マーク金井blog

カテゴリー: スイング、ゴルフ練習法

2021年05月03日超私的な考察 ダイエット成功とゴルフ上達、どちらも絶対に外せない共通点とは!?

マーク金井の新しいYou Tube動画更新


昨年に続き、不要不急の外出を控える中ででGWを迎えました。マーク金井はいつもと変らず神田におり、いつもと変らずお一人様で過ごしてます。いつもと変らないという意味では、毎日、食後に歩いています。昨日は、秋葉原のデニーズで朝ご飯をいただいた後、神保町、九段下のあたりをブラブラと歩きました。

 

 

毎日2万歩を目安に散歩するようになってから10ヶ月が経過したのですが、歩くのが日課になったおかげでお腹が凹み、体調もすこぶる良くなりました。2万歩歩くようになってから徐々に体重が減り、現在は73キロ。歩く前は80キロあったことを考えると、お金を1円もかけないでダイエットもできたのです。

 

 

 

立川談慶師匠から、、、

 

 

 

 何もしないというのはデブになるトレーニングをしているのと同じ。

 

 

 

まさにこれが本当であることをこの10ヶ月で学んだわけですが、歩き始めてからゴルフの練習で欠かさなくなったのが素振りです。神田のスタジオは24時間すきな時にボールが打てる打席がありますが、この半年ぐらいは素振りばかりしています。夕食後の散歩を済ませた後に練習をしているのですが、今ではボールを打つは2~3球だけ。そのかわり、野球のバット、野球の練習器具、フレループを使って、ほぼ毎日50~100回ほど素振りをしています。

 

 

マーク金井にとって散歩と素振りは欠かせない日課になっています。欠かせない日課になっているのでやらないと落ち着きません。やらないと気が済まない状態ということは、習慣化されているとも言えます。

 

 

 

察しのいい人はもう説明の必要はないでしょう。

 

 

 

ダイエットにしてもゴルフの練習にしても、いきないドカンとやるよりも、毎日、決まったことをやり続けることが大事なのではないかと超私的に思っています。別言すれば、習慣化することができさえすれば、ダイエットもゴルフ上達も実現できます。

 

 

では、どうすれば習慣化できるのか!?

 

 

 

毎日2万歩歩くのも、毎日の素振りもすぐには効果がでません。どちらも効果が可視化できるのは(体感できるのは)、早くても3ヶ月後ぐらいでしょう。言い換えると、効果が出始めるまでの3ヶ月をいかに継続できるかにかかっています。

 

 

 

では、どうすれば最初の3ヶ月を継続できるのか!?

 

 

 

残念ながら継続できる魔法のフレーズはありません。ただし、魔法ではありませんが超私的に好きなフレーズがあります。それは、、、

 

 

 

現在は過去の答え合わせ
現在の蓄積が未来を作る

 

 

 

冒頭の「何もしないのはデブになるトレーニング」と同じく、歩くにしても素振りにしてもトレーニングです。そして、未来がどうなるかはすべて現在の蓄積によって決まるのであれば、やらない方が損ではないかと超私的に思っています。

 

 

 

やるやらないは、自由です。そしてやらないというのもトレーニングであることを考えれば、おのずと自らの行動は決まってくるのではないでしょうか、、、。

 

 

(▼▼)b


売り切れておりましたヘビーグリップ70グラム再入荷しました

(60グラムは引き続き売り切れております)

マーク金井のオンラインサロン!『マーク金井の「ロジゴル」オンラインサロン』会員募集中です

マーク金井がゴルフクラブに関する情報、ゴルフスイング、スコアアップの情報、そしてゴルフに関係ないこと 週数回生配信。セミナー動画もすべて最後までご覧いただけます。

最近では全国を回ってオフ会も開催。無料期間もありますのでぜひ一度ご体験ください


2021年04月30日超私的な提案 ドライバーで150yを打ってみると飛距離性能が分ります!!

 

マーク金井の新しいYou Tube動画更新

フレループを使った振り回すドリル実践編 マーク金井オルタナゴルフスイング編【9】


4月も今日が最終日。1年の3分の1が経過したことになりますが、コロナ禍は収束する気配はありません。東京都は非常事態宣言が発令され、それに伴ってアナライズも現在、休業中。ご迷惑をおかけしますが、5月5日と8日に予定してましたスタジオでのセミナーも中止させていただきます。

 

 

アナライズは休業中ですが、マーク金井は見回りを兼ねて神田のスタジオに毎日足を運び、足を運んだ時はスタジオ内で素振りしています。スタジオにはフレループをはじめ、素振り用のバット、カウンタースイングがあり、これらを毎日50~100回ほど振っています。

 

 

 毎日の2万歩、そして毎日の素振り。

 

 

 

この2つをやるようになって体の調子はすこぶる良くなりましたが、ゴルフに関してはドライバーのバントを多用するようになって調子がすこぶる良くなっています。昨日も、千葉市民ゴルフ場を9ホールプレーしましたが、ティショットはほぼノーミス。ティショットが安定しているのでセカンドでグリーンを捕らえる確率も上がり、雨の中にも関わらず、1ボギー、1バーディーでホールアウトできました。

 

 

 

さて、前回のブログでも書きましたがドライバーのバントを覚えると、ティショットの精度は格段に上がります。ホームランを打とうとするのではなく、バントでいいと思ってティショットに臨めば

 

 

 

・飛ばそうとして力まなくなる
・クラブを大きく振り上げ過ぎなくなる
・飛ばす必要がないのでアドレスに余裕が生まれる

 

 

 

もちろん、バントをイメージすればヘッドスピードは最大限には上がりません。渾身の
1打に比べれば飛距離は落ちます。マーク金井の場合で言えば、フルショットした時に比べると10~20ヤードぐらい飛距離が落ちますが、それでも3Wのナイスショットと比べればドライバーのバントの方が飛んでしまいます。

 

 

 

 別言すれば、ドライバーというクラブはバントをするような気持ちでスイングでしてもすべてのクラブの中で一番飛んでしまうクラブなんです。

 

 

 

大事な事なので繰り返します。ドライバーはボールが飛んでしまうクラブなんです。

 

 

 

これを理解するのにやっていただきたいのは、7番アイアンとドライバーとで、それぞれ150ヤードの距離を打ってみることです。

 

 

 

打ち比べればすぐに分ります。7番で150ヤードを打つにはそれなりにしっかり振る必要がありますが、ドライバーの場合はどうでしょう。フルショットの半分以下の力(エネルギー)で、簡単に150ヤード飛んでしまうはずです。

 

 

 

それだけではありません。150ヤードを打つつもりでスイングしても、実際は150ヤードを遙かに超える距離が出てしまう人も少なからずいると思います。

 

 

 

超私的にはドライバーは3W(もしくは5W)よりも1ヤードでも遠くに飛ばせるならばそれでOKなクラブではないかと思っています。別言すれば、1ヤードでも遠くに飛ばそうとすることがドライバーを難しくしているのではないかと思っています。

 

 

 

ドライバーのバントの打ち方については、YouTubeにアップしている「竹とんぼセミナー」「100ヤードセミナー」でじっくりレクチャーしています。ご覧になっていただけると嬉しいです。

 

 

(▼▼)b


売り切れておりましたヘビーグリップ70グラム再入荷しました

(60グラムは引き続き売り切れております)

マーク金井のオンラインサロン!『マーク金井の「ロジゴル」オンラインサロン』会員募集中です

マーク金井がゴルフクラブに関する情報、ゴルフスイング、スコアアップの情報、そしてゴルフに関係ないこと 週数回生配信。セミナー動画もすべて最後までご覧いただけます。

最近では全国を回ってオフ会も開催。無料期間もありますのでぜひ一度ご体験ください


2021年04月28日超私的な提案 ドライバーのバントはベストスコアを5打以上良くするのに役立つ!!

アナライズ臨時休業のお知らせ

 

マーク金井の新しいYou Tube動画更新

フレループを使った振り回すドリル実践編 マーク金井オルタナゴルフスイング編【9】

8連勝から3連敗したものの、そこから連勝した阪神タイガース。4月25日時点で18勝7敗と大きく勝ち越し、貯金は11。2位ヤクルトには3ゲームの差をつけて首位をキープしています。

 

 

 

まだペナントレースが始まったばかりとはいえ、今年の阪神はこれまでと違って投打が噛み合っています。エラーは多いものの、防御率、打率、ホームラン、盗塁、そして犠打の数もリーグトップです。

 

 

 

超私的には阪神の好調を支えているのは確実に犠打(バント、犠牲フライ)が打てているからではないかと思っています。1塁に出たランナーをバントで確実に進塁させ、それが得点につながる。相手にとっては一番嫌な形で得点を挙げることで勝てる試合を確実にモノにしていると思います。

 

 

 

さて、このバント(犠打)

 

 

 

 

 ゴルフにおいてもバントが上手くなると確実にチャンスが広がり、確実にスコアアップにつながります。

 

 

 

では、ドライバーでバントすべきショット、バントすべきクラブは何かと言うと、、、

 

 

 

 

 それはティショット、ドライバーショットです!!!!!

 

 

 

ドライバーはすべてのクラブで一番飛距離が出るクラブです。例えば、3Wで200ヤード飛ばせる人ならば、ドライバーで200ヤード飛ばすのは3Wよりもはるかに簡単だし、軽く振っても200ヤード飛ばせるはずです。別言すれば、ドライバーでバントするつもりでスイングしても、3Wと同じかそれ以上飛ばせるのです。

 

 

 

では、ドライバーでバントするにはどんな打ち方をすればバントになるのか?

 

 

 

ひとつはボールを遠くに飛ばそうとしないこと。これは野球のバントと同じです。そして野球のバントと同じく、ドライバーでバントするためのポイントは手先でクラブを操作しないこと。体全体をしっかり使うことが大事なポイントです。

 

 

 

具体的に言うと、体を止めてヘッドだけを振ろうとするのは好ましくありません。フルショットする時と同じく、竹とんぼと同じく円運動の中心(骨盤)を回転させることで、
腕を振り、クラブを振ります。感覚としては、グリップエンドが先行して動き、クラブ全体をゆっくり振るように心がけます。

 

 

 

野球のバントと違うのは、ゴルフのバントはボールに当てて終わりではなく、しっかり振り抜くことです。

 

 

 

 

ちなみに、ドライバーでバントしやすいのは軽いクラブよりも重いクラブ。長いクラブよりも短いクラブです。マーク金井は軽量スチールを装着したドライバーを多用していますが、このクラブの長さは43~43.5インチ。3Wとほぼ同じ長さしかありませんが、クラブの重さは350g超えてます。バントに適しているのは、短くて重いドライバーです。

 

 

 

ドライバー(ティショット)でのバントが上手くなれば飛距離は落ちますが、フェアウェイキープ率が格段に上がり、確実にスコアアップにつながるのです。

 

 

 

(▼▼)b

売り切れておりましたヘビーグリップ70グラム再入荷しました

(60グラムは引き続き売り切れております)

マーク金井のオンラインサロン!『マーク金井の「ロジゴル」オンラインサロン』会員募集中です

マーク金井がゴルフクラブに関する情報、ゴルフスイング、スコアアップの情報、そしてゴルフに関係ないこと 週数回生配信。セミナー動画もすべて最後までご覧いただけます。

最近では全国を回ってオフ会も開催。無料期間もありますのでぜひ一度ご体験ください


2021年04月19日超私的な考察  アマチュアゴルファーが練習してもスイングが良くならない本当の理由とは!?

マーク金井の新しいYouTube動画 公開されました

ヘッドを振るな クラブ全体を振る

是非御覧ください


 

コロナ禍がいまだ収束する気配がありませんが、ゴルフは三密にならないということもあって活況です。マスターズ松山英樹選手が優勝したことも拍車をかけ、週末ともなればゴルフ練習場は多くのゴルファーで賑わっています。

 

 

 

練習場でボールを打っているアマチュアゴルファーを観察すると、どの人も例外なく真面目に練習しています。わざとミスショットを打つ人はまず見たことがなく、ナイスショットを打つことを目的に練習されています。別言すれば、良いスイングをして、ナイスショットを打つことが練習の目的(ゴール)になっている人ばかりです。

 

 

しかしながら現実はどうでしょう。ナイスショットを打ってはいるけれど「ナイスショット=良いスイング」になっているとは限りません。「良いスイングでナイスショット」を打つ人よりも「悪いスイングでナイスショット」を打っている人の方が多いような気がします。逆に言うと「良いスイングでミスショット」を打っている人は非常に少ないです。

 

 

 

その結果、多くのアマチュアゴルファーは

 

 

 

 ナイスショット=良いスイング
 ミスショット=悪いスイング

 

 

 

 

という風になり、ボールをたくさん打ってナイスショットを増やせば、スイングも良くなっていると脳は認識します。そして、ミスショットをした時は悪いスイングをしたとも認識します。

 

 

 

察しのいい人はもうお分かりだと思います。ナイスショットを打とうとすることが目的になれば、スイングの善し悪しよりもナイスショットを打つことが目的になり、その結果、

 

 

 

癖が身体に染み込みます。例えば、アウトサイドインで球を捕まえることを覚えれば、アウトサイドインに振ることが心地よくなり、アーリーリリースでナイスショットを打ててしまうと、アーリーリリースの癖が身体に染み込みます。

 

 

 

 ナイスショットを打つと気分が良くなりますが、好ましくないフォームでナイスショットを打つと、好ましくないフォームを固める事につながるのです。

 

 

 

良いスイングをしたからスコアが良くなるほどゴルフは単純ではありませんが、悪いスイングをしてナイスショットを打つをしてしまうと、良いスイングから遠ざかることはあっても近づくことはできません。また、身体に染みついた癖を抜くこはかなりの時間を要することになります。

 

 

 

松山選手の真似をして練習時間を増やすアマチュアゴルファーが増えてくるかと思いますが、ゴルフスイングを正しく理解していないアマチュアゴルファーたくさんボールを打つことは、かなりの危険を伴います。誤解を恐れずに言えば、スイングの善し悪しをジャッジしないでボールを打つことは、下手を固めることになりかねないのです。

 

 

 

ゴルフ上達には練習は必要不可欠ですが、ボールをたくさん打つことは練習になるとは限りません。自分がどんなスイングしているのか客観的にチェックしないでボールを打つことは、下手を固める、好ましくない癖をつけるための練習になっている可能性が非常に大きいのです。

 

 

 

ゴルフスイングは自分のイメージと実際の動きにギャップが大きく生じと言われてますが、本当にその通りです。その証拠と言っては何ですが、練習場で一生懸命、真面目にボールを沢山打っているアマチュアゴルファーのスイングを観察してみて下さい。プロのような理に叶ったフォームで打っている人はそれほど多くいません。

 

 

 

多くのアマチュアゴルファーは、自分のイメージとは似ても似つかぬ「個性的なフォーム」をしているはずです。

 

 

 

(▼▼)b



5月開催のセミナーの参加募集開始しております

↓こちらをクリックいただくと予約ページにご案内します

充分な感染防止対策を施して開催しております 是非ご参加下さい

マーク金井のオンラインサロン!『マーク金井の「ロジゴル」オンラインサロン』会員募集中です

マーク金井がゴルフクラブに関する情報、ゴルフスイング、スコアアップの情報、そしてゴルフに関係ないこと 週数回生配信。セミナー動画もすべて最後までご覧いただけます。

最近では全国を回ってオフ会も開催。無料期間もありますのでぜひ一度ご体験ください


2021年04月05日超私的な考察  ゴルフ初心者がなかなか上手くならない本当の理由とは!?

マーク金井の新しいYou Tube動画配信開始しました
振り回すと ハンドファーストにしかならないのは どうしてか詳しく説明しています

ぜひご覧ください よろしければチャンネル登録もお願いします


先週は関西、四国出張でゴルフを2回、ミーティングを3回、オンライサロンのオフ会を1回こなしてきました。

 

新幹線で京都に向かい、京都から在来線で高槻(大阪)。河川敷の高槻GCで9ホールプレーし、夜に大阪でミーティング。翌日は地下鉄と南海電車を乗り継いで、大阪GCで18ホールプレー。プレー後、大阪市内でミーティングからのオフ会。翌日は新大阪から岡山までは新幹線、岡山からはマリンライナーで四国高松へ。

 

 

高松では「ことでん」でミーティング場所に向かい、ミーティング後は讃岐うどんをいたただいた後、高松駅から再びマリンライナー乗って岡山へ。岡山からは新幹線で東京に戻りました。社会人になって3日間でこれだけ鉄道移動したのは初めてかもです。

 

 

四国高松で伺ったのはFBでやりとりさせていただいてる「インドアゴルフ&ストレッチZERO」。打席数が7つある室内ゴルフ練習場で、オーナーの落合さんと色々と意見交換、そしてマーク金井のスイングについてもアドバイスをいただきました。

 

 

スイングやゴルフクラブについて色々と話をさせていただきましたが、落合さんと意見が一致したのが、、、

 

 

 

ゴルフ未経験者、初心者がボールを打つことは、、、、

 

 

 

 手打ちになる(グリップエンドを止めてヘッドを振る)確率が非常に高く、メリットよりもデメリットの方がはるかに大きい!!!!!

 

 

 

少し前にも書きましたが、手打ちにならないゴルフスイングを習得するのに一番確実な方法は、ボールを打つことよりも素振りすることです。YouTubeに「素振りセミナー」をアップしていますが、超私的には、ゴルフにおいても素振りに勝る練習はありません。

 

 

 

ゴルフ未経験者、初心者にとっては、ボールを打つことよりも素振りをしっかりした方が確実にスイングが良くなります。練習場で100球ボールを打つよりも、100回素振りをした方が格段に良いスイングが身にきます。

 

 

 

しかしながら、素振りはボールを打たないので楽しくありません。ボールを1球も打たない練習をするよりも、ボールを打つことの方を選択する人がほとんどです。クラブを握ったら、ボールを打ちたくなるといってもいいでしょう。別言すれば、ゴルフがなかなか上手くならない本当の理由、、、それは、、、、

 

 

 

 クラブの正しい振り方を知る(会得)する前にボールを打ってしまうことです!!

 

 

 

ゴルフクラブは先端側にヘッドという重いモノがついているため、未経験者、初心者、そしてミスショットが多いゴルファーは、ほぼ例外なく、グリップを支点にしてヘッドを振り出しています。いわゆる金づちで釘を打つかのような動作をしています。

 

 

 

この金づちで釘を打つかのような動作をいったんやってしまうと、手打ちから抜け出すことが難しく、かつ体をしっかり使うスイングを会得するのが非常に難しくなるのです。

 

 

 

ボールを打つのに比べると素振りは地味な練習ですし、多くの人は退屈に感じるでしょう。しかしながら、手打ちではないゴルフスイングを身に付けるには、少しの間でいいからボールを打つのを我慢し、素振りで正しいスイングを重ねるた方が短時間で正しい動きを会得でき、なおかつボールを上手く打てるようにもなります。

 

 

 

たかが素振り思うかも知れませんが、超私的には素振りを制するものはゴルフスイングを制すると思ってます。実際、マーク金井は自前の室内スタジオを持っているに関わらず、そこでやっているのは素振りばかり。ほぼ毎日素振りを50~100回やり、ボールを打つのは1~5球だけです。

 

 

 

(▼▼)b


4月のマーク金井セミナー募集開始しております。感染症予防対策もしっかり行っておりますので奮ってご参加ください

↓こちらクリックしていただければ予約ページへ飛びます

マーク金井のオンラインサロン!『マーク金井の「ロジゴル」オンラインサロン』会員募集中です

マーク金井がゴルフクラブに関する情報、ゴルフスイング、スコアアップの情報、そしてゴルフに関係ないこと 週数回生配信。セミナー動画もすべて最後までご覧いただけます。

最近では全国を回ってオフ会も開催。無料期間もありますのでぜひ一度ご体験ください


1 2 3 4 5 6 105