マーク金井blog

カテゴリー: トーナメントから

2017年05月07日超私的な考察 国内女子ツアーのギャラリーが増えた本当の理由とは!?

国内女子メジャー初戦、「ワールドレディスサロンパスカップ」は3日目を終えて、韓国のキム・ハヌル選手が通算6アンダーで単独首位に立ちました。1打差の2位には前回大会の覇者、レキシー・トンプソン選手と川岸史果選手。首位と3打差の5位には岡山絵里選手、成田美寿々選手がつけています。

今季未勝利の2年連続賞金女王イ・ボミ選手は1つスコアを伸ばすにとどまり、今季日本ツアー初出場となるアン・シネ選手(ともに韓国)らとともに通算3オーバーの32位で最終日を迎えます。

このブログがアップされる頃には最終日、最終組がスタートしていると思いますが、マーク金井は昨日、サクッと「ワールドレディスサロンパスカップ」が開催される茨城ゴルフ倶楽部行ってきました。GWの渋滞をさけるべく午前7時には現地に到着したのですが、その時、すでに大勢のギャラリーが詰めかけてます。GWということもありますが、男子ツアーではまず見られない光景です。

 

3日目のスタート表を見ると、何かと話題を集めているアン・シネ選手はトッププスタートの午前8時。通常、出場選手はスタート1時間前にはウオーミングアップを初めてます。もちろんギャラリーもそれを心得ていて、大勢がドライビングレンジやパッティンググリーンにつめかけてました。

 

そして8時に第1組がティオフ。上下赤のシネ選手と青山加織選手の2人が1番ティに上がった時にはスタンドはすでに満員。ロープ際も立錐の余地なく人が並んでいます。ギャラリー数で言えば、昨年、取材に行った日本オープン並みか、それ以上に感じました。

 

 

男子ツアーに比べると女子ツアーは盛り上がっていると言われてます。確かに、この大会も大勢のギャラリーがつめかけてますが、では、昔からギャラリーが多かったというとそうではありません。マーク金井がゴルフ業界に入った頃、今から30年前は女子ツアーはそれほど盛り上がってませんでした。当時は女子よりも男子ツアーの方がギャラリーが多かったのを記憶しています。AONというビッグスターに加え、倉本昌弘プロやいぶし銀の杉原輝男プロが多くのギャリーを引き連れていたのです。

 

 

では、なぜ女子ツアーは年々、ギャラリーが増えてきたのでしょうか?

 

 

女子は世代交代が上手くいき、かつビジュアルがいい選手が増えたと言われてます。対して男子は、大ギャラリーを呼べるスター選手がいないと言われてます。

 

確かにその通りで、30年前に比べると国内女子ツアーはギャラリーを呼べる選手が増えてます。また、海外から有名招待選手も出ています。今回の「ワールドレディスサロンパスカップ」でもロレックスランキング50位以内の海外選手が、なんと、、、

 

 12名も出場しているのです!!!!!!!!!!

rank rank_delta player_name country_code event_count average_points total_points
1 0 Lydia Ko NZL 50 9.1 455.13
2 0 So Yeon Ryu KOR 49 8.61 422
3 0 Ariya Jutanugarn THA 57 8.32 474.23
4 0 In Gee Chun KOR 53 6.72 356
5 0 Lexi Thompson USA 45 6.41 288.62
6 1 Inbee Park KOR 38 6.1 231.76
7 -1 Shanshan Feng CHN 53 5.91 313.38
8 1 Amy Yang KOR 45 5.63 253.13
9 -1 Ha-Na Jang KOR 53 5.62 297.86
10 2 Sung Hyun Park KOR 58 5.29 306.94
11 -1 Anna Nordqvist SWE 50 5.16 258.05
12 -1 Sei Young Kim KOR 52 4.96 258.12
13 0 Brooke M. Henderson CAN 57 4.57 260.25
14 4 Cristie Kerr USA 48 4.53 217.52
15 -1 Mirim Lee KOR 50 4.43 221.27
16 -1 Stacy Lewis USA 50 4.2 210.04
17 7 Harukyo Nomura JPN 57 4.06 231.38
18 1 Minjee Lee AUS 56 3.86 216.31
19 -2 Charley Hull ENG 47 3.79 178.36
20 -4 Suzann Pettersen NOR 47 3.68 173.07
21 -1 Gerina Piller USA 46 3.5 161.22
22 3 Jessica Korda USA 47 3.34 157.14
23 -2 Carlota Ciganda ESP 53 3.27 173.29
24 -2 Bo-Mee Lee KOR 63 3.16 198.93
25 2 Mi Jung Hur KOR 47 2.99 140.68
26 -3 Jiyai Shin KOR 58 2.96 171.91
27 -1 Brittany Lang USA 55 2.85 156.72
28 0 Hyo-Joo Kim KOR 58 2.59 150.13
29 6 Ha Neul Kim KOR 61 2.51 152.8
30 0 Sun Ju Ahn KOR 55 2.48 136.43
31 0 Teresa Lu TPE 58 2.48 143.81
32 -3 I.K. Kim KOR 39 2.44 95.18
33 -1 Mo Martin USA 54 2.31 124.58
34 -1 Karine Icher FRA 58 2.28 132.09
35 -1 Brittany Lincicome USA 51 2.23 113.84
36 0 Hae Rym Kim KOR 60 2.11 126.79
37 1 Jin-Young Ko KOR 59 2.09 123.19
38 -1 Austin Ernst USA 55 2.05 112.78
39 3 Ritsuko Ryu JPN 67 2 133.83
40 -1 Alison Lee USA 46 1.99 91.68
41 -1 Jenny Shin KOR 55 1.99 109.35
42 3 Jodi Ewart Shadoff ENG 46 1.98 90.98
43 5 Ai Suzuki JPN 69 1.98 136.36
44 10 Eun-Hee Ji KOR 53 1.97 104.65
45 10 Jung Eun Lee KOR 36 1.97 71.05
46 -5 Min Sun5 Kim KOR 61 1.97 120.25
47 -3 Seon woo Bae KOR 59 1.92 113.46
48 -2 Pornanong Phatlum THA 60 1.92 115.06
49 -6 Candie Kung TPE 52 1.91 99.48
50 -3 Caroline Masson GER 59 1.88 111.12

 

男子と女子は違うというのもありますが、国内男子ツアーで世界ランク50位以内の選手が10名以上出るなんて試合は、最近、見たことがありません。かつての男子ツアーは世界の有名どころが多数出てましたが、最近は世界ランク上位の選手が多数招かれることはほとんどなくなっています。

 

今回の「ワールドレディスサロンパスカップ」を一言で例えるならば、

 

東京モーターショー!!!!

東京モーターショーは車の博覧会でありますが、車に負けず劣らずビジュアル系のコンパニオンが際立ってます。「ワールドレディスサロンパスカップ」アン・シネ選手だけでなく、コ・ジンヨン選手、キム・ミンソン選手らの実力があるビジュアル系選手も出ています。トッププロの技とビジュアルという2つの楽しみ方ができることが、今回のギャラリー大幅動員につながっていると肌で感じました。

 

昨日はドライビングレンジで2時間近く選手のショットを観察しましたが、選手は美しさだけでなく、プロならではの技術も伴っています。おしむらくは日本選手にはビジュアルに対して遠慮している選手が少なからず見受けられました。超私的なことを言わせてもらえば、そこがなんとももったいないです~。

 

(▼▼)b


アナライズの大ヒット商品

シャフトスタビライザー

analyze_ss_photo01

analyze_ss_top (3)

インパクトでグリップが浮いて、ヘッドが垂れる人、チーピン、フックに悩む人、ミート率が悪い人に効果があります!! 是非お試しください


2017年04月13日超私的な考察、ガルシアがローズも、なぜパターの時は変則的なグリップをするのか!?

今年のマスターズはプレーオフの末、スペインのS・ガルシアが初優勝しました。ガルシアは今回がメジャー74戦目。37歳にして初のメジャータイトル、そして念願のグリーンジャケットに袖を通すことができました。

ガルシアのクラブセッティングはドライバーからパターまで、14本すべてがテーラーメイドです。加えてボールも、同社のTP5。すべてのアイテムが最新モデル。メーカーとクラブ契約している選手の鑑(かがみ)のようなセッティングで今年のマスターズを制しました。ちなみに、プレーオフで敗れたJ・ローズテーラーメイド契約選手で、同社のクラブ、パター、ボール(ローズは、TP5X)を使っています。


さて、このガルシアローズ

 

同じメーカーのクラブ、ボールを使っているだけでなく、もうひとつ共通点があります。それはパターを打つ時のグリップの握り方。

2人とも通常の右打ちのグリップでもなく、クロスハンドグリップでもありません。左手は普通に握ってますが、右手はクラブを握るのではなくて、横からあてがっているだけ。パターを握った時、右手の甲が正面を向くクロウグリップをしています。

 

 クロウグリップは昔からあるパターの握り方ではありません。マーク金井がゴルフを始めた頃(1970年代)はツアープロでクロウグリップをしている選手をテレビで観たことがありませんでした。ツアープロがクロウグリップをするようになったのは、恐らく2000年を過ぎてからだと思います。そして、2016年から長尺パター(普通のパターを含めて)でアンカリングが禁止になってからは、クロウグリップをするツアープロが増えています。

 

アマチュアゴルファーの間で長尺パターを使う人が少なかったように、クロウグリップもアマチュアの間でやっている人はそう多くありません。では、なぜガルシアローズは見た目にも奇妙なクロウグリップをするのでしょうか?

 

本人に直接聞いてみたいところですが、そうは簡単に問屋が卸してくれません。そこで今回も超私的に、彼らがクロウグリップにいきついた理由、クロウグリップのメリットについて考察してみたいと思います。

 

 まず考えられるのは、普通のグリップやクロスハンドではパターが入らなくなった、スムーズにストロークできなくなったのでしょう。普通のグリップ(逆オーバーラッピング)やクロスハンドで入るならば、わざわざ見た目にも不思議なグリップをする必要はないからです。実際、パターの名手と呼ばれる選手で、クロウグリップしているツアープロはまずいません。パット、特にショートパットで苦労した人が、苦労した末にクロウグリップにチェンジしたと考えられるます。この可能性は95%以上でしょう。

 

ツアープロの場合、ショートパットに病気を抱える人が少なからずいますが、病気になるほど左右の手がスムーズに動きません。無意識の内にインパクトの瞬間に手首を使い過ぎたり、不必要なパンチが入ったり、何が余計な動作が入っています。この嫌な感じを取るための選択肢のひとつとしてクロウグリップにしているのです。ちなみに、長尺パターをツアー選手にも、クロウグリップにしている人が結構います。

 

(↑今回のマスターズでは、長尺パターは、アンカリング規制の影響か?!、アマチュアのスチュワート・ヘイジスタッドぐらいしか目にすることはなかった)

 では、クロウグリップのメリットはなにか?

 

左右の手の握り方と違って、クロウグリップは左手と右手の握り方が全然違います。これにより、左右の手の役割分担がハッキリします。そして、右手に関しては手の甲が正面を向くことで、ストローク中に手首が余計な動きをしづらくなります。右手の手首が余計な動きをしないことで、インパクトの瞬間に余計な動作が入りづらいメリットがあります。また、右手首が使えない分だけ、インパクトでパンチが入るのも防止できます。

 

 言い換えると、クロウグリップをボールを「ヒットする」という感覚ではなく、ボールを「転がす」ような感じでストロークできます。

 

また、クロウグリップにすると、アドレス時に肩のラインをスクエアに保ちやすくなります。右手の甲を正面に向けてグリップすると右手が前に出ません。右手が前に出ない分だけ、右肩も前に出づらくなるからです。

 

では、クロウグリップに弱点はないのか?

 

今までやったことが無い人にとっては、クロウグリップは慣れるまで苦労するでしょう。特にクラブをガッチリ、タイトに握るのに慣れている人にとってはクロウグリップはかなり頼りない感じになると思います。

 

 もうひとつは、遅いグリーンにはあまり相性が良くないと思います。前述したようにクロウグリップはボールを強くヒットするのに適したグリップではありません。なので、遅いグリーンになると、ボールをヒットしづらい分だけ距離感を出すのに苦労すると思われます。

マスターズのグリーンを始め、トーナメントコースが開催されるコースのほとんどは、グリーンが超高速。遅いグリーンでプレーすることがないことも、ツアープロの間でクロウグリップにする人が多いと思います~。

 

(▼▼)b


昨日よりゴールデン・ウィークのセミナーの参加者募集開始しています

詳細は↓をクリック

↓こちらも募集中です

中越豪 パッティングセミナー

4月23日9時開催

中越豪は、元パターメーカー、ジオギャラクシー代表、大手メーカーのツアーサービス、プロキャディ、プロに対するショートゲームのコーチングの経験があります。中越豪があなたをパッティングの世界の入り口にご案内します。希望者にはパターの調整もします(別料金)愛用のパターをお持ち下さい。T島も中越豪さんのおかげで、パターするのが楽しくなりました。

お値段は8000円です

お申し込みは yoyaku@analyze2005.com お名前とお電話番号を書いてメール下さい(携帯アドレスでないほうが後々助かります) よろしくお願いします!

 


2017年04月12日超私的な考察、ガルシアもローズも、なぜM1ではなくM2ドライバーを使うのか!?

昨日よりゴールデン・ウィークのセミナーの参加者募集開始しています

詳細は↓をクリック


マスターズの興奮がまだ冷めない人も多いかと思いますが、マーク金井もそのひとり。最終日はスタート直後から、ガルシアローズの一騎打ち。アウトを終えた時点ではローズが一歩リード。11番ではガルシアがティショットを左に曲げてレイアップ。対してローズはバーディチャンスに2オン。13番でも、ガルシアはティショットを左に曲げて、アンプレヤブル。対してローズはフェアウェイからセカンドショットを打って、楽々2オン。ところが、終わってみれば2人ともパーでホールアウト。

 

ガルシアは14番バーディ、15番(パー5)は2打目をピンに当てるスーパーショットでイーグルとして再び首位に並びました。そして16番ではガルシアが短いバーディパットを外し、17番ではローズがセカンドをバンカーに打ち込んでいます。最終18番はともにバーディーチャンスにつけながらも、ふたりともバーディーパットを決めきれずにプレーオフに突入。プレーオフ1ホール目(18番)で、ローズがティショットを右の林に打ち込んで、セカンドをレイアップ。完璧なティショットを打ったガルシアが、最後にバーディを奪って念願のグリーンジャケットに袖を通しました。

さて、このガルシアローズ

 

ご存じのようにどちらもクラブ契約はテーラーメイド。そしてどちらの使っているドライバーはM2ドライバー(2017モデル)。テレビ画面にも、何度も何度もM2のヘッドがアップで映し出されていました。

 

テーラーメイドのM2ドライバーは同社の主力商品ですが、トップブランドではありません。トップブランドとなるのはM1ドライバーで、M2ドライバーはセカンドブランド的な位置づけのモデル、分りやすくいえば廉価版モデルです。小売り価格もM1に比べると、M2は100ドルほど安くなっています。ちなみに、米国ではトップブランドだけでなく、セカンドブランドも人気が根強く、このM2もよく売れています。

 

 では、なぜガルシアローズも、トップブランドのM1ではなく、セカンドブランド的な位置付けのM2を好んで使っているのでしょうか? メーカー側にしたら、できれば契約選手にはトップブランドを使ってほしいと思いっているはずなのに、、、

 

本人に直接聞いてみたいところですが、そうは簡単に問屋が卸してくれません。そこで今回は超私的に、彼ら2人がM2を選んだ理由を考察してみたいと思います。

 

 

まずM1とM2の違いですが、メーカー側の説明では、

 

  • M1は調整機能が豊富(前後左右にウエートを移動でき、重心位置を変えられる)
  • M2は調整機能がシンプル(重心位置は変えられない)

 

となっています。確かにM1はソールが凝っており重心距離を長くしたり短くしたり、重心深度を浅くしたり深くできます。これによりヘッドの返り具合、スピン量を調整できるメリットがあります。対してM2のソールはシンプルで重心位置を変えることはできません。

 

この違いから察するに、ガルシアローズも「重心位置調整機能」は必要ないからM2を選んだのでしょう。もしも重心距離を変えたり、重心深度を変えたりしたいのであれば、M1を選んだはずです。言い換えると、ドライバーを選ぶ上で最優先事項は、調整機能ではなく、自分が打ちたい球が打てるかどうか。自分が打ちたい球が打てるならば、余計な機能は入らない。だからM2を選んだという可能性は90%以上だと思います。

 

他にM1とM2の違いを挙げると、ヘッド重量が異なります。個体差もありますが、M1のヘッド重量は約206g(スリーブ込み)、M2は約200g(スリーブ込み)。

スリーブ無しの重量(スリーブが約6g)

スリーブ無しの重量(スリーブが約6g)

 

ガルシアローズも200gぐらいの重さのヘッドを好んだ結果、M2を選んでいる可能性がありますが、ツアープロの場合、ツアーバン(プロ対応)でヘッド重量を調整している可能性もあります。なので、ヘッドの重さの違いで、M2を選んだという可能性は50%以下でしょう。

 

他では、M1とM2とではヘッド形状が異なります。M1はクラウンが大きく膨らんでいるために、アドレスするとディープ(分厚い)感じがします。大して、M2の方はクラウンの膨らみは控えめ。アドレスするとディープな感じがしづらく、「やさしさ」や「高弾道」をイメージしやすくなっています。ヘッドのシェイプは好みの問題もあります。なのでヘッド形状の違いで、M2を選んだという可能性も50%以下でしょう。

 

最後にM1とM2を打ち比べると、明らかに異なるのがヘッドの操作性。M1はヘッドの操作性がクイック(ピーキー)で、球筋を打ち分けやすい反面、直進性はやや劣ってきます(M2に比べて)。対して、M2はヘッドの操作性が穏やかなので直進性が高い弾道が打ちやすく、球筋がやや打ち分けづらくなっています(M1に比べて)。この操作性の違いで、M2を選んだという可能性は60%以上でしょう。

重心距離、そして重心深度を調整できるのは魅力的ですが、その反面、重心位置というのはヘッド形状によって決まっていた方が、「見た目と性能が一致」します。マーク金井M2をエースドライバーにしていますが、M1を選ばないのは調整機能を使ってしまうと、「見た目と性能が一致しづらくなる」からです~。

 

(▼▼)b


アナライズからお知らせ

好評でしたアナライズPPグリップ販売再開!

↑クリック

冬から春のゴルフに絶対的な安心感をもたらすこちら

マジックマリガンUT35 販売再開しました!!!

よろしくお願いします

お陰様で、ゴルフの竪琴(弊社にての直販)が累計販売1万本を突破しました!

お買い上げいただいた皆様に感謝の気持ちを込めて・・・

ゴルフの竪琴大ヒットのきっかけとなった片山晋呉プロとマーク金井の共著

シンゴイズムを抽選で毎週20名、累計100名様にプレゼントします

アナライズWEBショップにて、ゴルフの竪琴を購入していただいた方は、どしどし応募ください

(当選者は商品の発送を持って発表と代えさせていただきます)

yoyaku@analyze2005.comへ、お名前、〒、ご住所、お電話番号、シンゴイズムプレゼント応募と書いて、応募メールを頂きたいと思います

 


2017年04月10日超私的な素朴な疑問、なぜ高速グリーンでは4パットが出やすくなるのか!?

例年同様、今年のマスターズも数々のドラマが繰り広げられました。3日目を終えて優勝争いを演じたのは、

 

-6 S・ガルシアJ・ローズ
-5 R・ファウラー
-4 J・スピースR・ムーアC・ホフマン
-3 A・スコット
-2 C・シュワルツェル
-1 L・ウエストウッドT・ピータース
±0 R・マキロイ

 

サンデーバックナインは手に汗握る展開になっていると思いましたが、12番ホールからはガルシアとローズの一騎打ち。12番でピンチをしのいだガルシアが、15番のイーグルで完全い息を吹き返しました。ガルシアが16番で短いバーディパットを外した時は、「またもメジャーに手が届かないのか?」とも思いましたが、続く17番でローズがセカンドをバンカーに入れてボギー。18番では2人ともバーディパットを外してプレーオフに突入。

 

プレーオフの1ホール目にティショットを右の林に打ち込んだローズは万事休す。バーディパットを沈めたガルシアが74回目のメジャー挑戦で、グリーンジャケットに袖を通しました。

 

 

日本から出場した、残念ながら松山英樹選手は、パットの不調で優勝争い加わることができませんでした。バーディチャンスに何度も付けながらパットはカップの縁を通過することが多かったですし、極めつけは3日目の最終ホール。2オンしたにもかかわらず4パットでダボを叩いています。最終日は67の好スコアをマークしてますが、それでも惜しいパットを何度も外しています。

 

 

マスターズが開催されるオーガスタのグリーンは、超高速グリーンとして知られています。そしてポテトチップスのような凸凹があり、平坦なラインのパットはほとんどありません。このため、いいストロークをしても距離感と方向(ライン)が合致していないと、ボールはカップに吸い込まれないのです。

 

我々アマチュアがプレーするコースはここまで速くて難しいグリーンはありませんが、最近は高速グリーンが増えています。グリーンのアンジュレーションが強いゴルフ場も増えています。

 

そこで今回は、素朴な疑問として速いグリーンと遅いグリーンの違いについて超私的に書いてみたいと思います。

 

一般的には遅いグリーンよりも速いグリーンの方が、「グリーンの状態が良い」というのが定説で、一般的には遅いグリーンよりも速いグリーンの方が好きなアマチュアゴルファーが多いです。グリーが遅いと「面白くない」なんてボヤく人もいたりします。速い、遅いというのはかなり抽象的なので、スティンプメーターで区分けしましょう。速いグリーンは11フィート以上。遅いグリーンは8フィート以下です。

 

速いグリーンのメリットは強く打たなくても転がりますが、反面、距離感を間違うと、大ショートしたり、大オーバーが出ます。例えば、1メートルの距離でも2メートル以上オーバーなんてことも珍しくありません。対して、遅いグリーンは強く打たないとショートしますが、距離感を間違えるミスは高速グリーンほどは出ません。1メートルの距離でカップに届かないミスは出ますが、インパクトでパンチが入っても2メートル以上オーバーするなんてことにはならないです。どちらのグリーンも3パットは出ますが、グリーンが速くなるほど4パットする確率が高くなり、グリーンが遅くなるほど4パットする確率は低くなります。

・では、なぜ速いグリーンは4パットしやすいのか?
・では、なぜ速いグリーンは距離感を合わせるのが難しいのか?

 

速いグリーンはなぜ難しいのかというと、グリーンが速くなればなるほどボールが止りづらくなること、決めた場所(決めた距離)にボールを止めるのに高い精度が求められるからです。そして、グリーンが速くなればなるほど傾斜の影響を強く受けます。グリーンが速くなるほど、上りと下りのタッチ(距離感)のギャップが大きくなるのです。また、左右の傾斜に対しては、グリーンが速くなるほど、フックライン、スライスラインで曲がる度合いが大きくなるのです。

 

ちなみにグリーンが遅くなるほど、上りと下りの差は大きくなりづらいですし、左右に曲がる度合いも大きくなりづらいのです。遅いグリーンは入らないとか、距離感が出ないと思っている人が少なからずいますが、それは遅さに慣れていないだけのこと。遅さに慣れてしまえば、速いグリーンよりも遅いグリーンの方がボールが止りやすい分だけ、距離感の誤差のミスに対して寛容になることが分ってきます。

 

高速グリーンというのは、平坦なラインでも下り傾斜のパットを打つのと同じ感じです。
オーバーを恐れてインパクトが緩めば大ショートし、パンチが入れば2メートル以上簡単にオーバーします。加えて、高速グリーンで下り傾斜ともなれば、ボールがいったん転がり出したら、途中から傾斜の影響で加速し、グリーンの外に出ます。オーガスタのグリーンはそんなところばかりですから、世界の一流どころでも大ショートしたり、大オーバーのミスが簡単に出てしまうのです。

 

大事なことなので繰り返しますが、高速グリーンはボールの転がりにブレーキを掛ける要素が少なく、その結果、ボールが止りづらくなるから距離感を合わせるのが難しくなります。傾斜がかかるラインでは、インパクトの強さが少し変わっただけで左右に曲がる度合いが変わってくるから、タッチが合っていないと3パットだけでなく、4パットも出やすくなるのです~。

 

(▼▼)b


アナライズからお知らせ

好評でしたアナライズPPグリップ販売再開!

↑クリック

冬から春のゴルフに絶対的な安心感をもたらすこちら

マジックマリガンUT35 販売再開しました!!!

よろしくお願いします

お陰様で、ゴルフの竪琴(弊社にての直販)が累計販売1万本を突破しました!

お買い上げいただいた皆様に感謝の気持ちを込めて・・・

ゴルフの竪琴大ヒットのきっかけとなった片山晋呉プロとマーク金井の共著

シンゴイズムを抽選で毎週20名、累計100名様にプレゼントします

アナライズWEBショップにて、ゴルフの竪琴を購入していただいた方は、どしどし応募ください

(当選者は商品の発送を持って発表と代えさせていただきます)

yoyaku@analyze2005.comへ、お名前、〒、ご住所、お電話番号、シンゴイズムプレゼント応募と書いて、応募メールを頂きたいと思います

 


2017年04月09日超私的な考察、マスターズが開催されるオーガスタナショナルはなぜ難しいのか!?

PGA男子メジャー初戦、マスターズの予選ラウンドが終わりました。2日間を終えて、トップのスコアは4アンダー。全米オープンに比べるとスコアが伸びていますが、通常のトーナメントに比べるとスコアはそれほど伸びてません。オーガスタはフェアウェイもそれほど狭くありませんし、ラフも長くはありません。にも関わらず、出場選手はスコアメイクに苦労しています。日本勢では松山英樹プロは予選通過してますが、池田勇太プロ谷原秀人プロは予選落ちしました。ちなみに、予選落ちした2人は世界ランクは50位以内です。

今年もいろんなホールでドラマが起こっていますが、初日でもっとも衝撃だったのはジョーダン・スピース(2015年優勝、2016年2位)の15番ホールでの「9」の大叩きでしょう。ショットを振り返ると、3打目を迎えるまでは特に問題ありませんでした。

http://www.masters.com/en_US/players/player_34046.html

・3打目。フェアウェイから打ったショットはグリーン手前に乗るものの、バックスピンで逆戻りして池ポチャ(一打罰)
・5打目。ドロップして打ったショットは大きくグリーンオーバー。
・6打目。奥からのアプローチはオーバーして10メートル以上のロングパットを残す
・7打目。ファーストパットは2m弱ショート
・8打目。2m弱のパットを外す
・9打目。20cmのパットをカップイン。

スピースほどのショットメーカーがグリーンに乗せるまでに6打も費やし、スピースほどのパットの名手が3パットしてしまい、クアドラボギーを打ってしまいました。ちなみに、二日目に松山英樹はこの15番は2オン2パットでイーグル逃しのバーディーを取っています。

 

15番はイーグルも狙えるホールであり、かつトリプルボギー以上の大叩きもしてしまうホールです。全米オープンの開催コースはセッティングが難しいですが、オーガスタのように1ホールでスコアが大きく変わってしまうホールというのはほとんどありません。言い換えると、オーガスタの難しさ、マスターズの難しさというのは天国と地獄を味わえるホールが多いことにあるのです。

 

では、世界の一流どころが出場しているにも関わらず、マスターズ(オーガスタ)では同じホールで天国と地獄を味わうってしまうのでしょうか?

 

マーク金井は1993年にマスターズの取材でオーガスタナショナルに足を運びました。当時はラフはありませんでしたが、グリーンはポテトチップスのような凸凹があり、超高速です。テレビでは分かりづらいですが、アップダウンが強く、かつドッグレッグホールが多いのが特徴です。もちろん、このようなレイアウトのコースは他にもありますが、オーガスタナショナルならではなのが、ベストポジションとワーストポジションが紙一重なこと。そして、ボールを止めるのが非常に難しいホールが多いのです。

 

例えば、スピースが「9」を打った、15番ホール。セカンド以降は打ち下ろしでグリーンは横長で奥からは砲台形状。手前には池があり、奥は強い傾斜です。よほどの上げ寸と風が吹かなければ2オンが狙えるチャンスホールですが、反面、グリーンを狙う時は、

 

手前もダメ、奥はもっとダメ

 

そしてグリーンは強い受けグリーン。ショートアイアンでグリーンを狙う場合、バックスピンでボールが逆戻りして池ポチャしやすくなっています。そしてショートを嫌がって強めに打ってオーバーすると、今度は打ち上げで下り傾斜のグリーンに向かってのアプローチ。奥に外すと、ボギーはおろかダボ以上なる場合があります。

 

15番だけではありません。ほとんどのホールは「ショートはダメ、オーバーもダメ」という感じにレイアウトされてますし、グリーン面は平坦ではないので、ボールを止めづらくなっています。オーガスタの難しさはボールを止められる場所が非常に限られていることにあります。

そして、もうひとつの難しさはアプローチやパッティングが直線的ではなくて、かなり曲線的なラインを描くことにあります。

 

2日目の18番ホールはピンが手前に切ってありました。このホールで、松山英樹選手はセカンドをグリーンオーバー。奥からのアプローチはあわやチップインでしたが、ボールは直線的にピンに向かって転がってません。ボールはグリーンから外れるかの方向に転がり出し、そして途中からは円を描くかのように右に大きく曲がっています。アプローチとパッティングにおいては、アクロバットのようなショットやパットが求められるのです。

 

2日目を終えてトップに立っているひとりのチャーリー・ホフマンは初日65で、2日目は75を叩いています。マーティン・カイマーは初日78を叩きながらも、2日目は68で回って上位に食い込んでいます。オーガスタナショナルは世界の一流どころでも一日でスコアが10打ぐらい平気で変わってしまうのです。

 

2日目を終えて松山英樹プロは+2。トップとは6打差ですが、この差は数字ほど大きくありません。3日目を終えて6打差ついていたとしても、まだ優勝争いに加われるのがマスターズトーナメントの面白さでもあり、恐ろしさでもあるのです~。

 

(▼▼)b


好評でしたアナライズPPグリップ販売再開!

↑クリック

冬から春のゴルフに絶対的な安心感をもたらすこちら

マジックマリガンUT35 販売再開しました!!!

よろしくお願いします


1 2 3 4 5 6 42