マーク金井blog

2020年03月23日超私的なお知らせ 4月より「ロジゴル オンラインサロン」を開設します!!

本日(3月23日)21時から配信します

録画配信はありません 生でご覧下さい


この一週間でスノボに2回、そしてゴルフは土曜日と日曜日に9ホールづつプレーしてきました。屋外スポーツは濃厚接触とは無縁なこともあって、土曜日の千葉市民ゴルフ場、日曜日の赤羽ゴルフ倶楽部とも駐車場は満杯。ゴルフ場は多くの人で賑わってました。

土曜日、日曜日とも風が吹いてましたが、どちらも気温は20度近くあって絶好のコンディション。にもかかわらずどちらもスコアはぴりっとしませんでした。ショットはそれほど悪くなかったのですが、入れ頃のクラッチパットがことごとくカップに嫌われました(笑)

 

千葉市民ゴルフ場(パー36)

ー△ーー△ー○ー□  39
222222122  17

赤羽ゴルフ倶楽部 イン(パー35)
△ー△ーー△ーーー  38
223221212  17

終了。池ぽちゃあり、OBありで2ボギー、1ダボ、1パーティーの39ストローク〜(▼▼)b

金井 マークさんの投稿 2020年3月20日金曜日

 

千葉市民は5番のティショットで池ぽちゃ、9番のティショットはOB。ハザードにボールを2発打ち込んでの3オーバ-。対して赤羽はティショットのミスはゼロでしたが、10番のセカンドで大ダフり、12番で3パット、そして15番ではティショットがチョロ、3打目ザックリを嫌がってどトップ。あわやダボという所を4打目のアプローチがカップの縁にとまってナイスボギー。ゴルフはティショットは悪くてもセカンドが良ければ大崩れしませんが、ティショットが良くてもセカンドでアンフォースドエラーをすると、いいスコアが出ない(出せない)ことを再確認できました。

 

 

金曜日、そして土曜日ともアマチュアゴルファーと一緒にプレーしましたが、プレーしていてもったいないと感じるのが、

 

 

ティショットのナイスショットがスコアに反映されていない!!!!

 

 

ことです。100を切れない、90を切れないゴルファーの多くはドライバーが悪いとスコアが悪くなると思いがちですが、本当にそうでしょうか? この2日間のラウンドでアマチュアゴルファーのプレーを間近で観察していると、グリーンを狙うショット、そしてアプローチ&パットでアンフォースドエラーをしていることの方が多く、それがスコアを浪費しています。

 

もちろん、まだまだアマチュアゴルファーのプレーぶりを観察する回数が少ないので、もっと観察する回数を増やします。具体的には、38年ぶりにキャディのバイトを始めます。キャディをゴルフ場に派遣する会社に登録しましたし、Facebookでもこのブログでも「マーク金井にキャディとして起用」したいとリクエストいただけましたら、どこへでもはせ参じます。

38年ぶりにキャディの仕事を始めます。こちらにて予約承ります〜(▼▼)b

金井 マークさんの投稿 2020年3月14日土曜日

 

マーク金井のキャディ料金は3サムまでは18ホールで3万円。4サムは3万6000円からです(関東近郊ゴルフ場の場合)。ご要望がございましたら北海道から九州、沖縄へも出張キャディに伺います(関東以遠は実費交通費がかかります)。

 

 

そして、4月からはキャディのバイトに加え、DMMオンラインサロンのプラットフォームを使って「マーク金井のロジゴル オンラインサロン」を開設致します。
オンラインサロンはYouTubeとかと違って有料コンテンツで、私のオンラインサロンは月額1100円。入会いただければフェースブックの非公開グループに入っていただき、例えば、ゴルフに関するコンテンツをテキスト(文字)だけでなく動画も積極的に活用して、メンバーの皆さんにゴルフクラブ、ゴルフスイング、スコアアップに関する情報を包み隠さずお伝えします。

 

 

有料のオンラインサロンを開設をしたくなったのは、無償のコミュニティなどと比べるとコミュニケーションの質は高くなりますし、「ここだけの話」をしやすいからです。加えて、炎上など荒れるケースを防げます。

 

 

 ロジゴルオンラインサロンの入会方法については近々、このブログFacebook、Twitterで告知いたしますので、ふるってのご入会よろしくお願いします~。

 

(▼▼)b


4月のセミナー募集開始しました!


2020年03月20日超私的な考察 ゴルフ雑誌はこれから続々と休刊が続くのか!?

4月のセミナー募集開始しました!


新型コロナウィルスの感染が拡大し予断を許さないことから、3月19日から3日間パシフィコ横浜で開催を予定していたジャパンゴルフフェア2020の開催中止となりました。マーク金井もゴルフフェアではいくつかの仕事を請け負っていましたので、この中止に伴って今週のスケジュールがぽっかり空きました。

2020年2月21日第54回ジャパンゴルフフェア2020は開催中止を決定いたしました。一般社団法人日本ゴルフ用品協会(会長 アレックス…

ジャパンゴルフフェアさんの投稿 2020年2月20日木曜日

 

外出は控えた方がいいとは思いますが、屋外スポーツは濃厚接触とは無縁です。加えて新幹線の社内は通勤電車とは比べものにならないぐらい空いています。ガーラ湯沢の天気予報は晴れが続いているので、火曜日、そして昨日(木曜日)とサクッとスノボに行ってきました。

 

例年になく今年は降雪量が少ないですが、それでもガーラ湯沢は春スキーを存分に味わえます。東京駅からだと最短75分と近いので、サクッと午前中だけ滑ればゴルフに行くよりも手軽です。ゲレンデはというと、インバウンドの人がほとんどいないこともあって平日の午前中はリフトは待ち時間はありませんし、ゲレンデもガラガラ。
昨年から課題だったバックサイドのターンをこれでもかってくらい練習できました。

 

 

新幹線のお供といえばゴルフ雑誌です。スノボに関しては雑誌ではなくYouTubeを観ています。スノボの技術が未熟なこともあり、テキスト(文字)よりも動画の方が欲しい情報にアクセスしやすいからです。加えて、スノボは写真(静止画)よりも、映像(動画)の方が動きの動きをイメージしやすいです。だからかどうか分かりませんが、スノボやスキー関連の雑誌の数はゴルフ雑誌に比べると極端に少ないです。

 

 

現在、定期的に刊行されているスノボ雑誌は1誌だけです。対して、ゴルフ雑誌は週刊、隔週、月刊、隔月刊を含めると10誌以上あります。スノボ人口は約280万人で、ゴルフ人口の半分ほど。人口比率で考えると、スノボに比べるとゴルフ雑誌は非常に多いです。実際、他のスポーツと比べてみても、ゴルフ雑誌の多さは突出しています。

 

 

 ゴルフ雑誌は他のスポーツよりも突出して多いですが、他の雑誌と同じく部数は目に見えて落ちています。

 

 

例えば、週刊ゴルフダイジェストは日本雑誌協会に加盟しているので印刷部数が公表されおり、最新だと10万2848冊(2019年)。10年前の2009年は21万4016冊ですから、この10年で半分まで落ち込んでいるのです。他のゴルフ雑誌においても程度の差はあれ、部数は落ち込んでいるところがほとんどだと思います。

 

 

では、ゴルフ雑誌はこれから先どうなるか?

 

 

雑誌が売れないこの時代に10万部以上の部数というのは相当検討していると思いますが、ゴルフ雑誌を本当に支えているのは広告収入です。

 

 

例えば、今週発売の週刊ゴルフダイジェストに掲載されている広告をざっと調べてみると、、、、

 

23社(自社広告除く)で、その内ゴルフメーカーが、、、

 

ダンロップオノフミズノブリヂストンキャロウェイタイトリストテーラーメイド日本シャフトピン本間ゴルフヨネックス阪神交易(ブッシュネル)マジェスティゴルフテイクスインクつるやゴルフの15社で、ゴルフ以外の広告は8社でした。

 

ほぼ大手クラブメーカーは広告を出していますが、クラブメーカーも体力的にすべての媒体に広告を出すのは厳しくなってくると思います。また、出校先はゴルフ雑誌だけではなく、これからはYouTubeのような動画サイト、もしくはキューレーターのような影響力がある人物やインスタグラマーに直接広告を依頼することが増えてくるでしょう。

 

 

これらを考えると、これからのゴルフ雑誌は限られた椅子を奪い合う椅子取りゲームとなり、椅子(広告)を得られない媒体は休刊を余儀なくされると思います。

 

月刊ゴルフクラシックが6月号(4月21日発売)をもって休刊となるアナウンスが5月号(3月21日発売)でなされました。月刊誌だとかつては月刊パーゴルフ、ニブリックに続いての休刊です。

 

雑誌の休刊というの廃刊とほぼ同義語です。これからゴルフ雑誌が生き残れるかどうかは、紙媒体にこだわるのではなく、YouTubeをはじめとした動画媒体を積極的に取り込めるところではないかと超私的に思っています。

 

(▼▼)b


スリーブ付きスチールシャフト再入荷!

⇩クリック

注文して組み立てますので、納品までお時間いただくようになります。ご容赦を!

スリーブですが大手メーカーのスリーブに限ります。また初代グローレのスリーブが、手に入らない(手に入るものは問題が多いものばかり)ので申し訳ありませんが対応できません。


2020年03月18日超私的な提案 クラブハウスを使わないでもゴルフプレーは存分に楽しめる!?

4月のセミナー募集開始しました!


新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、人が集まるイベントが次々と自粛されています。ゴルフ界においては国内女子ツアーはシーズン開幕戦から第4戦「アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI」まで4大会連続の中止が決まってます。

ゴルフ場ではプロトーナメントだけでなく、アマチュアのコンペの中止も多くなっていますが、そんな中、3月15日に日本大震災復興支援のチャリティコンペを開催しました。震災のあった2011年から毎年この時期に千葉市民ゴルフ場にて開催して今年で10回目。年によっては熊本等にも支援し、今まで累計300万以上のチャリティ基金を寄付することができました。

このチャリティコンペは日本ハーフコース振興協会が主催するもので、プレー方式は以下のようになっています。

 

・プレーは9ホールのみ
・クラブは7本以内で担ぎセルフ
・目土袋を持ってプレー(目土は自分で)
・チャリティは行うが表彰式は行わない
・パーティーも行わない

 

 

現時点で比較的感染リスクが低いとされる屋外スポーツのゴルフなので、今年も実施しました。もちろん体調不良の方にはキャンセルを呼びかけて、なおかつ感染のリスクを感じる人にもキャンセルを受け付けての開催です。マーク金井も体調管理には心がけ、毎朝、体温と体重を計測し、かつ喉の腫れや咳が出ていないことを確認してからチャリティコンペに参加しました。

 

 

そして、昨日はガーラ湯沢で早朝スノボ&ゴルフ。インバウンドの人が減ったことも影響しているのでしょう。行きも帰りも新幹線はガラガラ。マーク金井が乗った車両は行きが3名、帰りは2名だけ。ほぼほぼ貸し切り状態で濃厚接触とは無縁でした。

 

 

さて、今回は感染リスクが低いとされている屋外スポーツであるゴルフのあり方について超私的に書いてみたいと思います。通常、国内でゴルフをする場合、ゴルファーはクラブハウスに立ち寄ります。クラブハウスで受け付けして、クラブハウス内で着替えて、クラブハウスで昼食を取り、そしてクラブハウスでお風呂に入ったりします。

 

 

国内でゴルフをする場合、一部のゴルフ場を除けばクラブハウスというのが欠かせないエリアになっていますが、今の時期はクラブハウスを閉めての営業が大いに有りではないかと思っています。

 

 

例えば、予約とプレー代金の支払いはスマホで。着替えは駐車場、スタートエリアにスタート係の人を配していれば、クラブハウスに立ち寄らなくてもプレーできますよね。食事はなしにして、プレースタイルは9ホールのみか、18ホールスルーのみ。こうすれば途中でクラブハウスに立ち寄る必要がなくなります。

 

 

駐車場で着替えてゴルフだけするなんてゴルフじゃないと思うかも知れませんが、米国や英国のパブリックではこれが当たり前のようになっています。また、スキー場も日帰りの時は、駐車場でスノボ(スキー)ウエアに着替えます。ゴルフに比べれば、スノボ(スキー)の方が着替えが大変ですが、それに文句をいう人は見たことがありません。日帰りスノーボーダー(スキーヤー)はそれが当たり前だと思っているからです。

 

 

ゴルフの楽しみ方はいろいろだと思いますが、英国や米国に比べると、日本はゴルフだけをサクッとできるゴルフ場がほとんどありません。付加価値を付けたいのかどうか分かりませんが、食事をしなくてはならないゴルフ場が非常に多く、そして9ホールだけプレーさせてくれるゴルフ場が非常に少ないです。また、18ホールスループレーをリクエストしてもやらせてくれない所も少なからずあります。

 

 

 ゴルフ場ではゴルフプレーだけをサクッと楽しむ。

 

 

このシンプルなことが今までなされていなかった日本のゴルフ事情。これまで通り1日丸々使うことを余儀なくされるシステムを継承していくのか、それとも欧米のようにゴルフだけをサクッと楽しめるようなところが増えてくるのか? それを決めるのは最終的にはゴルフ場だと思いますが、サクッとプレーを求めるゴルファーが増えてくれば、ゴルフ場のあり方も変わってくると思いたいです。

 

 

(▼▼)b


スリーブ付きスチールシャフト再入荷!

⇩クリック

注文して組み立てますので、納品までお時間いただくようになります。ご容赦を!

スリーブですが大手メーカーのスリーブに限ります。また初代グローレのスリーブが、手に入らない(手に入るものは問題が多いものばかり)ので申し訳ありませんが対応できません。

マーク金井の有料メルマガ 

ゴルフはすぐに上手くならない 連載開始!

↑こちらからご登録できます。メルマガだから書ける最新情報をこちらから

無料お試し期間がありますのでぜひ


2020年03月16日超私的なゴルフ場調査 垂水ゴルフ倶楽部 後編

今年100周年を迎える垂水ゴルフ倶楽部(兵庫県)。3月11日にプレーしてきました。大学を卒業するまで大阪在住でしたが、垂水GCでプレーしたことは一度もありません。今回が初ラウンドです。

 

 

最終ホールでトリプルボギー。この大叩きがひびいて前半は41ストロークでした。クラブハウスに戻り、お昼は限定20食のカレーラーメンをいただきました。ラーメンとなっていますが、面は極細で素麺のような歯ごたえ。カレーのルーはあんかけのようにトロッとしています。

 

 

10番、272ヤード パー4

 

 

1番ホールと並列にレイアウトされ真っ直ぐなミドル。210ヤード地点からぐいっとグリー面に向かって打ち上げています。ここも220ヤード以上飛ばすと着弾点が絞り込まれているので、ティショットはドライバーでバント。狙い通りフェアウェイ右サイドに着弾、ピンまで残り62ヤード。セカンド地点からはバンカー越えで、ピンフラッグは見えますがグリーン面はまったく見えません。54度のSWで打ったショットはピン左奥4mにオン。バーディーパットは5センチショートしてパーでホールアウト。

 

11番、297ヤード パー4

グリーンまで真っ直ぐ、かつ高低差がほとんどないミドル。フェアウェイ右サイドにバンカー、そして小さな松がスタイミーになっています。ここもティショットのベストポジションは220~230ヤード地点。ティショットは狙い通り右サイドのバンカーのすぐ手前のフェアウェイに着弾。セカンドはピン奥4mにオン。バーディパットはカップの右フチをかすめてパー。

 

12番、120ヤード パー3

距離は短いですがグリーンを取り囲むように4つのバンカーが配されたショートホール。ティグラウンドに上がると強いアゲンスト風が吹いていたので、9番から8番アイアンに持ち替えてティショット。肌に感じるよりは上空の風の方が弱く、グリーン奥のエッジに着弾。ピンまで12mのバーディパットは下りを気にしすぎて2mショート。見た目よりもフック傾斜が強いのが読み切れず3パットしてボギー。

 

13番、451ヤード パー5

インコース唯一のロング。ティグラウンドからは遠くに明石海峡大橋を望めます。ティからグリーンまで打ち下ろしでフェアウェイは途中で途切れて、途切れた所にマウンドがあります。ここもアゲンスト風が強かったのですが、風を意識しないでティショットが打て、フェアウェイが途切れたコース中央のラフに着弾。ピンまで残り200ヤードちょうどを19度のUTで打ったセカンドはグリーン左バンカーのアゴに直撃。目玉のバンカーショットは出ただけでしたが、そこからなんとか2パットしてパーでホールアウト。

 

14番、308ヤード パー4

200ヤード付近から急激な打ち下ろしとなるミドル。ティグランドに上がってもグリーンはまったく見えません。見えるのは打ち込み防止のネットだけ。このネットの右端にグリーンがあるとのことなので、右端を狙ってドライバーでティショット。狙い通りに打ったショットはフェアウェイ中央に着弾。ブッシュネルで計測してみるとピンまでのこり48ヤード。54度のSWで打ったショットはピン奥4mにオン。バーディパットはラインを読み違えて2パットのパー。

 

15番、171ヤード パー3

谷越えのショート。風が吹き抜けているレイアウトでもろにアゲンスト風を感じます。距離的には19度のUTのコントロールショットでちょうどいいのですが、風の影響を減らしたくてドライバーでティショット。切り返しで肩の開きが早くなり、狙いよりもボールが左に飛び出し左の松のすぐ側に着弾。ここからグリーンになんとか乗せて2パットでボギー。

 

16番、311ヤード パー4

 

ティグラウンドからは打ち下ろし、セカンドは打ち上げ。右ドッグレッグのミドル。
フェードボールを打ちなさいと言われるレイアウトに従ってティショットはフェードで狙い。フェアウェイ左を狙ったものの、フェードが思ったほどかからず。フェアウェイ左サイドにボールが着弾し、セカンドの残りは58ヤード。48度のウエッジでピン横2mに付け確実に決めてバーディー。なんとかバウンスバックができました。

 

 

17番、277ヤード パー4

池越えで打ち上げのミドル。やや右ドッグレッグしていますが距離は長くなりません。ドライバーで狙い通りフェードでフェアウェイ中央に着弾。ピンまで残り75ヤードでしたが、ボールは薄い芝の上。ザックリを嫌がってハーフトップを打ってしまい、グリーン奥のバンカーに直撃。バンカーショットは3.5mに寄せたもののパーパットはカップをかすめてボギー。逆バウンスバックをしでかしました(笑)

 

18番、358ヤード パー4

 

垂水の中では比較的距離がありフェアウェイも広々。 セカンド地点からグリーンまでは打ち上げています。ティショットはやや左に飛び左のラフに。残り118ヤードを9番アイアンで打ち。ピン右4mに2オン。強い受けグリーンになっているため、ほぼ直角に左に曲がるラインが残りました。10回打っても1回入るかどうかの難易度があるラインでしたが、カップの右1mを狙ってうったら、カップ手前50センチぐらいがグイッと左に切れてボールはカップのど真ん中に吸い込まれてバーディーフィニッシュ。

 

後半は4ボギー、2バーディーとなり37ストローク。トータル78ストロークです(パーは70)。

 

総評。

距離は総じて短くいわゆる箱庭的なレイアウトです。ティショットは200~230ヤードぐらいを打つことを求めてくるホールが多く、それ以上飛ばすとホールの幅が非常に狭くなります。100年前のドライバーの飛距離は200ヤードぐらいだと考えると、ヤーデージは適正ですし、なによりもグリーン周りのバンカーの配置は絶妙ですし、アゴも高くて難易度を上げてます。ベントのワングリーンは砲台形状になっているところが多いので、セカンドショットの距離感、方向性が悪いと簡単にはパーを取らせてくれません。

 

100年前と言えば重機もない時代。手作りで数多くのバンカーを配したレイアウトになっており、まさにチェスをするかのような感覚、次の1手1手をじっくり閑雅ながらプレーさせていただきました。機会があれば夏の暑い時期にプレーしてみたいです。

 

(▼▼)b


スリーブ付きスチールシャフト再入荷!

⇩クリック

注文して組み立てますので、納品までお時間いただくようになります。ご容赦を!

スリーブですが大手メーカーのスリーブに限ります。また初代グローレのスリーブが、手に入らない(手に入るものは問題が多いものばかり)ので申し訳ありませんが対応できません。

マーク金井の有料メルマガ 

ゴルフはすぐに上手くならない 連載開始!

↑こちらからご登録できます。メルマガだから書ける最新情報をこちらから

無料お試し期間がありますのでぜひ


2020年03月13日超私的なゴルフ場調査 垂水ゴルフ倶楽部 前編

今週の水曜日、今年100周年を迎える垂水ゴルフ倶楽部(兵庫県)でプレーしてきました。垂水ゴルフ倶楽部は1920年に開場、当初は舞子カンツリー倶楽部で日本で7番目に開場。最初は9ホールで2482ヤード。その後、12ホールに拡張されたそうです。舞子カンツリーはその後パブリックとして運営され、1943年に閉場。1954年に舞子カンツリーは垂水ゴルフ倶楽部として再開され現在に至っています。

 

 

生まれてから大学を卒業するまで大阪在住でしたが、垂水GCでプレーしたことは一度もありません。このエリアにはかつて舞子パブリックというゴルフ場があり、そこには高校生の頃何度かプレーしたことがあります(舞子パブリックは1996年に閉鎖)。

 

3月11日プレー。
スタート時間 午前9時20分頃
天候は快晴。微風時々強い風
スタート時間の気温は12度前後で、プレー開始とともに気温が少し上がってプレー中の体感温度は15度前後。

 

 

概要

開場日:1920年 (大正10年)
コース設計・J・E・クレイン
5375ヤード   パー70(白ティ)
コースレート:67.7
ベント1グリーン
キャディ付き、もしくはセルフ。乗用カート利用での歩いてのラウンド

 

 

アクセス

車利用の場合
第二神明高丸I.C.より約3分

電車利用の場合
JR山陽本線「垂水駅」、山陽電鉄本線「山陽垂水駅」からタクシーで約10分。

 

 

 

クラブハウスは建て替えられており真新しいです。1階に受付、ロッカー、風呂場。階段を上がった2階にレストランとコンペルームがあります。ハウスを出て10歩もあるけば練習グリーンがあり、そのすぐ前にはスタートホールがあります。1番と10番は完全に横並びのレイアウトで、コース外周に近いのが10番、クラブハウスに近い方が1番ホールになっています。

 

 

1番、275ヤード パー4

ティからグリーンまで真っ直ぐ。グリーン手前50ヤード地点くらいから軽く打ち上げている。230ヤード以上飛ばすと傾斜地に着弾するので、ティショットは200~220ヤードぐらい地点がベストポジション。ティショットはドライバーでバントし、フェアウェイ右に着弾。ピンまで残り60ヤード、打ち上げでピンは見えますが、グリーン面はまったく見えません。54度のSWで打ったショットはピンの左奥5mにオン。

 

 

下りのラインなので打ち過ぎに注意したファーストパットはわずかにショートしパーでホールアウト。

 

 

2番、155ヤード パー3

軽い打ち下ろしで右手前にアゴが高い大きなバンカー、左サイド、奥にもバンカーがあり。ワンオンしないとパーセーブが難しい。7番アイアンで打ったティショットは大きくダフって大ショート。50ヤードのアプローチは奥のエッジまで。エッジから2パットでボギー。

 

 

3番、480ヤード パー5

真っ直ぐでほんの少しだけ打ち上げに感じます。フェアウェイ左サイドにバンカー、フェアウェイ中央に背の低い松があり、ティショットの狙い所を絞っていますドライバーが飛びすぎると右サイドの林が迫りるので、ここもドライバーでバント。フェアウェイ中央からのセカンドはピンまで残り250ヤード。21度のUTでレイアップし、残り55ヤードはSW。少し芝が薄いライに対して過剰に反応し、インパクトでパンチが入り、ピン奥12メートルに3オン。ファーストパットを3mオーバーし、セカンドパットも入らず3パットでボギー。

 

 

4番、145ヤード パー3

ティが少し前で距離は140ヤード。フォロー風が吹いてましたがピンが遠くに見えたので8番アイアンでティショットしたボールはグリーンをキャリーでオーバーして奥のバンカーに。バンカーからなんとか4mに2オンするものの、2パットでボギー。風の計算を完全に読み違えてしまい、3連続ボギー。

 

 

5番、374ヤード パー4

池越えで左ドッグレッグ、セカンド地点からは緩やかな打ち下ろし。フェアウェイ左サイドにバンカーがあってショートカットを狙いたくなるミドル。ティショットは持ち球のフェードで打つと狙い通りにフェアウェイ中央に着弾。ピンまで残り105ヤードでしたが、アゲンスト風が強いので9番アイアンを選択。グリーン中央に2オン。7mのバーディパットはあと一転がりというところで止り、パーでホールアウト。

 

 

6番、532ヤード パー5

打ち下ろしのパー5。ティグラウンドからは遠くに明石海峡が見渡せます。ティショットは右バンカー越えがベストルート。明石海峡をめがけて打ったティショットはバンカー上をキャリーして幅15ヤードのフェアウェイ中央に着弾。セカンドは7番アイアンでレイアップし、残り80ヤードを48度のウエッジで3mに3オン。これを1発で沈め、垂水で初のバーディー。

 

 

7番、150ヤード パー3

手前3方がバンカーに囲まれたパー3。逃げ場がなくグリーンにとにかく乗せないことにはパールートがないホールです。アゲンスト風が強いのに妙に反応してしまいティショットはまたもや大ダフり。残り50ヤードのセカンドショットはピン奥のグリーンエッジ。なんとか2パットでボギー。

 

 

8番、307ヤード パー4

 

ティショットは打ち下ろし、セカンドは打ち上げでのミドル。フェアウェイ左サイドが狙い目でそこを狙ってティショット。残り60ヤードのセカンドはピン横2mに乗せるものの、ラインを読み切れずバーディーならず。パーでホールアウト。

 

 

9番、332ヤード パー4

打ち下ろしで軽く右ドッグレッグしているミドル。ウナギの寝床のようなホールでフェードボールを求めてきます。ここでやってはいけないミスを連発。ティショットはこれでもかってぐらいボールの頭をたたいてチョロ。セカンドは大きく左に引っかけてあわやOB。OBかと思ったら崖からボールが落ちてきたのですが、3打目の前方には木の枝が。低いショットを打ったらグリーンにボールが止まらず奥のバンカーに。そこか4オンするや3パットをしでかし、トリプルボギーの大叩き。アンフォースドエラーからの負の連鎖をしでかしました。

 

 

 

アウトは4つのボギー、1つのトリプル、1つのバーディーで+6。パー35なので41ストロークでした。どのホールも距離は短めでフェアウェイの幅が狭く、バンカーがミスを誘っています。箱庭的なレイアウトで、ティショット、セカンドとも距離よりもポジショニングが求められます。後半はアンフォースドエラーをしでかさないようにと肝に銘じ、お昼ご飯にカレーラーメンをいただきました。

 

(▼▼)b


スリーブ付きスチールシャフト再入荷!

⇩クリック

注文して組み立てますので、納品までお時間いただくようになります。ご容赦を!

スリーブですが大手メーカーのスリーブに限ります。また初代グローレのスリーブが、手に入らない(手に入るものは問題が多いものばかり)ので申し訳ありませんが対応できません。

3月のセミナー一般募集開始しました↓クリック

3/15(日) 13時00分〜NEOゴルフの竪琴セミナー

3/15(日) 15時30分〜NEOアプローチセミナー

どしどし応募ください

マーク金井の有料メルマガ 

ゴルフはすぐに上手くならない 連載開始!

↑こちらからご登録できます。メルマガだから書ける最新情報をこちらから

無料お試し期間がありますのでぜひ