マーク金井blog

カテゴリー: 超私的な提案

2019年06月18日超私的な提案 風が強い日に低い球を打つ一番簡単、確実な方法とは!?

Youtube動画【おしえてマークさん】今回から、マーク金井が皆さんの質問にお答えします。

マークさんの質問箱#1

よろしければチャンネル登録もお願いします


2019年の全米オープンは1打差の首位で出た35歳のゲーリー・ウッドランド選手が4バーディ、2ボギーの「69」でプレー。最終18番では8メートルほどのバーディーパットを見事に沈め、通算13アンダーとして逃げ切りでメジャー初制覇を遂げました。

 

全米オープン3連覇がかかったブルック・ケプカ選手は最終日にスコアを「68」と伸して追い上げましたが、通算10アンダーの2位でホールアウト。1905年のウィリー・アンダーソン(スコットランド)以来114年ぶり2人目の大会3連覇を逃しました。

 

 

マーク金井は初日からテレビ観戦してましたが、その合間をぬって日曜日、千葉市民ゴルフ場で早朝9ホールプレー。雨上がりの日曜日は台風のような強風。ピンが斜めに向いた中、サクッと担ぎセルフで回りました。バッグの中は、いつものように7本だけでしたが、おはよう3パットボギーの後は、8ホール連続パー。風が強いコンディションを考えると安定してプレーできました。スタッツはこんな感じです。

 

 

△ーーーーーーーー 37
321221222 17

 

出だしホールは強いフォロー風、セカンドの残りは90ヤードでしたので、PWで80ヤード打つ感じで打ったらピンを20メートもオーバー。ファーストパットを2mショートし、セカンドパットがカップをなめて3パットです。2番以降は風の計算をほとんど間違えなかったので特にピンチらしいピンチはありませんでした。

 

 

千葉市民は3番と8番がパー3ですが、3番は白ティからだと98ヤード。8番は150ヤードです。3番はフォロー風で、8番はアゲンスト風が吹いてましたが、マーク金井はどちらも同じクラブでティショット。どちらもピンをかすめてグリーン奥のエッジに運びましたが、使ったのはドライバーです。3番ではドライバーで95ヤードを狙い、8番ではドライバーで150ヤードを狙って打ちました。

 

 

距離的にはドライバーで打つ距離ではありません。プロゴルファー猿みたいなことをやっていますが、超私的なことを言わせてもらうと強風下、そして手前の花道が開けているのであれば、ドライバーが一番、風の影響を受けづらいからドライバーを選択したのです。

 

 

ドライバーで95ヤードを打つなんて常識外れと思うかもしれませんが、パー3のティショットではティアップできます。ティアップできる状況ならばドライバーで打つのは難しくありません。加えて、ドライバーはパターの次にロフトが少ないクラブ。物理的に考えれば至極当然ですが、ロフトが少ないクラブほどボールが低く打ち出され、そしてバックスピン量も少ない。距離調節さえできれば、オートマチックに風に強い球が打てるのです。

 

 

 ゴルフは物理です。

 

 

今回のテーマである、「風に強い球を打つ」コツは、ロフトが少ないクラブで打つことです。もちろん、低く抑えた打ち方というのもアリですが、打ち方を変えるというのはリスクがありますし、打ち間違えたら取り返せないようなミスが出る恐れもあります。対して、物理的に風に強い球(低く打て、スピンが少ない球)が打てるクラブを使えば、打ち方は変える必要はありません。求められるのは距離感だけ。

 

 

ドライバーで100ヤード打つというのは、実はグリーンの外からパターで打つのと同じで、打つこと自体は難しくありません。距離を合わせる、正しい距離感で打つことが求められるだけなのです。

 

 

 そして、このドライバーで100ヤードを打って分ったことがあります。

 

 

パー4のティショットでもドライバーで200ヤードぐらい打つ感じでスイングすると、実に、風に影響されない球が打てます。マーク金井の場合、ドライバーでフルショットすると250ヤード前後ですが、フルショットではなく200ヤードぐらい打つようにすると、
打出し角が低くなり、かつスピンが少ない球が打てます。

 

 

 ドライバーで200ヤード打とうとすると、クラブを少し短く持ちます。そして振り幅が小さくなり、インパクトでハンドファーストの度合いが普段よりも少し強くなる分だけ、インパクトロフトが減ってくるのです。

 

 

ダウンブローに打とうとか抑えて打つ意識はまったくありません。意識するのは200ヤードをちゃんと打つこと。200ヤード先のグリーンに乗せる感じでティショットを打つだけです。しいてスイングの中の動きを意識している所があるとすれば、インパクトゾーンで左手の動きを止めないこと。左手(グリップエンド)がずっと動き続けた状態で、ボールを捕らえるようにしているだけです。

 

 

アゲンスト風が吹いていると、どうしても風に負けまいと気合いが入ります。そして、強い球を打ちたくなりますが、実は、これがミスを招きます。風に負けまいとか、強い球を打ちたくなるほど切り返しで力み、上からヘッドが入り過ぎてスピンが増える弾道になりやすいのです。

 

 

 対して、ドライバーで200ヤードでいいやと思えば、アゲンスト風でも力みません。また、強い球を打ちたい欲が出なくなるので、切り返しがスムーズになるメリットもあるのです。

 

 

ゴルフは物理です。

 

 

練習場でいいので、まずはドライバーで100ヤードとか150ヤードを打ってみて下さい。他のどんなクラブで打つよりも、風に強い球が打てることが実感できるはずです~。

 

(▼▼)b



2019年06月02日超私的な提案 野球のスコアブックのようにゴルフのスコアを付けてみませんか!?

Youtube動画【おしえてマークさん】今回から、マーク金井が皆さんの質問にお答えします。

マークさんの質問箱#1


甲子園球場で劇的な満塁サヨナラホームランで阪神タイガースが勝利した翌日、国内で6番目に開場した鳴尾ゴルフ倶楽部で18ホールプレーしてきました。鳴尾は1920年に開場ですから、今年で開場99年目。2020年東京オリンピックの時に100周年を迎える官界きっての老舗名門コースです。

鳴尾と言えば、阪神タイガーズの2軍練習場がある鳴尾浜をイメージしてしまいますが、実は、1914年に鳴尾浜に9ホールのコースが作られ、1920年には新しいクラブハウスが建てられたそうです。これが現在の鳴尾ゴルフ倶楽部は始まりで、現在の場所(兵庫県川西市)に移転したのは1930年とのことです。

 

 

昭和初期には川西市に作られた18ホールの「山のコース」と鳴尾に残された9ホールの「浜のコース」、メンバーは両方のコースでプレーできたそうです。ちなみに、「浜のコース」は現在はありません。マーク金井は大阪生まれの大阪育ち。関西では河川敷ではないコースのこと「山」と言いますが、この「山」の由来は、ひょっとしたら鳴尾のメンバーの言葉かなと超私的に思っています。

 

マーク金井は今から45年ほど前(1974年)、高校1年性の頃に一度だけ鳴尾をプレーしました。コースについては記憶がありませんが、ただ「バンカーがめったやらたに多かった」こと、「バンカーのアゴが高かったこと、グリーンが砲台で小さかったこと」は今でも覚えています。

 

45年前のスコアはまったく覚えてませんが、良いスコアではなかったと思います。ゴルフを始めて2年ぐらいしか経っていないので良くても90前後だったような気がします。今回は70台でプレーすることと、バンカーに入れないこと、ボールを無くさないこと、そして3パットをしないことを目標にプレーしました。

 

 

で、結果はというと、

 

 ロストボール1回(2番)
 バンカーショット2回(10番、11番)
 3パット2回(5番、9番)
 スコア 81ストローク(イン40、アウト41)

 

 

スコアカードにはスコアとパット数の他に、自分で打ったすべてのショットに対して評価点を付けています。具体的に言うと、

 

・ナイスショットは○
・アンフォースドエラー(致命的なミス)は×
・ナイスショットでもなく、アンフォースドエラーでもない場合は△

 

 

スコアはインとアウトとでは1ストロークしか違いませんが、内容は全然違います。前半のインは11番でロスボールしてますが、ショット自体はアンフォースドエラーではありません。狙いよりも5ヤード左にボールが打ち出され、フェアウェイ左に張り出した松の枝にボールが触れてのロストボール。これ以外は、致命的なミスはゼロ。バンカーにも一度も入れてません。入れ頃外し頃のパットを3回ほど外したのでいいスコアにはなりませんでしたが、プレー自体は安定していました。その証拠にボギーオン率は100%、パーオン率は55.5%でしたが、グリーンを外したショットは9番を除き、すべてエッジから5ヤード以内でした。

 

対して、アウトはアンフォースドエラー数が多く、かなり危なっかしいプレーです。ロストボールこそありませんでしたが、10番のセカンドは残り125ヤードからコスリ球で右のバンカー、11番のティショットはハーフシャンクで右のバンカーに打ち込みました。
アウトはアンフォースドエラーが7発で6オーバー。野球に例えるならば、エラーで失点を重ねるプレーをしてました(汗)

 

 

スタッツとしては

 

イン
△□ーーーー△ー△  40ストローク
222222222  18パット

アウト
△△△△△ーーー△  41ストローク
222132213  18パット

 

ゴルフはナイスショットを打ったからといっていいスコアが出る保証はありませんが、アンフォースドエラー(致命的なミス)を打ってしまうと、スコアが悪くなります。そしてナイスショットとアンフォースドエラーというのは紙一重な所があるのです。超私的なことを言わせていただくと、アマチュアがいいスコアを出すコツはナイスショットの数を増やすことよりも、アンフォースドエラーの数を減らすことです。

 

 

ゴルフは物理であり、確率です。

 

100を切れない、90を切れない、80を切れない。どのレベルであってもアンフォースドエラーを減らすことができれば、それだけで確実にスコアは良くなります。上達するにはスコア分析も大事ですが、もっと大事なことは1打1打のショット分析です。

 

(▼▼)b


明日6月3日21時から

Youtube生配信 マーク金井ここだけの話

生配信します。ブログやゴルフ雑誌でも言えないここだけの話を1時間喋り倒しますよ

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↑クリック


2019年05月21日超私的な提案 風に負けない球を打つのに本当に適したクラブとは!?

マーク金井がオンプレーンにスイングするための要点とヒントを皆さんにレクチャーする オンプレーンセミナーが内容を一新。Youtubeにて配信開始しました

NEOオンプレーンセミナーとして配信します 全3回のその1回目です

よろしければチャンネル登録もお願いします


今年からメジャー第2戦となった「全米プロゴルフ選手権」は、初日からトップを維持していたB・ケプカが最終日にスコアを4つ落としながらも、2位に2打差を付けて2連覇を果たしました。2打差の2位に入ったのは、最終日にスコアをひとつ伸したD・ジョンソンジョンソンはこれでマスターズに続いて2連続で2位です。

 

国内勢では3日目に6位につけていた松山英樹選手が通算3オーバーの16位で終戦。最終日は風が強い厳しいコンディションと折り合いが付かず、6ボギー、2ダブルボギー、3バーディーと77を叩いてホールアウト。厳しいコンディションとはいえ、サンデーバックナインでスコアを大きく落としたのはなんとももったいないですが、一番悔しい思いをしているのは松山選手本人でしょう。

 

 

最終日は朝5時過ぎからテレビ観戦していましたが、一時はDJケプカに1打差まで詰め寄るシーンがありました。勝負の分かれ目となったのが16番ホール。DJはフェアウェイから打ったセカンドショットがグリーン左奥にオーバー。深いラフからのアプローチを寄せきれずボギーとしてしまい、続く、17番パー3もティショットが乗らずボギー。大詰めとなる上がり3ホールでボギーを2つ叩いたことで潮目が変わり、勝利の女神はケプカに微笑みました。

 

 

ちなみに同じ16番でケプカはフェアウェイからの第2打をピンではなく、一番安全なピンの左手前にオン。バーディーを狙うのではなく、絶対にボギーを叩かない戦略を貫いたのはさすがです。解説の丸山茂樹プロもおっしゃってましたが、メジャーの勝ち方を分っているプレーぶりはお見事でした。

 

今年の全米プロは風が吹かなくても難易度が高いベスページのブラックコース。3日目までとうって変わり、最終日は全英オープンのような強い風が吹きました。「風が吹かなければゴルフじゃない」という格言もありますが、風は空のハザード。世界の一流どこであってもボールコントロールが非常に難しくなります。

 

 

さて、この強風下でのゴルフ。

 

アマチュアの場合も風が吹くと途端にスコアメイクが難しくなります。風の強さによっても変わりますが、強い風が吹けばハーフ3打ぐらいは簡単に悪くなるのが普通。逆に言えば、風が強い時に大叩きしないコツは、「今日はいつもより3打悪くて普通」と素早く切り替えること。飛距離もアゲンストが強い時は「普段よりも2割飛ばない」と思ってプレーすることです。反対に、風が強い時にいつも通りのスコア、いつも通りの飛距離を出そうとすると、、

 

  •  風でボールが変な所にいくと腹が立つ
  •  変な所から難易度の高いショットを選択してしまう
  •  スコアが悪くなると、取り戻そうとして余計なことをしてしまう
  •  風に負けまいとしてスイングに力みが発生する
  •  風に負けまいとして普段やらないことをやってしまう(例えば、ボールを右に寄せる。例えば、低い球を打とうとしたくなる)

 

アマチュアの場合、余計なことをやって上手くいくことはまずありません。風が強い日は風でスコアが悪くなる以上に、風に対応としようとして余計なことをしでかしてスコアを浪費しているのです。

では、風の強い時は何もしなくてもいいのか?

 

風の計算以外ややらない方が賢明でしょう。。そしてもう一つは風に強い球が打てるクラブをできるだけ多用した方が、風の読み違えを減らせ、それはスコアメイクにもつながります。

 

では、どんなクラブが風に強いクラブなのか?

 

 

 

感覚やイメージではなく、物理で考えると簡単に答えが出ます。ゴルフはボールが空中に上がって飛びますが、その時、ボールにはバックスピンがかかっています。と言うことは、ボールが低く飛ぶクラブ、バックスピンができるだけかかりづらいクラブが風に強いクラブです。

 

 

もうお分かりですよね、、、、

 

 

ゴルフクラブの中でもっとも低く飛んで、バックスピンが掛からないクラブとは、

 

 

 パターです!!!!

 

パターでは風では最強のクラブです。もちろんパターは飛距離が出ません。飛ばすという意味ではパターは一番不利なクラブですが、風にはもっとも有利なクラブです。マーク金井はパターでアプローチを打つことが非常に多いですが、パターならば風が強くても、風の計算は他のクラブよりも少なくて済みます。なので、パターで打てるような場所にショットを打つことができれば、風が強くても風に翻弄される度合いは減ります。

 

 

パターの次に風の景況を受けづらいのは、できるだけロフトが少なく、重心が浅いクラブです。

 

例えば、100ヤードの距離を打つならば、PWよりも9番、9番よりも7番アイアンで打った方が風の影響を受けません。ロフト20前後のUTで打てばさらに風の影響を減らすことができます。普段から100ヤードの距離を7番で打ったり、UTで打つことに慣れていれば、風が吹いても風の影響を減らすことができるのです。

 

 

 ゴルフは物理です。

 

 

風の影響を減らすのに一番確実な方法は、風の影響を受けにくいクラブを使ってプレーすることです。そのためには、日頃から100ヤードをいろんなクラブで打つ、150ヤードの距離をいろんなクラブで打つことに慣れ、距離感を掴んでおくことだと超私的に思っています~。

 

(▼▼)b


Youtubeアナライズチャンネルの人気シリーズ
【おしえてマークさん】最新作はスコアラインです。
ぜひご視聴ください、チャンネル登録も是非お願いします

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↑クリック


2019年05月16日超私的な提案 初めてプレーするコースで大叩きを防ぐコツとは!?

Youtubeアナライズチャンネル 新しいセミナー動画、配信開始

マーク金井のバンカーセミナー②

バンカー克服法、練習法をマーク金井がレクチャーします

よろしければ チャンネル登録もお願いしま〜す


昨日は中学校の先輩でもある徳永雅洋プロにお誘いを受け、ベルセルバカントリークラブ市原コース(千葉県)で18ホールプレー。スタートは7時05分ということもあり、朝5時20分に神田を出発。首都高からアクアラインを利用したら、1時間弱でクラブハウスに到着。アクアラインは渋滞するととんでもなく時間がかかりますが、空いていると本当に便利な海底トンネルです。

 

 

ベルセルバ市原は27ホールあり、この日は桜コースと楓コースをプレー。初めてプレーするコースでしたが、ボギーを3つに抑えることがことができました。スタッツはこんな感じです。

 

 


ー△ーーーーー△ー 38
232222222 19


ー△ーーーーーーー 37
122212211 14

 

 

クラブセッティングは、、、

 

ドライバー(スチール装着43.5インチ)

・UT(19度)
・UT(24度)

・7番アイアン
・8番アイアン
・9番アイアン
・PW
・SW(54度)
・LW(58度)
・パター

 

 

10本でのプレーですが、これでも普段担ぎセルフでプレーしている時よりも3本も多いです(笑)。初めてのコースということもあって、普段入れていない24度のUT、8番アイアン、58度のLWを追加しました。初めてプレーするコースではこれがベストなセッティングだと超私的に思っています。

 

それぞれのクラブの飛距離は、、、

 

・ドライバー 220~260ヤード
・UT(19度) 180~200ヤード
・UT(24度) 170~185ヤード
・7番     145~160ヤード
・8番     130~145ヤード
・9番     115~130ヤード
・PW     90~110ヤード
・SW     80ヤード以下
・LW     50ヤード以下

 

 

ドライバーは260ヤード打ったのはフェアウェイが広々してて、フォロー風が吹いていた桜の9番だけ。他は220~240ヤードぐらいでいいから、とにかくフェアウェイキープを心がけました。テニスで言う所のセカンドサーブを確実に決める戦略です。

 

 

2打目で一番距離が出るクラブは19度のUTですが、初めてプレーするコースではフェアウェイウッドは入れません。セカンドで200ヤード以上飛ぶクラブをわざと入れないのは、200ヤード以上飛ぶクラブはアンフォーストエラーが出やすいし、アンフォーストエラーが出てしまうとプレーの流れが悪くなるからです。220~230ヤード飛ぶクラブがあればパー5でグリーン近くまで運べる魅力がありますが、パー5で2オン狙って失敗すると、ダボやトリプルといった大叩きになるリスクもあるのです。

 

 

 6番アイアンを入れてないのもリスク回避です。コースに出た時、6番アイアンが上手く打てる確率は5割前後。成功の確率が6割以下のクラブを使わないこともリスク回避になり、大叩きを防ぐことにつながるのです。

 

 

ゴルフは確率のゲームです。

 

 

FWや6番アイアンがあればパーやバーディーを狙える確率を上げられる反面、アンフォーストエラーをしでかしてダボやトリプルを叩いてしまう確率も上げてしまうのです。ならば、初めてプレーするコースであればアンフォーストエラーが出やすいクラブを最初から抜いておいた方が、大叩きを防ぐ確率を上げられるのです。

 

ナイスショットを打てたからと言っていいスコアが出る保証はありませんが、アンフォーストエラーをしてしまうと、確実にスコアが悪くなります。そして何よりアンフォーストエラーをしでかすとプレーの流れが悪くなり、ボギー列車に乗ってしまいやすくなるのです。

 

 

 ミスショットを打たないように頑張るよりも、ミスショットが出にくいクラブをずっと使い続けていた方がアンフォーストエラーを減らせると超私的に思っています~。

 

(▼▼)b


Youtubeアナライズチャンネル 新しいセミナー動画、配信開始

バンカー克服法、練習法をマーク金井がレクチャーします

よろしければチャンネル登録をお願いします!

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↑クリック


2019年05月12日超私的な提案 100の壁、90の壁、シングルの壁をクリアするのに必要なスキルとは!?

Youtubeアナライズチャンネルの人気シリーズ【おしえてマークさん】最新作はフックです。
ぜひご視聴ください、チャンネル登録も是非お願いします


仙台、茅ヶ崎、山口、小倉(北九州)、そして千歳(北海道)、、、この10日間ほどで、日本列島を行ったり来たりしながら各地のゴルフ場でプレーしてきました。仕事柄、旅をすることが多いです、この短期間でこれだけ移動したのは初めての経験です。そして改めて思ったことは、ゴルフの旅をするのには「クラブは少ない方がいい」「知らないコースでプレーするのにもクラブは少ない方がいい」、そして「クラブが少ない方が移動が楽」ということです。

 

そして、「バンカーショットは打たない方がいい」ということを再確認しました。

 

 

スコアは一番悪いのが42ストローク(パー35)でバンカーショットを2度打ちました。一番良いのが山口のアイランドゴルフガーデン宇部での35ストローク(パー36)。平均スコアは37ストロークと、移動が多かった割には安定してました。そして、改めて思ったことは、ティショットで死なないこと、そしてグリーンを狙うショットでバンカーに入れたり、グリーンオーバーしないことです。ちなみに、茅ヶ崎以外のコースではバンカーには一度たりとも入れてません。

 

コース攻略を野球に例えるならば、先頭バッターにファーボールを出さないこと。エラーをしないこと。そしてボール球に手を出したり、ゲッツーを打たないこと。ゴルフはナイスショットを打つとなんとも言えない快感がありますが、ことスコアメイクに関してはナイスショットは必要ありません。そのかわり絶対にやってはいけないことは、テニスで言う所のアンフォースドエラーを出来るだけやらないこと。これに尽きます。

 

 

立川談志家元は「個性は迷惑」という名言を残してますが、超私的なことを言わせてもらうならば、ゴルフのスコアメイクにおいて「ナイスショットは迷惑」です。何故かと言うと、

 

 ナイスショットとアンフォースドエラーはコインの裏表だから!!!!!

 

 

ナイスショットを打ちたくなるほど欲が出ます。欲が出るほどに余計なことをしでかしたり、リスクの高いショットを選択しがち。ゴルフは1発勝負ではなく、ショットとショットをつなぐゲームです。例えば、ベタピンについたショットを打っても、そのバーディパットを外すと、途端にピンチです。バーディチャンスを3回連続して外すようなものならば、次のティショットはまず失敗します。ショットの調子が悪い時だけでなく、ショットの調子が良い時でも、ミスのリスクを考慮しながら「そこそこ60点のショット」をひたすら続けていく。非常に、非常に、非常に地味なことですが、これがアマチュアゴルファーにとってのスコアメイクの基本であり、極意です。

 

 

大事なことなので繰り返します。スコアを安定させるために必要なことは、ナイスショットの数を減らすことよりもアンフォースドエラーを減らすこと。そしてできるだけアプローチショットを打たないような戦略を立ててプレーすることなんです。

 

 

そのために必要なスキルは、

 

 

ティショットで確実に前進すること。テニスでいう所のダブルフォルトをしないで、セカンドサービスを確実にコートに入れること。ティショットはテニスのサーブと同じだという意識を持ち、そして意識を持つだけでなく確実に前進し、次のショットでグリーンを狙えるようになっていること。

 

 

セカンドショットに関しては(パー3のティショット、パー5の第3打)、確実にグリーン、もしくはパターでも打てそうな場所にボールを運ぶこと。そのために必要なのは、100ヤードの距離でグリーンを捕らえること。150ヤード以内の距離ではグリーンに乗せるか、パターでアプローチを打てるような場所まで運ぶことです。

 

 

超私的なことを言わせてもらえば、何年たっても100が切れない人でもナイスショットを打った時はプロやシングルのような球を打ちます。しかしながら、100が切れない人はプロやシングルが絶対に打たないようなミスショットを何発も打ってます。ミスショットの差がスコアの差になっているのです。

 

 

 

アプローチショットやバンカーショットをたくさん練習して上手くなった方が、100を切るのに時間はかかりません。アプローチやバンカーショットの腕を磨いた方が90を切りやすくなるのも事実です。しかしながら、肝心のグリーンを狙うショットが未熟なままでは、どこかで壁にぶち当たり、その壁を乗り越えることが非常に困難になるのです。

 

ゴルフは物理であり、かつ確率のゲームです。

 

100を切りたいならば100ヤード以内からアンフォースドエラーをしないこと、90を切り、そしてシングルを目指しているならば150ヤード以内からアンフォースドエラーをしないこと。アプローチやパットに頼らないゴルフこそが、遠回りのように見えて、実はゴルフ上達の近道なんです~。

 

(▼▼)b


マーク金井がブログや雑誌にかけないことを1時間生配信する 『マーク金井 ここだけの話』今月は5月13日月曜日21時から配信します。 録画はありませんので リアルタイムでご覧下さい

よろしければチャンネル登録もお願いします。投げ銭もよろしく

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↑クリック


1 2 3 4 5 6 24