マーク金井blog

2022年10月21日超私的な考察  ゴルフ場で「もしドラ」を一度はやってみませんか!?

諦めシリーズ 諦めなかったみたいです・・まだ続くようです!


今から遡ること13年前、2009年に発刊のベストセラー小説と言えば、、、

 

 

 

 

『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』(岩崎夏海著 ダイヤモンド社)です。

 

 

 

 

高校野球の女子マネージャーがビジネスマネジメントの巨匠「P・f・ドラッカー」から組織論を学び、甲子園出場を目指すというストーリーで、略称は「もしドラ」。この作品は小説だけでなく、マンガやテレビアニメにもなりました。

 

 

 

 

さて、この「もしドラ」

 

 

 

 

超私的には「もしドラ」はスコアメイクの本質を学べるのではないかと思っています。ただし、小説の「もしドラ」ではなく、「もしドラ」のドラはゴルフクラブのドライバーのことです。

 

 

 

そして、ゴルフ版の「もしドラ」とは、もしもゴルファーがドライバーだけでプレーしたらどうなるのか、、、、です。

 

 

 

ドライバーはティショットで打つためのクラブ、とにかく遠くに飛ばすためのクラブと決め込んでいる人が多いですが、そんなことはありません。セカンドショットでもグリーン周りのアプローチでも使ってもいいクラブです。ただし、グリーン上はローカルルールでパター以外使えない所もありますので、グリーン上はパターを使います。

 

 

 

 

決め事としては、ドライバーはティアップして打つのが前提に作られたクラブですので、ティグラウンド以外の場所から打つ時もティアップOK。2打目以降のショットもティアップしたボールを打って行きます。プロゴルファー猿のような感じでプレーするのです。

 

 

 

 

ドライバーを振り回すのが好きな人にとっては、ドライバーをこれでもかって打てるわけです。パー5のセカンドでもドライバーを使えるわけですから2オンの可能性も広がります。その一方で、パー3や距離が長くないパー4のセカンドでは、わざと飛ばさない打ち方、距離をコントロールする技術が求められます。

 

 

 

 

加えて、グリーン周りのアプローチでは手前から転がすことが強いられ、バンカーや池越えの時には、わざとハザードを避けるルートを狙わなくてはなりません。かなりストレスフルなショットを打つ場面が増えてくるでしょう。

 

 

 

 

 

 まずは9ホールだけでもいいので試してみて下さい。

 

 

 

 

 

ゴルフの醍醐味はボールを遠くに飛ばすことですが、スコアメイクに本当に必要なのは、狙った方向、狙った距離にボールを運ぶこと、狙った場所にボールを止めることであることを、嫌というほど味わうことができるはずです。

 

 

 

 

そして、スコアメイクするためにはボールを遠くに飛ばすことよりも、距離を正しくコントロールすること、そして距離の打ち分けであることが分ってきます。そして、ドライバーは飛ばそうとしない時ほど、飛んでしまうクラブであることも分ります。

 

 

 

ゴルフはいろんな楽しみ方がありますが、スコアメイクという観点から考えれば、ボールを遠くに飛ばす人よりも、距離のコントロール(距離感)が上手い人の方がゴルフ巧者になります。そして、ドライバー(ティショット)の飛距離というのはスコアに及ぼす影響は大きくありません。

 

 

 

 

今も昔もゴルフのスコアを最終的に決めるのはグリーン周りのアプローチとパッティングです。だからこそ今も昔もゴルフの本質は、、、

 

 

 

 

「ドライバー・イズ・ショー、パット・イズ・マネー(スコア)」なんです。

 

 

 

 

(▼▼)b


ランニングウェッジ再入荷しました。売り切れる前にに是非↑クリック

マーク金井のオンライサロン「ロジゴル」

マーク金井がゴルフクラブに関する情報、ゴルフスイング、スコアアップの情報、そしてゴルフに関係ないこと 週数回生配信。セミナー動画もすべて最後までご覧いただけます。

最近では全国を回ってオフ会も開催。無料期間もありますのでぜひ一度ご体験ください

↓くわしくは↓をクリック


2022年10月19日超私的な考察  練習してもスコアが良くならないアマチュアゴルファーの共通点とは!?

今回はレアなクラブ


マークさんて、ほぼ毎日ゴルフに行ってますよね?

 

 

 

確かに、ここ数年はゴルフに行く頻度が増えました。先週の土日は千葉市民ゴルフ場でプレーしてきましたし、昨日(月曜日)は赤羽ゴルフ倶楽部にて薄暮プレー。18ホールよりも9ホールプレーをたしなむようになってからは、週に3~4回ぐらいのペースでゴルフ場に行ってます。さすがに毎日プレーしているわけではありませんが、頻度はかなり多いです。

 

 

 

 

そして、頻度が多くなったことでスコアも安定してきました。手前味噌ですが64歳の誕生日の翌週に2度目のエージシュートを達成でき、その時は36ホールノーボギーのプレーもできたのです。もちろん、スコアが良くない時もありますが、それでも1ホールで大叩きすることはまずありません。

 

 

 

 では、コースでプレーする頻度が増えれば、誰しもがスコアが良くなるのでしょうか?

 

 

 

 

もちろん、コースに行く回数が少ないよりも多い方が有利です。練習場でいくらいいスイングを築くことができたとしても、それがコースで再現できるとは限りません。加えて、コースではいろんなシチュエーションでボールを打ちますし、想定外のショットを打つことも少なからずあるからです。もしも、スコアアップを本気で考えているならば、練習場に行く回数を減らし、コースに出る回数を増やした方が良いと思います。

 

 

 

 

ただし、コースに出る回数を増やしてもスコアが良くなりやすい人と、スコアが良くなりづらい人に別れます。

 

 

 

 

 

具体的に言うと、ゴルフはミスショットを減らすゲームだと考え、ナイスショットを増やすこよりもミスショット(特に致命的なミス)を減らすことに注力するゴルファーは右肩上がりでスコアが良くなります。

 

 

 

 

そして、フルショット(ボールを遠くに飛ばす)ことよりもコントロールショット(距離の打ち分け)が上手く打てることの方が大事だと思えるようになると、右肩上がりでスコアは良くなってくるのです。

 

 

 

 

 

逆に言うと、コースに出る回数が多くなっても、ナイスショットを増やすことにこだわる人、フルショット(ボールを遠くに飛ばす)にこだわっている人は、好不調の波が大きくなりやすく、1ホールで大叩きも出やすくなります。いいショットを打つのに、スコアが安定しないゴルファー、右肩上がりに上達しづらいゴルファーになってしまう可能性が高くなります。

 

 

 

 ゴルフは確率のゲームです。

 

 

 

 

ゴルフは経験値がモノをいいますが、スコアアップに必要なのはナイスショットの経験値を増やすことではなく、致命的なミスショットの経験値を減らすこと。超私的には、難易度が低いショットを増やし、難易度が低いショットを確実に打てるようになることがゴルフ上達の近道ではないかと思っています。

 

 

 

(▼▼)b


ランニングウェッジ再入荷しました。売り切れる前にに是非↑クリック

マーク金井のオンライサロン「ロジゴル」

マーク金井がゴルフクラブに関する情報、ゴルフスイング、スコアアップの情報、そしてゴルフに関係ないこと 週数回生配信。セミナー動画もすべて最後までご覧いただけます。

最近では全国を回ってオフ会も開催。無料期間もありますのでぜひ一度ご体験ください

↓くわしくは↓をクリック

 


2022年10月17日超私的な提案  初心者用ゴルフコースに設置してほしいサークルとは!?

今回はレアなクラブ


土曜日は18ホール、日曜日は9ホール、担ぎセルフで千葉市民ゴルフ場をプレーしてきました。土曜日はスタート時点では小雨でしたが、4ホール目ぐらいから雨が上がり絶好のコンディション。日曜日はスタート直後から汗ばむ陽気の中、サクッと8000歩ほど歩くことができました。

 

 

 

両日ともベントグリーンは素晴らしく、いつでもプロの試合ができるんじゃないかというぐらいの仕上がり。おかげで日曜日は9ホールで4つもバーディーを量産することができました。27ホールでのスコアは36、35、そして33ストローク。尻上がりにスコアが良くなってますが、ひとえにコンディションの良いグリーンのおかげです。

 

 

 

さて、この千葉市民ゴルフ場。初心者にも楽しめるコースであることがアナウンスされています。実際、コースの難易度も高くないように設計されており、1ホールで大叩きの危険性があるのは最終ホールぐらい。OBはコースの外周だけですし、アゴが高いバンカーもありません。癒やし系のレイアウトなのでベストスコアが出やすいです。

 

 

 

 

超私的にはこのような初心者向けのコースがもっと増えてくることが、ゴルフ業界の活性化になると思っています。加えて、初心者向けコースにやっていただきたいことがあります。

 

 

 

 

 それは難易度を低くするだけでなく、ゴルファーの上達につながる楽しさの演出です。

 

 

 

 

具体的、かつお金もかけずにすぐに取り組めるのが2つのサークル(輪)作りです。

 

 

 

ひとつのサークルはグリーン上。ホールカップ(ピン)を中心にして半径1メートルぐらいのサークル(円)を描きます。そして、ボールがこの円内に入ればOKと見なします。コロナ禍ではこのようなサークル(円)を描くゴルフ場がいくつかありましたが、サークル(円)があれば、アプローチやパットが狙いやすくなりますし、プレーの進行も早くなります。

 

 

 

もうひとつのサークルはフェアウェイ上。多くのゴルフ場がセルフプレーになっており、それにともないフェアウェイのIP地点に吹き流しが立っています。この吹き流しを中心にして半径10メートルぐらいサークル(円)を描くのです。

 

 

 

 

IPポイント(吹き流し)にサークル(円)を描き、そこがティショットのベストポジションであるとアナウンスし、そこを狙ってもらうのです。

 

 

 

 

このブログで何度も書いてますが、ティショットはテニスのサーブと同じ。野球の1番バッターと同じです。

 

 

 

 

飛距離を出すことよりも、初心者が確実にフェアウェイキープする感覚を養うには、吹き流しだけでは心許ないです。小さな吹き流しの回りにグルッと円を描き、そこにティショットを入ることを目指してもらう。これをやると、プレーしながらティショットの精度をチェックできますし、フェアウェイキープの感覚を養うこともできます。

 

 

 

 

グリーンやフェアウェイにサークル(円)を描くなんて邪道と言えば邪道かも知れません。しかしながら、初心者にとってのプレーのしやすさ、ゴルフ上達のしやすさを考えるならば、邪道であってもやらないよりはやった方が、ゴルフの本質を学べますし、上達のスピードも上がるのではないかと超私的に思っています。

 

 

 

(▼▼)b


ランニングウェッジ再入荷しました。売り切れる前にに是非↑クリック

マーク金井のオンライサロン「ロジゴル」

マーク金井がゴルフクラブに関する情報、ゴルフスイング、スコアアップの情報、そしてゴルフに関係ないこと 週数回生配信。セミナー動画もすべて最後までご覧いただけます。

最近では全国を回ってオフ会も開催。無料期間もありますのでぜひ一度ご体験ください

↓くわしくは↓をクリック


2022年10月14日超私的な試打  ピンG430ドライバーを赤羽ゴルフ倶楽部で打ってきました。

G410プラスドライバーをこのタイミングで勧める?

 


今週火曜日(10月11日)ピンの記者発表会があり、同社の主力モデルであるGシリーズがG430としてドライバー、FW、ハイブリッド(UT)、アイアン、そしてウエッジがお披露目されました。

 

 

 

 

その翌々日の水曜日の早朝、赤羽ゴルフ倶楽部にてドライバーからウエッジまですべてガッツリと試打してきました。記者発表の場でも試打することはできましたが、あえてやってません。クラブを最初に打つのはゴルフ場の方が良いと思っているからです。

 

 

 

いつものように試打の前にはストレッチと素振りを入念に行い、それからクラブを手にしてヘッドの座りと、シャフトの挙動をチェックします。G430は3つのヘッドがラインアップされているので、MAX、SFT、そしてLSTの順番で打ち、シャフトは純正としてアルタJCB、ピンツアー2.0クローム、ピンツアー2.0ブラックの3種類ラインアップされいるので、こちらもすべてテストしてきました。

 

 

 

前作G425からG430とネーミングは若干変っただけなので、リトルマイナーチェンジかと予想してましたが、いざ打ってみると、、、、その予想は大いに外れました。

 

 

 

 

 超私的にはG500というネーミングにしたいぐらい変っています。

 

 

 

 

G425と比べると、打球音、そして直進安定性が際だってました。インパクト音は飛距離性能に直接影響はありませんが、心地良い音が出てくれた方がスイングに好影響を及ぼします。加えて、球捕らえの感触が良くなったことで、イメージ通りの弾道が打ちやすくなっています。

 

 

 

 

直進安定性に関しては、物理的な数値(慣性モーメント)が良くなっていることもさることながら、ヘッドと純正シャフトのマッチングの良さを感じます。クラブとしてのトータルバランスが良く、それがスイング軌道の安定感、インパクトゾーンの挙動の安定感につながり、狙った方向にボールが打ち出せ、そしてスピン軸が傾きづらく(サイドスピンがかかりづらく)なっているような感触があります。

 

 

 

 

 

3つのタイプのヘッドはそれぞれメーカーの意図通りの弾道が打てましたが、しやすくがそして、数値的なこともさることながらヘッドとシャフトのマッチングがすこぶる良くなってました。マーク金井が1本選ぶならば、迷わずLSTのロフト9度です。

 

 

 

 

 

LSTはカーボンクラウン採用により低重心化が図れていますが、超私的にはヘッドが小ぶりで構えやすいこと、そして重心が浅いのでヘッドの挙動がコントロールしやすいから。加えて、LSTは他の2モデルよりも打ち出し角が1度前後低く、スピン量が300~400回転ほど少ない。低弾道でキャリーよりもランが稼げる弾道が打てたからです。

 

 

 

 

 

物理的に飛ぶ弾道というのは無風やフォロー風の時にはいいのですが、アゲンスト風が吹くケースでは飛ぶ弾道になるとは限りません。アゲンスト風で強い弾道を打ちたい人間にとっては、風の影響を受けにくいドライバーを選択したくなるのです。ですので、マーク金井が選ぶドライバーは、無風下で最大飛距離が出るドライバーではありません。

 

 

 

 

ドライバーは選ぶ基準は人それぞれですが、マーク金井の場合、ドライバーは野球に例えるならば1番バッター。確実に出塁(フェアウェイキープ)できるかどうかクラブを選んでいます。そいう意味では、今回のG430LSTは来年のエース候補の筆頭になりそうです。

 

 

 

 

(▼▼)b


ランニングウェッジ再入荷しました。売り切れる前にに是非↑クリック

マーク金井のオンライサロン「ロジゴル」

マーク金井がゴルフクラブに関する情報、ゴルフスイング、スコアアップの情報、そしてゴルフに関係ないこと 週数回生配信。セミナー動画もすべて最後までご覧いただけます。

最近では全国を回ってオフ会も開催。無料期間もありますのでぜひ一度ご体験ください

↓くわしくは↓をクリック


2022年10月12日超私的な考察  アイアンの性能に最も影響が大きいのはソール形状と○○○です!!

諦めシリーズ最終回?


昨日はピンの記者発表会があり、同社の主力モデルであるGシリーズがG430としてドライバー、FW、ハイブリッド(UT)、アイアン、そしてウエッジがお披露目されました。

 

 

 

ドライバーは前作同様、3つのヘッドがラインアップ。G430MAXSFTが460CCの体積で、素材はこれまで通りのフルチタン。LSTはカーボンクラウンが採用され、体積は440CCとややコンパクトになりました。ちなみに、3つのモデルともアドレスした時に投影面積が小さく見えるような意匠(デザイン)がなされています。

 

 

 

 

FWとハイブリッド(UT)に関しては、すべてのモデルともカーボンクラウンが採用さており、視覚的にも物理的にも低重心化が図れています。メーカー資料によると、カーボンクラウンにより打音が心地良くなっているそうです。

 

 

 

 

そして、超私的にG430で注目しているアイアンに関してですが、中空になるのかと思いきや、、、、これまで通りキャビティ構造。ピンと言えばキャビティ、キャビティを最初に作ったメーカーだけに、キャビティをやめるわけにはいかないという心意気を感じる作りになっています。

 

 

 

 

ヘッド形状は前作同様、ラージサイズでグールネック。バックフェースにもバッジが配されていますが、このバッジがなんとも近未来的な造形。マーク金井が今もなお所有して使っているG25と比べると隔世の感があるほど洗練され、なおかつ高級感がある仕上がり。

 

 

 

 

メッキレスでバレル仕上げの無骨なアイアンが「ピンらしい」と信じて止まない昔からのピンマニアにとっては、G430は上品過ぎて「ピンらしくない」嘆くかもしれませんが、デザイン性は明らかに今どきのピンの方が勝っています。

 

 

 

 

もちろん、身にまとうデザインはガラッと変っていますが、今回のG430もソール形状はピンらしさが脈々と受け継いでます。

 

 

 

 

スペックを見ると、7番のアイアンのロフト角は29度とややストロング設定で今どきになってますが、バンス角は9度。

 

 

 

 

 

PWのバンス角に至っては13度あり、他のクラブメーカーのアイアンと比べると、ハイバンス設計になっています。

 

 

 

 

記者発表の時にはバンス角についてはまったくアナウンスがなされてませんが、ここまでガッツリとバンス角がついているのはピン以外にはありません。国内メーカーのアイアンはバンス角がピンの半分にも満たないですし、外ブラのキャロウェイやテーラーメイドのアイアンもバンス角がピンほどついているモデルをラインアップしてません。

 

 

 

 

アイアンはどうしてもバックフェースの形状、デザインに目を奪われがちですが、クラブの性能にもっとも影響を与えるのはソール形状とバンス角です。説明するまでもありませんが、アイアンは地面上のボールを打つわけですから、インパクトでソールがどんな風にコンタクト(接地)するかで、クラブの動き方、そしてクラブの抜け方が決まってくるからです。

 

 

 

 

 

ピンのアイアンは2014年に登場したG30とそれ以降でデザインがガラッと分かり、ヘッドはメッキ処理がなされ、ネックにはソケットが装着。そして上質でデザイン性が高くなってきています。しかしながら、見た目はガラッと変ってきてはいるものの、ライ角のバリエーションが豊富であること、そしてバンス角を大きく付けた設計がなされています。見た目は変えても、アイアン作りの基本的なこだわりはなんら変ってません。

 

右からG25、i20、S55〜

 

 

 

超私的なことを言わせてもらうならば、アイアン、そしてウエッジの性能にもっとも影響が出るのはソール形状とバンス角です。ピンがバンス角を大きくしている限り、ライ角のバリエーションを豊富に提供し続ける限り、ピンピンらしさを継続していると声高にアナウンスし続けていくつもりです。

 

 

 

 

(▼▼)b


ランニングウェッジ再入荷しました。売り切れる前にに是非↑クリック

マーク金井のオンライサロン「ロジゴル」

マーク金井がゴルフクラブに関する情報、ゴルフスイング、スコアアップの情報、そしてゴルフに関係ないこと 週数回生配信。セミナー動画もすべて最後までご覧いただけます。

最近では全国を回ってオフ会も開催。無料期間もありますのでぜひ一度ご体験ください

↓くわしくは↓をクリック