マーク金井blog

2019年04月11日超私的な予想 今年のマスターズで優勝争いする選手は一体誰か!?

Youtubeアナライズチャンネル

マーク金井がスライスを治す

脱スライスセミナー1回め配信開始しました〜

チャンネル登録もお願いします


昨日の関東エリアは真冬のような寒さで、東京の都心部での最高気温は4.9度。加えて、朝からずっと冷たい雨が降り続きました。ゴルフプレーには非常に厳しいコンディションでしたが、そんな中、千葉オープンの初日にトップに躍り出たのは石川遼選手。前半の9ホールで早くも5アンダー、後半の9ホールも3アンダーとスコアを伸し、8アンダーでホールアウト。2位のスコアが3アンダーなので5打差をつけての単独首位です。2日目もスコアを伸して10アンダーにすれば、石川選手が優勝を決めてくれるでしょう。

 

 

さて、今週はマスターズウイーク。日本時間だと明日深夜から開幕。日本からは松山英樹小平智今平周吾、そしてアマチュアの金谷拓実と4選手が出場します。

 

 

今週発売のパーゴルフでは誰が優勝するのではなく、どのドライバーが優勝するのかについて予想しましたので、ここでは超私的に優勝争いする選手を予想したいと思います。優勝者ではなく優勝争いとわざわざ書いたのは、勝負は時の運もあります。運を予想するのは困難なので、運を排除した優勝に届く可能性の選手を予想させていただきます。

 

まず優勝争いを占う上で考慮したいのがコースとの相性です。マスターズが開催されるオーガスタナショナルGCは起伏に富み、かつドッグレッグが非常に多いコースです。パー3を除くと、ストレートはホールは1番、3番、7番、11番、14番、15番、17番。対して、ドッグレッグしているホールはというと、、、

 

2番パー5(左ドッグレッグ)
5番パー4(左ドッグレッグ)
8番パー5(左ドッグレッグ)
9番パー4(左ドッグレッグ)
10番パー4(左ドッグレッグ)
13番パー5(左ドッグレッグ)
18番パー4(右ドッグレッグ)

 

こうやって書いていくと、14ホールの内、半分はドッグレッグホール。加えて、7つあるドッグレッグホールのほとんどは左ドッグレッグ。右にドッグレッグしているのは最終18番ホールだけです。ここまで偏ったレイアウトになっていると、持ち球によって有利不利が出やすく、実際、「オーガスタはドローヒッターが有利」だと昔から言われてます。実際、歴代優勝者をみてもドローが持ち球の人の方が多く、対してフェードを持ち球にしているリー・トレビノは一度も勝っていません。

 

 

そして、もうひとつ考慮しなくてはならないのがパー5のスコア。オーガスタのパー5は打ち上げの8番を除くと、ティショットが上手くいけば2オン可能です。バーディーだけでなくイーグルも狙えます。このパー5攻略においても、ティショットではドローボールが必須となるので、ドローヒッターが有利です。そして、レフティに関してはフェードヒッターは右打ちのドローヒッターよりも有利です。

 

 

なぜならドローよりもフェードの方が弾道をコントロールしやすいからです。加えて、今どきの大型ドライバーは慣性モーメントが大きい。慣性モーメントが大きなドライバーは、ドローよりもフェードの方が物理的に打ちやすくできているクラブだからです。

 

 

となると、まず優勝争いに絡んでくる本命選手は、レフティのバッバ・ワトソンフィル・ミケルソンです。この2人は歴代優勝者でもありますから、コースの攻め方も熟知しています。パットの調子が良ければ初日から上位に入ると思います。

 

 

次に優勝争いを演じると考えられるのがローリー・マキロイタイガー・ウッズマキロイは典型的なドローヒッター。タイガーやドローもフェードも打ち分けられるテクニシャンですし、なによりもマスターズに複数回勝っています。この2人もパットの調子が良ければサンデーバックナインで優勝争いを演じてくれるでしょう。

 

 

オーガスタのグリーンはアンジュレーションがこれでもかってありながらも、超高速グリーンです。パットが入るか入らないかでスコアがガラッと変るコースでもあるので、パット巧者も優勝争いに絡んでくると思います。ドローが打ててパット巧者なことを考えると、今シーズン調子が良いブライソン・デシャンボーあたりもリーダーボードに名前を重ねてきますし、日本勢だと小平選手はパットが決まり出すとビッグスコアを出してきます。アドミラルつながりで身贔屓してますが、期待を込めて小平選手も上位に食い込んでくれると嬉しいです~。

 

 

(▼▼)b


ツアープロも使っているゴルフの竪琴

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↑クリック


2019年04月09日超私的な考察 ゴルフが上手くなりたい人ほど上手くなれない本当の理由とは!?

Youtube アナライズチャンネルの人気動画シリーズ

【おしえてマークさん】の新しい動画配信開始 今回はシャフトのキックポイントです

ぜひご覧頂いて、チャンネル登録お願いします

本日18時にまた新しい動画配信予定となっています

 


先週日曜日の幕張メッセは若い女性でごった返していましたが、その合間をぬって出向いたのは「オートモービルカウンシル」。国内外のクラシックカーや旧車が展示されているイベントです。すべてではありませんが、展示されているクルマはその場で購入することもできます。

かつて乗っていたクルマでは、ホンダのシティ、マツダのロードスター、そしてワーゲンゴルフが会場に展示されていました。旧車好きにはたまらないイベントですが、その中で一目惚れしたのは、シルバーメタリックのBMW2002Tii。1972年なので47年前のクルマですが、直線を基調にしたシンプルなデザインは今市販されているBMWよりもワクワクドキドキさせてくれます。加えて、今どきのクルマに比べると横幅がかなりスリムです。
ネットでスペックを調べてみると、、、

 

全長4,230mm×全幅1,590mm×全高1,410mmで車両重量は990kg
(Wikipediaより引用)

 

 

普段乗っている2011年式135iクーペの全幅は1750mmですから、見た目だけでなく数値的にも2002Tiiの全幅はスリム。これなら都心のファミレスの駐車場に止めても隣のクルマが気になりません。47年前のクルマなのでスピーディーな加速を楽しめるわけではありませんが、日本の道を法定速度で走る分には、今でも理想的なスペックのクルマだと思います。

 

さて、幕張メッセには電車で行きましたが、車中でお世話になったのがこの本。

 

 人生は攻略できる(橘玲著)ポプラ社
 君たちはこれからどう生きるか?

 

著者である橘さんが若者向けに世の中の歩き方を指南している本です。現在の、そしてこれからの世の中の仕組みについて詳しく書かれているので、若者でなくても知っておいた方がいいことが分りやすく説明されています。

 

 

この本の中で、まず目にとまったのが前書きのこのフレーズです。

 

 

 ヒトの脳は現実と想像を区別するのは苦手だからだ。夢の実現を強く願うと、君の脳はすでに望みのモノを手に入れたと勘違いして、努力する代わりにリラックスしてしまうのだ。(人生は攻略できるより引用)。

 

 

これをゴルフに当てはめると、、、

 

 ゴルフが上手くなりたいと強く願うと、ゴルファーの脳はすでにゴルフが上手くなったと勘違いして、努力する代わりにリラックスしてしまうのだ。

 

 

どうでしょう。皆さんに当てはまるかどうかは分りませんが、ゴルフが上手くなりたいと切に願っている人で、本当に上手くなっている人はそれほど多くいません。その証拠と言っては何ですが、昔も今も、ゴルフ雑誌は「100切りレッスン」とか「脱スライス」というレッスン記事を大々的に紹介しています。ゴルフが上手くなった人よりも、ゴルフが上手くならない人の方が多いから、これらのレッスン記事は年から年中、手を変え品を変えて掲載されているのです。

 

 

ここまで書いたら、察しのいい人はもう言いたいことはお分かりでしょう。

 

 

そうです。ゴルフが本当に上手くなりたいと思っているならば、夢(ゴルフ上達)の実現を強く願うのではなく、上手くならない理由を明確にあぶり出し、そして橘さんの言葉を借りるならば、

 

 ゴルフには必勝法はないけど、ゲームと同じように、「こうした方がいいこと」と「やってはいけないこと」があるんです。

 

 

具体的に言うと、ゴルフ上達の具体的な計画を作り、その計画をひたすら忠実に実践することです。100切りしかり、90切りしかり、シングルを目指すことしかり。

 

今回紹介した「人生は攻略できる」という書籍には一切ゴルフについては触れられていませんが、ゴルフ上達に欠かせないエッセンスが数多くあります。もうひとつだけ橘さんの言葉を引用させていただくと、、

 

 

「幸福の土台」を手に入れるために必要なのは、新しい時代のルールを理解して、大事なところで正しい選択をすることだけだ。これで人生は「攻略」できる。
人生は攻略できるより引用)

 

これをゴルフに置き換えると、

 

 

「ゴルフの土台」を手に入れるために必要なのは、ゴルフのルール(特性)を理解して、大事なところで正しい選択をすることだけだ。これでゴルフは「攻略」できる。

 

 

本当にゴルフが上手くなりなったかったら、上手くなりたいと願わないこと。ゴルフの上達を実現するのに必要なのは、上手くならない理由(原因)を洗いざらいあぶり出すこと。そして、自分には何が足りていないのかに対して向き合うことが、必要不可欠です。ここを素通りしてしまうと、、、、練習場にせっせと通ってもその努力はほとんど報われないでしょう~。

 

 

(▼▼)b


ゴルフの竪琴、ツアープロにも人気です。

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↑クリック


2019年04月07日超私的な考察 初心者向けのゴルフスクールはたくさんあるのに、中上級者向けのスクールが少ない理由とは!?

Youtube アナライズチャンネルの人気動画シリーズ

【おしえてマークさん】の新しい動画配信開始 今回はシャフトのキックポイントです

ぜひご覧頂いて、チャンネル登録お願いします


持病の喘息がぶり返し金曜日にかかりつけのクリニックに行ってきました。このクリニックは呼吸器の専門なので、診断時に肺年齢を調べて下さいます。今回の検診では、マーク金井の肺年齢は、、、、

 69歳!!!!!

 

 

実年齢よりも9歳老けています(汗)。ちなみに、半年前に検診してもらった時の肺年齢は72歳でしたから、ほんの少しですが肺機能は若返りました。

 

 

喘息持ちなので肺機能を若返らせることは容易ではありませんが、これ以上悪化させないことはできます。スノボ、そして9ホールプレーの担ぎセルフは適度な運動になりますし、新鮮な空気を肺に送り込むこともできます。クルマ大好き人間ですが、毎日1万歩以上は歩いています。運動を続けることが肺にも良いとのことなので、一病息災状態を維持していくつもりです。

 

 

さて、毎日FB、Instagram、Twitterはチェックしていますが、最近、気になったのがゴルフ業界人のFBでのこの問いかけです。

 

 

初心者向けのゴルフスクールは超沢山あるけど、
中上級者向けのゴルフスクールがないのはなんでだろう?

 

 

 

確かに、ゴルフ雑誌はネットを検索しても初心者向けとか、100を切いたいゴルファー向けのスクールは数多くあります。反面、シングルになるためのスクールとか、70台のスコアを保証します、なんてスクールはほとんどありません。

 

 

では、なぜ中上級者向けのゴルフスクールの数が非常に少ないのか?

 

 

この答えを導き出す前に、他のスポーツの事例を考えてみましょう。スキー、スノボの場合は、初心者向けが多くありますが、中上級者向けのスクールもそれなりにあります。

 

例えばスキー界を代表する渡辺一樹さんのグループレッスンは、1級レベル(ゴルフだとシングルに近いレベル)でないと受けることができません。また、1級取得のためのスクールレッスンはいろんなゲレンデで受講できますし、スキーだと「ポールレッスン」や「コブ斜面レッスン」があり、スノボだと「グラトリレッスン」や「カービングレッスン」と言った中上級者向けのレッスン(スクール)があります。

 

 

言い換えると、スキー、スノボにおいては独学ではレベルアップするのが難しいという共通認識があって、その共通認識があるからこそ中上級者向けのレッスン(スクール)があるのです。もちろん、お金をちゃんと払って習いたい人がいることも見過ごせません。

 

 

では、ゴルフの場合はどうなのか?

 

 

ゴルフの場合、初心者がボールをちゃんと打てるようになるまでのハードルが非常に高い競技です。まったくの初心者がいきなりナイスショットを打てるということはめったになく、ほとんどの人は空振りしたりチョロしたり。そして何より、一体どうやってスイングしたらいいのか分らない人がほとんど。

 

 

初心者にとって非常にハードルが高いということ、そして我流でボールに当てられるようになるまでは時間がかかる。この問題をクリアするには、「スクールに入ってレッスンを受けた方がいい」という人が少なからずいれば、当然、そこにはマーケットがあり、マーケットがあるからゴルフスクールがたくさんあるのです。超私的なことを言わせてもらえば、何年やっても安定して100を切れない人というのは、キャリアに関係なく中級者ではなくて初心者です。

 

 

そして100を楽に切れるようになって、90前後でプレーできる人、もしくは80台のスコアが出るようになってくると、このレベルの人は中級者。調子が良いと70台のスコアが出るようになる人は、中上級者に当てはまります。

 

 

この中級者、中上級者というのは、実は、2つの大きな問題を抱えており、それがスクールができない大きな理由になっていると超私的に思っています。

 

 

2つの問題とは、、、、

 

 ナイスショットした時は上級者と同じようなショットが打てる
 ↓
 だからわざわざレッスンを受ける必要がない

 調子が良い時は上級者と同じようなスコアが出る
 ↓
 だからわざわざレッスンを受ける必要がない

 

 

中級者、そして中上級者はなまじナイスショットが打ててしまうため、調子さえ上げていけば上級者になれると思っています。

 

中級者、そして中上級者は調子が良くければ良いスコアが出てしまうために、スコアが悪いのは調子のせいにしています。

 

 

何年やっても中級者、中上級者から抜け出せない人に関して言えば、もっと具体的に言うとゴルフの頻度が多いにも関わらずハンデが12~10ぐらいで止まっている人に関して言えば、スイングに大きな問題を抱えています。並大抵の練習ではこのスイングの大きな問題を解消することができません。

 

 

そして、今野一哉プロがFBでコメントされていますが、

体感的には120から90になるより80を78にする方がキツイですからね。
今野プロのコメントを抜粋)

 

 

超私的なことを言わせてもらうと、90ぐらいのスコアまでにするのはそれほど労力はいりません。逆に言うと、スイングに問題を抱えていても90ぐらいのスコアを出すことはできてしまいます。

 

 

しかしスイングに問題を抱えている人、コースマネジメントに問題を抱えている人の場合、そこから先は茨の道。そして、どちらにも問題を抱えていない人の場合であっても、
80を78にするのは大変ですし、78を77にするのはもっと大変。77を76にするのにはさらに大変なんです。ちなみに平均スコアが76点台というのはハンデ0に相当します。調子が良ければアンダーパーを普通に出せる腕前です。

 

 

中級者、そして中上級者のスクールが増えることはゴルフ業界にとって喜ばしいことですが、そのためには中級者、中上級者にはどんな問題点があるのかを浮き彫りにし、その問題点をクリアするためには自分ひとりの力では無理だということを分らせる必要があります。それには、スキーやスノボのように技術検定が必要不可欠でしょう。日本のPGAがそこに気づけばビジネスチャンスは一気に広がり、中級者、中上級者向けのスクールを増やすことにもつながるでしょう。

 

(▼▼)b


来週(4月8日)月曜日21時から

Youtube生配信やります!マーク金井ここだけの話

ブログやゴルフ雑誌では言えない書けないことを、ここだけの話として1時間喋りまくります。生でしかご覧いただけ無いので、お見逃し無く

ゴルフの竪琴、ツアープロにも人気です

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↑クリック


2019年04月04日超私的な提案 100を切りたい人にとって一番簡単、かつ確実なクラブとは!?

Youtubeアナライズチャンネルの人気動画、『おしえてマークさん』最新作配信

スチールとカーボンの違いってなんですか?


桜が咲いた途端、日本列島は冬に戻ったかのような寒い日が続いていますが、先週からプロ野球が開幕しました。一昨日、東京ドームで「巨人vs阪神戦」を観戦してきましたが、ドーム開幕戦はホームの巨人が大量得点を挙げて快勝。阪神は昨年までと同じく得点力不足が露呈してます。当たり前と言ってしまえばそれまでですが、いくらピッチャーが良くても打てなければ勝てません。ペナントレースは始まったばかりですが、阪神の貧打はしばらく続きそうです、、、(汗)

 

そして、しばらく続くと言えば花粉症。マーク金井はスギ花粉のアレルギー反応があるのでGWに入るぐらいまでは目のかゆみ、鼻水、くしゃみが止まりません。薬を飲んで症状を抑える日々があとしばらく続きますが、ゴルフに行く回数は少しづつ増えてきました。今週は月曜日に兵庫県で8ホールプレーし、明日、金曜日は赤羽ゴルフ倶楽部で薄暮9ホールプレーを予定しています。

 

今年の目標はやさしいコースでベストスコアを更新すること。そのためにはすべてのホールでパーオン、もしくはパーオンと同じ場所(パターで打てる場所)にボールを運べるショット力を磨きたいと思っています。

 

 

さて、アマチュアゴルファーと話をしていると、「スコアを良くするにはアプローチとパットを磨くことですよね」と聞かれることが度々あります。確かに、グリーン周りのアプローチが良ければ寄せワンの確率が上がりますが、超私的に言わせてもらうと、100を切りたい人、90を切りたい人ならば、アプローチはそれほど重要ではありません。パットは上手いことにこしたことはないですが、アプローチはそれほど上手くなくても安定して80台のスコア、70台のスコアを出すことができます。

 

100を切る、90を切るために一番大事なことは、、、

 

 グリーン周りで打たなくていいミスをしないこと。それと、バンカー越えのようにアプローチが難しい場所にボールを打ち込まないことです。

 

 

そのためにお勧めしたいのはグリーン周りでパター以外のクラブを使わないこと。グリーン周りのアプローチはすべて「パター」だけでプレーするのです。逆に言うと、グリーン周りでは、SWやAWは言うに及ばず、PWや9番、そしてそれ以外のアイアンも使わない。ボールからグリーンエッジまでの距離が15ヤード以内になっていたら、すべてパターで寄せるのです。

 

 

 グリーン周りでパターしか使わない(使えない)となると、2つのメリットがあります。

 

 

ひとつはウエッジを使うのと比べて、ダフり、トップ、シャンクの打ち損じのミスは出ません。ただしパターの場合、打ち損じは出ませんが距離が長くなるほどに距離感が出づらくなって大ショート、大オーバーのミスが出る場合があります。

 

 

もうひとつのメリットは、コース攻略を考えながらプレーできます。アプローチでパターしか使えないとなれば、バンカー越えの場所にボールを止めてしまったら大変なことになるのが分ります。無意識の内にパターで狙えるような場所を狙うようになり、大叩きしやすい場所を回避することを覚えます。グリーンを外した時、パターでも狙えるような場所に運ぶことができるようになれば、1ホールでダボやトリプルを叩くことが減り、それがスコアを良くすることにもつながるのです。

 

 

そして、そして実はもうひとつメリットがあります。アプローチでパターしか使えないようになれば、グリーンを狙うショットでピンを狙うことよりも、とにかく乗せることに意識が向かいます。結果、グリーンの中央を狙うことに対しての躊躇がなくなり、パーオン率を上げていけるのです。

 

 

また、アプローチでパターしか使えないと思えば、アイアンがどれぐらい上手(下手)なのかも思い知らされます。パーオンしなくてもパターでアプローチしやすい程度のミスなのか、それともパターで打てないほどグリーンから外れたミスなのかが分かる。実は、これを知ることが、自分の腕前をメタ認知できることにつながるのです。

 

 

アマチュアがスコアメイクするには「アプローチとパターが大事」と言われてますが、超私的なことを言わせてもらえば、スコアメイクに本当に必要なスキルはアイアンの精度。100ヤード、150ヤードがちゃんと乗ればアプローチを打つ必要はありません。アプローチを打つ回数が減らすことができれば、確実にスコアアップできるのです。

 

 

 100ヤードの距離をちゃんと乗せることができてくれば安定して100を切れるどころか90前後でプレーできます。

 

 

150ヤードの距離をちゃんと乗せることができれば(もしくはパターでアプローチしたくなる場所にボールを運べれば)、白ティからならば70台のスコアが出せるのはもちろんのこと、パットの調子が良ければパープレーも出せるようになのです~。

 

(▼▼)b


Youtubeアナライズチャンネル

マーク金井打たずにいられない。

今回はピンG410アイアンを徹底試打インプレします

↑ゴルフの竪琴、ツアープロにも人気です

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↑クリック


2019年04月02日超私的なフェイクニュース 東京オリンピック(2020年)のゴルフ競技は1日9ホールに決定!!!!

Youtubeアナライズチャンネル

マーク金井打たずにいられない。

今回はピンG410アイアンを徹底試打インプレします


前回のブログはアップする日を勘違いし、1日早く「エイプリルフール」ネタを書いてしまいました(汗)。そそっかしい人間であることを見事に露呈してしまいました。

超私的なエイプリルフール あったらいいな、こんなゴルフ場編~(▼▼)b

 

3月は30日までと勘違いしたことによって日時を間違えたのですが、冷静になってみると暦(こよみ)は本当に合理的なのかどうか疑わしく感じることがあります。奇数月が31日で偶数月が30日というのなら分りますが、2月は28日しかありません(閏年は29日)。おまけに7月と8月は2ヶ月続けて31日。我々はこの変則的な日数の割り振りに馴染んでいるので違和感がありませんが、合理的に考えれば1年は365日(閏年は366日)。30日の月が7ヶ月、31日の月が5ヶ月の方がすっきりするような気がします。

 

4月1日はエイプリルフールですが、今年の4月1日はいつもとはかなり様子が異なりました。31年振りに新しい元号が発表される日と重なったからです。新元号は「令和(れいわ)」です。その新元号が発表される頃、マーク金井と言えば、サンテレビの長寿番組「中西清起、小林佳則 熱血ゴルフ塾」の収録の真っ最中。ピート・ダイが設計したウエストワンズカンツリー倶楽部でプレーしてました。オンエアは4月10日から5月29日まで。毎週水曜日の23時からサンテレビで放映されます。ご覧になっていたただけると嬉しいです。

 

さて、4月1日はSNSでもいろんなフェイクニュースが流れましたが、私が流したフェイクニュースは、、、、、

 

 

 東京オリンピック(2020年)のゴルフ競技は1日9ホールに決定!!!!

 

もちろんこんなことはJOCが発表してません。エイプリルフールならではの嘘っぱちですが、本当にそうなって欲しいという強い願いを込めてFBに書き込みました。自分自身が普段「9ホール」プレーしていることもありますが、「9ホール」が当たり前になることで、ゴルファーの裾野を広げることができると思っているからです。

 

 

このフェイクニュースを書いた時、いくつかのコメントをいただいたのですが、その中でも注目したのがこれ、、、、

 

 

バスケットボールは3人制も実施されるし、ラグビーは7人制だし、9ホール制ゴルフを並行してやってもいいよね。(マーク金井のFB投稿のコメントから引用)

 

バスケットボールは1チーム5人、ラグビーは1チーム15人と定められています。にもかかわらず、2016年リオデジャネイロオリンピックでは7人制ラグビーが種目になっています。そして、2020年の東京オリンピックでは3人制バスケットボールも新種目として加わっているのです。説明するまでもありませんが、バスケットボールもラグビーも目新しい競技ではありません。伝統と歴史がある競技です。にもかかわらず、革新的なルール変更を行ない、新しい競技方法でオリンピック種目になっています。

 

ゴルフもしかり。

 

 

オリンピックだからこそ、ゴルフでも新しい競技方法「9ホール」プレーを実施する意義があると思います。オリンピックで「9ホール」プレーが実施されれば、ゴルフは時間がかかり過ぎるスポーツではないことをアピールできますし、見ている方も長時間拘束されることはありません。ゴルフに対する概念を変えることにつながります。

 

 

そして、さらに超私的なことを言わせてもらえば、ゴルフをスポーツとして確率させるにはキャディを廃止してセルフプレーを推進したいです。実際、2014年、軽井沢で開催された世界アマチュア選手権はキャディ無しのセルフプレーで実際されています。また、海外のトーナメントではキャディを付帯させなくてもプレーできる試合も少なからずあると聞いています。もしも14本のクラブを持ち運ぶのが重労働というのならば、クラブの使用本数制限を例えば7本にすればいいだけのこと。距離計測については、すでに今年のルール改正でレーザー式距離測定器GPS距離測定器の使用が認めらています。

 

 

ゴルフはレジャーの側面があり、そしてスポーツの側面もあります。

 

 

ディズニーランドで楽しむかのようにゴルフを楽しむのもアリですし、野球やテニスをするかのようにゴルフをスポーツとしても楽しむのもアリです。スポーツしてのゴルフをゴルフ未経験者にアピールするという意味では、2020年東京オリンピックで9ホールゴルフが実施されることはゴルフ界の未来を占う上で有意義だと超私的に思っています~。

 

(▼▼)b


YouTubeアナライズチャンネル 『おしえてマークさん』今回は”ライ角について説明しています。あれ?なんだっけ?というクラブの疑問についてマーク金井が説明します

こちら人気のスリーブ付きスチールシャフト!

↑クリック