マーク金井blog

カテゴリー: スイング、ゴルフ練習法

2019年05月19日超私的な考察 スイングが劇的に良くなるゴルフクラブとは!?

Youtubeアナライズチャンネルの人気シリーズ
【おしえてマークさん】最新作はスコアラインです。
ぜひご視聴ください、チャンネル登録も是非お願いします


昨日は神田のスタジオアナライズセミナーを開催。午前中はクラブの軌道をコントロールするための方法をレクチャーする「NEOオンプレーンセミナー」を実施。1時間の休憩を挟んで午後からは下半身の正しい使い方をレクチャーする「NEOお尻セミナー」を実施しました。

手前味噌ですがアナライズのセミナーは日々アップデートします。毎回違うと言ってもいいぐらいアップデートしますが、ここにきて大幅なアップデートがあり、それでセミナーの頭にNEOをつけました。この2つのセミナーにつきましては、近々、YouTubeにて無料アップデートいたします。ご覧になっていただけると嬉しいです。

 

 さて、この2つのセミナーに限りませんが、マーク金井が一番大事に考えてことがあります。それは「出来ない事への回答」を探し出すことよりも、「なぜ正しい動きが出来ないのか」の問いを徹底的に行ないます。

 

例えば、NEOオンプレーンセミナーに関しては、オンプレーンに振るコツを伝授することよりも、「なぜアマチュアの多くはオンプレーンに振れないのか」について、これでもかってぐらい、その理由を探ります。何故かと言うと、オンプレーンに振れない理由がはっきり分らない状態のままでは、本当の意味でオンプレーンに振ることができないと超私的に思っているからです。

 

 

 

逆に言うと、オンプレーンに振れない本当の原因を探り出すことができてしまえば、、、、、、、

 

 

 オンプレーンに振ろうとしなくても、オンプレーンに振れてしまう!!!!!

 

 

 

と超私的に思っているからです。その証拠と言っては何ですが、facebookとかにジュニアゴルファーのスイング動画がアップされていますが、そのジュニア達は「よーしっ、オンプレーンに振るぞ」なんてことはこれっぽっちも考えていないと思うからです。

 

 オンプレーンに振るための近道というのは、オンプレーンを追い求めて練習することよりも、「クラブを振ったらオンプレーンになっちゃった」ではないかと超私的に思っているのです。

 

では、なぜアマチュアの多くはオンプレーンに振ろうと思っているのに、オンプレーンに振れないのか? 自分のイメージと違う軌道でクラブを振ってしまうのか?

 

 

これをとことん掘り下げで出てきた答えは、、、、

 

 ゴルフクラブはオンプレーンに振らなくてもボールを打てる道具!!!!!!

 

ということに思い至りました。

 

 

今、市場に出回っているゴルフクラブはオンプレーンでなくてもボールにちゃんとあたりますし、ナイスショットも出ます。もちろん、ミスショットも出ますが、少なくとも空振りをする人は非常に少ない。アウトサイド・インに振ろうと、インサイド・アウトに振ろうと、アンダー星人であろうと(ダウンスイング後半でシャフトが寝ようと)、ボールをちゃんと当たるのがゴルフクラブなのです。

 

どんな軌道でスイングしてもボールにちゃんと当たるならば、どんな軌道で打ってもいいことになります。もちろんオンプレーンでないスイングだとミスショットが出やすくなる確率が高くなりますが、それでも10回連続空振りなんてことにはなりません。よほどの初心者を除けば、オンプレーンで振らなくてもヘッドをボールに当てられます。

 

 

そして、オンプレーンに振らなくてもボールが打てるならば、そしてオンプレーンに振らなくてもボールを打てるスイングをいったん身に付けてしまうと、、、、

 

 

 オンプレーンに振ることがとてつもなく違和感があり、そしてオンプレーンに振ることが非常に難しくなってしまう。これがアマチュアゴルファーの現状ではないかと超私的に思っています。

 

 

では、どんなクラブならば「意識しなくてもオンプレーンに振れてしまえる」ようになるのでしょうか?

 

 

できるかできないかは別にして、「オンプレーンにしか振れないゴルフクラブ」「オンプレーンに振らないと永遠に空振りするゴルフクラブ」を作ってしまえば、アウトサイド・インに振ったり、インサイド・アウトに振ったり、アンダー星人になることはまずないでしょう。オンプレーンにしか振れないゴルフクラブならば、悪い動きをしたくてもできないからです。

 

 

ゴルフは物理です。

 

 

物理的にオンプレーンに動かすことを求めるゴルフクラブならば、ゴルファーは誤った動き、プレーンから外れる動きをしなくなります。運動神経の有無に関係なく、誰しもがオンプレーンに振れるようになると密かに思っています。

 

あっ、ここで書いてしまったので密かではありませんね(笑)

 

すでにアイデアは出来上がっています。オンプレーンにしか振れないゴルフクラブが出来上がり次第、アナライズのセミナーでお披露目したいと思います~。

 

(▼▼)b


アナライズからの

メジャーの試合が終わった月曜日と言えば・・・・

マーク金井ここだけの話 5月20日 月曜21時から配信します!

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↑クリック


2019年05月09日超私的な考察 手打ちになるアマチュアゴルファーの意外な共通点とは!?

マーク金井がブログや雑誌にかけないことを1時間生配信する 『マーク金井 ここだけの話』今月は5月13日月曜日21時から配信します。 録画はありませんので リアルタイムでご覧下さい


昨日は、ゴルフ雑誌「アルバトロスビュー」の取材で、国内男子ツアー「ダイヤモンドカップゴルフ」の開催地である総武カントリー総武コースに行ってきました。この大会はアジアンツアーとの共同開催ということもあり、国内選手はもとよりアジアから数多くの選手が出場。今年度から優勝者には全英オープンの出場資格が与えられます。ちなみに今年の全英は史上初のアイルランドにて開催。観戦チケットはすでに完売しているとのことです。

 

アルバの仕事は片山晋呉プロとのインタビュー。場所はドライビングレンジ。当たり前ですが、普段とは比べものにならないぐらい数多くの海外選手が調整しています。そして、当たり前と言ってしまえば身も蓋もありませんが、選手が放つドライバーショットはアマチュアよりもはるかに飛んでいますし、スイングはダイナミックです。アマチュアゴルファーに多い手打ちでクラブを振り回している選手はひとりもいません。

 

 では、プロのスイングはなぜ手打ちにならないのか?

 

 

最初から手打ちになっていなかったからプロとして活躍しているという見方もありますが、物理的な側面からスイングを観察すると、プロの多くは手打ちになりにくい動きでクラブを操作しているからです。対して、アマチュアが手打ちになりやすいのは、手打ちになりやすい動きでクラブを操作しているからです。

 

 

GW中にゴルフスイング物理学小澤康祐さんのセミナー神田のスタジオで開催したのですが、この時、なぜアマチュアが手打ちになりやすいのか、手打ちを直そうと思っても手打ちが治らないのかについてレクチャーを受けました。

 

 

小澤さんによると、、、、

 

 

「トップからダウンスイングの切り返し、そしてダウンスイングの前半でフェースを閉じようとする動きをしてしまうと、身体の中心ではなく、末端である手先や腕が先に動きます。加えて、切り返しやダウンスイング前半で手先や腕が先にい動くと、下半身を回転させることはできません。結果、下半身を止めて手先や腕の力だけに頼ったスイングになるので、手打ちになるのを避けられないのです」

 

 

切り返しやダウンスイング前半でフェースを返そうとする動きが入ると、身体が止まる。にわかに信じがたいかもしれませんが、こうなってしまうのを証明するのに役立つのがツイストボードという健康器具。

 

 

これに乗って回転しようとすると、腕を振った方向と逆方向に下半身が動きます。ダウンスイングでフェースを返そうとする方向に腕を振ると、その反動で下半身は右にねじれます。腰や骨盤を開こうと思っても開くことはできません。切り返し、そしてダウンスイング前半でフェースを返そうとする方向に手先や腕を振れば振るほど、下半身は動かそうと思っても動かすことが難しくなるのです。フェースを返そうとするほど、右肩が前に出てしまい、ヘッドは外から下りやすくもなってしまうのです。

 

 

対して、プロのスイングが手打ちに見えないのは、トップからダウンの切り返しでフェースを閉じようとする動きがありません。誤解を恐れずに言えば、フェースを開く方向に動かそうとしています(プロにとっては無意識の動きです)。フェースを開く方向に動いていれば、下半身の回転が選考して動きます。でんでん太鼓の紐のように腕とクラブは下半身の後からついて動くことになり、身体の中心から動け、かつ身体の大きな筋肉を使えるようにもなるのです。

 

 

フェースを開く方向に動くと振り遅れるような感じになります。振り遅れたら余計にボールが捕まらない感じになるかと思いますが、実は、振り遅れる感じにならない限り、手打ちから抜け出すことはできないのです。

 

 

ゴルフは物理です。

 

 

物理を理解しているのとしていないのでは、スイングの仕方がガラッと変わります。本気で手打ちを矯正したいと思っているのであれば、まずは切り返しでフェースをガバッと開く意識を持ってスイングすることが必要不可欠なのです~。

 

 

(▼▼)b


Youtubeアナライズチャンネルの人気シリーズ【おしえてマークさん】最新作はフックです。
ぜひご視聴ください、チャンネル登録も是非お願いします

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↑クリック


2019年05月02日超私的な考察 ドライバーが飛ぶ人と飛ばない人は一体どこが違うのか!?

Youtubeアナライズチャンネルの人気シリーズ【おしえてマークさん】最新作はトルクです。ぜひご視聴ください。

GWも休まず更新しております。ぜひぜひチャンネル登録もお願いしますね


元号が平成から令和になりました。マーク金井は昭和33年生まれなので、昭和を30年、平成を30年生きたことになります。昭和47年からゴルフを始めてますから、かれこれ半世紀近くゴルフをやっています。そして、半世紀近くたった今も、ゴルフをプレーする日々を過ごしています。

 

 

令和に入りGWも半ばに突入しました。このブログがアップされる頃には東北最古のゴルフ場、仙塩ゴルフ倶楽部でプレーする予定です。昭和10年に開場されたコースで、9ホールでパー36。ティを交互に使うことで18ホールプレーが楽しめるようになっています。

 

日本では9ホールのコースは非常に数少ないですが、歴史的なコースには9ホールが多いです。例えば小樽の旧コースは北海道最古、例えば雲仙ゴルフ場神戸ゴルフ倶楽部に次いで日本で2番目に古いゴルフ場です。ゴルフは18ホールプレーしなくてはならない決まりはありません。これからも9ホールプレー、そして9ホールのゴルフ場を超私的にレポートしていくつもりです。

 

さて、GWの序盤、4月28日に「ゴルフスイング物理学」の著者である小澤康祐さんとコラボセミナーを実施しました。3時間の長丁場にも関わらず、始まるやあっという間に終演時間。ゴルフスイングを物理的に解説するだけでなく、ゴルフスイングで欠かせない3つの要素についてじっくりと話を伺い、具体的な練習方法も教わることができました。

 

 

小澤さんのメソドットについてはYouTubeでも詳しく説明がなされていますが、今回、マーク金井が「なるほど~」と思ったのが、このくだりです、、、、

 

「ゴルファーには『飛ぶ人』と『飛ばない人』との間に明確な線引きがなされ、中間ぐらい飛ぶという人はまずいません。そして、『飛ばない人』はいくら筋トレをしたとしても、『飛ぶ人』のグループに昇格することはできないのです」(小澤さん)

 

では飛ぶ人と飛ばない人の違いはどこにあるのか?

 

 

一般的には手打ちの人は飛ばないと言われてますが、小澤さんの答えも同じです。ただし、小澤さんの答えは漠然と手打ちが飛ばないなんていいません。物理的な理由があり、それは、、、

 

「トップからダウンの切り返しや、ダウンスイングで身体の中心から動くのではなく、末端(手先や腕)が先に動くスイングをしているとパワーが出ません。末端が先に動くスイングのことを手打ちと言い、そして末端が先に動くスイングをしている人の場合は、いくら身体をしっかり動かしても、いくら一生懸命スイングしても効率良くパワーが発生しません。末端から先に動く、すなわち手打ちだと力を出そうとしても力が出ず、その結果、ヘッドスピードも上がらず飛ばないのです」(小澤さん

 

では、なぜ飛ばない人は、末端が先に動くスイングになってしまうのか?

 

これにも物理的な理由があります。それは、、、、、、

 

 

 切り返しやダウンスイングで末端(手先や腕)が先に動く人は、例外なくダウンスイングでフェースを閉じようとする動きをしている!!!!!!

 

 

フェースを閉じようとする(フェースを変えそうとする)動きをするほど、身体の中心(大きな筋肉)は動きません。末端の筋肉が積極的に動き、その結果、自分の意思(気持ち)とは裏腹に手打ちになってしまうのを避けられないのです。言い換えると、「飛ばない人」ほど、ダウンスイングでフェースを閉じようとする動きを、意識するしないに関わらずやっているのです。

 

 

スライサーが飛ばないのも同じ理由で、スライスに悩む人ほどスライスを嫌がってダウンスイングでフェースを閉じようとする動きをしてます。結果、末端の筋肉が積極的に動くために手打ちになるべくして手打ちになり、それが原因でヘッドスピードが思うように上がらず飛距離が出ないのです。

 

 

一方、「飛ぶ人」の場合は、切り返しやダウンスイングでフェースを閉じようとする動きをしてません。誤解を恐れずに言うと、、、、

 

 

おーっと、これ以上は私の口からは言えません、、、。小澤さんのYouTube講座で飛ばすために必要な動作について詳しい説明がなされてれますので、そちらをご覧になって下さい~。

(▼▼)b


アナライズからお知らせ

アナライズでは、4月27日(土) 〜 5/6日(月) まで休業とさせていただきます。

ご注文は随時承っておりますが、ご対応(メール返信)・発送等は休み明け、5月7日からとさせていただきます。ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↑クリック


2019年04月14日超私的な提案 アイアンをダウンブローに打つのに必要不可欠なアクションとは!?

Youtubeアナライズチャンネルの人気シリーズ【おしえてマークさん】最新作はギア効果です! チャンネル登録もよろしくお願いします


2019マスターズの予選ラウンドが終わりました。トップは7アンダーでアダム・スコットジェイソン・デイフランシスコ・モリナリブルックス・ケプカの5選手。1打差の6アンダー、6位タイにタイガー・ウッズを始め4選手がつけています。

 

 

マーク金井が優勝争いで予想したタイガー、そしてフィル・ミケルソンも3打差の12位タイといいポジションにいます。バッバ・ワトソンは通算イーブンパーで今ひとつ調子が上がっていませんが、爆発力がある選手。3日目にビッグスコアで一気に上位に絡んでくる可能性を秘めています。このブログがアップされる頃には3日目の結果が出ているかと思いますが、優勝争いは12~14アンダーぐらいになりそうな感じがしてます。

 

 

さて、昨日(土曜日)はアナライズセミナーデー。神田のスタジオにて、「NEOフレループセミナー」と「お尻セミナー」を実施。「NEOフレループセミナー」は撮影が入ったので、近々、YouTubeセミナーの模様を包み隠さずオンエア致します。もちろんYouTube動画はYouTubeですので無料です。無料でも出し惜しみも一切ありません(笑)

 

さて、この「NEOフレループセミナー」ではフレループを使ってスイングの根幹となるクラブの動かし方についてかなり細かくレクチャーします。セミナーでも最初に説明していますが、ゴルフクラブの動かし方は2種類あって、ひとつはパターでのクラブの動かし方。もうひとつはフルスイングでのクラブの動かし方についてです。

 

 

パターとフルスイングでクラブの動かし方は異なり、どこが異なるのかと言うと、シャフトの回転があるかないかです。

 

パターではストローク中にシャフトの回転というのはほとんどありません。対して、フルショットではスイングしている最中、シャフトはかなり回転します。と言うよりは、例えば、テークバックではシャフトが回転していないとクラブを振り上げることはできません。ダウンスイングからインパクトにかけてもシャフトが回転していないと、オンプレーン(プレーンに沿って)に振り下ろすことができないのです。もちろん、シャフトを回転させるためには、左腕の回旋という動きが必要になります。

 

 

 このスイング中のシャフトの回転。

 

 

シャフトが反り曲がっているフレループを使って素振りすると、必要不可欠な動きであることが視覚で確認できます。シャフトの回転(左腕の回旋)が入ることで、クラブをプレーンに沿って振り下ろせるのもすぐに分ります。

ちなみに「NEOフレループセミナー」は普通にスイングするのではなく、かなり独特な方法で素振りします。フレループを地面に置き、地面に沿って二次元に近い状態でクラブを動かします。アドレスではフレループの先端はシャフトが沿っている分だけ浮いています。

 

この状態からシャフトを地面から浮かせないようにテークバックしますが、途中からシャフトを時計回りに回転させ、トップでは先端部分の丸い球を地面にくっつけます。ダウンスイングでは、前半では先端の丸い球は地面にくっついたままですが、後半からはシャフトを反時計回りに回転させ、先端のボールを上に起こしていきます。そして、インパクトではアドレス時と同じく、シャフトが上反りした状態に戻します。

 

地面に沿ってクラブを動かすと、普段のスイングよりもシャフトの回転というのがどのように発生させるのが分ります。そして、そして、アマチュアゴルファーの多くが勘違いしているインパクトを迎えるためのクラブの動きを知ることができます。

 

ダウンスイング後半からインパクトを迎える時、クラブヘッドというのはシャフトの反時計回りの動き(左腕の外旋)を伴って下から上に動くのです。下から上とは即ち、アッパーな動きで、

 

(左腕の回旋については↑こちらの動画でも詳しく説明しています)

ヘッドは下から上に動くことでボールに対してヘッドは厚く当たり、アイアンにおいてはダウンブローの軌道でヘッドを入れていけるのです!!!!!!!!!

 

大事なことなので繰り返します。ダウンスイング後半からインパクトにかけては、ヘッドを下から上に起こすことで(アッパーに動かすことで)、ヘッドは上から下に入れていけるのです。水平振りだとシャフトを反時計回りに回しながらインパクトを迎えるとアッパー軌道にしかなりませんが、通常のゴルフスイングの状態で同じようにヘッドを下から上にせり上げていくと、プレーンに沿ってヘッドを上から下に、いわゆるダウンブロー軌道でインパクトを迎えることができるのです。

 

 

 アッパーに振った方がダウンブロー軌道でヘッドが下りる

 

なんとも矛盾した表現ですが、これがゴルフスイングの真実。この真実を理解し、そして実践すればすくい打ちから抜け出せ、プロのようなダウンブロー軌道でアイアンショットが打てるようになります。

 

 

ゴルフは物理です。

 

 

フレループを振ってスイングすると、ゴルフクラブを振った時では分りづらいクラブの動かし方が分ってきます。アイアンのすくい打ちがなおらない人、ダウンブローに打とうと思っているのにボールの手前をダフっている人は、クラブの動かし方を勘違いしている可能性大です。ダウンブロー軌道でアイアンを打てない人は、ボールを打つことよりもフレループで素振りすることを強くお勧め致します~。

 

(▼▼)b


←クリック


2019年04月09日超私的な考察 ゴルフが上手くなりたい人ほど上手くなれない本当の理由とは!?

Youtube アナライズチャンネルの人気動画シリーズ

【おしえてマークさん】の新しい動画配信開始 今回はシャフトのキックポイントです

ぜひご覧頂いて、チャンネル登録お願いします

本日18時にまた新しい動画配信予定となっています

 


先週日曜日の幕張メッセは若い女性でごった返していましたが、その合間をぬって出向いたのは「オートモービルカウンシル」。国内外のクラシックカーや旧車が展示されているイベントです。すべてではありませんが、展示されているクルマはその場で購入することもできます。

かつて乗っていたクルマでは、ホンダのシティ、マツダのロードスター、そしてワーゲンゴルフが会場に展示されていました。旧車好きにはたまらないイベントですが、その中で一目惚れしたのは、シルバーメタリックのBMW2002Tii。1972年なので47年前のクルマですが、直線を基調にしたシンプルなデザインは今市販されているBMWよりもワクワクドキドキさせてくれます。加えて、今どきのクルマに比べると横幅がかなりスリムです。
ネットでスペックを調べてみると、、、

 

全長4,230mm×全幅1,590mm×全高1,410mmで車両重量は990kg
(Wikipediaより引用)

 

 

普段乗っている2011年式135iクーペの全幅は1750mmですから、見た目だけでなく数値的にも2002Tiiの全幅はスリム。これなら都心のファミレスの駐車場に止めても隣のクルマが気になりません。47年前のクルマなのでスピーディーな加速を楽しめるわけではありませんが、日本の道を法定速度で走る分には、今でも理想的なスペックのクルマだと思います。

 

さて、幕張メッセには電車で行きましたが、車中でお世話になったのがこの本。

 

 人生は攻略できる(橘玲著)ポプラ社
 君たちはこれからどう生きるか?

 

著者である橘さんが若者向けに世の中の歩き方を指南している本です。現在の、そしてこれからの世の中の仕組みについて詳しく書かれているので、若者でなくても知っておいた方がいいことが分りやすく説明されています。

 

 

この本の中で、まず目にとまったのが前書きのこのフレーズです。

 

 

 ヒトの脳は現実と想像を区別するのは苦手だからだ。夢の実現を強く願うと、君の脳はすでに望みのモノを手に入れたと勘違いして、努力する代わりにリラックスしてしまうのだ。(人生は攻略できるより引用)。

 

 

これをゴルフに当てはめると、、、

 

 ゴルフが上手くなりたいと強く願うと、ゴルファーの脳はすでにゴルフが上手くなったと勘違いして、努力する代わりにリラックスしてしまうのだ。

 

 

どうでしょう。皆さんに当てはまるかどうかは分りませんが、ゴルフが上手くなりたいと切に願っている人で、本当に上手くなっている人はそれほど多くいません。その証拠と言っては何ですが、昔も今も、ゴルフ雑誌は「100切りレッスン」とか「脱スライス」というレッスン記事を大々的に紹介しています。ゴルフが上手くなった人よりも、ゴルフが上手くならない人の方が多いから、これらのレッスン記事は年から年中、手を変え品を変えて掲載されているのです。

 

 

ここまで書いたら、察しのいい人はもう言いたいことはお分かりでしょう。

 

 

そうです。ゴルフが本当に上手くなりたいと思っているならば、夢(ゴルフ上達)の実現を強く願うのではなく、上手くならない理由を明確にあぶり出し、そして橘さんの言葉を借りるならば、

 

 ゴルフには必勝法はないけど、ゲームと同じように、「こうした方がいいこと」と「やってはいけないこと」があるんです。

 

 

具体的に言うと、ゴルフ上達の具体的な計画を作り、その計画をひたすら忠実に実践することです。100切りしかり、90切りしかり、シングルを目指すことしかり。

 

今回紹介した「人生は攻略できる」という書籍には一切ゴルフについては触れられていませんが、ゴルフ上達に欠かせないエッセンスが数多くあります。もうひとつだけ橘さんの言葉を引用させていただくと、、

 

 

「幸福の土台」を手に入れるために必要なのは、新しい時代のルールを理解して、大事なところで正しい選択をすることだけだ。これで人生は「攻略」できる。
人生は攻略できるより引用)

 

これをゴルフに置き換えると、

 

 

「ゴルフの土台」を手に入れるために必要なのは、ゴルフのルール(特性)を理解して、大事なところで正しい選択をすることだけだ。これでゴルフは「攻略」できる。

 

 

本当にゴルフが上手くなりなったかったら、上手くなりたいと願わないこと。ゴルフの上達を実現するのに必要なのは、上手くならない理由(原因)を洗いざらいあぶり出すこと。そして、自分には何が足りていないのかに対して向き合うことが、必要不可欠です。ここを素通りしてしまうと、、、、練習場にせっせと通ってもその努力はほとんど報われないでしょう~。

 

 

(▼▼)b


ゴルフの竪琴、ツアープロにも人気です。

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↑クリック


1 2 3 4 5 6 92