マーク金井blog

カテゴリー: ゴルフ業界情報

2019年03月24日超私的な考察 ゴルフはスポーツなのか? それともレジャーなのか?

YouTubeアナライズチャンネル 『おしえてマークさん』今回は重心の高さについて説明しています。あれ?なんだっけ?というクラブの疑問についてマーク金井が説明します


ジャパンゴルフフェア2019が金曜日から開幕しました。パシフィコ横浜での開催は今年で3年目です。初日、そして天気があまり良くなかった2日目(土曜日)とも、昨年よりも来場者が増えている感じがしました。

ゴルフフェアでは毎年、ブッシュネルのブースでトークショーをさせていただいてますが、今年はゴルフフェアを主催しているゴルフ用品協会が主催するトークショーもやらせてもらってます。今日(日曜日)も午後1時からコミュニケーション広場でやってますので、もしもお時間ございましたら足を運んでいただけますと嬉しいです。

 

今回のトークショーのテーマは「ゴルフギアセミナー」。感覚やフィーリングではなく、物理的な側面からのクラブの選び方について超私的にレクチャー致します。幸いなことに、昨日(土曜日)は満員御礼、立見の方も多数いらっしゃいました。

さて、このゴルフフェア。所狭しと立ち並ぶ出展メーカーのブースを見て回る、試打ブースでクラブやシャフトを試打する、トークショーを覗く、、、、いろんな楽しみ方がありますが、実は、関係者向けのパネルディスカッションもいくつか開催されています。マーク金井も金曜日は、

 

 

「寛容」から見るビジネスヒント女性ゴルファーの創造に向けて
GMACゴルフ市場活性化セミナー

 

 

に参加してきました。女性ゴルファーが増えない現状、そして女性ゴルファーを増やすための打開策についてパネルディスカッションがなされたのですが、聞いて強く感じたのが、、、、

 

 

 ゴルフはスポーツなのか? それともレジャーなのか?

 

 

ということです。と言うのも、女性ゴルファーを取り込むためにやるべきことというのを聞いていると、スポーツの要素よりもレジャーの要素を増やした方が女性ゴルファーが増えるという論調だったからです。

 

 

ゴルフは18ホールプレーだと、プレーに費やす時間は約5時間。自宅からの行き帰り、そして昼食やお風呂に入る時間を含めると8時間近くかかります。そしてプレー以外に占める時間が多いことを考えると、これからゴルフを始める女性(もちろん男性も)にとっては、スキーやスノボに行くのと同じぐらい時間拘束されます。そして、プレー以外にやることが多いことを考えるならば、レジャーの要素を増やした方が新規ゴルファーに対して取っつきやすいし、参入しやすくなるという論調でした。

 

対して、ゴルフにはスポーツという側面もあります。ゴルフはただボールを打つだけでなくスコアを付けて、スコアを競うゲーム。初心者にはいきなりスコアを付けると悲しい現実が待ち構えますが、ある程度キャリアを積んで来ると、スコアアップを目指すことがゴルフに対する情熱(やる気)を高めることになるからです。

 

かつてボビー・ジョーンは「ゴルフは2種類ある。ひとつは競技ゴルフ、もうひとつは競技ではないゴルフ」

 

これは今でも通用する定義だと思いますが、今どきは、競技ではないゴルフはレジャー化しつつあると思います。そして競技に出る出ないにかかわらず、競技志向(スコアメイク)があり、1日時間を費やすレジャーとしてでなく、サクッとできるスポーツとしてゴルフを楽しみたい層もいると思います。それはどんな層かというと、、、、

 

 18ホールスルーでプレーしたい(もしくはサクッと9ホールプレー)
 ゴルフ場で豪華な食事を取りたいと思わない
 プレー中はプレーに専念する(喫煙、飲酒をしない)
 乗用カートに乗らず、歩いてプレーしたい
 セルフプレー(キャディバッグを担いでプレー)

 

スポーツとしてのゴルフは競技性を楽しみ、そして競技以外の部分にはあまりこだわりを持たないことです。水泳する時には水泳そのものを楽しむのと同じと言ってもいいかと思います。そして水泳がそうであるように、ゴルフににおいても初心者でもスポーツとしてゴルフを楽しむこともできます。

 

対して、レジャーとしてのゴルフはスコアにこだわるよりも景色を楽しんだり、同伴者と会話を楽しんだり、食事を楽しんだり、お風呂に入ってリラックスしたり。ディズニーランドで1日楽しむのに近いと思います。

 

ゴルフの魅力はスポーツでありながらも、レジャーとしても楽しめる所にあるのではないかと超私的に思っています。スポーツとしてゴルフを楽しむならば担ぎセルフでサクッと9ホールがお勧めですし、レジャーとして楽しむならば景色が素晴らしいコースでプレーしたり、レストランの食事が美味しい所でプレーするのがお勧めです。

 

ゴルフの楽しみ方はいくつもあります。それをきちんとPR、そしてアナウンスしていくことが女性ゴルファーを増やすだけでなく、男性新規ゴルファーをも増やすことにつながると思います~。

 

(▼▼)b


マーク金井のYouTube生配信

マーク金井 ここだけの話

明日

3月25日 月曜日21時からです

ぜひご覧下さい。

ゴルフの竪琴が再び人気なんですよ

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↑クリック


2019年03月17日超私的な考察 ゴルフとスノーボードの非常に残念な共通点とは!?

マーク金井ここだけの話は、マーク金井がゴルフ雑誌やブログで書けない『ここだけの話』をYouTubeでとことん話します。録画はありませんので生でお楽しみください

3月18日月曜日 21時から配信します

YouTubeアナライズチャンネル マーク金井の『おしえてマークさん』今回は重心深度について、詳しく説明しています


3月も中旬に入りいよいよスキー、スノボも終盤戦。レベルアップを目指すべく金曜日もサクッとガーラ湯沢で2時間ほど滑ってきました。2時間の内、1時間はマンツーマンでレッスンを受け、課題のバックスサイドのターンの問題点を指摘してもらいつつ、いくつかのドリルで動きを矯正。そして、スマホで滑りを録画してもらい、自分のイメージと実際の滑りについて、どれぐらいギャップがあるのかをじっくりチェックしました。

マンツーマンのレッスンはヘルメットホンを使うので、滑っている最中も随時アドバイスを受けることができます。加えて、リフトに乗っている時もコーチにあれこれ教わりつつ、ゲレンデで滑っているボーダーを観察しています。「人の振り見て我が振り直せ」ではありませんが、他の人の滑りを見ることで勉強になることも多々あるからです。

 

 

ガーラ湯沢はスキーとスノボの比率は半々ぐらいですが、滑っている人を観察すると圧倒的にスキーの方が楽しそうです。というのも、スノボをやっている人の8割近くは連続ターンがちゃんとできておらず、しょっちゅう転んだり、転んでいなくても横滑りで向きを変えているだけ。滑走という感じにはほど遠く、転ばないようにジワジワと落下しています。転ぶよりも転ばない方がいいとはいえ、横滑りからの方向転換だけではスノボ本来の楽しさを味わうことはできません。

 

さて、このスノボ。

 

最初の1~2回やって止めてしまう人が圧倒的に多いです。スキーよりも若者がスノボに参入していますが、それでも1~2回で止めてしまう人が9割前後。転倒ばかりでちゃんと滑ることができないからだと思いますが、離脱率が非常に高いのが現状です。そして、スノボを始めたばかりの初心者の多くは(8割近くは)、レッスンを受けません。ほとんどの初心者は我流で始めるか、教えるレベルに達していないスノボ経験者にあまり的確ではないアドバイスを受けているだけです。

 

 

リフトからスノボで悪戦苦闘している初心者を見ていると、「もったない」と嘆かずにはいられません。始める時にスクールにちゃんと入ってレッスンを受けたら、スノボの離脱率はかなり下げらるからです。

 

 

そして離脱率に関して言うと、ゴルフもスノボに負けず劣らず離脱率が高い競技です。先日開催された、全米ゴルフ協会主催の「ゴルフ・イノベーション・シンポジウム」で日本のゴルファーの意識調査の結果が発表されましたが、そのアンケートを実施した矢野経済研究所の三石茂樹氏によると、、、

 

 

 1年に約170万人が新たになんらかの形でゴルフに触れたのに、そのうち3年後までゴルファーとして残っているのはわずか3万人という調査結果もある、、、、
(三石氏のコメント)

 

 

この数値から推察すると、新規ゴルファーの離脱率は98%以上とスノボを上回るのです。ゴルフとスノボは離脱率の高さにおいてはトップクラスの競技です。

 

 

スノボと同じく、ゴルフも初心者にはこれでもかってぐらいやさしくありません。野球やテニス、卓球よりもボールに当てるのが難しいですし、野球やテニス、卓球よりもルールが複雑です。加えて、他の球技に比べるとゴルフの場合はお金もかかるし、時間もかかる。ゴルフもスノボもある技術に達すれば面白いという点では共通していますが、ある技術に達するまでに挫折してしまう人が非常に多い競技なんです。

 

 

ゴルファー人口の歯止めをかけるために、新規ゴルファーを増やすために関係各所がいろんな議論をしていますが、ゴルフの場合、真っ先にやるべきことは離脱率をいかに下げるかだと思います。スノボもそうですが、ゴルフの場合も、大多数の新規参入者はレッスンを受けないで、我流ではじめたり、指導者のレベルに達していない先輩が指導しているのが現状。新規参入者がレッスンをちゃんと受けられるシステムを構築することが最優先課題であると切に思っています。

 

 

新規参入者をいくら増やしても離脱率が高いままでは、ゴルファーを増やすことは生易しいことではありません。もちろん、新規参入者にレッスンを受けてもらうシステムを構築することも生易しいことではないですが、ゴルフが上手くなる人を増やすためにコストと時間をかけた方がより確実なリターンが得られるのではないでしょうか?

 

 

ゴルフもスノボも覚えるまでのハードルが高い競技です。

 

手前味噌ですが、練習器具の「フレループ」、そして世界で一番やさしいドライバー「バンパースチール」はゴルフのハードルを下げるのに役立つアイテムです。これらを新規参入者に使ってもらいたい、ゴルフ練習場に導入してもらいたいと切に願っています~。

 

 

(▼▼)b


ゴルフの竪琴が再び人気なんですよ

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↑クリック


2018年06月07日超私的な考察 ゴルフ人口を増やすためにゴルフ場がなすべき事とは!?

 

昨日はトーナメント開催でもおなじみの川奈ホテルゴルフコース(静岡県)でPRGRが主催するRSカップに出場してきました。天気は朝からあいにくの雨、トップスタートだったのでコースには朝6時30分に到着しましたが、その時点ですでに雨模様。スタートホールからレインウエアと傘が手放せない天気で、数ホールプレーした時点で、バンカーはすでに水たまりだらけ。グリーンは砲台で水はけが良く、転がりもスムーズで。さすが川奈と思いましたが、雨は止む気配がありません。このまま雨に濡れ続けると風邪を引きそうだったので、9ホールプレーした時点で棄権しました。

川奈は日本を代表するコースで「一度はプレーしてみたいコース」として、多くのゴルファーから注目浴びています。その一方で、都内から行くのは容易ではありません。神田からだと車で片道3時間近くかかりますし、渋滞している所があったりすればさらに時間が掛かります。18ホールプレーするためには朝から晩まで時間を費やすことになります。

 

対して、マーク金井が普段プレーしている赤羽ゴルフ倶楽部は神田から電車で約30分。早朝や薄暮での9ホールプレーならば、半日も費やしません。ゴルフに行っても通常通り仕事ができますし、車がなくても手軽に行けます。今回、川奈でプレーして改めて思ったのが、

 

 

 ゴルフはボウリングやテニスのような手軽さがない。
 ゴルフはスキーやスノボと同じく、プレーするまでの場所が遠い。
 ゴルフは車がないと不便な所が圧倒的に多い。

 

先日、博報堂生活総研が調査したデータ「20代の趣味、スポーツの変化」を見たところ、1992年と2016年では趣向が劇的に変っています。さっと上げると、

減少した主なカテゴリー

ゴルフ  22.1%→6.7%(-15.4%)
スキー・スノーボード  39.2%→11.9%(ー27.3%)
テニス  27.2%→8.5%(-18.7%)
自動車・ドライブ  50.7%→17.5%(ー33.2%)

増加したカテゴリー

パソコン  5.9%→26.5%(+20.6%)
映画鑑賞  40.2%→48.1(+7.9%)
ジョギング・ランニング  7.2%→11.7%(+4.5%)
カメラ・ビデオ撮影  8.2%→15.4%(7.2%)

 

 

34のカテゴリーの中、24年前よりも増加したのは4つのカテゴリーだけ。30ものカテゴリーはすべて減少傾向にあるのです。20代には「自由に使えるお金が少ない」というのもありますが、この数字を見ると、ゴルフだけがガクッと減っていないのが分ります。減り具合で言えば、ゴルフよりもく自動車やテニスの方が深刻です。

 

 

では、どうすればゴルフ人口減少に歯止めをかけられるのか!?

 

 

20代も10年経てば30代、20年経てば40代になります。ゴルフは大人になってから初められる数少ないスポーツであることを考えれば、30代、40代、そして50代からでも始めやすい環境作りが大事なような気がします。具体的に言うと、、、、

 

 遠出をしなくてもプレーを楽しめること。
 あまり時間を掛けないでもプレーを楽しめること。
 公共交通機関でゴルフ場に行けること。
 ラウンドワンのような室内スポーツ施設に初心者向けスクールの設置。

 

この3つをクリアすることができると、ゴルフ未経験者がゴルフに対してのハードルをかなり下げることができるでしょう。現状では多くのゴルフ場が車でないと行きづらいこと、都会に住んでいるとゴルフ場までの距離が遠いという問題を抱えていますが、例えば、赤羽ゴルフ倶楽部のような河川敷コースならば、公共交通機関が利用しやすいです。また、近隣のゴルフ場が相乗りできるクラブバスを運行すれば、車がなくてもゴルフ場に行きやすくなってくると思います。

 

そして、前回のブログでも書きましたが、18ホールではなくて9ホールプレーが楽しめるゴルフ場を増やしてもらいたいです。9ホールならばプレー時間は18ホールの半分。ハーフ休憩で食事をすることもなくなるので、プレー時間を大幅に短縮できます。9ホールがゴルフのスタンダードのひとつに定着してくれば、「とりあえずゴルフを始める」という人達、「ちょっとゴルフしてこようと」する人が増えてくると思います。都心から遠いゴルフ場ならば、都心のゴルファーではなくて地域密着で集客するのも大いにアリです。

 

 

初心者向けゴルフスクールに関しては、ラウンドワンのような複合施設に鳥かごでいいからゴルフ練習できるスペースを作ってもらえると嬉しいです。スポーツジムも大いにありで、スポーツに興味がある人が訪れる場所に、ゴルフができるスペース、ゴルフスクールがあれば、「とりあえずゴルフを始める」人を増やすチャンスが広がります。

ゴルフに限らず、今どきの人は遠くに出かけるよりも近場で楽しむのが当たり前になります。ゴルフも近場で楽しめるという環境が作れれば、劇的にはゴルフ人口を増やせなくても、着実にゴルフを始める人を増やせると思います。ゴルフを始める人が増えてくれば、それに比例して18ホールプレーしたいとか、遠出してでもゴルフをしたい人も増えてくるでしょう~。

 

(▼▼)b


話題の練習器具フレループはアナライズのwebショップで購入いただけます↓


2018年04月03日超私的な考察 男子ツアーと女子ツアーの人気度はどれぐらい隔たりがあるのか?

おまたせしました

通称RENGAパター 販売再開しました 数に限りがありますのでお急ぎください

カラー 2種(ブラック、レッド)
ロフト角 2種(4度、7度)
ネック形状 2種(センターシャフト、リバースシャフト)

ご注文いただいてから組み立てますので発送まで若干お時間頂きます

長さ 標準34インチ(32〜37インチまで対応)ですが、長さはお選びいただけます。備考欄に必ずご希望の長さをご記入ください


一昨日から昨日にかけて静岡県の葛城ゴルフ俱楽部に行ってきました。日曜日は国内女子ツアー「ヤマハレディースオープン葛城」を観戦。翌月曜日は、ヤマハレディースオープンのアフターコンペに参加。アフターコンペのピン位置はトーナメント最終日と同じ位置。グリーンこそ少し遅め(スティンプメーター10.5フィート)でしたが、生まれて初めて、女子選手が戦う舞台でプレーしてきました。

 

ヤマハレディースオープン葛城のヤーデージは6564ヤードでパー72。一番長いパー4は17番で425ヤード、その次に長いのが2番の411ヤード。白ティよりは少し長めのセッティングです。井上誠一氏設計のコースだけあって、グリーン回りはバンカーの配置とグリーン形状の作り方は憎らしいほどプレーヤーに頭を使わせます。16ホールまではなんとか井上氏の罠を逃れてプレーできましたが、17番目のホール(8番)のティショットを引っかけて左にOB。ここでダブルパーの8を叩いてしまい、最終ホールも奥に乗せて、そこから3パットボギー。ちょっとでも気を緩めてしまうと、大きなしっぺ返しを喰らってしまうコースでした。

 

さて、今年初めて国内女子ツアーを観戦しましたが、一番印象に残っているのがホールアウトした選手のギャラリー対応です。練習グリーンに長蛇の列があったのですが、その先で、ギャラリー1人1人に丁寧にサインをしていたのが有村智恵プロ。

 

成績は40位タイと振るわなかったにもかかわらず、暑い中、笑顔を絶やさずにサインを丁寧にされてました。主催者に許可をいただいて動画を撮影し、主催者に許可を取ってその模様をInstagramにアップしました。

 

動画の内容は有村プロがサインを繰り返ししているだけです。ドライバーショットやアイアンショット、パッティングのシーンはまったくないにも関わらず、わずか1時間で再生回数が5000を超え、24時間後の再生回数は3万回を超えました。マーク金井も自分のゴルフ動画をしょっちゅうInstagramにアップしてますが、再生回数は2000~3000回ほど。比べるまでもありませんが、有村プロはその10倍以上の再生回数があり、あらためて女子ツアー選手の人気をリアルに知ることができました。

 

加えて、有村プロは自らもInstagramをやってます。有村プロだけではありません、金田久美子プロ笠りつ子プロらも積極的にInstagramで画像をアップしています。すべてを検索しているわけではありませんが、女子ツアー選手はInstagramやfacebook、Twitterを積極的に活用しています。

 

 

対して、男子ツアーとなるとどうでしょう。片山晋呉プロはInstagramに積極的に画像、動画をアップしてます。塚田好宣プロや塚田陽亮プロがTwitterでつぶやいていますが、それ以外の選手となると女子ツアー選手ほど目立った投稿はありません。自分を積極的にプロデュースしている男子ツアー選手は少ないように見受けられます。

 

 

トーナメント会場のサインの列もしかり。石川遼プロ、松山英樹プロが出場すると長打のサインの列ができますが、それ以外となると、、、、サインを求められる選手は女子ツアー選手よりも少ないのが現状だと思います。

 

サインの数がプロの人気と直結するわけではありませんが、米ツアーを観ていると数多くの選手がトーナメントでプレーした直後、サイン攻めにあっている姿を観ます。タイガー・ウッズやローリー・マキロイだけでなく、多くの選手が当たり前のようにサインをしていますし、当たり前のようにInstagramやTwitterに投稿をし、当たり前のように自己プロデュースをしています。

 

 

インターネットが当たり前になり、スマホが当たり前になり、SNSが当たり前になった今、ゴルフ業界に限らず人気商売の仕事をする人は、自分のことを自分で宣伝するのが当たり前になっています。

 

 誰かがギャラリーを連れてきてくれる。誰かが自分を宣伝してくれる、、、

 

もしも男子ツアー選手がそんな風に考えているのであれば、女子ツアーの人気に追いつくのは非常に難しくなりますし、残酷なことを言わせてもらうと、女子ツアーと男子ツアーの格差がますます広がってしまうのは間違いないでしょう~。

 

(▼▼)b


フレループよろしくお願いします。

フレループ 遂にアナライズでも販売開始しました!!! 是非宜しくお願いします↑クリック


2018年04月01日超私的な考察 男子下部ツアーが生放送されることのメリット、デメリットとは!?

 

プロ野球が開幕しました。マーク金井は東京ドームで巨人vs阪神戦の開幕カードを観戦してきましたが、6時のプレーボールの時にはほぼ満員。4万人を超える観客の中で阪神が勝ちました。昨日の第2戦は中盤まで阪神がリードするものの、6回に巨人が逆転、そこから追加点を着実に奪った巨人が勝ちました。これで両者1勝1敗の五分。今日の第3戦も大いに盛り上がることは間違いありません。

 

 

プロ野球は東京ドームの他でも開催されていますが、どこのスタジアムも昔に比べると確実に観客動員数は増えています。小学生の頃、52年ぐらい前から甲子園球場でプロ野球観戦をしてますが、その当時は今ほど観客は入ってませんでした。大学生の頃、今から40年前ぐらいでも、現在に比べると観客は多くありません。テレビをつければ巨人戦のテレビ中継があったにもかかわらずです。それが今では、地上波でのプロ野球中継は激減しているにも関わらず、どの球団も観客動員数を伸しています。

 

ではゴルフはどうでしょう。国内女子ツアーが開幕し、毎週のように地上波でテレビ中継がなされています。生中継ではなく録画収録が多いですが、テレビ観戦できるのはゴルファーにとってありがたいことです。そして、そして国内男子ツアーに関しては、レギュラーツアーの下部ツアー、「チャレンジツアー」は今年から、インターネット動画サイト

 

AbemaTVが全試合、生中継を始めます!!!!!!

レギュラーツアーでも全試合、生中継はやったことがありません。にも関わらず、下部ツアーであるチャレンジツアーで全試合、生中継をやるのです。これを野球に例えるならば、1軍の試合ではなく、2軍の試合を全試合、生中継やるのと同じことです。

 

これにともない、現「チャレンジトーナメント」を改め「AbemaTVツアー」へ名称変更がなされています。さらに「AbemaTVツアー」オリジナル施策として、ラウンドガールや、主催者推薦枠の一部から「AbemaTV推薦枠」を毎大会設けるなど、新しいツアー中継に取り組んで行くそうです。

 

AbemaTVは完全無料のインターネット動画サイトですので、スマホやPCで手軽に、かつ無料でゴルフトーナメントを視聴できます。生中継を望んでいるゴルフファンにとっては非常に嬉しいことだと思いますが、生中継というのはリアルタイムな魅力がある半面、番組編集の時間がありません。生中継でクオリティの高い番組を作るのは、録画放送よりも大変な作業になります。加えて、何が起こるか分らないので、アナウンサー、解説者のアドリブ力も求められます。でも、これらは番組を作って行けば、徐々にこなれてくるので心配はないでしょう。

 

それよりも危惧したいのはギャラリー数の確保です。マーク金井は何度かチャレンジツアーを現地観戦、現地取材してますが、どの試合もギャリーはまばら。当たり前と言ってしまえばそれまでですが、男子のレギュラーツアーの10分の1以下。試合によっても変ってきますが、ギャラリーが100人いるかいないかという感じ。ギャラリーがまったくいない組も珍しくありません。それが毎試合、毎試合、「AbemaTVツアー」で放映されるとなるとどうでしょう。「よしっ、俺が次の試合観にいってやろう」という気概がある人もいるかも知れませんが、「なんだ全然人気がないんだなぁ」と感じる人も少なからずいると思います。

 

JGTOは全試合生中継できることを手放しで喜んでいるとは思いませんが、マーク金井がもしもJGTOのトーナメントディレクターであるならば、早急にやりたいことがあります。それは、とにかく「AbemaTVツアー」の試合会場にギャラリーを集めること。とりあえずの目標は500人。500人のギャラリーがスタートホールのティグラウンドを取り囲めば、プライベートコンペをやっている感じではなく、ゴルフトーナメントの雰囲気が出ます。誤解を恐れずに言えば、チャレンジツアーで大事なことは賞金額を上げることよりも、ギャラリーを確実に500人以上集めることだと思います。

 

 

大会初戦のNovil Cupでは、横峯さくらプロが出場することで話題を集め、多くのギャラリーがつめかけたそうです。男子の試合に女子選手が出場、それも有名選手が出場するというのはかなりのインパクトがあります。興業的には大成功と言っていいと思いますが、さすがに毎試合、女子選手を出場させるというわけにはいきません。「AbemaTVツアー」のことですから、すでに次の手、その次の手を考えているとは思いますが、派手なことではなく、地道な集客活動も必要です。

 

地道な集客活動をする一番確実な方法、それは出場選手が声を変えて自分でギャラリーを増やすことです。演劇、ボクシング、格闘技とかでは選手がチケットを売るのは当たり前ですし、選手が集客をすることも当たり前。ゴルフも選手が集客することを地味にやり続けていけば、ギャラリーを増やせます。逆に言うと、誰がギャラリーを連れてきてくれるなんて思っていたら、ギャラリーを増やすことは非常に難しくなるでしょう。

 

例えば、ひとりの選手が5名集めることができれば、それだけでトーナメント会場には500名以上のギャラリーを集めることができます。マスターズとか全米オープンとかを観ている人にとって500人ってすごく少ないと思うかも知れませんが、それは大きな勘違いです。下部ツアーで500人のギャラリーを集めることは、マスターズで3万人のギャラリーを集めることと同じかそれ以上、手間暇かかるでしょう。集客に必要なことは、運営スタッフ、そして選手が開催されるゴルフ場の近隣に日参し、大会ポスターを貼り、チラシを配り、そしてチケットを配り歩く。大会会場に足を運んでもらうことを地味に地味にやっていくことです。そうしないと、「AbemaTVツアー」に申し訳ないです。

 

 チャンスはピンチでもあるのです。

 

AbemaTVツアー」が全試合生中継やるということは、主催者、そして選手たちにとっては自分達の人気の度合いが赤裸々になること。まったく言い訳ができない状況下で試合をするということにもなるのです~。

 

(▼▼)b


マーク金井の打たずにいられない

今回は、アジア最速!の動画試打 PXG0311Pアイアンです!

ツアープロも使っているゴルフの竪琴↓とりあえずアンダー星人直したかったこれ買ってください

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↑クリック


1 2 3 4 5 6 36