マーク金井blog

2020年11月11日超私的な考察  「整うショットが打てるクラブ」とは一体どんなクラブなのか!?

マーク金井のオンラインサロン!『マーク金井の「ロジゴル」オンラインサロン』会員募集中です

メンバーに向けて、ほぼ毎日、マーク金井がゴルフクラブに関する情報、ゴルフスイング、スコアアップの情報を発信します。ご入会お待ちしてます.

 



 

コロナ禍の影響で半年以上開催が伸びたマスターズ。いよいよ今週木曜日から開幕ですが、11月にマスターズが開催されたことは一度もありません。春と秋とでは芝の状態が違いますし、風もガラッと変わってくるはずです。マスターズは同じコースで開催なので出場回数が多い選手が有利だと言われてますが、今年に限ってはこれまでの経験が必ずしも役に立たない可能性がありそうです。

マスターズ開幕前に注目を浴びているのがブライソン・デシャンボー。ドライバーが400ヤード飛んだとか、2番のパー4を3wで打ってグリーンオーバーしたとか、話題に事欠きません。いったいどんな風に攻めるのか想像が付きませんが、もしもデシャンボーが優勝してしまえば、ゴルフクラブやボールに関して新たな規制が入るかも知れないです。

 

 

 

 

今やツアー選手とアマチュアゴルファーのドライバーの飛距離差は100ヤード以上。ここまで差があるとまったく別次元で、ゴルフの組み立て方、コース攻略(コースマネジメント)もまったく違ったものになってくるのではないかと超私的に思っています。

 

 

 

誤解を恐れずに言えばアマチュアが白ティで普通のコースをプレーするのにはツアー選手のような飛距離は必要ありません。100を切る、90を切る、80を切る、そしてパープレーをするのに必要なのは、「整うショットが打てるクラブ」を使い、「整うショット」を打つことです。

 

 

では、整うショットとはどんなショットなのかというと、、、、

 

 

 

同じエリアにボールが止まるショットこそが整うショットです。

 

 

 

 ・例えば、ドライバーならば直径15メートルぐらいの円の中に入るショット。
 ・例えば、アイアンならばグリーンエッジの中に収まる円の中に入るショット。
 ・例えば、ウエッジならば直径5メートルぐらいの円の中に入るショット。

 

 

 

要するにナイスショットとミスショットの差ができるだけ少ないショットこそが、整うショット。そして、整うショットを打つために必要なクラブとは、、、、

 

 

 キャリーの距離、ランの距離にバラつきが少ない
 ・球の高さにバラつきが少ない
 ・スピン量にバラつきが少ない
 ・打点位置にバラつきが少ない
 ・左右の曲がりにバラつきが少ない

 

 

整うショットを打つには整うショットを打ちやすいクラブを使った方が有利です。マーク金井がそのことに気がついたのは、チッパーを使うようになってから。SWでアプローチすればスピンが利いた球が打てる反面、打点位置が少しズレただけでスピン量が変わり、落下後のランに差が出ます。

 

 

 

対して、チッパーはウエッジに比べるとスピンはかかりませんが、反面、スピン量に大きな差が出ません。スピン量に差が出づらいので、キャリーとランの距離にバラつきが少なく、整うショットが打てます。ショットが整えば、当然ですがスコアの取りこぼしが減り、スコアメイクにつながります。

 

 

 

ドライバーやFW、アイアンに関してもしかり。昨年からドライバーとFWに島田ゴルフのスチールシャフトを装着したクラブを多用していますが、スチールシャフトを使うのは整うショットが打ちやすいから。カーボンシャフトではフジクラのスピーダーSLK Type-Dを装着してますが、これも整う弾道が打ちやすいから使っています。

 

 

ゴルフの目的は人それぞれだと思いますが、スコアアップがゴルフの目的であるならば、ボールを遠くに飛ばすことよりも、整うショットを打つことを増やした方が、整うショットが打てるクラブを使った方が、目的達成に近づけるのではないかと超私的に思っています~。

 

 

(▼▼)b



2020年11月09日超私的な考察  本当はやさしいはずの「FW」が上手く打てない人の共通点とは!?

マーク金井のオンラインサロン!『マーク金井の「ロジゴル」オンラインサロン』会員募集中です

メンバーに向けて、ほぼ毎日、マーク金井がゴルフクラブに関する情報、ゴルフスイング、スコアアップの情報を発信します。ご入会お待ちしてます.

 



昨日は朝4時30分に起きて赤羽ゴルフ倶楽部で早朝ゴルフ。クラブハウスに到着したのが5時30分ですが、駐車場はまだ真っ暗。受付を済ませてスタートホールで順番待ちをしている時も太陽は顔を出してません。6時10分くらいにティオフしたのですが、ティショットを打ち終わる頃、ようやく青空が広がりました。

 

出だしで2mのパーパットをポロッと外してボギー発進、そこから14番でバーディーが取れたのでなんとかパープレーでホールアウト。赤羽のインはパー5がひとつしかありませんが、この日は5Wを3回使い、それらが皆、狙った所に運べたのでスコアを上手くまとめることができたのです。

 

 

ちなみに、今使っている5Wは初代ロケットボールズに島田の軽量スチールを装着しています。

 

 

 

5Wを使ったのは、12番パー5のセカンドとサードショット。そして18番のセカンドです。12番はティショットをチョロし、グリーンまで残り400ヤード。そこから5Wを2回使ってサブグリーンまで運び、寄せワンパー。18番のセカンドは残り165ヤードを5Wで打ってグリーンを捕らえ、2オン、2パットのパーです。

 

 

 

赤羽早朝の後、11時からはアナライズセミナー。午後の講座は「フェアウェイウッドセミナー」で、ここではやさしいはずのFWが「なぜ上手く打てない」のかについて解説し、FWを上手く打つコツについてレクチャーしました。

 

 

さて、このフェアウェイウッド(FW)。

 

上手く打てないアマチュアが少なからずいますが、上手く打てない人に共通していることが2つあります。

 

 

 

 ・ひとつは飛距離を出そうとして力んでいる(クラブを振り回し過ぎている)

 ・もうひとつはボールを上げようとしてすくい打ちになっている

 

 

FWはドライバーの次に飛ばしたい(飛ばさなくてはならない)という呪縛があり、それが力みにつながっています。この呪縛を解くコツは簡単で、飛ばさなくていいと思ってスイングすればいいだけのこと。言葉遊びのように思うかも知れませんが、5Wで150ヤードだけ打とうとすれば、多くの人は150ヤード以上飛んでしまいます。7番アイアンよりも5Wで打った方が、150ヤードを打つのに力が入らないことが分ります。

 

 

 

もうひとつのボールを上げたくなる呪縛に関しては、ボールを低く打ち出すイメージを持つ、もしくはキャリー50ヤードで、ランが150ヤード出るような弾道をイメージすればいいのです。ボールを上げなくていいと思えば、この呪縛を簡単に解けます。セミナーでは具体的に弾道を低くイメージできるドリルを行ってますが、これをやると受講者は、これでもかってぐらいスイングが良くなりました。打ち方については何も言及していないにも関わらず、、、、見事なぐらいすくい打ちをしなくなったのです。

 

 

 

FWでスイングが上手く行かないのはクラブ自体に問題あることよりも、ゴルファーに問題がある場合の方が多いです。FWを手にした時、「遠くに飛ばしたい」ことと「ボールを上げたい」ことが目的になっているから、体がそれを達成しようとして余計な動きを誘発し、それがスイングの乱れとなってミスを招くことになっているのです。

 

 

 

クラブの構造上、同じロフトであればアイアンやUTよりもFWの方が重心が深くなっている分だけボールが上がりやすくなっています。FWは物理的にボールが上がりやすい構造になっているから「やさしい」とプロは口を揃えて言うのです。

 

 

FWセミナーの動画は近々YouTubeDMMのオンライサロンにてアップ致します。ご覧になっていただけると嬉しいです~。

 

 

(▼▼)b




2020年11月06日超私的な考察  自分にぴったり合ったシャフトを使うことの功罪とは!?

マーク金井のオンラインサロン!『マーク金井の「ロジゴル」オンラインサロン』会員募集中です

メンバーに向けて、ほぼ毎日、マーク金井がゴルフクラブに関する情報、ゴルフスイング、スコアアップの情報を発信します。ご入会お待ちしてます.


11月に入り、朝晩はめっきり冷え込んできました。北海道や新潟では雪も降り始め、軽井沢では人工スキー場もオープン。今シーズンは新たにステップオンのブーツとビンディングを新調したので、スノボに行きたくてウズウズしています。

 

おはようございます。

11/5(木)本日も快晴です。
今朝の気温は-1℃で今季1番の冷え込みでした!
バーンも締まって硬いので、気をつけて滑ってくださいね!
コース幅も少しずつ広がっています!

軽井沢プリンスホテルスキー場さんの投稿 2020年11月4日水曜日

今回、ブーツとビンディングを新調したわけですから、当然、ボード(板)も新調したくてウズウズしてます。これからしばらくは神田のスノボショップに入り浸りそうですが、実は、スノボの板というのはゴルフのシャフトとほぼ同じ構造、ほぼ同じ役割を担っているのです

 

材料こそ異なりますが、どちらにも共通しているのは、

 

 

 

 ・硬さ(フレックス)
 ・重さ(ウエイト)
 ・しなり(反発)
 ・ねじれ(トルク、トーション)
 ・追従性(レスポンス)

 

 

を選べることです。作り方も類似しており、ボードもシャフトもシート(素材)を重ね合わせて成形することで性能を導き出しています。

 

 

では、スノボの板はどんな風に選ぶかというと、、、

 

 

どんな滑りをしたいのかで決まります。鋭くキレのあるターンをしたいのか、パウダーを滑りたいのか、トリックをしたいのか、ゲレンデをクルージングしたいのか、、、等々。

 

 

逆に言えば、滑る目的が何なのかがちゃんと決まっていないと、板を選びづらくなります。初心者、中級者向けという板もありますが、そういう板の多くはターンのきっかけが作りやすい板(ロッカー系)が多いです。この手の板は、ターンのきっかけが作りやすい反面、ズレやすいので鋭いターンには不向きです。

 

 

では、ゴルフシャフトの選び方はどうかというと、スノボの板とは事情が異なります。アマチュアゴルファーの場合、シャフトを選ぶ目的の多くが、、、、

 

 

自分にぴったり合ったシャフトが欲しい!!!!

 

 

「自分に」合う、合わないというのがシャフトを選ぶ目的(基準)になっている人が圧倒的に多いような気がしてます。

 

 

もちろんこれもアリと言えばアリなんですが、この手の答え合わせは危険も伴います。どんな危険が伴うのかというと、、、

 

 

自分にぴったり合ったシャフトを使うということは、今の自分を変えてはいけないということになります。今の自分のスイングにぴったり合うシャフトを選ぶということは、スイングを変えることはできません。スイングを変えたら、「今の自分に合わないシャフト」になってしまうからです。

 

 

加えて、自分のスイングというのもコンディションやシチュエーションで変わります。例えば、「練習場や試打でぴったり合ったシャフト」であっても、コースに出た時は気分が変わるので「自分にぴったり合う」とは限らないのです。

 

 

では、マーク金井はどんな基準でシャフトを選んでいるのかというと、スノボと同じ基準で選んでいます。シャフトを選ぶ基準はどんな弾道を打ちたいかで決めてます。

 

 

具体的に言うと、シャフトを変えると何が変わるのかというと、、

 

 

 ・捕まり具合
 ・弾道の高さ
 ・スピン量
 ・追従性(レスポンス)

 

 

 

例えば、捕まえたい弾道を打ちたいならば捕まりがいいシャフトを選び、捕まり過ぎない弾道を打ちたいならば捕まり過ぎないシャフトを選びます。弾道に関しても、高い球を打ちたいならば高い球が打ちやすいシャフトを選び、低い球を打ちたいならば低い球を打ちやすいシャフトを選びます。

 

 

 

追従性に関しては、弾道を打ち分けたいならば追従性が高いシャフト、左右の曲がりを抑えたいならば追従性が高くないシャフトを選びます。

 

 

重さや硬さも大事なポイントですが、これを選ぶ基準は、、、

 

 

 ・持て余すか、持て余さないか
 ・自分の手に負えるか、手に負えないか

 

 

かなり抽象的ですが、この2つを基準にしてます。

 

 

 

 

河川敷の赤羽をプレーする時や、距離が短いコースでは、軽量スチールを装着したドライバーを使っています。シャフトの重量は100gとかなり重いですが、実際に振ってみると手に負える重さであり、手に負える硬さです。スチールは弾道を抑えられ、かつ捕まり具合がイメージ通り。スイングしていて持て余していないから使っているのです。

 

 

ちなみに、70g台のアスリート向きのカーボンシャフトはまず使いません。それは実際にスイングした時に手に負えない、持て余すと感じているからです。

 

 

整うショットについては、次回のブログで書きます~。

 

 

(▼▼)b



2020年11月04日超私的な考察  アマチュアゴルファーがゴルフをする目的は一体なんのか!?

マーク金井のオンラインサロン!『マーク金井の「ロジゴル」オンラインサロン』会員募集中です

メンバーに向けて、ほぼ毎日、マーク金井がゴルフクラブに関する情報、ゴルフスイング、スコアアップの情報を発信します。ご入会お待ちしてます.


普段は担ぎセルフの9ホールプレーが多いのですが、昨日は東千葉CCで18ホールプレーしてきました。それもキャディさん付きで乗用カート利用です。キャディさんがいらっしゃるのでさすがにキャディバッグを担ぐことはしませんでしたが、スタートホールから最終ホールまでカートには乗ってません。おかげで18ホールで1万8000歩ほど歩くことができました。

 

4ヶ月前に血糖値が急上昇してしまったことがきっかけて、毎日1万5000歩以上歩いてます。結果、この4ヶ月で約1600㎞も歩いたことになり我ながら驚いています。もしも、4ヶ月で「1600㎞歩け」と言われたら、恐らく即座にお断りしたでしょう(笑)

 

 

日常は食後にそれぞれ1時間ほど散歩していますが、ゴルフのいいところは広々とした空間を歩けること。加えて、ボールを打ちながら、スコアを付けながら歩けることです。14歳からゴルフを始めてますが、今は、、、

 

 

「ゴルフとは歩くのが主で、ボールを打つのが従」ではないかと超私的に思っています。

 

 

 

対して、乗用カートに乗ってプレーしている人にとっては、「歩くのが主で、ボールを打つのが従」ではないでしょう。乗用カートに乗るということは歩くことを減らすことにつながるわけですから、、、

 

 

 

では、乗用カートに乗ってプレーするアマチュアゴルファーは何が目的でゴルフを楽しんでいるのでしょうか?

 

 

乗用カートに乗る目的は歩かないこと(歩行量を減らす)です。だとすれば、ゴルフの目的は、、、

 

 

 

 ・ナイスショットショットを打つこと(ショットに一喜一憂すること)
 ・スコアメイクを楽しむこと(いいスコアを出すこと)
 ・景色を楽しむこと
 ・ゴルフ仲間と楽しい時間を共有すること

 

 

 

ゴルフクラブでボールを打たないとゴルフにならないことを考えると、乗用カートにのってプレーする場合、ショットを打つことといいスコアに集約されると思います。そして、この2つに関してのゴール(目的)は、

 

 

 

 ・ナイスショットを打つこと(ボールを遠くに飛ばすこと)
 ・いいスコアを出すこと

 

 

 

となり、ナイスショットにおいてはボールを遠くに飛ばすことが目的で、いいスコアを出すことはベストを更新することではないでしょうか。

 

 

 

実際、クラブメーカーが出す新製品に関しては、その大半が「遠くに飛ばせる」ことをアピールしていますが、スコアアップについてはあまり言及してません。プロ、上級者向けの一部のクラブを除けば、「飛び」をアピールしているモノばかりです。

 

 

そして、今どきのクラブ作られかた(売られ方)から分ることは、、、、

 

 

 

多くのアマチュアゴルファーにとってゴルフの目的とは「ボールを遠くに飛ばすこと」ではないかと思ってしまいます。

 

 

 

「ボールを遠くに飛ばすこと」がゴルフの目的になっているのではないかというのを裏付けているのが練習場です。練習場では「1ヤードでも遠くに飛ばそうと」している人は多く見受けられますが、「わざと飛ばさない」練習をしている人はまず見かけません。ドライバーでわざと100ヤード打つ、150ヤードを打つなんてことをしている人は、まずいないです。

 

 

 

振り出しに戻ります。

 

 

 

一昨日、日本を代表するトップアマと一緒にプレーさせていただいのですが、一緒にプレーしていてひしひしと感じたのは、「飛ばすことよりも、狙った所にボールを運んでいること」です。ひとことで言うと「緻密」なゴルフをこれでもかってぐらいされてました。競技ゴルフをしているから当たり前と言ってしまえばそれまですが、1打1打に無駄がないのです。

 

 

もちろんすべてがナイスショットというわけではありませんが、ゴルフの目的が、「いいスコアをちゃんと出すこと」というのが1打1打に溢れていました。

 

 

ゴルフの目的はスコアだけではないという人が少なからずいます。もちろん心底そう思ってゴルフを楽しんでいる人もいることを承知してますが、自分の未熟さや至らなさに対して、、、「スコアじゃないよゴルフは」と自己弁護している人も少なからずいるのではないでしょうか。

 

日本を代表する社会人トップアマと一緒にプレーできたおかげで、マーク金井ががやるべきミッションがより明確になりました。それは「飛ぶクラブ」ではなく「整うショットが打てるクラブ」を作ることです。「整うショット」については次回お話致します~。

 

 

 

(▼▼)b


マーク金井の新しいセミナー動画公開開始しています

完全版は、マーク金井のオンラインサロンにご入会いただければご覧いただけます


2020年11月02日超私的な考察  冬場の河川敷コースで70台のスコアが狙えるドライバーとは、どんなクラブなのか!?

マーク金井のオンラインサロン!『マーク金井の「ロジゴル」オンラインサロン』会員募集中です

メンバーに向けて、ほぼ毎日、マーク金井がゴルフクラブに関する情報、ゴルフスイング、スコアアップの情報を発信します。ご入会お待ちしてます.


一昨日の土曜日は朝4時過ぎに起き、赤羽ゴルフ倶楽部で早朝9ホールプレー。クラブハウスに到着したのが5時10分で、10番ホールで順番待ちしたのが5時30分。気温は5度あるかないか。まだ真っ暗な中、スタート係の人に名前を告げたら、トップから4番目のスタートでした。

 

我々がスタートする時間(6時前)にようやく太陽が顔を出し、いざスタート。今年初のダウンを着込んだままのティショットはそこそこの当たりでしたが、フェアウェイからの2打目はザックリ。50ヤードほどしか飛んでません、、、、残り75ヤードのアプローチが3.5mに乗り、これが運良く入ってくれてパー発進。途中で2回ボギーを叩きましたが、16番でもバーディーが取れたのでパープレー(35ストローク)でホールアウトできました。

 

 

ー○△△ーー○ーー 35
112322122 16

 

 

この日は4サムでのプレーで、その内の2人とは初対面です。私のドライバーのシャフトがスチールなのに驚かれていましたが、この日もドライバーはノーミス。パー3を除く7ホールで使いましたが、すべてフェアウェイキープです。スチールなので距離が出るわけではありませんが、赤羽は距離が長いホールがありません。飛ばなくてもフェアウェイをちゃんとキープできれば、グリーンを狙うショットの難易度が下がります。

 

 

赤羽だけではありませんが、河川敷コースは総じて距離が短め。そしてこれからの時期は北風がビュービュー吹くので、ティショットの弾道は高いよりも低い方が安定します。

 

 

 

この河川敷ならではの条件を考えると、ティショットに求められるのは確実にフェアウェイキープが出来き、低い弾道がオートマチックに打てること。この2つの条件を満たすために必要なドライバーのスペックとは

 

 

 クラブが短いこと(長いよりも短い方が弾道が低くなる)
 クラブ(シャフト)が重いこと(軽いよりも短い方が弾道が低くなる)

 

 

45インチと43.5インチのドライバーを打ち比べると、誰が打っても43.5インチの方が弾道が低くなります。45インチのドライバーを1.5インチ短く持って打ってみれば体感できます。長さが短くなればシャフトのしなり量が減るからです。

 

 

重さに関しては感覚的なところもありますが、軽いよりも重い方が弾道が低くなる傾向があり、かつ球質が重くなります。マーク金井スチールシャフト装着のドライバーを1年以上使ってますが、アゲンスト風の時は総重量が350gを越えるスチールシャフトを装着したドライバーの方が風に強い球が打てます。昨年、アイルランドのリンクスでプレーした時も、スチール装着のドライバーのおかげでティショットが安定してました。

 

 

 

 

ドライバーは1ヤードでも遠くに飛んだ方がいいという考え方もありますが、少なくとも河川敷コースでは飛ばすことよりも曲げないこと、風の影響を受けづらいクラブを使った方がフェアウェイキープ率が上がり、セカンドショットの難易度が下がります。手前味噌ですが、スチール装着のドライバーを使うようになってから、赤羽でパープレーやアンダーパーが出る回数が明らかに増えているのです。

 

 

河川敷はやさしくていいスコアが出やすいと言われてますが、コース幅はそれほど広くありません。左右に曲げるとワンペナの餌食になるのでスコアメイクが途端に難しくなり、プレーのリズムも悪くなります。

 

 

 

河川敷コースでいいスコア、70台のスコアを出すにはティショットで死なないことが必須条件です。たとえ距離が10ヤードぐらい落ちたとしても確実にフェアウェイに運べるショットを増やせば、それだけでパーオンする確率を上げることができ、スコアメイクが簡単になってくるのです。

 

 

 

河川敷コースは手軽にプレーできるのが魅力ですが、手軽にプレーできるならば手軽にサクッと70台のスコアで回りたいものです、、、、。

 

 

(▼▼)b


マーク金井の新しいセミナー動画公開開始しています

完全版は、マーク金井のオンラインサロンにご入会いただければご覧いただけます