マーク金井blog

カテゴリー: 超私的な考察

2017年01月16日超私的な考察 プロとアマチュアのドライバーの飛距離差はどれぐらいなのか?

米ツアーはすでに2017年シーズンが開幕しており、今週はソニーオープン。日本勢では、谷原秀人選手、小平智選手、そして松山英樹選手が予選を通過。このブログがアップされる頃には、サンデーバックナインの真っ只中です。3日目を終え単独トップ(2位に7打差)に立ったジャスティン・トーマスが2週連続優勝を成し遂げそうですが、ショット好調のザック・ジョンソンジョーダン・スピースがビッグスコアで追い上げてきそうな感じもしています。

昨日、そして今日とソニーオープンをテレビ観戦していますが、驚かされるのがドライバーの飛距離。300ヤードは当たり前で、350ヤード近く飛ばしてくる選手も少なくありません。1983年に青木功選手が優勝した頃と比べると、ドライバーの飛距離は50ヤード以上伸びている感じがします。

対して、アマチュアのドライバーの飛距離はどうでしょう。

 

男性アマチュアのドライバーでの平均ヘッドスピードは40m/s前後。40m/s前後の人の場合、ドライバーの飛距離は220~230ヤードぐらいでしょう。1983年くらいでの正確な飛距離和分りませんが、パーシモン時代だとドライバーの飛距離は200~220ヤードぐらいだったような気がします。ツアープロと同じくクラブとボールの進化によって、ドライバーの飛距離は20ヤード前後伸びているかと思います。

 

  •  ボールとクラブの進化でツアープロは50ヤードの飛距離アップ
  •  ボールとクラブの進化でアマチュアは20ヤード前後の飛距離アップ

 

ツアープロもアマチュアも進化した道具を使っているにも関わらず、アマチュアは道具の恩恵を受ける度合いが少ないです。今、ツアープロと男性アマチュアのドライバーの飛距離差はとてつもなく広がっており、50~100ヤードぐらいあると思います。

 

 では、なぜアマチュアはツアープロほど道具の恩恵を受けられないのか?

 

スノボをやって思い知ったのですが、スノボの板もゴルフクラブも、性能を引き出すにはプレーヤーのスキル(技術)が求められます。自動車ならばアクセルを踏むことさえできればスピードを出せますが、スノボもゴルフもそうは問屋が卸してくれません。板の上に乗っただけで勝手にターンできるスノボの板はありませんし、クラブを手にしただけで勝手にボールが飛んでしまうクラブもありません。スノボの板もゴルフクラブも、道具を使うスキル(技術)があってこそ、道具の性能を引出せるのです。

 

言い換えると、スノボもゴルフも道具が進化すればするほど、プロや上級者にはメリットが大きく、初心者や中級者にはメリットが少なくなってしまうのです。なので、ツアープロが今どきのやさしいドライバーを使ってしまうと、アマチュアとツアープロの飛距離格差がますます広がるのです。

 

 ゴルフメーカーは「やさしく飛ばせるドライバー」を頑張って作っていますが、頑張って作れば作るほど、アマチュアよりもツアープロが得をする。これが今のゴルフクラブの現状です。アマチュアのお助けクラブを作れば作るほど、恩恵を受けるのはアマチュアよりもツアープロなんです。

 

では、どうすればアマチュアも道具の進化の恩恵を最大限受け取れるのか?

 

ツアープロと同じく、クラブの性能を引出せる理に叶ったスイングを身につけることです。体力や筋力増強も大事ですが、それよりも大事なことは、ゴルフクラブの性能を引出せるスイングを身につけること。今どきのゴルフクラブは残酷でスイングが悪い人にはメリットが少なく、スイングが良い人にはメリットが大きいのです。

 

アナライズではゴルフの竪琴をはじめ、様々な練習器具をラインアップしています。マーク金井は自分が実験台になって、スイングが良くなる練習器具を、時には自分で設計開発、時には市販の練習器具の効果を検証しています。

 

今年は昨年よりもセミナーの回数を増やします。神田だけでなく、全国各地で開催します。練習も大事ですが、その前にスイングの「タネと仕掛け」、スイングの「しくみ」を正しく理解することが大事です~。

(▼▼)b

  • 1月21日 11時インパクトセミナー 13時シャフトセミナー
  • 1月29日    13時ゴルフの竪琴セミナー

詳細は↓をクリック

アナライズの大ヒット商品

年末は売り切れが目立っていましたが入荷しております

シャフトスタビライザー

analyze_ss_photo01

analyze_ss_top (3)

インパクトでグリップが浮いて、ヘッドが垂れる人、チーピン、フックに悩む人、ミート率が悪い人に効果があります!! 是非お試しください

 


2017年01月15日超私的な考察 自分のゴルフの腕前を簡単かつ正確にチェックする方法とは!?

 

気がついたら1月も半分が過ぎようとしています。強い寒波が日本列島を多い、各地で大雪が降っていますが、そんな中、昨日は神田のスタジオでセミナー開催しました。前半は「オンプレーンセミナー」、30分の休憩を挟んで後半は「ゴルフの竪琴セミナー」を実施。「オンプレーンセミナー」では、オンプレーンに振るためのタネと仕掛けをじっくりと解説し、そしてオンプレーンに振るためのコツを実際に体験してもらいます。

 

 

ゴルフの竪琴セミナーでは、ゴルフの竪琴の正しい使い方に始まり、ゴルフの竪琴でのスイングと、実際のスイングのギャップを埋める方法について、かなり時間をかけて説明し、そして、クラブの軌道を正しくコントロールするためのコツを実際に体験してもらいます。どちらも体験にこだわるのは、知らない動き(動作)を知るのには、実際に身体で感じることが一番の近道であり、一番確実な方法だからです。

 

 

これはスノボで分ったのですが、頭で分ったことを身体で実践するのは容易ではありません。対して、身をもって経験したこととを言語することの方がやりやすいのです。

 

そしてアナライズセミナーでは、スイングに対する答えをレクチャー&体験をしてもらうのと同じぐらい、受講生に「問い」を投げかけます。例えば、オンプレーンセミナーでは、なぜゴルフは難しいのかに始まり、パットとショットの違いについても質問します。当然のことながら、セミナー受講者の半数以上(実際には8割以上)は、この問いに対して答えが出てきません。

 

ところが、身振り手振りでパットとショットをやってもらうと、ほとんどの受講者はパットとショットの違いを正しく指し示してくれます。身体は違いを分っているのに、頭はその違いを分っていないのです。

 

そして頭が「パットとショットの違い」をちゃんと分っていないと、練習をしても同じ過ちを繰り返しやすく、かつ練習のクオリティ(質)が高くない状態でひたすら真面目に、ひたすら一生懸命練習する状態に陥りやすくなります。

 

 では、「パットとショットの違い」は一体どこにあるのか?

 

 

その答えを説明する前に、受講者には胸の高さにあるボールを打ってもらいます。昨日のfacebookにもアップしましたが、水平振りでボールを打ってもらいます。水平振りをしてもらうと、ゴルファーがスイングのことをどれぐらい理解しているか分りますし、ゴルファーの本当の腕前(真の実力)を見極められるからです。もちろん、ショットとパットの違いについても分っているかどうかを確認できます。

 

 

facebookではボールのかなり下側、ボールよりも10センチぐらい下側をヘッドが通過しています。ボールではなくボール下側のパイロンを打っている動画をアップしました。
数多くのゴルファーが観ていますが、反応は大きく2つに分かれます。

 

珍プレー的に失敗が面白い動画として観る人と、
 これは難しいと観る人。

 

どちらの見方も正しいですが、ゴルフが上手い人ほど(スイングを正しく理解している人ほど)、この水平振りは難しいと答えます。対して、この動画が珍プレー的に見えてしまう人ほど、ゴルフスイングのタネと仕掛け、ゴルフスイングの仕組みを理解していない可能性が高いのです。

 

水平振りの状態でボールを打てる場所はなかなかありませんが、素振りであれば練習場でも可能ですし、クラブが振れるスペースがあるならば、部屋の中でも可能です。まずは、騙されたと思って水平振りしてみて下さい。そして、スマホやデジカメで水平振りを自撮りしてみて下さい。

 

自撮りした動画を見ていただくと分かります。水平振りをすると、いかに構えた位置にヘッドが戻りにくいのかが。そして、多くのアマチュアゴルファーは水平振りをすると、インパクトゾーンで自分のイメージよりもヘッドが下がることが確認できるはずです。
実際のプレーで水平振りをするシチュエーションはまずありません。しかしながら、水平振りをすると、そのゴルファーの本当の実力(スイングに対する理解度)を窺い知ることができるのです~。

 

(▼▼)b

アナライズのセミナー今後の予定は・・・

  • 1月21日 11時インパクトセミナー 13時シャフトセミナー
  • 1月29日 13時ゴルフの竪琴セミナー

詳細は↓をクリック


2017年01月06日超私的な考察 独学で練習するのとレッスンを受けるのとでは、どちらの方が安上がりなのか?

新春キャンペーン開始

本日から、15000円以上お買い上げいただいたお客様に

アナライズ特製グリーンフォークプレゼントします(数に限りがあります。なくなり次第終了)


2017年の干支は酉、テレビのお正月番組で知ったのですが、ニワトリは夜明けに鳴くことから人間が飼うようになったそうです。ニワトリを飼い始めたのは弥生時代だそうで、最初は食用としてではなくて目覚まし時計の役割を担っていたそうです。

 

そしてニワトリと言えば、「三歩歩くと忘れる」とも言われ、物忘れの代名詞としても使われています。実際、ニワトリが物忘れ激しいかどうか定かではありませんが、マーク金井も年を重ねる毎に物忘れが激しくなっています。昨日も新聞原稿の締切りをすっかり忘れており、スノボショップでウエアを物色している時に催促の電話が入りました(笑)

 

 

3年前からすっかりスノボに嵌ってますが、スノボのとりこになった理由のひとつは短時間で上達できたからです。2年目でバッジテストの2級に合格し、昨年(3年目)に1級合格。もちろん独学ではありません。ガーラ湯沢で滑る時は、いつもマンツーマンのレッスンを受けています。レッスンを受けたのはスキーで苦い経験があったからです。

 

 

高校、そして大学時代とスキーをやってましたが、3年間滑りまくっても1級合格できませんでした。2級は1発合格でしたが、1級はなんども不合格。バッジテストに落ちる度に、スキーは独学では上手くなりづらいことを嫌と言うほど味わいました。

 

では、ゴルフはどうなのか?

 

もしも、自分の知り合いがゴルフを始めると知ったならば、迷わずレッスンを受けることを薦めます。それも少人数制かマンツーマンのレッスンを薦めます。老若男女を問わず、ゴルフ未経験者がいきなり独学でゴルフを始めたら、変な癖が付きやすいですし、いったん変な癖がついてしまうと、それを矯正するためのコスト(時間とお金)がかかってしまうからです。

 

場所によっても異なりますが、練習場に行けば1回1000~3000円くらいはかかります。
レッスンは1回3000~1万円ぐらいでしょう。レッスン料は練習場でボール打つよりも割高感がありますが、、、

 

 独学での練習は上達する可能性だけでなく、下手を固める可能性もあるのです!!!

 

「SHINGO IZM」(マイナビ出版)で、片山プロも言ってますが、「ゴルフは思っていることの真逆のことが起こる」スポーツ。

右に行かせたくないと右方向に、左に行かせたくないと左方向にいく理由は、ボールが飛ぶメカニズムにも隠されています。(「SHINGO IZM」より引用)。

 

例えば、ゴルフに使える予算が月に2万円あるとしましょう。2万円を練習場代とコース代に使うのもアリですが、1万円をレッスン代、1万円をコース代にするのもありです。
そして、どちらが上手くなれるかというと、、、後者です。プロから教わることのメリットをざっと上げると、、、

 

 

  • 正しい形、正しい振り方を学べる
  • 的確なアドバイスをもらえる
  • 自分の勘違いを正してもらえる
  • イメージと現実のギャップを埋めてもらえる
  • いいコーチに出会えればコツを教われる

 

対して独学の場合、メリットは安上がりですが、デメリットとしては

 

  • 間違った動作をしても自覚しづらい
  • イメージと現実のギャップを埋めづらい
  • 自己客観視しづらい
  • 悪い形が自覚できても修正方法を見つけづらい

 

クラブを握ってボールを打つだけで上手くなる人もいると思いますが、それはかなりの少数派です。大抵のゴルファーはボールを沢山打てばそれなりに打てますが、狙った所にボールを運ぶのは難しくなりますし、効率良く飛距離を出すのも難しくなります。

 

ゴルフは物理であり運動です。
 そしてゴルフは人間にとって不慣れな動きを求めます。

 

アナライズでは定期的にセミナーを実施していますが、これは練習器具の販売フォローのみならず、スイングを客観的に知ってもらい、正しいスイングをするためのコツを伝えたいからに他なりません。スノボをやって分ってたのですが、運動にはコツがあり、そのコツを知れば劇的に動き(フォーム)が良くなるのです~。

 

(▼▼)b


ゴルフの竪琴!

販売再開!!!

tategoto2016_ver3

セミナーのお知らせ

1月8日日曜日

4スタンスセミナー(レッシュプロジェクト公認トレーナーによる)

10時開始〜時間は2時間半です / 料金:8,000円

レッシュプロジェクト公認トレーナーの山下プロが4スタンスの基礎知識から、ご自分のタイプ診断、スイングのアドバイスなど3時間みっちりやります。料金は8,000円です yoyaku@analyze2005.comに お名前とお電話番号を書いてメール下さい(携帯アドレスでないほうが後々助かります) よろしくお願いします!