マーク金井blog

カテゴリー: 超私的な試打インプレッション

2017年09月17日超私的なシャフト試打 USTマミヤ アッタスクール!!!!

3連休に入りました。関東地方は台風が直撃していますが、今日日曜日はアナライズセミナーデー。第1部は1秒1000コマ撮影できるディテクトの高速度カメラを使った「インパクトセミナー」、30分の休憩を挟んだ第2部は打点位置をコントロールするコツをレクチャーする「打点コントロールセミナー」を実施します。このブログがアップされる時間は、ちょうど休憩時間に突入しています。

 

 

さて、3連休の前日(金曜日)、赤羽ゴルフ俱楽部でサクッと薄暮9ホールプレーしてきました。9ホールに慣れると、9ホールがちょうどいい案配。使うクラブは7本以内なので、手引きカートは使いません。担ぎセルフで約5000歩くらい歩くので、カートに乗って18ホールプレーするよりもエネルギー消費があります(笑)。

 

 

さて、ラウンドの時にはクラブやシャフト、そしてボールをテストしていますが、昨日テストしたのが、これっ。

 

 

USTマミヤの新製品、アッタスクール5S。

 

・長さ45.5インチ
・振動数250cpm
・センターフレックス値3.6

 

メーカーのキャッチコピーは

 

「かつてない初速があなたたのゴルフをCoooLにする」

 

セールコピーは

 

「シャフト全体の”走り”がかつてないつかまりとを生む」

 

走りと捕まり。このキーワードが出てくるシャフトの場合、大抵は、手元側の剛性が高く、中間剛性が低く、かつ先端側が軟らかい場合が非常に多いです。手元を硬くして先の動きが大きいシャフトを使った時、多くのゴルフは「走り」を感じます。また、先端側の剛性を低くする(軟らかくする)ことで、インパクトゾーンでヘッドが返りやすくなって捕まった球が打ちやすくなるからです。キャッチコピー、セールスコピーを読む限りでは、前作のアッタスパンチとはまったくキャラクターが異なるシャフトであることが伺い知れます。コピーを読む限りでは、歴代アッタスの中ではアッタスロックスターに近い感じがします。

 

 

では、実際に打ってみてどうなのか?

 

 シャフトの中間部分が軟らかく、ムチのような挙動で捕まりが良い!!!!!

 

 

前作アッタスパンチは切り返しで手元がしなりますが、アッタスクールは手元側の剛性が高いので、手元のしなりは控えめ。その代わり中間部分がグイグイッっと大きめにしなり、インパクトゾーンではシャフト先端が走ります。アッタスパンチが叩けるシャフト、叩いても左に行きづらいシャフトでしたが、アッタスクールはヘッドが走るシャフト、右へのミスが出づらく捕まりがいいシャフトです。

 

 

そして、アッタスロックスターに比べると、シャフト全体のしなり量が大きい。同じフレックスだとアッタスクールの方が少し軟らかく感じますし、挙動もムチのような粘り感が増してます。手元側と中間部分の剛性変化量が大きいの、シャフトがしなり戻るタイミングが合う人にはヘッドスピードが上がってボール初速が上がり、「飛び」を得られます。対して、タイミングが合わない人が使うと、右へのプッシュアウトが出たり、捕まり過ぎる場合があるでしょう。

 

アッタスパンチアッタスクールUSTマミヤのホームページでもマッピングされていますが、シャフトの特性はまったく違います。アッタスパンチは参上(アッタス3)と同じカテゴリーで、アッタスクールアッタスT2アッタスロックスターと同じカテゴリーのシャフトです。

 

 

ゴルフは物理です。

 

シャフトの特性は剛性分布でほぼほぼ決まりますが、今回のアッタスクールは剛性部分通りの素直なシャフトでした~。

 

(▼▼)b


名作MSウエッジ限定復活!販売再開↓クリック

フェースが開いたりしたい人は、こちらをチョイス!!


2017年08月24日超私的な試打インプレッション キャロウェイ GBBドライバー(米国仕様)

売り切れていました

マジックマリガンUT 

21度、24度販売再開します ↑クリック

グリップにアナライズオリジナルグリップが装着されていますが、現在アナライズオリジナルグリップのバックライン無しが欠品中です。バックライン有りもしくは、ツアーベルベットラバーのバックライン無しが、お選びいただけます。(確認メールを差し上げますのでよろしくお願いします。)


今年の夏の甲子園は、14対4で花咲徳栄が広陵を下して優勝しました。埼玉県勢としては夏の大会で初の優勝です。初回から花咲徳栄は効果的に得点を挙げ終始ゲームを支配していましたが、勝負は下駄を履くまでわかりません。高校野球では最終回に一気に大量得点が入ることもあるので、主審のゲームセットの声を聞くまでテレビの前に釘付けになってました。

そして、阪神もヤクルトに鮮やかな逆転勝利。福留選手、糸井選手、そして中谷選手がホームランを放って勝ちました。ヒット数はヤクルトが12本に対して阪神は10本でしたが、得点は阪神が7点なのに対してヤクルトは4点。改めて、ホームランの威力を思い知らされました。

さて威力と言えば、今、日本のゴルフ界で一番威力があるのは松山英樹選手。世界ランク2位で、米ツアーの賞金ランキングは1位。今週から始まるプレーオフシリーズ初戦のパワーランクも松山選手が1位になっています。

 

 

その松山選手。今週はパターを5本も持ち込んでいるみたいですが、ドライバーは昨年秋からずっと同じモデルを使い続けてます。契約先のスリクソンではなくて、キャロウェイのグレートビッグバーサ(GBB)の米国仕様がエースドライバー。そこで、今回はマーク金井もお盆休みの時にショップで衝動買いしたGBB(米国仕様)の超私的なインプレッションをお届けしましょう。

 

 

GBBは日本でも市販されていますが、日本仕様と米国仕様は同じではありません。まず異なるのがコスメティック。日本仕様は光沢仕上げなのに対して、米国仕様はマットブラック(つや消し)仕上げ。色が違うので見た目が大きく異なっており、日本仕様はソフトなイメージ、米国仕様はハードなイメージがあります。

 

クラブを計測してみても、米国仕様は日本仕様よりもアスリート向けでした。ヘッド重量は米国仕様の方が少し重く、そして標準装着されるシャフトも硬くてしっかりしています。米国仕様はシャフトが硬いことを考慮して、わざと「R」シャフトを購入しましたが、予想通り日本仕様の「S」よりも少し硬く仕上がってました。

 

  • 日本仕様のSの振動数 240cpm
  • 米国仕様のRの振動数 243cpm

 

  • 日本仕様のクラブ重量 308.9g  バランスD1.5  長さ45.25インチ
  • 米国仕様のクラブ重量 302.8g  バランスD2.5  長さ45.25インチ

 

米国仕様の方がクラブ重量が軽いのにバランスが出ているのは、米国仕様の方がヘッド重量が3gほど重いからでしょう。実際に振り比べてみても、米国仕様GBBの方が明らかにヘッドが重く感じます。ちなみに米国仕様に標準装着されるのは三菱ケミカルのKUROKAGE BLACK TINIという日本未発売のシャフトが装着されています。ちなみに、松山選手はグラファイトデザインのシャフトを装着しています。

 

では、実際に打ってみてどうなのか?

 

いつものように、最初の1発目はゴルフ場です。赤羽ゴルフ俱楽部のインコースで6ホール使ってきましたが、現在エースドライバーのGBBエピックスターに比べると、明らかに捕まりがいいです。1番ホールで軽いフェードを打つイメージでスイングしたら、フェードではなくて強めのドロー。あわや左のクリークに入りそうになりました。

 

続く13番、14番では強めのフェードを打とうとして、ストレート弾道。ダウンからインパクトにかけてフェースが返りやすい。日本仕様もそうでしたが、米国仕様のGBBも
捕まるタイプのヘッドです。GDOの試打インプレッションの時は捕まりを軽減したポジションに調整してイメージ通りの弾道が打てましたが、米国仕様もヘッドの捕まり具合は同じ感じです。

↓クリック

そして、違いを強く感じたのがヘッド重量。わずか3gですが、ヘッドが重い分だけ少し振り遅れるのと、少しリリースのタイミングが早くなります。これも影響してイメージよりも捕まった球になる感じがしました。超私的なことを言わせてもらえば、米国仕様はヘッドを数グラム軽くした方が、振りやすさがちょうど良くなり、クラブ全体のバランスも良くなる感じがします。

 

フェースの弾き感がすこぶるいいので、今回は、エースシャフトであるアッタスパンチにリシャフトすること、そして社外品でヘッド重量を軽くできるネジを装着することにしました。リシャフトが完了したら、GBB(米国仕様)の続編をアップします~。

 

(▼▼)b


こちらの動画アップしています

シャフトセミナーの動画第一弾!!

募集の際に、撮影許諾を謳っておりませんでしたので、参加者の方のお姿が映らないように編集しております。つながりも悪い部分がありますが、ご容赦下さい

名作MSウエッジ限定復活!販売再開↓クリック

フェースが開いたりしたい人は、こちらをチョイス!!

 


2017年08月22日超私的な試打インプレッション ピン G400ドライバー

9月のアナライズセミナーの募集開始しています↓クリック

ご注意 弊社のセミナーは、動画撮影、写真撮影をする場合がございます。参加申込みの方は、撮影、配信の許諾を前提としておりますので、ご確認の上お申込み下さい。


昨日は久しぶりに関東エリアが晴れました。8月に入ってちゃんと晴れたのは初めてで、そんな最中、プロギアが主催するRSカップ第3戦に出場してきました。プロギアが主催する競技会ですが、特に、クラブやボールの縛りはありません。競技はシングルスとダブルスがあって、マーク金井はシングルスに出場。プロギア縛りではありませんが、今回も使用ボールはプロギアはRSスピンのイエローです。昨年、RSカップに出場した時、参加賞でもらったのですが、使ってみると大満足。

 

 

RSスピンは、アイアン、アプローチのスピン性能が高いだけでなく、ドライバーでは適度に低スピン弾道が打てます。かつ、ルール適合でありながらボールの反発が高いのが気に入ってます。RSカップは残り1試合、そして決勝大会が残ってますが、この2試合だけでなく、普段のラウンドでもRSスピンの出番が一番多くなりそうです。

 

 

さて、昨日は月刊ゴルフ雑誌の発売日。手元には月刊ゴルフクラシック、ワッグル、そして月刊ゴルフダイジェストが届いてますが、今回は月刊ゴルフダイジェストに少し登場しています。ピンの新作ドライバー「G400」の試打記事です。

 

さて、このG400ドライバー。超私的なことを言わせてもらうと、2018年モデルの中で「すぐに買いたくなる」ドライバーの1本です。月刊GDでもコメントしてますが、飛距離性能が優れているだけでなく、コントロール性能にも優れているからです。

 

 

 では、なぜG400は飛距離とコントロール性能が両立するのか?

 

超私的に分析すると、一番の要因はヘッドのサイズダウンでしょう。前作Gドライバーは体積が460CCだったのに対して、G400は445CC。ヘッドサイズというのはクルマに例えるならば、ホイールベースの長さに相当します。たかが15CCと思うかも知れませんが打った感じは「何だこりゃ~」ってぐらい手に伝わる感触が異なり、取り回しがずいぶん楽になりました。マーク金井はフェースをシャットに使うので重心距離が長いドライバーと相性が良いのですが、それでも前作Gドライバーは重心距離の長さを持て余し、右にスッポ抜ける弾道が出てしまうことがありました。対して、G400には右にスッポ抜ける怖さがありませんし、イメージ通りのドローが打てるようになっています。

 

 

ヘッドサイズは15CCのサイズダウンですから、Gドライバー同様、G400ドライバーも重心距離は楽に40mmを超えているでしょう。しかしながら他のスペック、例えば、重心深度、そしてネック軸周りのモーメントがG400ドライバーの方が、少し数値が小さくなっているような気がします。そして数値としてはそれほど大きな差がありませんが、打ってみると、数値以上に取り回し(操作性)が上がっている感じがします。

 

 それともうひとつ感じたのが捕まりが良くなったこと。

 

 

前作Gドライバーは一番捕まるのはSFテックでしたが、それでも他社ドライバーに比べると捕まりが良いというほどではありません。Gシリーズの中で捕まるという位置付けでした。それがG400になると、スタンダート(G400)でも、前作GドライバーのSFテックよりも捕まりが良くなっている感じがしました。浦和ゴルフ俱楽部でG400を試打したのですが、16番(288ヤード)を狙い通りの軽いドロー弾道でワンオン。この時手にしたのは、スタンダード(G400)です。

 

16番は右サイドがずっと林でかつOBラインも迫っています。左サイドには池とバンカー。ワンオンさせるための着弾点(花道)の幅は5ヤードほどしかありません。そこに狙い通り打てた時は、「これ持って帰らせて下さい~」と思わず叫びました。

 

モデルチェンジでヘッドを大きくするのに対して、モデルチェンジでヘッドを小さくするのにはかなり勇気が必要です。ヘッドを小さくすると、イメージ的に「やさしさ」が薄れてしまうからです。普通のメーカーならば、なかなかやりづらいことをピンはやってのけている点も大いに評価したいです。

 

前作同様、G400もヘッドは3種類ラインアップされていますが、使うとなればG400の9度か、LSテックの10度です。現在迷ってますが、迷うと大人買いする性分なので、恐らく、2本同時に購入するでしょう~(笑)。

 

(▼▼)b


こちらの動画アップしています

シャフトセミナーの動画第一弾!!

募集の際に、撮影許諾を謳っておりませんでしたので、参加者の方のお姿が映らないように編集しております。つながりも悪い部分がありますが、ご容赦下さい

名作MSウエッジ限定復活!販売再開↓クリック

フェースが開いたりしたい人は、こちらをチョイス!!

 

 


2017年08月17日超私的な試打インプレ テーラーメイド スパイダーツアーBLACK

アナライズよりお知らせ

本日より営業開始します。弊社の夏休み中に発注いただいた商品は、本日より随時発送します。お時間のかかる商品もございます。しばらくお待ち頂く場合がありますので、ご容赦いただければと思います


お盆休みの最中、本を100冊ほど、カメラを2台、レンズを3本ほど、そしてゴルフクラブを10本ほど断捨離しました。いずれも断捨離の基準は決まっていて、ある一定期間使ってない(本の場合は読んでいない)モノは、たとえ好きなモノであっても手放すようにしています。好き嫌いが基準になるよりも、使う使わないを基準にした方が、自分の中で踏ん切りが付けやすいからです。

 

今回クラブの断捨離で一番多かったのはパターです。マーク金井は公私ともに認めるパター下手なこともあって、衝動買いすることが一番多いのもパター。断捨離後でも手元にパターは10本以上ありますが、一番多いのはセンターシャフト形状のパター。ざっと見渡しだけでも、

 

リンクスナチュラルパターMM(センターシャフト)
・テーラーメイド スパイダー(センターシャフト)
ピン シグマGタイン(センターシャフト)
・オデッセイ #7(センターシャフト)
・オデッセイ 2ボール(センターシャフト)

 

 

センターシャフトが断トツで多く、他のパターもマレットがほとんです。対して、ピン型は大学生の時に購入したピンパルと、ナイキのマキロイモデルぐらいしか持ってません。フェースバランス(重心距離がゼロ)のマレット型の方が構えやすいし、シャフトの軸線上でボールを打てる分だけ、やさしいと感じているからです。

 

にも関わらず、最近エースパターとなっているのがこれっ!!

 

 テーラーメイドのスパイダーツアーBLACK!!!!!

 

世界ランク1位のダスティン・ジョンソンが使っているパターです。これのヘッドが赤いバージョンはセルヒオ・ガルシアが使って今年のマスターズに勝っています。どちらもネオマレットですが、センターシャフトでもありませんし、フェースバランスでもありません。

テーラーのパターと言えば、松山英樹選手が使っているTPコレクション・ミューレンが売れまくってますが(松山選手が使っているモデルはプロトタイプなので、市販品と異なります)、このスパイダーツアーBLACKは出始めの時に比べると、値段も落ち着いています。新橋ジーパーズで何気にボールを転がしてみたら、いい感じだったので衝動買いしました。

 

REDももちろんありましたが、打比べてBLACKにしました。この2つは、ヘッドの色が違うだけではなく、インサートの素材が違います。

 

REDは樹脂
BLACKはアルミニウム

 

BLACK(黒)の方が、インパクトの手応えがしっかりしていて、音も好みだったのです。ちなみにこのパターはマレット型ですがフェースバランスではありません。ヒール側にネックが付いていて、シャフトはストレート。当然、この形状ではフェースバランスにはならず、ピン型やL字型のように重心距離があります。

 

 

すでにホームグラウンドの赤羽ゴルフ倶楽部で2回使いましたが、1~2mのショートパット(クラッチパット)で抜群の安定感があります。

 

アドレスした時、無意識の内にフェースが左を向く癖があるのですが、このスパイダーツアーBLACKはそれが出ません。普通に構えるとフェースが開いた感じになるために、フェースが左を向きづらいのです。加えて、ストローク中に重心距離を感じので、インパクトで突っつく(右に押し出す)感じになりません。重心距離を感じる分だけ、インパクトに向けてフェースを少し返す(ボールを捕まえようとする)動きが入り、これで真っ直ぐ転がりやすくなるのです。ヘッド形状はネオマレットなのに、L字パターを打つような感覚でストロークできる点が気に入りました。

 

 

重心距離があるパターは、引掛けにくい。引っ掛けにくいことが分るから右に押し出すようなストロークになりづらい分だけ、直進性がいい転がりを得られるようになりました。

 

ネオマレット(大型マレット)というと、フェースバランス形状になっているのが当たり前で、このスパイダーツアーBLACKはL字感覚で打てる打てるパター。常識外れな形状のパターですが、通常のL字型に比べるとヘッドが大きい分だけ慣性モーメントが大きく、ミスにも強くなっています。

 

10年ぐらい前、2ボールブレード(これも重心距離があります)を長くエースとして使ってきたのですが、このスパイダーツアーBLACKは、2ボールブレードをストロークした時と似た感覚があります。

 

パターには新車効果というのがあります。いつまで使うのかは定かではありませんが、今のところはクラッチパットを打つのが楽しく、そしてクラッチパットが確実に決まってくれるとスコアも確実に良くなります~。

 

(▼▼)b


名作MSウエッジ限定復活!販売再開↓クリック

 

ツアープロも使っているゴルフの竪琴

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↓クリック


2017年08月04日超私的な試打インプレ PXG0311アイアンはどんなゴルファーと相性がいいのか!?

名作MSウエッジ限定復活!販売再開↓クリック


いったいクラブを何セット持っているのですか!?

初対面の人によく聞かれるのがゴルフクラブの所有本数です。ドライバーに関しては、毎年5本以上購入してますが、それと同じぐらいは断捨離しています。テスト用のクラブではなく、2017年、マーク金井が定期的に使っているドライバーは、

 

テーラーメイド M2(初代)
テーラーメイド M2 タイプD(2代目)
キャロウェイ  GBBエピックスター
グローブライド オノフKURO

 

この4本です。アイアンに関しては、現在定期的に使っているのは、

 

ピン G25
ピン G30


PXG 0311

 

この3セットです。ドライバーに比べるとアイアンは購入する頻度はそれほど高くありません。適性ライ角が5番で65度と超アップライトなこともあり、購入できるアイアンが限られるからです。加えて、気に入ったアイアンは最低でも3年以上は使っています。

 

そして、アイアンに関して今出番が一番多いのがPXG0311。先週の「大東建託・いい部屋ネットレディス」で2季ぶりのツアー8勝目を挙げた成田美寿々選手が使っているのと同じモデルです。成田プロが使ったことで一気に注目度を浴びていますが、このアイアンの一番の特徴は、、、、

 目を閉じて打ったら「ピンと同じ手応えがある」ことです。

 

PXG0311アイアンを手に入れた時にも書きましたが、このモデルは元ピンのデザイナーが作っています。ヘッドの素材、ヘッドの構造はまったく違いますが、ソールの形状(バンス角の付き方)が似ており、インパクトで地面を捕らえた時の感触はピンそのもの。値段は安くありませんが、インパクトの感触に一目惚れし、発売直後に衝動買いしました。

 

 では、このPXG0311はどんなゴルファーと相性がいいのか?

 

ネジがこれでもかって埋め込まれたデザインに目を奪われがちですが、このアイアンの最大の特徴はバンス角とソール形状。5番で7度。7番で9度、9番で11度。これは市販アイアンの中でもトップクラスです。ピンも顔負けなくらいのハイバンスです。加えて、ソールはフラットで、ヒール側のバンスも削り落とされてません。

 

アイアンを払って打つよりも、ダウンブローにヘッドを入れたい人(ダウンブローにヘッドを入れられる人)の方が0311の性能を引出せますし、ダフり気味にヘッドが入った時にクラブがミスをリカバリーしてくれます。1年以上使っていますが、「あっ、ダフった」という時でも手前のバンカーを超え、ナイスショットした時とほとんど変わらない距離が出てくれます。

なので、バンス角が弱いアイアンが好きな人というのは、PXG0311というのは「ソールが跳ねすぎる」と感じてしまうと思います。また、アイアンをすくい打ってしまう人にはヒール側ソールの出っ張り(バンス角)が気になって、少々打ちづらく感じるかも知れません。

 

PXGは現在3種類のアイアンをラインアップしていますが、この0311はヘッドサイズが中間です。ピンと比べるとi200よりは大きめで、G400に比べると小ぶり。そして、重心距離は約43mm。ヘッドサイズの割には重心距離が長めです。テークバックでフェースを開いて上げる人よりも、テークバックでフェースを開かない人、シャットフェースのトップを作る人の方が相性いい、イメージ通りの弾道を打ちやすいと思います。

 

PXGのアイアンは中空構造ですが軟鉄鍛造ヘッドなので、工房とかでも手軽にライ角、ロフト角の調整が可能です。マーク金井も購入するやネックをグイッと曲げて、5番のライ角を65度にして使っています。ちなみにデフォルトのライ角は5番で61.5度です。

 

PXGは非常に高額なクラブですが、1本から購入できる点もピンと同じです。ピンのフィロソフィ(哲学)を継承しつつ、かつ、ピンとは違うオリジナリティを持っています。マーク金井は打感でクラブを選んだりしませんが、PXGは中空構造にも関わらず打感がソフト。打感にこだわるゴルファーにも期待に大いに応えてくれてます~。

 

(▼▼)b


ツアープロも使っているゴルフの竪琴

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↓クリック


1 2 3 4 5 6 10