マーク金井blog

カテゴリー: スイング、ゴルフ練習法

2020年08月24日超私的な考察 真面目に練習してもスイングが変わらない人の共通点とは!?

マーク金井チャンネルで新しい動画配信開始

チッパーを使うとスイングが良くなる?!チッパーセミナー

マーク金井のオンラインサロン『マーク金井の「ロジゴル」オンラインサロン』会員募集中です

メンバーに向けて、ほぼ毎日、マーク金井がゴルフクラブに関する情報、ゴルフスイング、スコアアップの情報を発信します。ご入会お待ちしてます


土曜日は神田のスタジオでアナライズセミナーを開催し、日曜日は赤羽で早朝9ホールプレーしてきました。週末は必ずといっていいほどゴルフクラブを握っていますが、ゴルフボールを打つ数は非常に少ないです。

ビバ、アナライズセミナー(▼▼)b

金井 マークさんの投稿 2020年8月22日土曜日

 

セミナーではデモンストレーションでスポンジボールを数球打つだけですし、赤羽早朝では9ホールのショット数は18打ぐらい。打ち放題の練習場に行かれているアマチュアゴルファーと比べると、球数は10分の1以下ではないでしょうか?

 

ただし、素振りに関しては練習場に通うアマチュアゴルファーの10倍ぐらいやってます。Facebookにもアップしてますが、フレループの素振りはほぼ毎日欠かさずやっているので、1週間で500~700回は素振りしているでしょう。

 

6月30日からはフレループの素振りに加えて、朝、昼、晩、食後の散歩を毎日欠かさずやっており毎日、1万5000歩以上歩いています。コーラ、スポーツドリンク、アイスをやめたこともあって、この50日ほどで体重が約5キロ落ちました(笑)。

 

 

フレループの素振りにはいくつかのバリエーションがあり、最近、入念に行っているのはハーフスイングと、スリークオーターの素振りです。ハーフスイングはアプローチに役立ち、スリークオーター(4分の3)は100ヤードを打つ時に役立つからですが、加えて、切り返しでシャフトを寝かせる感覚を養えるからです。

晩ご飯前のフレループ〜(▼▼)b

金井 マークさんの投稿 2020年8月20日木曜日

 

フレループはシャフトが反り曲がっているので、今どきの重心距離が長いクラブを振っているのと同じ効果がありますが、素振りにはもうひとつ大きな効用があります。それは、飛んでいくボールを気にしなくていいので、ダウンスイングやインパクトゾーンで手先が余計な動きをしなくなるのです。

 

 

対して、ボールをたくさん打っているアマチュアゴルファーのスイングを観察すると、
総じてボールを打つという意識が強く、そして手先が余計な動きをしている人が目立ちます。当たり前といってしまえばそれまでですが、ボールを打てば打つほど、ボールの飛び方が否応無しに目に入るからです。

 

例えば、ボールが右に曲がれば右に曲げたくないという意識が芽生え、右に曲げたくないという意識がやらなくていい動作を生み出します。芯に当たらなければ、芯に当てたくなってしまいます。これを続けていくと、クラブを振るということよりも、ヘッドをボールにちゃんと当てる、いわゆる「当て感」を磨くことになるのです。

 

実は、この当て感というのは厄介で、同じ場所で同じクラブでたくさん打てば当て感でナイスショットが打てたりします。しかしながら、コースに出たらいつでも一発勝負。当て感を発揮させるのが非常に難しくなるのです。

 

打ち放題の練習場が増えたことで、一生懸命な人ほど、真面目な人ほど限られた時間でボールをたくさん打っているように見受けられます。100球よりは150球。150球よりは200球という風に、、、、気持ちは分りますが、これでは理に叶ったスイングを身に付けるのは極めて難しいです。ボールを打つと、フォームのことよりも結果(飛んでいく球)の方が気になってしまうのを避けられないからです。

 

素振りシングルなんていうありがたくない言葉もありますが、ことフレループに関して言えば、素振りを重ねるほどにスイングが良くなります。反り曲がったシャフトを不必要に回転させないことに注意しながら素振りすれば、グリップが先行して動き続けながらスイングすれば、手先が余計な動きをするのを防止でき、理に叶ったスイングに近づけます。

フレループの具体的な振り方についてはYouTubeにアップしています。スイングを良くするのにボールを打つ必要はありません。毎日15分でもいいからフレループを振ることをお勧めしたいです。

 

 

(▼▼)b

 



2020年08月19日超私的な提案 残り100ヤードから5Wを使ってグリーンを狙う意味とは!?

マーク金井のオンラインサロン『マーク金井の「ロジゴル」オンラインサロン』会員募集中です

メンバーに向けて、ほぼ毎日、マーク金井がゴルフクラブに関する情報、ゴルフスイング、スコアアップの情報を発信します。ご入会お待ちしてます


お盆が明けてもとんでもない暑さが続いてますが、昨日は赤羽ゴルフ倶楽部で薄暮9ホールプレーをしてきました。クラブハウスに3時30分に到着し、4時少し前に10番ホールをティオフ。日本チッパー協会の副会長と、30代の若手メンバーと3サムで回ってきました。

 

 

今回も担ぎセルフの歩きでクラブは7本ですが、コースで試したいクラブを3本投入してます。

 

 

・ドライバー、エピックフォージド(シャフトは島田の軽量スチール)
・5w、初代ロケットボールズ(シャフトは島田の軽量スチール)
・UT、初代ロケットボールズ(シャフトはアナライズUT70
・7番と9番、mmアイアン(シャフトはmm88)
・チッパー、スマートソール(シャフトはmm88
・チッパー、ステップオーバー25

 

 

試打として投入したのは初代ロケットボールズの5WとUT、カーボンにリシャフトしてライ角をアップライトにしたチッパー、スマートソール3です。

 

5Wは11番パー3のティショット、12番パー5のセカンド、14番のセカンドで使いました。11番は130ヤードほどのパー3ですが、狙い通りピン横5mにワンオンできました。

 

 

 

マーク金井のドライバーの距離は230~260ヤードぐらいです。軽量スチールを装着した5W(ロケットボールズ)のロフトは18度なので、フルショットすれば200~220ヤードぐらいでしょう。その5Wで今日は130ヤード、210ヤード、170ヤードの距離を打ち、いずれも狙い通りの場所にボールを運べました。

 

 

さて、この5Wでの距離の打ち分け。

 

 

日曜日の千葉市民のラウンドでは100ヤードの距離も5Wで2回打ってますが、これには理由があります。

 

 

100ヤードの距離を打てるクラブのバリエーションを増やすというのもありますが、ボールを飛ばさないことは飛ばすことと同じぐらい難しいということを思い知ることができるのです。

 

 

 

例えば、5Wのフルショットで200ヤード飛ぶとしましょう。100ヤード打つということはその半分の加減になりますが、半分の力加減で打つと、、、、

 

 

大抵の人は150ヤードぐらいは飛んでしまうでしょう。

 

 

 

マーク金井の場合、5Wで100ヤード打つ時の力加減は、フルショットの半分の半分、すなわち25%ぐらいの力加減でスイングしています。これでもかってぐらい力を抜き、ほとんど力を使わない感覚でスイングするぐらいでないと100ヤード以上飛んでしまうのです。

 

 

そして、力加減もさることながら、5Wで100ヤード打つのに求められるのがスイングプレーンの精度。インサイドアウトやアウトサイドインにならず、すくい打ちや打ち込み過ぎにもならず、オンプレーンで振れていないと狙った方向に飛んでくれません。言い換えると、自分のスイングの精度がどれぐらいなのかをチェックできるのです。

 

 

例えるならば、5Wで100ヤード打つというのは、自動二輪の免許取得試験で行われる一本橋のようなものです。一本橋ではできるだけ遅い速度で橋を渡ることが求められますが、オートバイは速度が遅くなるほど正しい姿勢、正しいバランス感覚が求められるのです。

 

 

 5Wで100ヤードを打つのは曲芸みたいに思われがちですが、実は、自分のスイングプレーンの精度の確認にも役立つのです。

 

 

まずは練習場で試してみて下さい。5Wをお持ちで無ければ、フルショットで180~200ヤードぐらい飛ぶユーティリティ、FWでも構いません。それらのクラブで100ヤードを打ってみると、いかに飛ばさないことが難しいかが体感できるはずです。

 

(▼▼)b


ついにアナライズでも発売開始!

パター型チッパー『ステップオーバー25』←↓クリック


2020年07月27日超私的な提案  ボールを飛ばさないハーフスイングを練習することのメリットとは!?

Youtubeマーク金井チャンネル 最新動画配信開始




4連休が明け、7月も残すところ数日となりました。昨日は久しぶりにSONYのデジカメを新宿のマップカメラで衝動買いしましたが、これはYouTubeやライブ配信に特化したコンデジ。カメラなのに高性能なマイクが標準装備されてますし、外部マイクも接続可能。スマホとどれぐらい違うのかじっくりとテストしてみたいと思います。

 

 

さて、4連休中は赤羽の早朝薄暮を控えましたが、神田のスタジオでセミナーとマーク塾の座学を予定通り行いました。新しい講座「球筋セミナー」は近々YouTubeにアップ致しますが、セミナー中に改めて感じたことがあります。

 

 

それは、フルスイングよりもハーフスイングの時の方が、どこどう動かしてスイングしているのかが如実に出ることです。例えば、手打ちになっている人ほどハーフスイングでは手打ちの度合いが大きく、下半身を上手く使えてません。手先から始動する人の場合も、ハーフスイングの時の方が手先の動きが顕著になります。

 

 

 

ハーフスイングは文字通り「フルショットの半分のスイング」です。振り幅が小さいので手や腕だけでもスイングできますが、手や腕でスイングすると軌道が安定しづらくなるだけでなく、スイングリズム(スイングテンポ)も安定しづらくなります。

 

 

ハーフスイングで大事なことは手や腕の動きをできるだけ少なく(手や腕をまったく使わないという意味ではありません)、フットワーク(下半身主導)でスイングし、骨盤(股関節)を必要な分だけ動かすことです。

 

 

 そしてもうひとつポイントとなるのはグリップを動かし続けること。

 

 

ダウンスイングからフォローにかけてはグリップが先行して動き、ヘッドがやや遅れた状態になっていること。グリップが動くことでヘッドが動かされる。これがちゃんとできていると、アーリーリリースにならずハンドファーストの状態でボールを捕らえることができます。

 

 

ハーフスイングというとアプローチの練習という感じがするかも知れませんが、超私的なことを言わせてもらると、フルスイングを良くするための練習になります。また、ハーフスイングならばボールを遠くに飛ばしたくならないので、力まないでスイングしやすくなります。

 

 

 ハーフスイングもフルスイングもインパクトゾーン(ダウンスイングからフォロー)の動きはまったく同じです。ハーフスイングが上手くできない人はフルスイングも上手くできないと思って間違いないです。

 

 

そしてハーフスイングならば部屋の中でも練習可能。スーパーシャットくんのような短いクラブを使い、パイロンとスポンジボールを使えば、わざわざ練習場に行かなくても練習できます。

 

 

マーク金井もハーフスイングの練習を欠かさずやりますが、欠かさないのがスマホを使った自撮りです。ボールを打った手応えではなく、動画で動きをチェックすることの方がスイングを客観的に評価できるからです。

 

 

ボクシングでは「ジャブを制する者は世界を制する」と言われてますが、ゴルフは「ハーフスイングを制するものはスイングを制する」ことができます。

 

(▼▼)b


マーク金井のオンラインサロン『マーク金井の「ロジゴル」オンラインサロン』会員募集中です

メンバーに向けて、ほぼ毎日、マーク金井がゴルフクラブに関する情報、ゴルフスイング、スコアアップの情報を発信します。ご入会お待ちしてます〜


2020年07月13日超私的な提案 スイングの悪癖を修正するのに役立つボールとは!?

マーク金井のオンラインサロン『マーク金井の「ロジゴル」オンラインサロン』会員募集中です

メンバーに向けて、ほぼ毎日、マーク金井がゴルフクラブに関する情報、ゴルフスイング、スコアアップの情報を発信します。ご入会お待ちしてます〜


土曜日は赤羽ゴルフ倶楽部早朝で9ホール、続く日曜日は千葉市民ゴルフ場で18ホールプレーしてきました。両日とも普段通りの担ぎセルフの歩きです。血糖値が上がってきたので、毎日1万5000歩を課している人間にとってゴルフは非常にありがたく、9ホールで約8000歩、18ホールだと約1万6000歩稼げます。

 

 

日曜日のラウンドでは三菱ケミカルの新作シャフト「ディアマナTB」と、グラファイトデザインの新ブランド「Gシリーズ」を試打しました。

 

「ディアマナTB」についてはすでにブログでもインプレッションを書いてますが、コースで試打しても弾道安定性が高く、そして先端剛性が高いので左のミスが出づらく仕上がっています。対して、「Gシリーズ」は典型的な先調子でシャフトのしなりが大きめ。先端のしなりが大きいので捕まりが良く、高弾道が打ちやすく設計されているのが確認できました。

 

試打で使ったヘッドはピンのG410+(ロフト9度)。同じロフトでしたが、シャフトで球の高さはロフト1度分ぐらいは異なり、「ディアマナTB」は抑えた効いた弾道が打て、「Gシリーズ」は高打ち出しで適度にスピンが入り、キャリーを稼げる高弾道がオートマチックに打てるシャフトではないでしょうか。

 

 

さて、土曜日、日曜日ともアマチュアゴルファーとのラウンドでしたが、改めて感じたのが素振りと実際のスイングとのギャップの大きさ。

 

 

素振りではヘッド軌道がインサイド・インなのに、いざボールを打とうとすると極端なアウトサイド・インになってしまう人が少なからずいます。また、素振りではヘッド軌道がインサイド・インなのに、いざボールを打とうとすると極端なインサイド・アウトになる人もいます。

 

 

 腕前によって程度の差はありますが、ショットが不安定な人、コースに出るとミスが出やすい人ほど、素振りと実際にボールを打つ時とでスイングがガラッと変わってしまう、、、、、。

 

 

 

素振りはボールを打たない、、、、
実際に打つ時はボールを打つ、、、、

 

 

ボールが無ければ気楽にスイングできるけど、いざボールを前にすると気楽に打てない。結果、ボールをなんとか上手く打ちたいという意識(欲)が余計な動きを発生させることになり、素振りとは似ても似つかないスイングになってしまうのだと思います。

 

 

 

 では、どうすれば素振りとは別人のスイングから抜け出せるのか?

 

 

「ボールが無いと思ってスイングする」なんてアドバイスもありますが、これは絵に描いた餅でしょう。視界の中にボールがあるわけですから、視界からボールを消すなんて芸当は到底無理です。

 

そこでお勧めなのが、実際のゴルフボールを打つのではなく、素振りに近い感覚で打てるボールを打つ練習です!!!!

 

 

アナライズの神田スタジオには通常のゴルフボールの他に、テニスボールぐらいの大きさのスポンジボールが多数あります。このスポンジボールはサイズが大きいので見た目に安心感があります。加えて、非常に軽いのでインパクトの衝撃はゴルフボールに比べると非常に少ないため、手に衝撃がありません。素振りのように振り抜きやすく作られているのです。

 

 

マーク金井は普段の練習ではこのゴルフボールよりも大きなスポンジボールばかり打ってますが、スポンジボールだとまさに素振りをする感覚で打てます。ことさら意識しなくても素振りにに近いスイングが出来るのです。

 

 

アナライズ 「パイロン&ボール」(練習用)

 

 

ボールのサイズが大きいだけでかなりの安心感があり、チョロや打ち損じの心配をしなくていいのです。スイング改造している場合も、空振りの心配がないのでちゃんと打ちたい欲をかなり軽減できるメリットがあります。

 

 

今までのゴルフの練習だと、素振りと実打(実際にボールを打つ)の2つしかありませんでしたが、この大きなスポンジボールは素振り実打の間を埋めてくれる練習になってくれるのです。ぜひ一度、この大きなスポンジボールを打って見て下さい。打てば、違いがすぐに分りますし、スイング作りに役立つことを実感できます。

 

(▼▼)b


使い方はこちらをご覧ください


2020年07月01日超私的な考察 ゴルフスイングが難しい理由をカントの純粋理性批判的に考えてみると、、、

マーク金井のオンラインサロン『マーク金井の「ロジゴル」オンラインサロン』会員募集中です

メンバーに向けて、ほぼ毎日、マーク金井がゴルフクラブに関する情報、ゴルフスイング、スコアアップの情報を発信します。ご入会お待ちしてます〜

マーク金井チャンネル こちらの動画配信開始しました

是非ご覧下さい


先週の米ツアー、トラベラーズ選手権はDJことダスティン・ジョンソンが通算19アンダーで逆転優勝。これでツアー通算21勝目、2008年から13年連続でツアー優勝を重ねました。

DJが最初に勝った頃はかなり個性的なスイングと評されていましたが、今や彼のスイングは「今どきのクラブ」に合った合理的なスイングとして認めらています。トップのシャットフェース(猫手)、ハンドファーストなインパクト、骨盤の開きについては、マーク金井も正しいゴルフスイングに不可欠な要素ではないかと日々の練習でも、この3つのポイントを意識しながら練習に励んでいます。

 

 

 ・トップのシャットフェース(猫手)
 ・ハンドファーストなインパクト
 ・骨盤の回旋

 

 

https://www.facebook.com/PGATour/videos/618413085460810/

 

 

この3つの形(状態)はそれぞれ連動しているのですが、アマチュアゴルファーのスイングを観察すると、飛距離が出ない人や方向性が不安定な人ほど、これとはまったく逆の形(状態)でスイングしています。具体的に言うと

 

 

 ・トップのオープンフェース(左手首の甲屈)
 ・ハンドレイトなインパクト(逆ハンドファースト)
 ・骨盤が開かない

 

 

DJと真逆なことをやっているアマチュアゴルファーが非常に多いですが、では、なぜアマチュアはDJと真逆なことをやってしまうのか?

 

 

カントの純粋理性批判的に考察するならば、、、

 

 

・なぜ、トップでオープンフェースになってしまうのか?
・なぜ、ハンドレイトなインパクトになってしますのか?
・なぜ、骨盤が開かないのか?

 

 

なぜ、なぜ、なぜと問いを繰り返していく内に超私的に思い浮かんだのが、ゴルフスイングが上手く行かないのには道具(ゴルフクラブ)も少なからず影響しているのではないかということです。

 

 

アマチュアの多くは素振りの時よりもボールを打つ時の方がスイングが悪くなってしまいがちですが、それも道具(ゴルフクラブ)も少なからず影響していると思ってします。

 

 

 

ゴルフクラブは先端に偏重心で重いヘッドが付いてます。似ている道具としては金づちが真っ先に思い浮かび上がります。そして、いきついた問いに対する答え(仮説)は、、、、

 

 

 ゴルフスイングは、金づちのような道具を持って○○さばきが求められる!!!!!

 

と言うことです。

 

 

○○が気になる方は、マーク金井のロジゴルオンラインサロンをご覧下さい~。

 

(▼▼)b


使い方はこちらをご覧ください


1 2 3 4 5 6 101