マーク金井blog

カテゴリー: ゴルフクラブ分析

2020年01月17日超私的な考察 テーラーメイドのSIMとキャロウェイのMAVRIKの意外な共通点とは!?

先週木曜日(1月9日)はテーラーメイドのSIMの記者発表があり、今週水曜日(1月15日)にはキャロウェイのMAVRIKの記者発表がありました。どちらも今月下旬に開催されるPGAショーの目玉商品、そして2020年の主力商品なわけですから、日本での記者発表もたいそう派手に行なわれました。

 

 

ちなみにマーク金井はキャロウェイの記者発表には行けてません。ちょうど同じ時間に、ゴルフ雑誌EVENの取材(YouTube動画)の試打の撮影があり、必死のパッチで試打をしまくってました。もちろんその中には、SIM、SIM・MAXMAVRIK、MAVRIK SUBZEROも含まれており、トラックマンを使ってデータ計測しながら試打しています。

 

 

ゴルフパートーナーの試打職人というYouTubeで、すでにSIMMAVRIKの試打動画をアップしていますので、ここではこの2モデルの意外な共通点について超私的に書いて見たいと思います。

 

カラーリングはSIMがブルー(シルバー)がイメージカラーで、MAVRIKはオレンジがイメージカラー。色使いに共通点はまったくありません。ヘッド形状もSIMはこれまでのテーラーの流れを汲んでますし、MAVRIKもこれまでのキャロウェイの流れを汲んだデザインです。

 

ソール形状についても共通点はなく、SIMはツノのような突起物がソールに配されており、これはかなり目立ちますし。対してMAVRIKはシンプルはデザイン。重量ネジが配されていますが稼働式ではなく、埋め込みタイプになっています。

 

共通点などまったくなさそうですが、実は、どちらもアピールしているポイントがあるのです。それはバックフェース側の形状で、どちらもシャローバックではなく、ハイバック形状をアピールしています。

ここ数年のドライバー、特に外ブラのドライバーはヘッド後方が低く下がったシャローバックが当たりでした。シャローバックにすることで「重心を深く」かつ「重心を低く」することが物理的に可能になるからです。

 

 ところが、これから発売されるSIMMAVRIKともシャローバックを意図的に止め、ハイバック形状になっています。これまでの常識を否定するともいえるデザインを採用していているわけです。

 

テーラーメイドはシャローバックを止めた理由として、、、

 

 

 空気力学的、そして慣性モーメントを上げるにはハイバックが有利
 ただしハイバックにすると重心が上がるのでスピン量が増える(不利)

 

 

SIMにおいては空力力学、そして慣性モーメントを上げるためにあえてハイバックを採用しているとアピールしています。そして、形状的にはハイバックだと重心が上がるので、それを下げるために、ソールに廃した突起物の最後方にウエートを廃することで重心を下げスピン量が減る設計がなされているそうです。

 

 

MAVRIKSIMほどではありませんが、空気力学的にはシャローバックよりもハイバックにした方が有利との理由から、ハイバック形状が採用されています。

 

 

ゴルフクラブはインパクトゾーンでは時速200キロ近く出ることを考えると、空気力学をアピールすることは至極当然だと思います。しかしながら、ゴルフクラブで空気抵抗を一番受けるのはヘッド後方よりもフェース面ではないかと超私的に思っていますし、フェースの厚みが5ミリ変われば、空気抵抗の数値もかなり変わのではないかと思います。

 

テーラーメイドが何度も何度も、クラブ作りは「トレードオフ」だと言ってましたが、まさにその通りだと思います。「トレードオフ」は非常に厄介ではありますが、うがった見方をすれば、、、「トレードオフ」があるからこそ、モデルチェンジしたときに新たなセールスポイントを生み出せるのではないでしょうか。

 

(▼▼)b


売り切れていましたUT70シャフトが再入荷しました↑クリック


2020年01月06日超私的な考察 ゴルフクラブのマークダウン品と新製品、どちらがコスパがいいのか!?

YouTube マーク金井チャンネル 今年第一回目の生配信

本日(1月6日)21時から配信します

生配信のみですので、生でご覧下さい


新年明けましておめでとうございます。アナライズも今日から通常営業が始まりますが、このブログがアップされる頃は、スノボの初滑りを終えて、帰りの新幹線に飛び乗っているかと思います。初滑りは例年お世話になっている越後湯沢のガーラ湯沢で、これまでと同じく、2時間30分ほどサクッと滑ってゲレンデを後にしました。

 

13時には東京駅に戻り、14時からは神田で仕事を始めます。

 

今年も2日から神田で仕事を始めてましたが、この時期はいつにもましてつるやゴルフ神田駅前店にあしげく通っています。大手メーカーの従来モデルがいったいどれぐらいマークダウンされているのかをリサーチするのと、欲しいクラブがマークダウンされていたら、サクッと衝動買いしたいからです。

 

 

マークダウンで購入しようと狙っていたのは、テーラーメイドM5のドライバーとM5のフェアウェイウッド。どちらもすでにモデルチェンジが決まっており、なおかつモデル名が「SIM」というのも年末からSNSでアナウンスされています。かなり安くなるんだろうと思っていたら、、、、、

 

どちらも定価の半額以下!!!!!!

 

M5のドライバーは3万円台で、M5の3Wはなんと、なんと2万円台半ばです。どちらも発売直後に比べると「嘘でしょっ」ってぐらい安くなっています。M5のドライバーは定価が8万5800円、M5の3Wは5万8200円ですから、、、、。

 

 

対して、これから発売されるSIMですが、恐らく、発売直後の価格はM5の定価とそれほど変わらないでしょう。SIMのドライバーは安く見積もっても実売6万円以上だと思います。FWに関してもマークダウンしたM5よりも2万円近く高くなると思われます。

 

 

新製品のSIMとマークダウンした旧製品のM5

 

 

どちらの方が高性能なのかは論じることはできませんが(SIMはメーカー未発表なので)、どちらがコスパが良いのかと聞かれたら、即座にマークダウン品だと答えます。マークダウン品は数に限りがあるのでいつでも手に入るわけではありませんが、1年経ったからと言ってクラブの性能がダウンするわけではありません。テーラーメイドに限りませんが、ツアープロが実際に使っているクラブはたった1年でパフォーマンスが劇的にダウンすることはないです。

 

 

では、新製品のドライバーを買うことには、どんなメリットがあるのか?

 

 

ゴルフクラブに限らず、新製品を使いたい人は少なからずいます。型落ちよりも最新のプロダクトを使いたい人にとってはマークダウン品に魅力を感じないでしょう。そして、メーカーの新機能について魅力を感じるならば、マークダウン品よりも新製品を選んだ方がメリットがあります。

ゴルフクラブに限りませんが、モノを買うときに値段というのはひとつの要素でありますがすべての要素ではないと超私的に思っています。マーク金井も、前からM5を欲しいという前提があり、欲しいと思っていたプロダクトが安くなったから購入したのです。

 

ゴルフクラブに限りませんが、値段だけでモノを選ぶというのはコスパが良いかと思いますが、購入後、値段以外の部分で満足度が高くならないリスクがあります。逆に、値段が安くなっていなくても、値段以外の部分で満足度が高ければ買って損はしないと思います。買い物においては満足度が高いことが、本当の意味でのコスパが良いと思っているからです~。

 

(▼▼)b


スリーブ付きスチールシャフトとバンパースチール販売再開しました。

⇩クリック

 


2019年12月01日超私的な考察 ウエッジのスピン性能に一番影響を及ぼすのは一体何なのか!?

マーク金井のYou Tubeセミナー動画 配信開始!

ハンドファーストセミナー(勝手にできちゃう?!)

こちら配信しています。


今日から12月。今年も残すところ1ヶ月となりましたが今日は9ホールの聖地、千葉市民で9ホールプレ-。午後からは神田のスタジオにマーク塾の座学で、今回のテーマはアプローチショット。アプローチショットでミスが出やすい原因、そして凡ミスを減らすための練習法についてレクチャーします。

 

 

この一週間、撮影と試打の仕事は4本。月曜日はGDOの試打インプレでアイアン2モデルをテスト。水曜日はゴルフネットTVでドライバーを8機種試打撮影。木曜日はブリヂストンのボールを2モデル試打からの、ゴルフパートナーのYouTube、試打職人でウエッジを5モデル試打&撮影。そして金曜日は練習器具フレループの撮影を神田のスタジオでこなしました。

 

 

いずれの撮影ともゴルフ場ではなく、室内での試打です。室内だとボールの弾道を追いかけることはできませんが、反面、寒暖や風の影響を受けず、同じコンディションでボールを打てます。加えて、弾道計測器を使って試打するので、打出し角、ボール初速、スピン量、飛距離、左右の曲がり具合をチェックできます。

 

 

意外かと思うかも知れませんが、アイアン、ウエッジに関しては天然芝で打つよりも、室内スタジオの人工芝で打った方がスピン量を正確にジャッジできます。なぜなら、人工芝の方がフェースとボールの間に芝が挟まりません。完全なドライコンディションでボールとフェースをコンタクトさせられるので、クラブによるスピン量の違いをジャッジしやすくなるのです。(コースに出ると、よほどフェアウェイの芝が短い時か、ティアップしていないとドライコンディションでは打てません)。

 

さて、このアイアン、ウエッジのスピン量。ほとんどのクラブメーカーは新製品を出す度に「スピン性能の高さが向上」したことをアピールしています。ドライバーではスピン量が減ることを謳いますが、アイアン、ウエッジに関してはスピン量が減ることを謳うクラブメーカーはまずありません。

 

では、アイアン、そしてウエッジのスピン量を決める要素とは何なのか!?

 

 

スピンは摩擦によって発生します。インパクトでフェースとボールが接触した時、摩擦がかかりやすいアイアン、ウエッジほどスピン量が増えてきます。

 

摩擦の度合いを決める要素としては、

 

 ・ロフトが多いほど摩擦が増える
 ・ボールとフェースの接地面積が多いほど摩擦が増える(クルマのタイヤと同じ)
 ・バンス角が強いほど摩擦が増える
 ・スイートスポットの少し下で打つと縦のギア効果で摩擦が増える

 

 ときて、その次にグルーブ(溝)の形状、フェース面のミーリング処理です。

 

 

説明するまでもありませんが、7番アイアンと9番アイアンを比較すれば、誰が打っても9番の方がスピンが多くなります。54度と58度のSWを比べれば、打ち損じをしなければ58度の方がスピンが強くかかります。どんなに溝やフェース面に工夫したとしても、ロフトにはかないません。

 

以外と知られていないのがバンス角とスピンの関係。ローバンスのウエッジとハイバンスのウエッジを比較した場合、多くの場合ではハイバンス(バンス角が多い)方がスピンが増えます。また、芯(スイートスポット)で捕らえた時よりも、芯よりも少し下で捕らえた方がインパクトの衝撃でフェースはロフトが減る方向に回転し、ボールにはその反作用でバックスピンがかかる方向に回転します。

 

 

水曜日のゴルフパートナーのYouTube撮影では5種類のSW、ロフトはすべて58度で内比べをしました。ロフトはすべて同じですが、スピンのかかり方はモデルによって異なり、その差は、バンス角の大きさ(バンスの効き方)が、モロにスピンの差になりました。モデル名はここでは明かせませんが、フェースを開かないで試打した場合、ローバンスで多面ソールのモデルがもっともスピン量がかかりづらく、ハイバンスでソールの接地面積が一番多いモデルがもっともスピン量が多かったです。50ヤードの距離で打ち比べたら、約600~800回転ほどの差が出ました。

 

 

ゴルフは物理です。

 

 

アイアン、ウエッジはフェース面よりもソール面の作り方でスピン量に差が出ます。フェース面に刻まれる溝やミーリング処理はビジュアルインパクトが強いですが、これらはクルマのタイヤの溝と同じで、排水、芝が挟まった時に、ボールとフェースの接地面積を増やすのに役立つ機能。ラフから打った時や、フェースとボールとの間に何か挟まった時にでも、スピンが減るのを防止するためのものです~。

 

(▼▼)b

 


Youtubeマーク金井チャンネルの人気シリーズ

【おしえてマークさん】最新作は”FWのロフトの話”です。

ぜひご視聴ください、チャンネル登録も是非お願いします

 


2019年11月28日超私的な考察 今どきの軟鉄鍛造アイアンは本当に打感が良いのか!?

Youtubeマーク金井チャンネルの人気シリーズ

【おしえてマークさん】最新作は”FWのロフトの話”です。

ぜひご視聴ください、チャンネル登録も是非お願いします

 


昨日はゴルフネットTVの撮影をPGMゴルフアカデミー銀座で行ないました。ドライバーを試打するとうものですが、なんと、なんと、なんと、、、、目隠した状態での試打です。20年以上試打をしていますが、アイマスク(目隠し)した状態で試打するなんて生まれて初めて。どこに打席があるのか、どこに向って打つのか、どこに構えればいいのかがまったく分らない状態で、ドライバーを試打してきました。

 

これ以上お話するとネタバレになるので止めておきますが、目を閉じて試打することは神田のスタジオで定期的にやっています。ドライバーはやったことはありませんが、アイアンとウエッジ、そしてパターはしょっちゅう目を閉じて打ちます。

 

 

 では、なぜ目を閉じて試打するのか?

 

 

目からの情報を遮断した方がクラブに対する先入観を減らせます。そしてもうひとつは、ひとつの感覚器官をシャットアウトすると、他の感覚器官が研ぎ澄まされるからです。マーク金井の場合に関して言えば、目からの情報を遮断すると、手触り(触覚)の感覚が鋭くなり、ゴルフクラブに関して言えば「打感」の違いを鋭く感じ取れるようになるのです。

 

さて、この打感

 

 

打感はクラブ選びの重要なキーワードになっていて、特にアイアンに関しては打感をアピールするモデルが数多くあります。そして、打感の良さとセットに出てくるワードが、

 

 

軟鉄鍛造は打感が良い!!

 

 

というキャッチコピー。軟鉄鍛造とはヘッドの素材が軟鉄で、製法が鍛造で作られたアイアン(ウエッジ)。英語ではフォージド「FORGED」とも呼ばれています。ちなみに、鍛造とは、熱した鉄をものすごい圧力で何度も叩きながら形を作っていく製法の事ことで、50年以上の昔のアイアンはほとんどが鍛造でした。

 

 

 では、本当に軟鉄鍛造は打感が良いのか?

 

この問いに答える前に、そもそも「打感が良い」とはどんなことを指すのでしょうか?
打感の善し悪しについてアピールしているメーカーは数多くありますが、打感の良さを数値化しているメーカーは無いかと思います。何でも数値化できればいいとは限りませんが、打感はかなり曖昧な領域。

 

その曖昧な中で、あえて定義化させてもらうと「インパクトでフェースがボールにのる感じ」「インパクトでボールがほどよく潰れる感じ」「球離れが遅い感じ」「フェースにボールが吸い付く感じ」があるのが、一般的には打感が良いとされています。

 

では軟鉄鍛造アイアンならば、無条件にこれらなの感触を味わえるのか?

 

超私的に結論づけるならば、「軟鉄鍛造=打感が良い」とは限りません。打感というのはインパクトの感触のことですが、インパクトの感触というのはヘッド素材や、製法よりも、

 

打球面(ボールが当たる場所)の厚みが最も影響が大きいのです。

 

 

いくら軟鉄鍛造で作っても打球面(フェース面)を薄くして作ってしまうと、球離れが早くなりり、ボールが潰れる感触というのは手に伝わりません。肉薄フェースで飛びをアピールした軟鉄鍛造アイアンは、打球面が分厚い軟鉄鍛造アイアンのようなしっとりと吸い付くような打感を味わうことはできません。また、軟鉄鍛造で作られていてもヘッドがムク(一枚モノ)でないアイアンも、ムク(一枚モノ)で作られたアイアンに比べると、フェースがボールに吸い付く感じが薄れてくる場合があります。

 

 

逆に言うと、軟鉄鍛造で作っていなくても、打球面(フェース面)が分厚く作られたアイアン、パーツとパーツをつなぐ溶接等がなされていないアイアンは、目を閉じて試打すると、打感の良さを感じ取ることができるのです。手前味噌ですがmmアイアンは軟鉄鋳造で作っていますが、インパクトの手応えは非常にソフトです。

 

 

ゴルフは物理です。

 

 

打感を決める要素はいくつもありますが、超私的には一番影響が大きいのは打球目、正確に言うと、ボールが当たる場所のフェース面の肉厚ではないかと思っています。目を閉じて試打すると、打球面の厚みの違いをかなり正確に感じ取れます~。

 

(▼▼)b


今何かと話題の、カウンターバランスの元祖

シャフトスタビライザー

よろしくおねがいします。


2019年11月26日超私的な考察 ピンG410+とG410LSTはどこがどう違うのか!?

Youtubeマーク金井チャンネルの人気シリーズ

【おしえてマークさん】最新作は”FWのロフトの話”です。

ぜひご視聴ください、チャンネル登録も是非お願いします


国内男子ツアー「2019ダンロップフェニックストーナメント」は悪天候のため最終日が中止となり、3日目を終えてトップに立っていた今平周吾選手が優勝。国内女子ツアー「大王製紙エリエールレディスオープン」は最終日にスコアを6つ伸した渋野日向子選手が逆転優勝しました。これで男子ツアーは残り2試合、女子ツアーは最終戦を残すのみとなり、賞金王は今平選手が一歩リード、賞金女王に関しては現在ランク1位の鈴木選手が有利ですが、2位の申ジエ選手、3位の渋野選手もチャンスが残っています。

 

エリエールはテレビ観戦しましたが、勝負の分かれ目になったのが17番ホールのティショット。鈴木選手しては珍しく右に大きくプッシュアウトしてしまい、これが痛恨の池ポチャ。対して渋野選手はフェアウェイキープ。鈴木選手はこの池ポチャが響いて優勝スコアに1打届きませんでした。

 

 

渋野選手、鈴木選手ともドライバーはピンのG410シリーズです。

 

 

 渋野選手はG410+でロフトが10.5度
 鈴木選手はG410LSTでロフトが10.5度

 

 

マーク金井はどちらも所有しています。最初はLSTを購入、その1ヶ月後に+を買いました。そして、現在エースのドライバーは2本あり、その1本がG410+で、もう1本が島田ゴルフの軽量スチールシャフトを装着したエピックフォージドです。

 

 

G410+G410LSTの2本を所有しているにも関わらず、エースドライバーとして残ったはG410+です。そこで今回は超私的にG410+とG410LSTの違いについて考察していきたいと思います。

 

 

まずはメーカー値で比較してみましょう。

 

G410+  ブレないPLUS      ヘッド体積455CC  ライ角59.5度
G410LST  低スピンで飛ばすLST  ヘッド体積450CC  ライ角59度

 

 

カタログデータではLSTの方がヘッド体積が5CC小さいですが、見た目はほとんど変わりません。ライ角もLSTの方が0.5度フラットですが、こちらも方も実際はほとんど変わらないです。

 

 

 見た目で大きく異なるのはアドレス時のフェース向きです。

 

 

どちらともソールの座りの関係でヘッドを地面に置くとフェースが開く方向に回転しますが、410LSTの方がオープンフェースの度合いが大きく、アドレスした時にフェースが右を向きます。顔つきを比較すると、G410+よりもG410LSTの方がフッカー好みで、かつ左へのミスが出づらい(ボールが右に出やすい)形状になっています。

 

 

そして大きく異なるのがヘッド重量

 

 

 

どちらも国内メーカーのドライバーに比べるとヘッドが重いですが、G410LSTの203gというのは市販トップクラスの重さです。マーク金井は200g前後がちょうどいい重さなので、G410+の方が扱いやすく、G410LSTはオーバースペックに感じてしまいます。実際、打ち比べてみても、G410+の方がコントロールしやすい重さなので、エースドライバーになりました。

 

 

実際打ち比べて違いを感じるのは、スピン量と捕まりです。

 

 

純正シャフトであるアルタJCBレッドを装着して打ち比べると、LSTの方がスピン量が少し減ります。数値的には100~200回転ほど少なく、その分だけキャリーが減り、落下後のランが増えます。打ち方によっても変わりますが、キャリーを求めるならばG410+、落下後のランを求めるならばG410LSTという感じ。元々スピン量が多い人ならば、LSTの方がスピンが減って飛距離も伸びてくるでしょう。

 

 

捕まりに関しては、あくまでこの2モデルの比較ですがG410+の方が捕まり、そして右へのスッポ抜けるミスが出づらいです。対して、G410LSTは左へのミスが出づらい反面、油断すると右にスッポ抜ける球が出ます。マーク金井は今、フェードが持ち球なこともありますが、力んだり、カットに入れてしまった時、G410+ならば右のラフぐらいで留まってくれますが、G410LSTだとそれ以上右にスッポ抜けてしまいます。

 

 

ピンのG410シリーズは3つのモデルがラインアップされていますが、3つのモデルとも捕まり具合が異なります。+とLSTには調整機能が付いていますが、スタンダードポジションでは、明らかに捕まり具合が異なります。G410LSTに限りませんが、低重心で低スピン弾道が打ちやすい設計がなされたドライバーは、捕まりづらく、そして油断すると右にスッポ抜けやすい球が出てしまいやすい特性があります。

 

 

兄弟モデルをラインアップしているメーカーがいくつかありますが、ピンのドライバーは見た目は大きな違いはありませんが、捕まりに関してははっきりと違いを感じ取ることができます。慣性モーメントを巨大にしつつも捕まり具合を変えて設計している点は、さすがピンならではです~。

 

(▼▼)b


マーク金井のYou Tubeセミナー動画 配信開始!

ハンドファーストセミナー(勝手にできちゃう?!)

こちら配信開始しました

今何かと話題の、カウンターバランスの元祖

シャフトスタビライザー

よろしくおねがいします。


1 2 3 4 5 6 92