーディングエッジ打ち。どちらもパターと同じようにボールを転がしてもらいます。意外と思うかもしれませんが、ボールをちゃんと転がせるようになると(わざとトップを打てるようになると)、SWのフェースにボールを乗せて打つことが簡単にできるようになります。

 

飛距離アップセミナーでは、まずはなぜ飛距離がでないのかを受講生に自己分析してもらっています。飛ばない原因を挙げてもらうと、、、

 

 ・ヘッドスピードが遅いから
 ・手打ちになっているから(身体をしっかり使えていないから)
 ・捻転がちゃんとできてないから
 ・ミート率が悪いから
 ・芯で捕らえていないから

 

 

こんな感じの答えが返ってきます。いずれの回答も飛ばない原因であるのは間違いありませんが、飛ばない人に共通している要素は、ずばりこの3つ。

 

  •  フェースtoパス(軌道に対するフェース向き)がオープンになっている
  •  
  •  芯を外している

  •  インパクトゾーンで力の伝達が非効率

 

 

飛ぶか飛ばないかは、この3つの要素に集約されます。一生懸命スイングしているのに飛距離が出ない。頑張ってスイングしているのにヘッドスピードが上がらない人は、例外なく、この3つの要素があります。逆に言うと、この3つの要素が、、、、

 

 

  •  フェースtoパスがスクエア、もしくは軽いクローズになっている
     
  •  芯で捕らえる
     
  •  インパクトゾーンで力の伝達が効率的

 

こうなっていると、軽くスイングしているように見えるのにヘッドスピードが出ており、飛距離もちゃんと出ます。誤解を恐れずに言えば、手打ちっぽいスイングであっても、この3つがクリアされていれば、ミート率というのは理想的な数値である1.5に近づけることが十分可能です。

 

 

さて、この3つの飛ばしの要素。

 

 

察しのいい人はもうお分かりでしょう。表題の軽くスイングしているのに飛ばせる人は、この3つの飛ばしの要素をクリアしています。特に、3つめの「インパクトゾーンでの力の伝達が効率的」です。

 

 

 では、「インパクトゾーンの力の伝達が効率的」とはどのような動作なのか?

 

ひとことで言うと、、、

 

 

 インパクトに向けて、体の各部がタイミング良く減速している!!!!!!

 

ダウンスイングが始まったら、フィニッシュまで振り切る。というセオリーがありますが、実は、モーションキャプチャーでスイングを解析していくと、ダウンスイングからインパクトに向けて加速したままインパクトを迎えるツアープロは皆無。ダウンスイングからインパクトにかけては、体の各部はタイミング良く減速し、減速することでパワー(エネルギー)をクラブヘッド方向に伝達していることが証明されています。

 

 

 腰、胴体、肩、腕、そして手元。まず下半身が減速し、それから上半身が減速、そして腕の振りが減速し、手元が減速する。この減速によって大きなエネルギーがヘッドに伝達するのです。

 

ゴルフは物理です。

 

ゴルフスイングは加速だけでは大きなエネルギーがクラブヘッドに伝わらないのです~。

 

(▼▼)b


アプローチが上達するこちら↓限定数入荷!お急ぎ下さい

セットもあります↓

pr00014
¥32,400(税込)

2018年09月09日超私的な提案 ゴルフクラブを選びやすくするためにメーカーがなすべきこととは!?

金曜日、そして土曜日と2日連続で赤羽ゴルフ倶楽部、早朝9ホールプレーに行ってきました。どちらも担ぎセルフで7本プレー。5時30分にぐらいにスタートし、7時30分にはホールアウト。9ホールで2時間弱。これに慣れてくると1日かけてゴルフするよりも、早朝で9ホールプレーする回数を増やしたくなります。「ゴルフは時間がかかり過ぎる」と思われがちですが、早朝ゴルフにはその常識は当てはまりません。加えて、ゴルフにかけるお金もかなり節約できるメリットもあります。

 

早朝プレーには、老若男女、さまざまなゴルファーがプレーしています。そして、使っているゴルフクラブも様々。マーク金井は職業柄、スタートホールで待機しているゴルファーのクラブ、同伴者のクラブ、そしてプレーを終えたゴルファーのクラブをつぶさにチェックしています。

 

どのメーカーのクラブが人気があるのか、どのモデルが人気あるのか? マクロな世界での売れ行き調査も大事ですが、ミクロの世界でクラブを調査することで、リアルな人気を窺い知れると思っているからです。ちなみに、金曜日のラウンドは3サムでしたが、ドライバーは全員、テーラーメイドのM3でした。

 

 

このとろこ、頻繁に早朝プレーに行ってますが、クラブの試打も頻繁に行なっています。先日は、ゴルフ5の西葛西店で新作ドライバーを試打してきました。タイトリストテーラーメイドヤマハ、そしてゴルフ5のオリジナルブランド、トブンダを打ってきましたが、改めて感じたことがあります。

 

 

 それは、クラブによって効率良く飛ばせる飛距離があるということ。

 

 

超私的に例えるならば、クルマのタイヤサイズを選ぶのと、ドライバーを選ぶのとには共通点があります。クルマの場合、クルマの大きさ(特にエンジンの大きさ)によって、タイヤサイズは変ります。軽自動車のように小さくてエンジンも小さいクルマには、タイヤサイズは小さめで、タイヤ幅も狭めが相性いいです。軽自動車にポルシェに装着するような大径で幅広タイヤを装着してしまうと完全なオーバースペック。アンバランスなだけでなく、乗り心地も悪くなりますし、走行性能や燃費が劇的に悪くなります。

 

逆もしかりで、ポルシェに軽自動車用のタイヤを装着したら完全なアンダースペック。タイヤはクルマの重さ、エンジンのパワーを受け止められませんし、クルマの性能を引き出せなくなってしまいます。クルマのタイヤは、クルマに応じて適正さ大きさ、そして幅があるのです。

 

ゴルフクラブも同じです。

 

 

ドライバーの場合、「200ヤードを飛ばすのにちょうどいい」のもあれば「250ヤード飛ばすのにちょうどいい」のもあれば、「300ヤード飛ばすのにちょうどいいのも」あるのです。手前味噌ですが、新しいドライバーを試打する時は、「このモデルはどれぐらいの距離で打つと効率良く飛ばせるのか?」を探っています。そして、「どんなゴルファーが使うとちょうどいいのか?」を自分の物差しでジャッジしています。

 

では、効率良く飛ばせる距離は何によって決まるのか?

 

ざっと、上げると、、、、

 

 ・クラブ重量
 ・ヘッド重量
 ・リアルロフト
 ・重心の高さ
 ・重心の深さ
 ・フェースの肉厚
 ・フェースの高さ
 ・シャフトの硬さ
 ・シャフトの重さ
 ・クラブの長さ

 

 

これらがどのように組み合わさっているかで、「200ヤード前後を効率良く飛ばせるドライバー」になったり、「250ヤード前後を効率良く飛ばせるドライバー」になったり、「300ヤードを効率良く飛ばせるドライバー」なったりします。マーク金井は何本ものドライバーを所有していますが、いずれのモデルとも250~260ヤードを効率良く飛ばせるものばかり。ヘッド重量とリアルロフト、そしてシャフトを交換することで、メーカーやモデルが異なっても、250~260ヤードを効率良く飛ばせるように仕立て上げています。

 

 

最近は試打やフィッティングをしてからドライバーを購入する人が増えてます。試打すること自体はいい事ですが、実は、もっと大事なのは「クラブの適正能力(効率良く飛ばせる飛距離)」を知っておいた上で試打することです。ちなみに、同じモデルであってもリアルロフトやヘッドの重さを変えたり、シャフトを変えたりすると、「効率良く飛ばせる飛距離」というのはガラッと変ってきます。

 

 クラブメーカーも、単に飛びをアピールするのではなく、「このモデルは○○○ヤードを効率良く飛ばせます」とか「ドライバーの飛距離が○○○ヤードの人が打つと劇的に飛びます」とアピールした方が、ユーザーフレンドリーになりますし、ユーザーも自分に見合ったモデルを選びやすくなってきます。

 

 

ドライバーを買い求める時は、「どれが一番飛ぶ」かにこだわるゴルファーが多いと思いますが、それよりも大事なのは、自分の飛距離(自分のパワー)に見合ったドライバーを選ぶこと。ここをちゃんと理解してクラブを選ばないと、巷で「飛ぶ」と評判のクラブを購入しても、期待外れに終わってしまう可能性が高くなってしまうでしょう~。

 

(▼▼)b


アプローチが上達するこちら↓限定数入荷!お急ぎ下さい

セットもあります↓

pr00014
¥32,400(税込)

2018年09月06日超私的な考察 ドライバーと100ヤードの距離からミスが多い人の共通点とは!?

今週も日本列島に台風が直撃し、関西ではトラックの横転、屋根が吹っ飛び、浸水、停電、そして空港が孤立。風の恐ろしさ、豪雨の恐ろしさを思い知らされました。神田エリアも昨日はいきなりの豪雨、風も強かったですが、関西に比べるとたいしたことはありません。電車も止りませんでしたし、高速道路も封鎖されてません。ただ、高速道路の運転はビビりました。昨夜、80キロぐらいの速度で首都高を走ってたのですが、突然の突風でクルマが隣の車線近くまで持って行かれました、、、。

今週は台風が来るのが分っていたので早朝プレーは控えていますが、恐らく、金曜日ぐらいには早朝か薄暮に行くつもりです。プレーが目的ですが、ホームコースである赤羽ゴルフ倶楽部がどんな状況になっているのかも見ておきたいからです。前回の強風では13番の左サイドの金網ネットが被害を受けてました。今回も大きな木が折れていないか、打球事故防止のネットが壊れていないかどうかが心配なんです。

 

 

週に1回はキャディバッグを担いで9ホールプレーするのが生活の一部になってますが、早朝、薄暮でプレーする時のクラブセッティングは7本で、それぞれのクラブの飛距離は、、、

 

 

ドライバーの飛距離 210~260ヤード
UTの飛距離 160~200ヤード
7番の飛距離 100~160ヤード
9番の飛距離 90~130ヤード
PWの飛距離 80~115ヤード
SWの飛距離 80ヤード以下

 

最大飛距離を打つことは9ホールで1回あるかないか。フルショットする時よりもコントロールショットを打つことの方が多いです。赤羽ゴルフ倶楽部では距離が短いこともありますが、例えば、ドライバーだと220~240ヤードを打つことがほとんど。7番アイアンだと140~155ヤード。PWは100ヤード前後の距離を打っています。最大飛距離をめったに打たない理由、それは、、、、、

 

 

最大飛距離を打とうとするほど、スイングに余計な力みが発生しやすくなる!!!!

 

 

からです。逆に言うと、どのクラブも最大飛距離ではなく、最大飛距離よりも10~20ヤード飛ばさないように心がけると、力みが発生しづらくなります。理由は単純、飛距離を落として打とうとすれば、力む必要がないからです。

 

 

コースに出るとドライバーが大きく曲がる人、普段通りのスイングができない人、そういう人のスイングを見ていると「1ヤードでも遠くに飛ばしたい」という感じで力んでいます。飛ばすことがゴルフという感じといってもいいでしょう。力むから普段通りのスイングができないのですが、この悪循環を解消するのは至極簡単です。

 

 

ドライバーを手にした時、「○○ヤード以上飛ばさない」ということを強く意識すればいい。例えば、ドライバーでナイスショットしたら250ヤード飛ぶ人ならば、230ヤード以上飛ばさない。230ヤード先には池が待ち構えていると思えばいい。そうすれば、コースに出た時でも力まないでスイングできます。ドライバーを飛ばすクラブだと考えると、力みを抜くのは容易ではありません。他方、ドライバーを距離を調節するクラブだと考えれば、勝手に力みを抜くことができるのです。

 

 

ウエッジもしかり。100ヤードというとAWを持つ人が少なからずいますが、100ヤードでグリーンに乗る確率が低い人ほど、AWを手にした時、ドライバーで300ヤード飛ばすかのような大振りになっています。そんなゴルファーでも、100ヤードをPWや9番アイアンで打つとどうでしょう。振り回したらグリーンオーバーするのが無意識の内に分るから、無意識の内に大振りしなくなってきます。大振りしなくなれば、スイングが安定してきて100ヤードでグリーンに乗る確率を上げていけます。

 

 

スコアメイクの基本はフルショットをできるだけ減らすこと!!!!

 

 

ドライバーであれ100ヤードを打つ時であれ、自分の最大飛距離が出るようなスイングをしていると、力みを抜こうと思っても力みを抜くことはできません。乱暴なスイングになってしまいます。対して、最大飛距離よりも、10~20ヤード飛ばさないように強く心がけてショットに臨めば、力もうとおもっても力めなくなるのです~。

 

(▼▼)b


アプローチが上達するこちら↓限定数入荷!お急ぎ下さい

セットもあります↓

pr00014
¥32,400(税込)

2018年09月04日超私的な提案 早朝、薄暮ゴルフをサクッと楽しむための大人な流儀とは!?

日本勢が金メダルをたくさん取ったアジア大会が終わりました。アジア大会と同じ時期に世界女子アマチュアチーム選手権(エスピリトサントトロフィー)もあって、日本の女子チームは過去最高記録の2位に入っています。個人戦でも安田祐香選手が首位と2打差の2位に入賞を果しています。優勝したのは米国チーム。2位と10打差をつけ、ぶっちぎりの勝利を収めています。

世界アマチュアチーム選手権の競技方法は1日18ホールストロークプレーで行われ、4日間72ホールで争われる。各日とも女子3名中2名のベストスコアをその日のチームスコアとし、合計スコアで勝負を競います。今週からは世界アマチュアチーム選手権の男子の部が開催されるので、日本チームの活躍を大いに期待したいです。

世界アマは2014年に日本でも開催されており、その時はほぼ毎日、現地で観戦、インターネット中継のお手伝いをしてました。軽井沢での開催ということもあって、観戦後は近くの晴山ゴルフ場で薄暮で9ホールプレー。米国チームを始め、オートすらリア、カナダといった強豪国はキャディバッグを自分で担いで回ってましたが、日本チームは担ぎではなくて手引きカートでした。これを見た時、日本チームはひ弱く感じました。

 

 

マーク金井は薄暮でプレーする時は手引きカートではなく、担ぎセルフです。もちろん、今も、薄暮や早朝で9ホールプレーする時は、キャディバッグを自分で担いでプレーしています。

 

さて、この担ぎセルフ。

 

日本ではまったくもって少数派です。ゴルフ場で働いている研修生やゴルフ部部員を除けば、全ゴルファーの1%にも満たないでしょう。ほとんどのゴルファーはセルフでプレーする時、電動カートにキャディバッグを載せたり、手引きカートでプレーしています。恐らく皆さんも、その1人ではないでしょうか? キャディバッグを自分で担いでプレーしているのを見たことがない人も多いかも知れません。

 

 

そこで超私的な提案があります。

 

 

早朝、薄暮で9ホールプレー(ハーフプレー)するならば、一度、担ぎセルフのハーフセットでプレーを試していただきたいです。担いでプレーすることとで、世界アマに出場している選手たちと同じ気分になれますし、なによりも9ホールのプレーでしっかり運動になります。きちんとデータを取ったわけではありませんが、乗用カートに乗って18ホールプレーするよりも、担ぎセルフで9ホールプレーした方が、歩行数は多くなりますし、運動量も多いです。9ホールのプレー時間は約2時間。2時間、キャディバッグを担いで早足で歩けば、ジョギングよりもエネルギーを消費します。

 

 

そしてハーフをハーフセット(7本以下)でプレーすると、コースマネジメント能力、スコアアップに本当に必要なスキルも身に付けやすくなるのです。マーク金井が担ぎセルフする時のセッティングは、、、

ドライバー
ユーティリティ(20度前後)
7番アイアン
9番アイアン
PW
SW(ロフト54度)
パター

 

ドライバーの飛距離 210~260ヤード
UTの飛距離 160~200ヤード
7番の飛距離 100~160ヤード
9番の飛距離 90~130ヤード
PWの飛距離 80~115ヤード
SWの飛距離 80ヤード以下

 

それぞれのクラブはフルショットする時よりもコントロールショットを打つことの方が多いです。コントロールショットを打つ回数を増やすと難しく感じるかも知れませんが、ゴルフで一番大事なのは距離をコントロールすること。距離感を磨くこと。フルショットよりもコントロールショットを打つ回数を増やせば、必然的にボールを飛ばすことよりも距離を正しく打ち分けることに意識が向かいます。加えて、ナイスショットを打つことよりも、前後のミスが出ないショットを打つことの方が大事なことも分ってくるのです。

 

ゴルフはスポーツなのかどうかと論議されることがありますが、少なくともキャディバッグを自分で担いで早足でプレーしたら、スポーツ性はかなり高くなります。走ったりはしませんが、登山やハイキングと同じような感じで見てもらえるのではないでしょうか?

 

 カートに乗って18ホールをプレーするのもゴルフ。
 キャディバッグを担いでサクッと9ホールプレーするのもゴルフ。

 

 

どちらもゴルフクラブを使ってボールを打ち、打ったボールをカップインさせればゴルフは成立します。超私的なことを言わせてもらうならば、ゴルフの間口を広げやすいのは、後者ではないかと思っています~。

 

(▼▼)b


アプローチが上達するこちら↓限定数入荷!お急ぎ下さい

セットもあります↓

pr00014
¥32,400(税込)

2018年09月02日超私的な提案 ゴルフコースが混んでいる時に、試してほしいちょっとした練習とは!?

月曜日

9月3日21時から、

またまた生配信やります

今回も恒例になりました、マーク金井が皆さんの質問に答えまくる

オールリクエスト特集!

はい!またまたいろいろな質問に答えちゃいます。ぜひ生で観て下さい!!どうして生でしかやらないかというと、録画を残すとヤバイ事を言ってしまうからです(汗)

ということで、お見逃しないようにお願いしますね


9月に入りました。暑い日が続いているので、昨日も赤羽ゴルフ倶楽部で早朝プレー。4時過ぎに目覚め、4時30分に家を出て、5時10分くらいにクラブハウス到着。5時30分くらいに10番ホールをスタートし、7時20分くらいにホールアウト。4サムでのプレーです。そこから、同伴プレーヤー達と50分間ほどアプローチ練習場でパッティングの練習を行なってきました。

パットの練習と言うと、パッティンググリーンでするのもの。アプローチ練習場ではアプローチの練習をするものというのが常識ですが、あえて、アプローチ練習場ではパターを使ってアプローチの練習をしてきんたのです。

グリーンの外からパターを使と、パターのことを「テキサスウエッジ」と言います。テキサス地方ではパターを使ってグリーン外からアプローチするゴルファーが多いかどうかは分りませんが、米国では「テキサスウエッジ」言葉がポピュラーで、アプローチのバリエーションのひとつとして昔から認知されています。

 

 

さて、このテキサスウエッジ(パター)でのアプローチ。

 

 

赤羽ゴルフ俱楽部に限らず、河川敷コースやリンクスでプレーする時、そして地面が硬くて芝が薄いライでアプローチをする時、一番、確実でリスクが少ないのがテキサスウエッジでのアプローチです。説明するまでもありませんが、ゴルフクラブの中でロフトが一番少ないのがパター。転がすのに適してますし、ウエッジに比べるとダフりやトップのミスが出づらい。シャンクも出ません。距離を合わせるのには慣れが(経験値)が求められますが、致命的なミスを確実に減らせるメリットがあります。

 

 

アプローチにはいろんな選択肢がありますが、アプローチを苦手にしている人も、そうでない人も、転がせる状況化にボールがあれば、一番確実にグリーンに乗せていきやすいクラブはテキサスウエッジ(パター)です。超私的なことを言わせてもらえば、グリーン周りのアプローチで(前方は芝が短く刈り込まれているのであれば)、SWやAWではなくパターを使ってアプローチを打てば、100を切れない人は確実に100を切れるようになってきます。90前後で回るゴルファーも、パターを使ってアプローチを打った方がアプローチでのスコアの浪費を減らせるでしょう。何しろ、パターならばチャックやトップ、そしてシャンクを打つことがないからです。

 

 

前述したように、グリーン外からパターを使う場合、距離を合わせるにはそれなりの慣れ(経験値)が必要ですが、慣れるのに役立つのがアプローチ練習場。アプローチ練習場の芝の長さはフェアウェイとほぼ同じなので、テキサスウエッジの練習にはもってこいなんです。最初はグリーンエッジから5ヤードぐらいのところからパターで打ち、慣れてきたらグリーンエッジまで20ヤードぐらい所からパターで打ってみて下さい。グリーンエッジまで20ヤードもあると相当強くことが求められますが、これも慣れてくれば、なんとか打てるようになります。そして、何とか打てるようになれば、グリーンに乗せるだけならば「案外、パターは簡単」というのが分ってきます。

 

 

アプローチ練習場以外でも、テキサスウエッジの練習にすごく適した場所があります。それは、、、、

 

 

ティグラウンド。

 

 

例えば、前の組が詰まっていてティショットが打てない時、パー3のホールで前の組がグリーン上にいる時、そんな時、ティグラウンドでパット練習するのです。パターならば芝を傷つけることはまずありません。そして芝の長さもフェアウェイや花道と同じぐらい。まさに、テキサスウエッジの練習にぴったりなエリアとなります。ティマークをカップだと想定して練習すれば、距離感を養えます(競技でやってしまうと、ルール違反になりますのでNGです)。

 

 

グリーン外からパターを使うケースは、花道とかグリーンエッジからだけでなく砲台グリーンからこぼれ落ちた場合も使い勝手がいいです。砲台グリーンというとボールを上げたくなりますが、実は、手前から転がし上げた方がミスが出づらいし、慣れてしまうと距離感も合わせやすくなります。そして、アプローチは「パター」という感覚になってくると、グリーンを狙うショットでは「パターで打てる場所を狙えばいい」という感覚になり、それは賢いコースマネジメントにもつながるのです~。

 

(▼▼)b


アプローチが上達するこちら↓限定数入荷!お急ぎ下さい

セットもあります↓

pr00014
¥32,400(税込)