マーク金井blog

カテゴリー: ゴルフクラブ分析

2018年10月04日超私的な考察 今どきのやさしいドライバーのメリットとデメリットとは!?

マーク金井のYouTube試打
打たずにいられない

最新動画はタイトリストTS3ドライバーです

ぜひご覧下さい


新潟県の越後湯沢と言えばスキー場がたくさんあるエリアですが、ゴルフ場もあります。今日は、スノボでお世話になっているガーラ湯沢のコンペでゴールド越後湯沢でプレー。
朝イチの新幹線に乗り、このブログがアップされる頃には5番ホールあたりをプレーしているかと思います。

 

東京から越後湯沢までは新幹線で移動しますが、新幹線とお供と言えばゴルフ雑誌。今週発売の週刊ゴルフダイジェスト週刊パーゴルフをバッグに入れて電車に乗り、セブンイレブンのドーナツを食べながら読むのがルーティンになっています。発売日の火曜日に目次にサクッと目を通したのですが、まず目についたのがこの特集、、、、。

 

 

アマチュアも使えてメジャーでもできるクラブ作り
国産ドライバー 平成最後の大革命
週刊ゴルフダイジェスト10月16日号より引用)

 

 

なんともすごいタイトルが付いてます。大革命って言葉に驚かされましたが、内容は日米ドライバーの比較と、最近の日本製ドライバーの共通点について書かれてました。詳しくは記事を読んでいただきたいと思いますが、今どきのドライバーを見ていて感じるのが、

 

 

ゴルフクラブ、特にドライバーの同質化がますます進んでいる!!!!

 

 

ことです。週刊ゴルフダイジェストでは世界基準のドライバー3つの条件として、

 

 

・カーボンクラウン
・調整機能(カチャカチャ式)
・USPGAで活躍しているプロがいる

 

 

ことを上げていますが、加えて、最近のドライバーに共通しているのは、、、

 

ヘッドシェイプがほぼ同じ(重心を深くしたい形状)
シャローバック形状(重心を低くしたい形状)

 

 

このタイプのドライバーが本当に増えています。かつてはアスリート向けのドライバーはヘッド後方が高くなっているハイバック形状になっているモデルもありましたが、今ではほとんど姿を消しています。米国メーカーのドライバーはもとより、国内のブリヂストンの新製品にしても、スリクソンの新製品にしても、そして、月曜日に発表されたホンマの新製品にしてもシャローバック。ホンマに関してはTW747 455の方が少しシャローバックの度合いが少ないですが、これは今どきのドライバーの中では珍しいです。

 

 

さて、この同質化。

 

 

物理的なメリットを考えると避けられないと思います。何故かと言うと多くのメーカーが求めるドライバーの性能は、、、

 

ミスに対するやさしさを実現するため、、、

 

 ヘッドの左右方向の慣性モーメントを増大
 深い重心位置

 

スピンを減らして飛距離性能を向上させるため、、、

 

 低い重心位置

 

これらを高次元で達成しようとすれば、おのずとヘッド形状は決まってくるからです。ちなみに、ヘッドのシェイプ(輪郭)に関しては、売れているクラブのデザインから逸脱しない傾向があります。これについては、プロや上級者が好む形状というのには共通点があるからでしょう。

 

 

今どきのクラブはツアープロが使うモデルでも、投影面積が大きくて慣性モーメントを大きくし、低い重心位置で低スピン弾道が打てるという共通点があります。重心の深さについてはモデルによって異なり、多くのメーカーは重心が浅めのタイプと重心が深めのタイプの2種類をラインアップしています。

 

物理的には、今どきのドライバーは20年前よりもかなり進化しているのはまぎれもない事実です。その証拠にツアープロの飛距離は劇的に伸び、そしてフェアウェイキープ率が上がっています。しかしながら、人間光学的に言うと、ゴルフの経験が少ない人、スライスに悩んで人にとっては、必ずしもメリットばかりではありません。少なからずデメリットもあります。どこがデメリットかというと、、、

 

 

ヘッドの大型化で慣性モーメントの数値を上げていくと、ネック軸周りのモーメントが大きくなり、シャフトを軸にしてヘッドが回転しづらくなります。その結果、インパクトでフェースが開きやすい人、振り遅れてしまいやすい人にとってはフェースの向きをコントロールしづらくなります。加えて、慣性モーメントを大きくしていくと重心距離が長くなりやすく、重心距離が長くなるほど、ゴルフクラブの扱いになれていない人の場合、フェースの芯で捕らえるのが難しくなるのです。

 

インターネットのみんなのゴルフダイジェストの記事に、重心距離がゼロのアイアンが紹介されていました。これはゴルフ経験がない大学生向けに作られた試作クラブですが、多くの大学生は重心距離がゼロのアイアンの方が打ちやすく、そしてミスが少ないという結果が出ています。この重心距離がゼロのアイアンというのは、今どきのやさしいドライバーとは正反対な構造で、ネック軸周りのモーメントが非常に小さくなっています。

 

 

アナライズではすでに重心距離がほぼゼロのドライバー、「バンパードライバー」を作ってますが、これも今どきのドライバーとはまったく正反対な構造。大型ヘッドですが、重心距離がほぼゼロなので、今どきのドライバーに比べると慣性モーメントは大きくありません。しかしながら、ネック軸周りのモーメントが非常に小さいので振り遅れづらいメリットがあり、かつシャフト軸線と芯までの距離が非常に短いので初心者には芯で当てやすいメリットがあるのです。

 

 

 

今どきのドライバーは物理的に非常にやさしく、飛距離性能が高くなっていますが、それと引き換えに、初心者には扱いづらい(芯に当てづらい)構造になっている。これが、今どきのドライバーが抱えているジレンマなんです~。

 

(▼▼)b


フレループはアナライズのwebショップで購入いただけます↓


2018年09月30日超私的な考察 アマチュアゴルファーが一番勘違いしている物理現象とは!?

こちらのフットワークセミナーその2 動画配信しております

よろしくおねがいします


木曜日から金曜日にかけて九州に出張してきました。福岡エリアのゴルフ場を2ヶ所、そしてFBでもアップしましたが、日本最古のパブリックである雲仙ゴルフ場(長崎県)をプレーしてきました。雲仙は国内に現存するゴルフ場としては、神戸ゴルフ俱楽部に次ぎ、2番目に古いゴルフ場。1913年に開場ですので、すでに105年の歴史があります。

 

 

1泊2日で3つのゴルフ場でプレーしてきましたが、今回のクラブセッティングは、、、

 

ドライバー
UT
7番、9番、PW、SW(54度)
パター

 

 

赤羽ゴルフ倶楽部で薄暮プレーしている時と同じく7本だけの身軽なセッティングです。ドライバーはタイガー・ウッズも使っているテーラーメイドのM3 460。シャフトはフジクラのスピーダー569TRを45.5インチの長さで使っています。

 

 

3コースとも初めてプレーするコース、加えて、セルフプレーです。事前にインターネットでコースの下調べもしません。ティグランドに上がり、目に入ってくる情報だけを頼りにプレーしたいからです。そして、初めてプレーするコースでは、「ボールが1個しかない」と思って回ります。ボールを無くさないように心がけると、ドライバーもアイアンも飛距離よりも方向性が優先され、必然的に安全策を取ります。一度も回ったことがないコースでは、安全過ぎるぐらい安全策を取る。超私的には、これがコース攻略の基本だと思っています。

 

 

今回は運良く、3つのコースとも「ボール1個」だけでホールアウトできました。M3スピーダーTRの相性が良いこともありますが、方向性が安定していた最大の理由は、ショットに臨む時、ゴルフの物理を勘違いしなかったからです。

 

 

ゴルフの腕前に関係なく、ゴルフボールの飛び方はインパクトの瞬間で決まります。ボールが飛ぶ方向というのは、

 

 インパクト時のフェース向き
 打点位置(芯を外すとフェース向きが変る)

 

 

でほぼ決まるというのがゴルフの物理です。クラブを振る方向というのはボールが飛び出す方向に影響が少ないのです。例えば、アウトサイド・インに振ったらスライスすると言われてますが、アウトサイド・インに振ってもフェースが閉じていれば(ヘッドの軌道よりもフェースが閉じていれば)、ボールにドロー回転が掛かりますし、引っかけも出ます。逆もしかりで、インサイド・アウトに振ったらフックすると言われてますが、インサイド・アウトに振ってもフェースが開いていれば(ヘッドの軌道よりもフェースが開いていれば)、ボールにスライス回転が掛かりますし、コスリ球にもなるのです。

 

 

ゴルフの物理でまず最初に理解することは、、、

 

 

 ボールが打ち出される方向は、インパクト時のフェース向き(打点位置)でほぼ決まる
 ボールが曲がる(真っ直ぐ飛ぶ)かどうかは、軌道とフェースの関係で決まる

 

 

ゴルファーの多くは、右が嫌なホール(右に打ちたくない)と思うと無意識の内にアウトサイド・イン(左に)振る度合いが強くなります。逆もしかりで、左が嫌なホール(左に打ちたくない)と思うほど無意識の内にインサイド・アウト(右に)振る度合いが強くなります。これは初心者だけでなく上級者にも結構いて、恐らく、無意識の内に「振った方向にボールは飛び出す」という感覚があるのかも知れません。でも、この「振った方向にボールが飛び出す」ということをやってしまうと、大抵は、打ちたくない方向、危険な方向にボールが飛んでいきます。

 

 

スライサーが右のOBがあるホールで普段よりもスライスの度合いが酷くなってOBを打つのも、フッカーが左のOBがあるホールでチーピンを打ってOBを打つのも、すべてゴルフの物理現象(インパクト)を勘違いしているからに他なりません。

 

 

ボールを曲げない(真っ直ぐ打つ)ことは容易ではありませんが、ゴルフの物理現象を正しく理解していれば、ボールの曲がりをコントロールしやすくなり、OBや池ポチャを確実に減らせます。大事なことなので繰り返しますが、ボールが打ち出される方向というのは、ヘッドを振った方向(ヘッド軌道)ではなく、インパクト時のフェース向きで決まるということ。

 

 

そして、ヘッド軌道に対してフェースが開いていればボールにはスライス回転がかかり、ヘッド軌道に対してフェースが閉じていればボールにフック回転がかかるということ。

 

 

狭いホールやOBが気になるホールではプレッシャーがかかります。プレッシャーがかかった場面でゴルファーが本当に頼るべきことは「物理」(ボールが曲がるしくみ)です。メンタルよりも物理に頼った方が、ボールをひとつも無くさないでプレーできる確率はグンと上がるのです~。

 

(▼▼)b


アナライズの大ヒット商品

シャフトスタビライザー

analyze_ss_photo01

analyze_ss_top (3)

よろしくおねがいします


2018年09月09日超私的な提案 ゴルフクラブを選びやすくするためにメーカーがなすべきこととは!?

金曜日、そして土曜日と2日連続で赤羽ゴルフ倶楽部、早朝9ホールプレーに行ってきました。どちらも担ぎセルフで7本プレー。5時30分にぐらいにスタートし、7時30分にはホールアウト。9ホールで2時間弱。これに慣れてくると1日かけてゴルフするよりも、早朝で9ホールプレーする回数を増やしたくなります。「ゴルフは時間がかかり過ぎる」と思われがちですが、早朝ゴルフにはその常識は当てはまりません。加えて、ゴルフにかけるお金もかなり節約できるメリットもあります。

 

早朝プレーには、老若男女、さまざまなゴルファーがプレーしています。そして、使っているゴルフクラブも様々。マーク金井は職業柄、スタートホールで待機しているゴルファーのクラブ、同伴者のクラブ、そしてプレーを終えたゴルファーのクラブをつぶさにチェックしています。

 

どのメーカーのクラブが人気があるのか、どのモデルが人気あるのか? マクロな世界での売れ行き調査も大事ですが、ミクロの世界でクラブを調査することで、リアルな人気を窺い知れると思っているからです。ちなみに、金曜日のラウンドは3サムでしたが、ドライバーは全員、テーラーメイドのM3でした。

 

 

このとろこ、頻繁に早朝プレーに行ってますが、クラブの試打も頻繁に行なっています。先日は、ゴルフ5の西葛西店で新作ドライバーを試打してきました。タイトリストテーラーメイドヤマハ、そしてゴルフ5のオリジナルブランド、トブンダを打ってきましたが、改めて感じたことがあります。

 

 

 それは、クラブによって効率良く飛ばせる飛距離があるということ。

 

 

超私的に例えるならば、クルマのタイヤサイズを選ぶのと、ドライバーを選ぶのとには共通点があります。クルマの場合、クルマの大きさ(特にエンジンの大きさ)によって、タイヤサイズは変ります。軽自動車のように小さくてエンジンも小さいクルマには、タイヤサイズは小さめで、タイヤ幅も狭めが相性いいです。軽自動車にポルシェに装着するような大径で幅広タイヤを装着してしまうと完全なオーバースペック。アンバランスなだけでなく、乗り心地も悪くなりますし、走行性能や燃費が劇的に悪くなります。

 

逆もしかりで、ポルシェに軽自動車用のタイヤを装着したら完全なアンダースペック。タイヤはクルマの重さ、エンジンのパワーを受け止められませんし、クルマの性能を引き出せなくなってしまいます。クルマのタイヤは、クルマに応じて適正さ大きさ、そして幅があるのです。

 

ゴルフクラブも同じです。

 

 

ドライバーの場合、「200ヤードを飛ばすのにちょうどいい」のもあれば「250ヤード飛ばすのにちょうどいい」のもあれば、「300ヤード飛ばすのにちょうどいいのも」あるのです。手前味噌ですが、新しいドライバーを試打する時は、「このモデルはどれぐらいの距離で打つと効率良く飛ばせるのか?」を探っています。そして、「どんなゴルファーが使うとちょうどいいのか?」を自分の物差しでジャッジしています。

 

では、効率良く飛ばせる距離は何によって決まるのか?

 

ざっと、上げると、、、、

 

 ・クラブ重量
 ・ヘッド重量
 ・リアルロフト
 ・重心の高さ
 ・重心の深さ
 ・フェースの肉厚
 ・フェースの高さ
 ・シャフトの硬さ
 ・シャフトの重さ
 ・クラブの長さ

 

 

これらがどのように組み合わさっているかで、「200ヤード前後を効率良く飛ばせるドライバー」になったり、「250ヤード前後を効率良く飛ばせるドライバー」になったり、「300ヤードを効率良く飛ばせるドライバー」なったりします。マーク金井は何本ものドライバーを所有していますが、いずれのモデルとも250~260ヤードを効率良く飛ばせるものばかり。ヘッド重量とリアルロフト、そしてシャフトを交換することで、メーカーやモデルが異なっても、250~260ヤードを効率良く飛ばせるように仕立て上げています。

 

 

最近は試打やフィッティングをしてからドライバーを購入する人が増えてます。試打すること自体はいい事ですが、実は、もっと大事なのは「クラブの適正能力(効率良く飛ばせる飛距離)」を知っておいた上で試打することです。ちなみに、同じモデルであってもリアルロフトやヘッドの重さを変えたり、シャフトを変えたりすると、「効率良く飛ばせる飛距離」というのはガラッと変ってきます。

 

 クラブメーカーも、単に飛びをアピールするのではなく、「このモデルは○○○ヤードを効率良く飛ばせます」とか「ドライバーの飛距離が○○○ヤードの人が打つと劇的に飛びます」とアピールした方が、ユーザーフレンドリーになりますし、ユーザーも自分に見合ったモデルを選びやすくなってきます。

 

 

ドライバーを買い求める時は、「どれが一番飛ぶ」かにこだわるゴルファーが多いと思いますが、それよりも大事なのは、自分の飛距離(自分のパワー)に見合ったドライバーを選ぶこと。ここをちゃんと理解してクラブを選ばないと、巷で「飛ぶ」と評判のクラブを購入しても、期待外れに終わってしまう可能性が高くなってしまうでしょう~。

 

(▼▼)b


アプローチが上達するこちら↓限定数入荷!お急ぎ下さい

セットもあります↓

pr00014
¥32,400(税込)

2018年08月26日超私的な考察 飛距離が魅力、ぶっ飛びアイアンを使いこなせる人とは、こんな人!!

今秋ではなく、今週の金曜日、高級コースでプレーしてきました。場所は茨城県南部の水海道GC。30年以上前はパブリックコースでしたが、現在は法人会員のみのメンバーシップコースです。昭和39年に開場し、設計は安田幸吉プロ。オープンから6年目(昭和45年)に、パブリックとしては日本で初めて国内メジャーである、日本プロ選手権が開催されています。

今回、水海道でのプレーの目的はクラブ試打。ヤマハが今秋から投入する新製品、インプレス UD+2の試打ラウンドです。UD+2のドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアンをコースでプレーしながら、じっくりと試してきました。

現在、ヤマハはRMXとインプレスの2つのブランド展開をしていますが、インプレスのブランドコンセプト(ブランドバリュー)は、

 手にするだけで、いとも簡単に実感できる明らか飛びを提供する。

 インプレスが提供するのは、革新的なテクノロジーがもたらす+2番手の”ぶっ飛び”。
チューニング機能をあえて持たずシンプルに簡単に、その驚くべき飛距離を体感することができる。(以上、Yamaha Golf BRAND BOOKより引用)

 

 

+2番手というのは、アイアンで今より2番手飛ぶクラブという意味で、例えば7番アイアンで150ヤード飛ぶとうのならば、9番アイアンで150ヤード飛ぶ。もしくは7番で170ヤード飛ぶという意味。初代のUD+2(アイアン)は、発売するや「ぶっ飛び」を誰もが体感でき、ヤマハ史上、もっとも売れたアイアンになりました。アイアンの飛距離がスコアに直結するとは限りませんが、飛距離が出るアイアンの火付け約になったのです。

 

 

今回の新製品も「ぶっ飛び」指数は非常に高く、アイアンは+2番手の飛距離が出ました。マーク金井の7番の飛距離はキャリーで155ヤードですが、新しいUD+は9番でキャリーが155ヤード。7番もキャリーが175ヤード出たので、掛け値無しで+2番手の飛距離が出ました。ちなみにPWのキャリーも140ヤード。モデルチェンジで変った点はフェースの弾き感が増したこと、ソール幅が少し狭くなって見た目がスッキリしてます。そして、前作と比較すると、重心が少し下がっています。これにより、芯で捕らやすくなった分だけボール初速が上がり、スピン量が少し減っています。誤解を恐れずに言えば、7番アイアンで打った弾道は、ドライバーで打った時のような放物線弾道。UD+2アイアンは、ドライバーで打ったかのような強い弾道になるからぶっ飛ぶのです。

 

そして今回のモデルチェンジでは、重心距離も変りました。前作はフェース中央よりもヒール寄りにスイートスポットがありましたが、今回のモデルはフェース中央にスイートスポットがあります。数値にすれば数ミリですが、フェース中央にスイートスポットがあることで芯で捕らえやすくなり、かつ前作に比べると、明らかに左へのミスが出づらくなっています。逆に言うと、とにかく右へのミスを減らしたい人は、今回のUD+2よりも前作のUD+2の方が、相性がいいでしょう。

 

では、なぜUD+2は「ぶっ飛ぶ」のか?

 

答えは超ストロングロフトで、5番のロフト角が22度、6番が24度、7番が26度、8番が29度、9番が33度、そしてPWが38度。7番の26度というのは、一般的なアイアンの5番のロフトとほぼ同じ。2番手分ロフトを立てることで、+2番手の飛距離を得られるように設計されているわけです。もちろん、ただロフトを立てただけではやさしく飛ばすことはできません。ロフトを立ててもボールが上がりやすくなるように、一般的なアイアンよりも重心が低く、かつ重心が深く設計されています。加えて、クラブの長さも、一般的なアイアンよりも0.75インチ長い。1.5番手分長くすることで、ボールが上がりやすくなっています。

 

 

では、このUD+2はどんなゴルファーを相性がいいのか?

 

 

アイアンでも飛距離を求める人に作られているわけですから、ターゲットユーザーはぶっ飛ぶアイアンを使いたい人。人よりも小さい番手を使いたい人もターゲットユーザーですし、アイアンの飛距離が落ちてきたのをリカバリーできるクラブを使いたい人も相性がいいです。

 

ただし、UD+2に限りませんがぶっ飛び系アイアンを上手く使いこなすには、ぶっ飛び系アイアンでスコアメイクするには、それなりのスキル(技術)が求められます。

 

それは、、、、

 ウエッジのコントロールショットです。

 

例えば、AWのフルショットの距離が100ヤードの人ならば、100ヤード以下がコントロールショットの領域です。対して、+2番手飛ぶアイアンを使うということは、AWでも120ヤード以上飛ぶことになり、コントロールショットする距離が120ヤード以下と広がります。

 

 

+2番手飛ぶということは、必然的にコントロールショットする距離も+2番手分増えてくるのです。

 

 

コントロールショットが得意な人ならば+2番手分、コントロールショットする距離が増えても問題ありませんが、コントロールショットが苦手な人はウエッジの距離でミスするリスク高まり、それはスコアメイクに苦労するリスクも高まるのです。

 

 

距離をコントロールするのにはスキル(技術)が求められますが、それを否応なしに教えてくれるのがぶっ飛び系アイアンです。そして、距離をコントロール(技術)する技術を磨くことがゴルフの練習でもあるのです。ちなみに、マーク金井は普段7本でプレーしていることもあり、7番アイアンの飛距離は100~160ヤード。1本のクラブで60ヤードの距離を打ち分けているので、UD+2を使うことに対して何の違和感もありませんでした。

 

 

ゴルフは距離をコントロールできる人ほど、スコアメイクに長けてきます。意外と思うかも知れませんが、ぶっ飛び系アイアンは距離をコントロールすることの大事さをちゃんと教えてくれるアイアンでもあるのです~。

 

(▼▼)b


ツアープロも使っているゴルフの竪琴

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↑クリック

フレループ


2018年08月23日超私的な考察 2018年 この秋に発売される新昨ドライバーの共通点とは!?

マーク金井YouTube試打 打たずにいられない 最新動画↓こちら

三菱ケミカルのディアマナDF(8月31日発売)です

ぜひご覧下さい ↓チャンネル登録もお願いします


お盆が過ぎて、夏の甲子園も終わりました。これから涼しい日々がやってくると思いきや、昨日の関東エリアは最高気温が30度を大きく上回り、うだるような暑さ。そんな中、クルマのエアコンを思い切り効かせ、エアコンが思い切り効いた大型ゴルフショップで新昨ドライバーの試打撮影をやってきました。

昨日試打したのは、タイトリストのTS2&TS3、ヤマハのインプレスUD+2、トブンダ、そしてテーラーメイドMグローレ。いずれも秋に登場する新製品です。

加えて、神田のスタジオではスリクソンプロギアの新製品も試打してます。ブリヂストンの新作ドライバーはまだ試打していませんが、ほぼほぼ新しく出るドライバーは試打を終えています。

 

いずれの新作ドライバーも「さらなる飛び」、そして「さらなるやさしさ」を強くアピールし、飛びとやさしさを手に入れるための機能も備わっていることも強くアピールしています。そして、表立っては言葉にしていませんが、あるドライバーを強く意識して作られていることもひしひしと伝わってきます。

 

あるドライバーとは、、、、

 

 

ゼクシオです!!!!

現在、ゼクシオは10代目となっていますが、この18年間、ドライバーの売り上げはずっと1位をキープ。それも2位との差をかなり広げた状態でトップを走り続けています。同じモデルで、売れ行きナンバーワンが18年も続くなんてことは後にも先にもありません。ダンロップのゼクシオだけです。とてつもなく売れているわけですから、他社も黙って手をこまねいているわけにはいきません。その結果、アマチュア向けドライバーは、否が応でも「ゼクシオ」を意識したクラブ作りがなされており、この秋に出る新作ドライバーも、その色合いが強くでています。

 

 

特に、「打倒ゼクシオ」を強く感じたのは、米国メーカーのテーラーメイドタイトリストグローレは元々ゼクシオを意識したブランドでしたが、今回のMグローレはこれまで以上にゼクシオを意識した仕上がり。クラブ重量、ボールの捕まり、シャフトのセレクション、どれを取ってもゼクシオユーザーを取り込もうとする意図が強く窺えました。実際に、試打してみても、ゼクシオのメインユーザーである団塊世代、そして50歳以上のゴルファーが扱いやすく仕上がってます。

 

 そして驚いたのが、タイトリストの新製品、TS2。このモデルは917シリーズの後継機として登場してますが、ボールを1発も打たなくても「ゼクシオ」を強く意識して作られているように感じました。

超私的なことを言わせてもらうと、TS2はゼクシオのライバルモデルであり、限りなくVG3に近いドライバー。ヘッド形状は投影面積が非常に大きく、重心が非常に深い。ヘッド形状はこれまで900シリーズと異なり、VG3の形状に近いです。重心距離はゼクシオ10よりも少し長いですが、重心深度は非常に深いので重心アングルが大きめで、捕まりが良くなっています。シャフトのセレクションも、日本仕様の純正シャフトだと重量が50gで、フレックスも軟らかめの設定です。

 

テーラーメイドMグローレは日本市場向けのブランドですが、タイトリストのTSシリーズは日本市場ではなくグローバルモデル。日本仕様になっているとはいえ、アスリートブランドのグローバルモデルが日本のシニアゴルファー向けになっているのには驚きました。ちなみに、新しいスリクソンの一番やさしいモデルも、「これってゼクシオじゃないの」というぐらい、ヘッド形状、ヘッドの特性はゼクシオライクに仕上がっています。

 

長いスパンで見るとドライバーは劇的な進化を遂げていますが、短いスパンで見ると、ドライバーはゼクシオ的なモデルがどんどん増えています。50歳以上のゴルファー、団塊世代のゴルファーには選択肢が増えていますが、30~40歳代のゴルファーにちょうどいいドライバーが登場してきていません。ゴルフ業界ではゴルファーの高齢化に歯止めを掛けたいという声が強く上がっていますが、少なくともゴルフクラブに関しては、高齢者ゴルファーを強く意識したモノ作りが積極的になされているのが現状です。

 

 

(▼▼)b


 

フレループはアナライズのwebショップで購入いただけます↓


1 2 3 4 5 6 85