マーク金井blog

カテゴリー: ゴルフクラブ分析

2018年09月09日超私的な提案 ゴルフクラブを選びやすくするためにメーカーがなすべきこととは!?

金曜日、そして土曜日と2日連続で赤羽ゴルフ倶楽部、早朝9ホールプレーに行ってきました。どちらも担ぎセルフで7本プレー。5時30分にぐらいにスタートし、7時30分にはホールアウト。9ホールで2時間弱。これに慣れてくると1日かけてゴルフするよりも、早朝で9ホールプレーする回数を増やしたくなります。「ゴルフは時間がかかり過ぎる」と思われがちですが、早朝ゴルフにはその常識は当てはまりません。加えて、ゴルフにかけるお金もかなり節約できるメリットもあります。

 

早朝プレーには、老若男女、さまざまなゴルファーがプレーしています。そして、使っているゴルフクラブも様々。マーク金井は職業柄、スタートホールで待機しているゴルファーのクラブ、同伴者のクラブ、そしてプレーを終えたゴルファーのクラブをつぶさにチェックしています。

 

どのメーカーのクラブが人気があるのか、どのモデルが人気あるのか? マクロな世界での売れ行き調査も大事ですが、ミクロの世界でクラブを調査することで、リアルな人気を窺い知れると思っているからです。ちなみに、金曜日のラウンドは3サムでしたが、ドライバーは全員、テーラーメイドのM3でした。

 

 

このとろこ、頻繁に早朝プレーに行ってますが、クラブの試打も頻繁に行なっています。先日は、ゴルフ5の西葛西店で新作ドライバーを試打してきました。タイトリストテーラーメイドヤマハ、そしてゴルフ5のオリジナルブランド、トブンダを打ってきましたが、改めて感じたことがあります。

 

 

 それは、クラブによって効率良く飛ばせる飛距離があるということ。

 

 

超私的に例えるならば、クルマのタイヤサイズを選ぶのと、ドライバーを選ぶのとには共通点があります。クルマの場合、クルマの大きさ(特にエンジンの大きさ)によって、タイヤサイズは変ります。軽自動車のように小さくてエンジンも小さいクルマには、タイヤサイズは小さめで、タイヤ幅も狭めが相性いいです。軽自動車にポルシェに装着するような大径で幅広タイヤを装着してしまうと完全なオーバースペック。アンバランスなだけでなく、乗り心地も悪くなりますし、走行性能や燃費が劇的に悪くなります。

 

逆もしかりで、ポルシェに軽自動車用のタイヤを装着したら完全なアンダースペック。タイヤはクルマの重さ、エンジンのパワーを受け止められませんし、クルマの性能を引き出せなくなってしまいます。クルマのタイヤは、クルマに応じて適正さ大きさ、そして幅があるのです。

 

ゴルフクラブも同じです。

 

 

ドライバーの場合、「200ヤードを飛ばすのにちょうどいい」のもあれば「250ヤード飛ばすのにちょうどいい」のもあれば、「300ヤード飛ばすのにちょうどいいのも」あるのです。手前味噌ですが、新しいドライバーを試打する時は、「このモデルはどれぐらいの距離で打つと効率良く飛ばせるのか?」を探っています。そして、「どんなゴルファーが使うとちょうどいいのか?」を自分の物差しでジャッジしています。

 

では、効率良く飛ばせる距離は何によって決まるのか?

 

ざっと、上げると、、、、

 

 ・クラブ重量
 ・ヘッド重量
 ・リアルロフト
 ・重心の高さ
 ・重心の深さ
 ・フェースの肉厚
 ・フェースの高さ
 ・シャフトの硬さ
 ・シャフトの重さ
 ・クラブの長さ

 

 

これらがどのように組み合わさっているかで、「200ヤード前後を効率良く飛ばせるドライバー」になったり、「250ヤード前後を効率良く飛ばせるドライバー」になったり、「300ヤードを効率良く飛ばせるドライバー」なったりします。マーク金井は何本ものドライバーを所有していますが、いずれのモデルとも250~260ヤードを効率良く飛ばせるものばかり。ヘッド重量とリアルロフト、そしてシャフトを交換することで、メーカーやモデルが異なっても、250~260ヤードを効率良く飛ばせるように仕立て上げています。

 

 

最近は試打やフィッティングをしてからドライバーを購入する人が増えてます。試打すること自体はいい事ですが、実は、もっと大事なのは「クラブの適正能力(効率良く飛ばせる飛距離)」を知っておいた上で試打することです。ちなみに、同じモデルであってもリアルロフトやヘッドの重さを変えたり、シャフトを変えたりすると、「効率良く飛ばせる飛距離」というのはガラッと変ってきます。

 

 クラブメーカーも、単に飛びをアピールするのではなく、「このモデルは○○○ヤードを効率良く飛ばせます」とか「ドライバーの飛距離が○○○ヤードの人が打つと劇的に飛びます」とアピールした方が、ユーザーフレンドリーになりますし、ユーザーも自分に見合ったモデルを選びやすくなってきます。

 

 

ドライバーを買い求める時は、「どれが一番飛ぶ」かにこだわるゴルファーが多いと思いますが、それよりも大事なのは、自分の飛距離(自分のパワー)に見合ったドライバーを選ぶこと。ここをちゃんと理解してクラブを選ばないと、巷で「飛ぶ」と評判のクラブを購入しても、期待外れに終わってしまう可能性が高くなってしまうでしょう~。

 

(▼▼)b


アプローチが上達するこちら↓限定数入荷!お急ぎ下さい

セットもあります↓

pr00014
¥32,400(税込)

2018年08月26日超私的な考察 飛距離が魅力、ぶっ飛びアイアンを使いこなせる人とは、こんな人!!

今秋ではなく、今週の金曜日、高級コースでプレーしてきました。場所は茨城県南部の水海道GC。30年以上前はパブリックコースでしたが、現在は法人会員のみのメンバーシップコースです。昭和39年に開場し、設計は安田幸吉プロ。オープンから6年目(昭和45年)に、パブリックとしては日本で初めて国内メジャーである、日本プロ選手権が開催されています。

今回、水海道でのプレーの目的はクラブ試打。ヤマハが今秋から投入する新製品、インプレス UD+2の試打ラウンドです。UD+2のドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアンをコースでプレーしながら、じっくりと試してきました。

現在、ヤマハはRMXとインプレスの2つのブランド展開をしていますが、インプレスのブランドコンセプト(ブランドバリュー)は、

 手にするだけで、いとも簡単に実感できる明らか飛びを提供する。

 インプレスが提供するのは、革新的なテクノロジーがもたらす+2番手の”ぶっ飛び”。
チューニング機能をあえて持たずシンプルに簡単に、その驚くべき飛距離を体感することができる。(以上、Yamaha Golf BRAND BOOKより引用)

 

 

+2番手というのは、アイアンで今より2番手飛ぶクラブという意味で、例えば7番アイアンで150ヤード飛ぶとうのならば、9番アイアンで150ヤード飛ぶ。もしくは7番で170ヤード飛ぶという意味。初代のUD+2(アイアン)は、発売するや「ぶっ飛び」を誰もが体感でき、ヤマハ史上、もっとも売れたアイアンになりました。アイアンの飛距離がスコアに直結するとは限りませんが、飛距離が出るアイアンの火付け約になったのです。

 

 

今回の新製品も「ぶっ飛び」指数は非常に高く、アイアンは+2番手の飛距離が出ました。マーク金井の7番の飛距離はキャリーで155ヤードですが、新しいUD+は9番でキャリーが155ヤード。7番もキャリーが175ヤード出たので、掛け値無しで+2番手の飛距離が出ました。ちなみにPWのキャリーも140ヤード。モデルチェンジで変った点はフェースの弾き感が増したこと、ソール幅が少し狭くなって見た目がスッキリしてます。そして、前作と比較すると、重心が少し下がっています。これにより、芯で捕らやすくなった分だけボール初速が上がり、スピン量が少し減っています。誤解を恐れずに言えば、7番アイアンで打った弾道は、ドライバーで打った時のような放物線弾道。UD+2アイアンは、ドライバーで打ったかのような強い弾道になるからぶっ飛ぶのです。

 

そして今回のモデルチェンジでは、重心距離も変りました。前作はフェース中央よりもヒール寄りにスイートスポットがありましたが、今回のモデルはフェース中央にスイートスポットがあります。数値にすれば数ミリですが、フェース中央にスイートスポットがあることで芯で捕らえやすくなり、かつ前作に比べると、明らかに左へのミスが出づらくなっています。逆に言うと、とにかく右へのミスを減らしたい人は、今回のUD+2よりも前作のUD+2の方が、相性がいいでしょう。

 

では、なぜUD+2は「ぶっ飛ぶ」のか?

 

答えは超ストロングロフトで、5番のロフト角が22度、6番が24度、7番が26度、8番が29度、9番が33度、そしてPWが38度。7番の26度というのは、一般的なアイアンの5番のロフトとほぼ同じ。2番手分ロフトを立てることで、+2番手の飛距離を得られるように設計されているわけです。もちろん、ただロフトを立てただけではやさしく飛ばすことはできません。ロフトを立ててもボールが上がりやすくなるように、一般的なアイアンよりも重心が低く、かつ重心が深く設計されています。加えて、クラブの長さも、一般的なアイアンよりも0.75インチ長い。1.5番手分長くすることで、ボールが上がりやすくなっています。

 

 

では、このUD+2はどんなゴルファーを相性がいいのか?

 

 

アイアンでも飛距離を求める人に作られているわけですから、ターゲットユーザーはぶっ飛ぶアイアンを使いたい人。人よりも小さい番手を使いたい人もターゲットユーザーですし、アイアンの飛距離が落ちてきたのをリカバリーできるクラブを使いたい人も相性がいいです。

 

ただし、UD+2に限りませんがぶっ飛び系アイアンを上手く使いこなすには、ぶっ飛び系アイアンでスコアメイクするには、それなりのスキル(技術)が求められます。

 

それは、、、、

 ウエッジのコントロールショットです。

 

例えば、AWのフルショットの距離が100ヤードの人ならば、100ヤード以下がコントロールショットの領域です。対して、+2番手飛ぶアイアンを使うということは、AWでも120ヤード以上飛ぶことになり、コントロールショットする距離が120ヤード以下と広がります。

 

 

+2番手飛ぶということは、必然的にコントロールショットする距離も+2番手分増えてくるのです。

 

 

コントロールショットが得意な人ならば+2番手分、コントロールショットする距離が増えても問題ありませんが、コントロールショットが苦手な人はウエッジの距離でミスするリスク高まり、それはスコアメイクに苦労するリスクも高まるのです。

 

 

距離をコントロールするのにはスキル(技術)が求められますが、それを否応なしに教えてくれるのがぶっ飛び系アイアンです。そして、距離をコントロール(技術)する技術を磨くことがゴルフの練習でもあるのです。ちなみに、マーク金井は普段7本でプレーしていることもあり、7番アイアンの飛距離は100~160ヤード。1本のクラブで60ヤードの距離を打ち分けているので、UD+2を使うことに対して何の違和感もありませんでした。

 

 

ゴルフは距離をコントロールできる人ほど、スコアメイクに長けてきます。意外と思うかも知れませんが、ぶっ飛び系アイアンは距離をコントロールすることの大事さをちゃんと教えてくれるアイアンでもあるのです~。

 

(▼▼)b


ツアープロも使っているゴルフの竪琴

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↑クリック

フレループ


2018年08月23日超私的な考察 2018年 この秋に発売される新昨ドライバーの共通点とは!?

マーク金井YouTube試打 打たずにいられない 最新動画↓こちら

三菱ケミカルのディアマナDF(8月31日発売)です

ぜひご覧下さい ↓チャンネル登録もお願いします


お盆が過ぎて、夏の甲子園も終わりました。これから涼しい日々がやってくると思いきや、昨日の関東エリアは最高気温が30度を大きく上回り、うだるような暑さ。そんな中、クルマのエアコンを思い切り効かせ、エアコンが思い切り効いた大型ゴルフショップで新昨ドライバーの試打撮影をやってきました。

昨日試打したのは、タイトリストのTS2&TS3、ヤマハのインプレスUD+2、トブンダ、そしてテーラーメイドMグローレ。いずれも秋に登場する新製品です。

加えて、神田のスタジオではスリクソンプロギアの新製品も試打してます。ブリヂストンの新作ドライバーはまだ試打していませんが、ほぼほぼ新しく出るドライバーは試打を終えています。

 

いずれの新作ドライバーも「さらなる飛び」、そして「さらなるやさしさ」を強くアピールし、飛びとやさしさを手に入れるための機能も備わっていることも強くアピールしています。そして、表立っては言葉にしていませんが、あるドライバーを強く意識して作られていることもひしひしと伝わってきます。

 

あるドライバーとは、、、、

 

 

ゼクシオです!!!!

現在、ゼクシオは10代目となっていますが、この18年間、ドライバーの売り上げはずっと1位をキープ。それも2位との差をかなり広げた状態でトップを走り続けています。同じモデルで、売れ行きナンバーワンが18年も続くなんてことは後にも先にもありません。ダンロップのゼクシオだけです。とてつもなく売れているわけですから、他社も黙って手をこまねいているわけにはいきません。その結果、アマチュア向けドライバーは、否が応でも「ゼクシオ」を意識したクラブ作りがなされており、この秋に出る新作ドライバーも、その色合いが強くでています。

 

 

特に、「打倒ゼクシオ」を強く感じたのは、米国メーカーのテーラーメイドタイトリストグローレは元々ゼクシオを意識したブランドでしたが、今回のMグローレはこれまで以上にゼクシオを意識した仕上がり。クラブ重量、ボールの捕まり、シャフトのセレクション、どれを取ってもゼクシオユーザーを取り込もうとする意図が強く窺えました。実際に、試打してみても、ゼクシオのメインユーザーである団塊世代、そして50歳以上のゴルファーが扱いやすく仕上がってます。

 

 そして驚いたのが、タイトリストの新製品、TS2。このモデルは917シリーズの後継機として登場してますが、ボールを1発も打たなくても「ゼクシオ」を強く意識して作られているように感じました。

超私的なことを言わせてもらうと、TS2はゼクシオのライバルモデルであり、限りなくVG3に近いドライバー。ヘッド形状は投影面積が非常に大きく、重心が非常に深い。ヘッド形状はこれまで900シリーズと異なり、VG3の形状に近いです。重心距離はゼクシオ10よりも少し長いですが、重心深度は非常に深いので重心アングルが大きめで、捕まりが良くなっています。シャフトのセレクションも、日本仕様の純正シャフトだと重量が50gで、フレックスも軟らかめの設定です。

 

テーラーメイドMグローレは日本市場向けのブランドですが、タイトリストのTSシリーズは日本市場ではなくグローバルモデル。日本仕様になっているとはいえ、アスリートブランドのグローバルモデルが日本のシニアゴルファー向けになっているのには驚きました。ちなみに、新しいスリクソンの一番やさしいモデルも、「これってゼクシオじゃないの」というぐらい、ヘッド形状、ヘッドの特性はゼクシオライクに仕上がっています。

 

長いスパンで見るとドライバーは劇的な進化を遂げていますが、短いスパンで見ると、ドライバーはゼクシオ的なモデルがどんどん増えています。50歳以上のゴルファー、団塊世代のゴルファーには選択肢が増えていますが、30~40歳代のゴルファーにちょうどいいドライバーが登場してきていません。ゴルフ業界ではゴルファーの高齢化に歯止めを掛けたいという声が強く上がっていますが、少なくともゴルフクラブに関しては、高齢者ゴルファーを強く意識したモノ作りが積極的になされているのが現状です。

 

 

(▼▼)b


石川遼プロも使っている

フレループはアナライズのwebショップで購入いただけます↓


2018年07月01日超私的な考察  アマチュアゴルファー「クラブフィッティング」は本当に必要か?

来週月曜日(7月2日)21時から

マーク金井の生配信やります。話題はたぶんワールドカップ?? 録画ありませんので 生で観て下さいね


ゴルフは今のところ18ホールプレーするのが当たり前ですが、アナライズのスタッフはそんな当たり前がありません。マーク金井を筆頭に、スタッフも9ホールプレーをしょっちうやってますし、アナライズ研修会も9ホールプレーが当たり前。関東エリアが梅雨明けした一昨日(6月29日)も午後4時から赤羽GCで9ホール研修会をやってきました。

研修会ではコースでしかできないスイングチェックを始め、テストクラブや衝動買いしたクラブを使いながらプレーします。一昨日も衝動買いした1968年製のピンパターと、ヘッド2g軽くしたM3のドライバーを担ぎのキャディバッグに入れ、サクッと1時間20分ほどで9ホール回ってきました。

M3のヘッド重量はデフォルトだと約202g。10gのウエートが2個配されており、その内のひとつを8gに交換することで200gにしました。メーカー純正品ではありませんが、ウエート交換でヘッド重量を調整できるドライバーは、セッティングの調整が簡単にできるので本当に大助かりです。

ヘッド重量を調整することは、パソコンとかに例えるならばカスタマイズ。カスタマイズとは自分が使いやすいようにアレンジすることですが、ゴルフの世界では「自分が使いやすい」クラブを選ぶのをフィッティングと称していることが少なからずあります。

さて、このクラブフィッティグ。

今週発売のアルバで、マーク金井はフィッティングが必要ないというコメントを残しています。今、クラブ選びはフィッティングが当たり前になりつつあることを考えると、完全に水を差すようなコメントを発しています。詳しくは記事を読んでいただけると嬉しいのですが、日本のフィッティングの現状を考えると、フィッティングすることで得られるメリットがあまりないと思っているからです。誤解を恐れずに言うと、フィッティングという言葉は非常に魅力的な言葉ですが、日本のフィッティングの現状を観察すると、かなり???なところがあるからです。アマチュアゴルファーにフィッティングが必要なのかと問われたら、上級者を除けば、必要ないと思います(その理由についてはアルバの記事に書いてます)。

 

では、アマチュアゴルファーのクラブはなんでもいいのか?

 

「フィッティングが必要ないこと=クラブはなんでもいい」「上級者じゃないアマチュア=クラブは何を使っても同じ」ということではありません。ゴルフの腕前に応じてクラブはちゃんと選ぶ必要があります。クラブを選ぶポイントをざっと挙げると、、、、

 

  • 体力、年齢(パワー)
  • 球筋(スライサー、フッカー)
  • 飛距離

 

例えば、ドライバーの飛距離が200ヤードならば、200ヤードを打つのにちょうどいいドライバー。250ヤード飛ばすならば、250ヤードを飛ばすのにちょうどいいドライバーを選べばいいんです。球筋に関しても、スライスを軽減したいならば、スライスを軽減しやすいドライバー、フックを軽減したいならばフックが出づらいドライバーを選ぶ。自分が扱いやすいクラブを選ぶのがポイントです。

 

ゴルフクラブには適正なヘッドスピードがあります。手前味噌ですが、GDOの試打インプレッションでは適正ヘッドスピード、どんなゴルファーと相性が良いのかを具体的に記述しています。これを参考していただければ、ことさらフィッティングを受けなくても、自分が扱いやすいクラブを見つけることが可能です。

クラブを打ってから購入したいのであれば、試打するのも大いにアリです。いろんなクラブを試打することをフィッティングと称している所もあるみたいですが、試打は誰かに頼らなくても自分でできます。試打の時のポイントは、、、、

 

 

 クラブを振った方向にボールが飛び出すのかどうか
 自分のイメージ通りの高さが出ているかどうか?
 球の捕まり具合はどうなのか?

 

 

例えば、アウトサイド・インに振っている人ならば、ボールは左に飛び出すのはOK。反対に、アウトサイド・インに振っているのにボールが右に飛び出すのはNGです。インサイド・アウトでフックを打っている人の場合ならば、ボールが右に飛び出すのはOKで、ボールが左に飛び出すのはNGです。出球のチェックならば、自分でも簡単にチェックできます。

 

 

球の高さに関しても、自分がイメージした弾道が打てているならばOK。イメージよりもボールが上がらないならばロフトを増やし、イメージよりもボールが上がり過ぎるならばロフトを減らす。ただし、ロフトが多いのにボールが上がらないとか、ロフトが少ないのにボールが上がり上がり過ぎる場合は、スイングに問題があります。この場合に関しては、ロフトは10〜10.5度を選んで下さい。

 

捕まりに関しては、数値でもチェックできますし、実際に打ってもチェックできます。球を捕まえたいならば、重心距離が短め(38ミリ以下)、重心アングル24度以上、フックフェースが強め(1.5度以上フックフェース)。球を捕まえたくなければ、重心距離が長め(40ミリ以上)、重心アングル22度以下、オープンフェース(1度以上オープンフェース)が、ひとつの目安です。ヘッドの数値に関しては、月刊ゴルフクラシックががっつりフィーチャーしていますし、GDOの試打インプレッションでもなるべく記述しています。

 

ゴルフクラブを選ぶコツは、基準を明確にすること。それが分かっていれば、試打すれば自分が扱いやすいクラブを見つけることができます。

 

ちなみにフィッティングを本気に考えているならば、ライ角、グリップの太さ、クラブの長さ、シャフトの相性、シャフトのトリミング、ヘッド重量、重心距離の相性、弾道のコントロール、スピン量のコントロール、これぐらいをやらないとフィッティングしたことにならないと超私的に思っています。ヘッドとシャフトをとっかえひっかえ打ち比べると言うのは、フィッティングというよりは試打(打ち比べ)と考えるのが妥当だと思います〜。

 

(▼▼)b


ご好評いただいておりますゴルフの竪琴、スーパーシャット君ですが

pr00001

ゴルフの竪琴 マーク金井の解説DVD付き

¥15,120(税込)

pr00009

アナライズオリジナル練習器具 「スーパーシャットくん」解説DVD付

¥10,800(税込)

7月中旬より付属のDVDを廃止し、取扱はYouTubeの配信に切り替えさせていただきます

DVD付属をご希望の方は、早めにお求め下さい


2018年06月24日超私的な試打インプレッション テーラーメイドM3 440ドライバー 

YouTubeのアナライズチャンネル
人気コンテンツ

マーク金井の打たずにいられない

新しい動画配信開始!今回はミズノGXドライバーです


6月21日に夏至を迎え、これからは少しづつ日照時間が短くなっていきます。とわいえ、これから8月ぐらいまでは日照時間が長く、早朝ゴルフ、薄暮ゴルフをするのにはぴったりな季節。今日もこのブログがアップされる前、サクッと千葉市民ゴルフ場で9ホールプレーをしてきました。

 

いつものようにバッグにはクラブ7本だけしか入ってませんが、ドライバーはおニューです。今週月曜日に衝動買いしたテーラーメイドの、、、

 

M3 440(ロフト9度)

 

調整機能がてんこ盛りされているのが特徴ですが、正直、調整機能はあまり興味ありません。ヘッドは基本性能が大事だと思っているからです。今回、購入に至ったのは、小ぶりなヘッドが欲しかったからです。加えて、装着されているウエートを軽くするパーツをAmazonで手に入れられるのも購入動機です。デフォルトでは10gのウエートが2ついてますが、これを8gのウエート2つに交換します。これでヘッド重量が200gちょうどぐらいにできます。超私的なことを言わせてもらうならば、テーラーメイドが純正で重量違いを売り出して欲しいです。かつてのrシリーズでは、重量調整ネジが1g~14gぐらいまでのバリエーションがテーラーメイドから売り出されてました、、、。

 

シャフトは純正のクロカゲのSです。ヘッドスペックをざっと紹介すると、、、

 

ヘッド重量(204.2g スリーブ込み)
総重量 310.1g
長さ 45インチ(ヒールエンド計測、60度法計測だと45.5インチ)
振動数 254cpm
センターフレックス値 4.26
ライ角 59.25度(アップライトポジション)
(アナライズ計測)

重心距離  40.2mm
重心深度  36.3mm
重心角  22.6mm
重心高  29.1mm
リアルロフト9.1度(表示ロフト9度)
(ゴルフクラシック8月号より引用)

 

純正シャフトであるクロカゲ(テーラーメイドオリジナル)が装着されたモデルは、アスリートモデルにしては総重量が軽めです。ただし、ヘッド重量が200gを越えた「重ヘッド」なので、ワッグルすると手にヘッドの重みが伝わってきます。

シャフトに関しては振動数に対してセンターフレックス値がやや高め。手元側にしなりのポイントがあり、シャフト中間部分がやや硬め。アスリート向けだけあって、シャフトは今流行の「軽硬」系に仕上がっています。

 

重心位置がコントロールできるヘッドですが、デフォルトの状態では重心距離に対して、重心深度が浅いのが特徴。重心を浅くすることで低重心化を図り、低スピン弾道がオートマチックに打てるタイプです。加えて、重心深度を浅くすることで操作性を高め、ドロー、フェードの打ち分けがしやすくチューニングされています。

 

すでに所有しているM4 TYPE-Dと比較すると、明らかに異なるのがスイートスポット位置。M4 TYPE-Dはフェース中央よりもややヒール寄りにスイートスポットが位置するのに対して、M3 440はフェース中央よりもややトウよりにスイートスポットが位置します。その差は2~3ミリほどですが、スイートスポット位置がトウ寄りにあると、ドローよりもフェードが打ちやすくなると思われます。

M4Dタイプの重心位置

 

ゴルフの竪琴、そしてフレループを使って練習するようになってから、持ち球がドローからフェードに変ってきました。チーピンのミスよりも、右にスッポ抜けるミスを減らしたくなって、今回、久しぶりにヘッドが小ぶりなM3 440を衝動買いしました。

ちなみにフレループはアナライズのwebショップで購入いただけます↓

いつものことですが、購入したドライバーを最初に使うのは神田のスタジオではなく、コースです。

 

では、1発目にはどんな球が出たのか?

 

 

千葉市民のスタートホールは左サイドがOBで、右サイドはどこまでもセーフ。右のラフ狙いで打ったら、軽いドロー弾道でフェアウェイ右サイド。雨でフェアウェイが濡れているのでランが出ませんでしたが、弾道はやや低めで、スピン量はM4よりも明らかに少ない低スピン弾道。

 

続く、2番、4番、5番、6番もシャフトの挙動を探りながらサクッと打つとストレート弾道。重心の浅いのでヘッドの挙動がコントロールしやすく、ストレートから軽いドロー弾道。7番でガッツリ振ったら、軽いドロー弾道でガッツリ飛距離が出ました。9番ではフェードを狙って打ったら、こちらはイメージ通り15ヤードぐらい右に曲がってくれました。

 

 

ヘッド体積は440ccになってますが、アドレスするとそれほど小さく感じません。それもそのはず、実測では444.2cc。M3 460の実測は454.7ccですから、その差は10CCしかないのです。

 

ウエートポジションを中央に寄せたスペックだと、ドローよりもフェード弾道が打ちやすく、そして、インサイドからあおった時でも左のミスが出づらいです。ヘッドが小ぶりな割には慣性モーメントの大きさを感じるドライバーです。次回はヘッドを4g軽くし、シャフトをツアーAD iz-5に交換して、じっくりテストしてみたいと思います~。

 

(▼▼)b


週末 6月30日、7月1日

とマーク金井が福岡でセミナーを行います

6月30日

そして7月1日に福岡の大野城でセミナーやります

お問い合わせは、アナライズではなく、各会場にてお願いします


1 2 3 4 5 6 84