マーク金井blog

カテゴリー: チッパー(アプローチ専用ウエッジ)

2020年09月28日超私的な考察 スピンが強くかかるウエッジを使うことのメリットとデメリットとは!?

マーク金井のオンラインサロン!『マーク金井の「ロジゴル」オンラインサロン』会員募集中です

メンバーに向けて、ほぼ毎日、マーク金井がゴルフクラブに関する情報、ゴルフスイング、スコアアップの情報を発信します。ご入会お待ちしてます.

↓ご興味ある方はコチラをクリック

↓こちらの動画も公開されました

 


 

 

9月も残すところあと数日。秋分の日を過ぎたあたりから関東エリアはすっかり秋めいてきて、半ズボンでのゴルフプレーがそろそろ辛くなってきました。例年は10月10日ぐらいで長ズボンに切り替えるのですが、今年は少し早まりそうです。

 

夏のゴルフを振り返ってみると、昨年までと決定的に異なるのはチッパーを多用することになったことです。チッパーはチップショットを打つためのクラブなのでスピンはかかりません。ロフトによっても異なりますが、落下後にランが出ます。スピンで止めるなんてことがそもそもできないクラブですし、スピンがかからない方が距離感が合います。

 

 

先週は月曜日と金曜日に赤羽ゴルフ倶楽部で9ホールプレーしましたが、ついにSWをバッグから抜きました。スピンで球を止めるというショットを選択しなくなったからです。意図的にSWをキャディバッグから抜いてプレーすることは、もちろん初めてです。

 

まだ2回だけなのですが、SW抜くとプレーがシンプルになります。バンカーは絶対に避けますし、スピンで止めないと寄らない場所にボールを打たないようになります。そして、スピンで止めないと寄らない場所に打ったら、、、いさぎよく「ごめんなさい」をしてグリーン中央を狙うようになりました。

 

これで何が分ったかと言うと、スピンがかかるクラブを使うよりも、スピンがかからないクラブ(チッパー)を使った方がアプローチの距離感が劇的に良くなったのです。

 

 

ウエッジ、特にサンドウエッジはスピンが強くかかるのが高性能と言われてますし、プロの評価も高いです。ゴルフショップでもスピン性能が高いサンドウエッジの方が売れています。

 

 

確かに、プロやトップアマが使う場合は、スピンがしっかりかかるサンドウエッジの方が使い勝手が良いと思います。トーナメントコースはグリーンが硬くて速いので、スピンをかけないと寄らないことが多々あるからです。

 

 

しかしながら、普通のコンディションのコースとなるとどうでしょう。スピンを強くかけないと寄らないケースというのはそう多くありません。狙い所さえ間違えなければ、スピンが強くかからなくても寄せられるケースの方が多いことを考えると、超私的にはスピンが強くかかるウエッジをわざわざ使う必要がありません。

 

 

スピンが強くかかるウエッジのメリットを考えると、、、、、

 

 

 スピンがギュギュッとかかると気持ちが良いことです!!!!

 

 

 

 

では、スピンが強くかかるウエッジのデメリットは何か!?

 

 

プロやトップアマのように打点位置がミリ単位でズレないプレーヤーにはデメリットはないかと思いますが、打点位置が数ミリ単位でズレるアマチュアが使った場合、、、

 

 

打点が上下にズレるとスピンが強くかかる時と、スピンがかからない時があります。

 

 

打点が上下にズレると、同じヘッドスピード、同じ距離感で打っても、スピンのかかり具合がガラッと変わります。スピンのかかり方が変われば、落下後のランの距離も変わり、距離感が不安定になってしまうのです。

 

 

 改めるまでもありませんが、アプローチで一番大事なことは距離感です。

 

 

 

スピンが強くかかるウエッジというのは打点が上下にズレると、確実に落下後のランの距離が不安定なるのを避けられないのです。対して、スピンが強くかからないウエッジ(チッパー)ならば打点が上下にズレても、落下後のランが整いやすくなる(一定になる)のではないかと超私的に思っています。

 

 

チッパーを多用するようになってから、とにかくスピンがかからないウエッジを作りたくてウズウズしています。コードネームは「球足が整うウエッジ」で、年内にはこのウエッジの試作を画策しています。

 

 

(▼▼)b


ついにアナライズでも発売開始!

パター型チッパー『ステップオーバー25』←↓クリック


2020年07月31日超私的な考察  ベストスコアを更新できない人はどこでスコアを浪費しているのか!?

 

Youtubeマーク金井チャンネル 最新動画配信開始

三菱ケミカルディアマナTB

マーク金井のオンラインサロン『マーク金井の「ロジゴル」オンラインサロン』会員募集中です

メンバーに向けて、ほぼ毎日、マーク金井がゴルフクラブに関する情報、ゴルフスイング、スコアアップの情報を発信します。ご入会お待ちしてます〜


昨日は「ここって北海道なの!?」ってくらい涼しい曇り空の中、赤羽GCでサクッと薄暮9ホールプレーしてきました。この時期、東京で日中の最高気温が25度前後というのはありえない涼しさ。キャディバッグに入れたドリンクを飲み干すことなく、最終ホールのティグラウンドに上がり、サクッとティショットを打ち、セカンドをグリーンに乗せて2パットパーでホールアウト。

 

2サムでの9ホールのプレー時間は約80分で1ホールをプレーする時間は約9分。80分で約8000歩、歩けました。

 

 

昨日プレーした赤羽ゴルフ倶楽部のインコースは距離が短く、ティショットが220~230ヤード飛べばショートアイアンかウエッジでグリーンを狙えます。逆に言うと、スコアメイクするのに欠かせないの左右に曲げて1ペナゾーンに打ち込まないこと、100ヤード以内のショットを3打以内で上がること。この2つをクリアすればハーフ30台のスコアは簡単に出ますし、パープレーで回ることもできたりします。

 

逆に言うと、赤羽のインでスコアを崩す(スコアを浪費)する人に共通しているのは、

 

 

 ティショットで1ペナ、もしくはOBを打ってしまう
 100ヤード以内から3打以上費やしてしまう

 

 

 

今週発売の週刊ゴルフダイジェスト(8月11日号)の考えないショートゲームという連載でも書かれてましたが、

 

 

 100y以内からいつも3打、ときどき2打で上がる(石井忍)。

 

 

赤羽のインコースに限らず、どんなコースであっても100ヤード以内を3打以内で上がることができればパーで上がれるホールが増えますし、ボギー以内でほぼ上がれ、スコアが安定します。180ヤードや200ヤードからグリーンに乗るようなショットが打てなくても、100切り、90切りができますし、70台のスコアも出せます。

 

石井プロの連載記事によると、100ヤード以内のショットはスコア全体の55~60%を閉めているそうです。対して、100ヤード以上のショットは40~45%だそうです。ちなみに赤羽のインコースだと、100ヤード以内のショットはスコア全体の70%ぐらいの感じがします。

 

 

マーク金井は3ヶ月ほど前からチッパーをキャディバッグに入れるようになってからというもの、100ヤード以内がいつも3打、ときどき2打で上がれる確率がグンと上がりました。特にグリーンをちょっと外した時からのショットではザックリ、トップはほとんど出ませんし、距離感も安定しています。

 

スコアメイクを本気で望んでいるならば、ショット分析を行うことでスコアアップを狙っているならば、、、、、

 

 

石井プロもおっしゃっているように、、、、

 

 

100ヤード以内で何打で上がっているのか、具体的にデータを取ってみることをお勧めしたいです。ここのデータを取り、もしも3打以上費やしているのであれば、打ち方もさることながら使っているクラブにも問題があると超私的に思います。

 

100ヤード以内で4打以上費やしてしまうとベストスコアを更新することは困難を極めます。100ヤード以内を3打以内にできない人は、グリーン周りではウエッジを使うのではなくてチッパーを使ってみることを強くお勧めしたいです。

 

(▼▼)b


ついにアナライズでも発売開始!

パター型チッパー『ステップオーバー25』←↓クリック


2020年07月29日超私的な提案  初心者はどんなクラブから練習すれば上達が早くなるのか!?

Youtubeマーク金井チャンネル 最新動画配信開始

三菱ケミカルディアマナTB

ついにアナライズでも発売開始!

パター型チッパー『ステップオーバー25』←↓クリック


昨日は小雨が降ったりやんだりする中、赤羽ゴルフ倶楽部薄暮でサクッと9ホールプレーしてきました。梅雨の間もプレーする頻度が変わらないのは歩きたいから。加えて、久しぶりにチッパー型ウエッジ、ms48とms54を実際にコースで試したかったのです。

 

担ぎセルフで9ホールプレーすると約8000歩ほど稼げます。街中で8000歩というとかなり大変ですが、ゴルフならばまったく苦になりません。クラブでボールを打つということをやれば勝手に歩けてしまいます。おかげで昨日はトータルで2万2000歩ほど歩くことができました。

 

 

さて、昨日はラウンド前に神田のスタジオで「チッパーを使うことのメリット」について取材を受けました。日本チッパー協会の会長ということで取材を受けたのですが、チッパは使えば使うほどゴルファーにメリットがあるクラブです。

 

どんなメリットがあるのかというと、、、

 

 

 ・グリーン周りでアンフォースドエラーが出にくい
 ・シャンク、ザックリ、往復ビンタしづらい
 ・寄せワン、チップインの確率が上がる

 

 

今週発売の週刊ゴルフダイジェストの巻末連載、「考えないショートゲーム」の最終回では、「100ヤード以内、平均3打以下がシングルの条件」と書いてありましたが、チッパーを使えば確実に3打以内に近づけます。100が切れない人はもとより、シングルになれそうでなれない人の多くは、グリーン周りで凡ミスをしています。チッパーを使うだけで凡ミスは確実に減らせることを考えると、チッパーはまさにスコアアップの救世主となるクラブです。

 

そして、中上級者に関して言えばチッパーはチップインが狙える攻撃的なクラブになってくれるのです。

 

 

 

チッパーにはもうひとつ大きな特徴があります。

 

 

それはインパクトで「フェースにボールが乗る」という感覚を養えるのです。マーク金井が使っているステップオーバー25はパター型チッパーですが、ロフトが25度あるおかげでパターのようにストロークしてもフェースにボールが乗り、ボールを運ぶ感覚を養えます。

 

 

この「フェースにボールが乗る」という感覚は、チッパーのみならず、ドライバーからウエッジに至るまですべてのクラブでもナイスショットを打つのに欠かせない感覚なんです。逆に言うと、「フェースにボールが乗る」という感覚がない人の場合、ショットが不安定になりやすく、かつ距離感も養いづらくなるのです。

 

 

チッパーはアプローチ用に作られたクラブでありますが、チッパーはフェースにボールを乗せる感覚をもっとも簡単に味わえるクラブでもあるのです。

 

The Chipper PV本当に全部チップインするかと思いましたよ

井上 順雄さんの投稿 2020年7月21日火曜日

 

 

この「フェースにボールが乗る」という感覚は、ゴルフを始めてできるだけ早い段階で会得したい感覚でもあるのです。超私的なことを言わせてもらえば、ゴルフをゼロから始める人、ゴルフ初心者はまずはチッパーから練習してほしい。チッパーから始めれば、ボールを打つということよりもフェースにボールを乗せて運ぶという感覚が短時間がつかめ、それはゴルフスイング作り、スコアメイクにもつながるのです。

 

ドライバーでもなく、アイアンでもなく、ウエッジでもなく、パターでもない。チッパーからゴルフを始めると、ゴルフの神髄を真っ先に会得できると超私的に思っている今日この頃です。

 

 

(▼▼)b


マーク金井のオンラインサロン『マーク金井の「ロジゴル」オンラインサロン』会員募集中です

メンバーに向けて、ほぼ毎日、マーク金井がゴルフクラブに関する情報、ゴルフスイング、スコアアップの情報を発信します。ご入会お待ちしてます〜