マーク金井blog

カテゴリー: 超私的な考察

2020年04月06日超私的な考察 ナイスショットが打てるのにスコアが良くない人の共通点とは!?

 

 

新型コロナウイルス拡散防止のため、不要不急の外出を控える要請が出ています。マーク金井も外出はできるだけ控えており、なおかつ街中を出歩くことを可能な限り控えています。今、外出するのは神田のスタジオと仕事場との間を1往復するだけ。スタジオと仕事場の距離は約400mほどですが、人とすれ違うことはまずないです。

 

 

仕事場では日頃後回しにしている本の片付けを積極的に行っていますが、これがなかなかはかどりません。読んでない本を手に取ると、ついついページをめくってしまい気がついたら数時間経ってしまうからです。ざっと机の回りにある読んでいない本を数えたら30冊を越えてたので、しばらくは時間が足りないことはあっても、時間をもてあますことはなさそうです(笑)。

 

 

ゴルフもしばらくの間は行く頻度は控えますが、プレーする時は早朝、もしくは薄暮の9ホール。濃厚接触にならぬように同伴プレーヤーとはなるべく近づかないように心がけます。3密を避けるように心がけますが、よくよく考えれば普段からこのスタイルでゴルフしている人間なので、なんら違和感はありません。

 

 

9ホールプレーに慣れてくると、9ホールに物足りなさはありません。そして物足りなさで言えば、プレーしている時に心がけているのは「ナイスショット」をできるだけ打たないようしています。ゴルフはナイスショットを打つことが、必ずしもスコアアップにつながらないということを嫌と言うほど思い知らされているからです。

 

 

 例えば、ドライバーがナイスショットしてもボギーは出ます。アイアンがピンに絡んでもそれが入らなければバーディーは取れません。ナイスショットとスコアというのは必ずしも一致しないことが多いのです。

 

 

対して、ミスショットを打てばスコアが悪くなるかと言えば、この場合、スコアが悪くなる場合と、悪くならなりづらい場合とがあります。ミスショットはナイスショットの反対語でありますが、実際は「打っていいミスショット」と「打って悪いミスショット」とがあります。加えて、ゴルフのショットにはナイスショットでもなく、ミスショットでもないショット、いわゆる「そこそこのショット」というのもあります。

 

 

超私的なことを言わせてもらえば、目標スコアがパープレーまでならばナイスショットを1発も打てなくても出ます。その変わりに、致命的なミスを打たないことと、「そこそのショット」を途切れないく打つこと。

 

 

 そしてもうひとつ大事なことはボールプレースメントです。

 

 

ボールプレースメントとは「ボールを止める位置」のことですが、どこにボールが止まっていればスコアが悪くなりにくいのかを考えながらプレーすること。それもナイスショット時ではなくミスショット時にボールが止まる場所にこだわることです。

 

 

実はこれは簡単なことではありません。ナイスショットならば狙った方向にボールが飛んでくれますが、ミスショットは狙った方向にボールが飛ぶとは限らないからです。ミスショットは想定外の所にボールが飛ぶからミスなんですが、そのミスショットのボールの行方をコントロールするわけですから、、、。

 

 

では、どうすればミスショット時のボールプレースメントができるようになるのか?

 

 

まずやるべきことはナイスショットではなく、自分はどんなミスショットを打っているのかを記憶ではなく記録すること。人間の記憶というのは都合良くできていて、記憶というのは相当な偏りがあります。記録すればこの記憶の偏りをなくせ、自分のミスの傾向を正確に把握できます。

 

 

次にやるべきことは、ミスショットの幅を狭くする努力をすること。例えば、3Wと7番アイアンを比較すれば、多くのアマチュアゴルファーは7番アイアンの方がミスの幅が狭いはず。7番とPWとを比べれば、PWの方がミスの幅が狭いはずです。ミスの幅が少ないクラブを手にすることで想定外の所にボールが飛ぶ確率が下がり、それはボールプレースメントの精度を上げることにつながります。

 

 

 ナイスショットがそこそこ打てているのにスコアが今ひとつ良くならない。

 

 

こういう経験は誰しもあると思いますが、そういう時はミスショット時にボールがスコアメイクしづらいところに止まっていることが多いはずです。逆に、ナイスショットの数は少ないのにスコアがまとまることもあるはずで、そういう時はミスショット時にボールがスコアメイクしやすい所に止まっていることが多いはずです。

 

 

ゴルフは確率です。

 

 

ナイスショットを増やすことよりも、ミスショットの質を上げること、ミスショット時のボールプレースメントが良くなることにこだわって下さい。スコアにこだわるだけがゴルフではないのは重々承知してますが、スコアアップを本気で考えるならば、ミスショットをコントロールするスキル(技術)が必要不可欠です。

 

 

(▼▼)b


mmウェッジ にアナライズオリジナル 80g台カーボンシャフト「MM88」と70g台「MM77」装着モデルが追加されました

↑クリック


2020年03月20日超私的な考察 ゴルフ雑誌はこれから続々と休刊が続くのか!?

4月のセミナー募集開始しました!


新型コロナウィルスの感染が拡大し予断を許さないことから、3月19日から3日間パシフィコ横浜で開催を予定していたジャパンゴルフフェア2020の開催中止となりました。マーク金井もゴルフフェアではいくつかの仕事を請け負っていましたので、この中止に伴って今週のスケジュールがぽっかり空きました。

2020年2月21日第54回ジャパンゴルフフェア2020は開催中止を決定いたしました。一般社団法人日本ゴルフ用品協会(会長 アレックス…

ジャパンゴルフフェアさんの投稿 2020年2月20日木曜日

 

外出は控えた方がいいとは思いますが、屋外スポーツは濃厚接触とは無縁です。加えて新幹線の社内は通勤電車とは比べものにならないぐらい空いています。ガーラ湯沢の天気予報は晴れが続いているので、火曜日、そして昨日(木曜日)とサクッとスノボに行ってきました。

 

例年になく今年は降雪量が少ないですが、それでもガーラ湯沢は春スキーを存分に味わえます。東京駅からだと最短75分と近いので、サクッと午前中だけ滑ればゴルフに行くよりも手軽です。ゲレンデはというと、インバウンドの人がほとんどいないこともあって平日の午前中はリフトは待ち時間はありませんし、ゲレンデもガラガラ。
昨年から課題だったバックサイドのターンをこれでもかってくらい練習できました。

 

 

新幹線のお供といえばゴルフ雑誌です。スノボに関しては雑誌ではなくYouTubeを観ています。スノボの技術が未熟なこともあり、テキスト(文字)よりも動画の方が欲しい情報にアクセスしやすいからです。加えて、スノボは写真(静止画)よりも、映像(動画)の方が動きの動きをイメージしやすいです。だからかどうか分かりませんが、スノボやスキー関連の雑誌の数はゴルフ雑誌に比べると極端に少ないです。

 

 

現在、定期的に刊行されているスノボ雑誌は1誌だけです。対して、ゴルフ雑誌は週刊、隔週、月刊、隔月刊を含めると10誌以上あります。スノボ人口は約280万人で、ゴルフ人口の半分ほど。人口比率で考えると、スノボに比べるとゴルフ雑誌は非常に多いです。実際、他のスポーツと比べてみても、ゴルフ雑誌の多さは突出しています。

 

 

 ゴルフ雑誌は他のスポーツよりも突出して多いですが、他の雑誌と同じく部数は目に見えて落ちています。

 

 

例えば、週刊ゴルフダイジェストは日本雑誌協会に加盟しているので印刷部数が公表されおり、最新だと10万2848冊(2019年)。10年前の2009年は21万4016冊ですから、この10年で半分まで落ち込んでいるのです。他のゴルフ雑誌においても程度の差はあれ、部数は落ち込んでいるところがほとんどだと思います。

 

 

では、ゴルフ雑誌はこれから先どうなるか?

 

 

雑誌が売れないこの時代に10万部以上の部数というのは相当検討していると思いますが、ゴルフ雑誌を本当に支えているのは広告収入です。

 

 

例えば、今週発売の週刊ゴルフダイジェストに掲載されている広告をざっと調べてみると、、、、

 

23社(自社広告除く)で、その内ゴルフメーカーが、、、

 

ダンロップオノフミズノブリヂストンキャロウェイタイトリストテーラーメイド日本シャフトピン本間ゴルフヨネックス阪神交易(ブッシュネル)マジェスティゴルフテイクスインクつるやゴルフの15社で、ゴルフ以外の広告は8社でした。

 

ほぼ大手クラブメーカーは広告を出していますが、クラブメーカーも体力的にすべての媒体に広告を出すのは厳しくなってくると思います。また、出校先はゴルフ雑誌だけではなく、これからはYouTubeのような動画サイト、もしくはキューレーターのような影響力がある人物やインスタグラマーに直接広告を依頼することが増えてくるでしょう。

 

 

これらを考えると、これからのゴルフ雑誌は限られた椅子を奪い合う椅子取りゲームとなり、椅子(広告)を得られない媒体は休刊を余儀なくされると思います。

 

月刊ゴルフクラシックが6月号(4月21日発売)をもって休刊となるアナウンスが5月号(3月21日発売)でなされました。月刊誌だとかつては月刊パーゴルフ、ニブリックに続いての休刊です。

 

雑誌の休刊というの廃刊とほぼ同義語です。これからゴルフ雑誌が生き残れるかどうかは、紙媒体にこだわるのではなく、YouTubeをはじめとした動画媒体を積極的に取り込めるところではないかと超私的に思っています。

 

(▼▼)b


スリーブ付きスチールシャフト再入荷!

⇩クリック

注文して組み立てますので、納品までお時間いただくようになります。ご容赦を!

スリーブですが大手メーカーのスリーブに限ります。また初代グローレのスリーブが、手に入らない(手に入るものは問題が多いものばかり)ので申し訳ありませんが対応できません。


2020年03月11日超私的な考察 ドライバーの飛距離が20ヤード伸びたら本当にスコアが良くなるのか!?

月曜日は早朝ゴルフではなくて、早朝スノボに行ってきました。場所は新幹線の駅と直結しているガーラ湯沢(新潟県)。平日のゴルフは安くなってきますが、スキー場のパック料金はさらに安く、WEBで予約すると往復の新幹線とリフト券代が込みで8500円(税込み)。リフト1日券が5000円なこと、東京から越後湯沢までの新幹線代が6690円なことを考えると破格の安さ。

 

普通に買えば18380円なところが、WEB限定パック料金だと8500円なわけですから半額以下。これでどうやってJRは黒字にするのか心配になってきますが、利用者に
とっては非常にありがたいです。

 

 

さて、今回のエントリーは前回の続きです。マーク金井赤羽ゴルフ倶楽部をプレーする時は、この軽量スチール装着ドライバーで210~245ヤードの距離をホールや風向きに応じて打ち分けます。先週土曜日のラウンドでは、オーバードライブされることもしょっちゅうありましたが、まったく気になりません。赤羽は距離が長いホールがないので、ドライバーの飛距離がスコアメイクのアドバンテージにならないからです。

 

 

ところが、スコアメイクに苦労しているアマチュアゴルファーからはこんな質問がしょっちゅう来ます。

 

 あと20ヤードドライバーが飛んだら、70台のスコアが出るんだけど、、、、
 ドライバーが飛ばないから100が切れない、、、、

 

 

ドライバーの飛距離不足、すなわちティショットの飛距離が足りてないからスコアが良くならないと思っているアマチュアゴルファーがたくさんいらっしゃる。マークさんは飛ぶから「ドライバーでバント」できるんですよとかも言われたりします。

 

 

飛距離に対しての願望を持つ気持ちは分からなくもないです。飛べばゴルフが変わる気持ちも分かりますが、果たしてドライバーの飛距離が伸びたら、スコアが本当に良くなるのでしょうか?

 

 飛距離とスコアの因果関係が本当にあるのかどうか?

 

 

これを知るための簡単な方法があります。それは、ティショットを打ったら、そこでボールをピックアップし、20ヤード先にボールをプレースして2打目を打ってみるのです。フェアウェイにボールがあるならフェアウェイに、ラフにボールがあるならラフに、、、、同じ条件で20ヤード先にボールをプレースし、そこから2打目を打つわけです。

 

 

ボールを20ヤード先にプレースするのに抵抗があるのでしたら、赤ティからティショットするのもいいでしょう。とにかく、普段よりもティショットの着弾地点を20ヤード以上先にして、それでプレーをしてみて下さい。

 

 

 プロやハンデが5下の上級者ならば、普段よりもティショットの着弾点が20ヤード先にあれば、確実にスコアが良くなるでしょう。

 

 

対して、100が切れない人、90が切れない人、70台のスコアが安定して出ない人に関して言えば、ティショットが普段よりも20ヤード先に飛んだからと言って、スコアが劇的に良くなるとは限らないです。なぜかというと、アイアンショット、特にショートアイアンでミスをすること、特に、アンフォースドエラーをしでかしてしまうことが少なからずあるからです。

 

ゴルフに限りませんが、スコア(スキル)アップする上で大事なことはないものねだりをすることよりも、自分を客観視することです。超私的なことを言わせてもらえば、100ヤードをちゃんと打てる(グリーンに乗せる)スキルがなければ、いくらドライバーの飛距離が20ヤード伸びても、スコアアップは望めません。ドライバーは飛ぶけど、残念なゴルファーになってしまいます。

 

 

 

ゴルフは確率のゲームです。

 

 

100ヤードをちゃんとグリーンに乗せることができればドライバーの飛距離が180ヤードぐらいでも80台のスコアを出せます。150ヤードをグリーンに乗せることができるスキルがあれば、ドライバーの飛距離が180ヤードでも70台のスコアを出すこともできるのがゴルフの面白いところであり醍醐味なんです~。

 

(▼▼)b


 

スリーブ付きスチールシャフト再入荷!

⇩クリック

注文して組み立てますので、納品までお時間いただくようになります。ご容赦を!

スリーブですが大手メーカーのスリーブに限ります。また初代グローレのスリーブが、手に入らない(手に入るものは問題が多いものばかり)ので申し訳ありませんが対応できません。

3月のセミナー一般募集開始しました↓クリック

3/15(日) 13時00分〜NEOゴルフの竪琴セミナー

3/15(日) 15時30分〜NEOアプローチセミナー

どしどし応募ください

マーク金井の有料メルマガ 

ゴルフはすぐに上手くならない 連載開始!

↑こちらからご登録できます。メルマガだから書ける最新情報をこちらから

無料お試し期間がありますのでぜひ


2020年03月06日超私的な考察 風の強い日にプレーすると空気抵抗が一番大きいところが分かる !?

マーク金井チャンネルの生配信

3月9日21時から配信します!ぜひご覧下さい。コメント、ご質問したい方はぜひとも

チャンネル登録お願いします


 

新型コロナウイルス拡散防止であらゆるイベントが中心、もしくは延期になっています。ゴルフ業界も最大のイベント「ジャパンゴルフフェア2020」が中止になり、国内女子ツアーも2戦続けて中止が決まりました。

 

そんな最中ではございますが、今週は火曜日に八方尾根でスキー、昨日(木曜日)は赤羽ゴルフ倶楽部で薄暮プレーをしてきました。スキー場もゴルフ場も広々とした空間で濃厚接触とは無縁の場所。体をしっかり動かすことで免疫力も高められると超私的に思っております。

 

 

赤羽薄暮ではクラブのテストを兼ねてのラウンドが多いですが、昨日テストしたのがコブラの新作ドライバー

 

 

 KING SPEEDZONEとKING SPEEDZONE XTREME

 

スピードゾーンドライバーは、レーシングカーがスピードを追求するためにエンジン、シャーシ、フレーム、空力などの性能を最適化するように、ヘッドを6つの「ゾーン」に分け、それぞれの最適化を図ったという面白い設計思想のドライバー。

 

その6つのゾーンは「パワー」「強度」「軽量」「低重心」「空気抵抗」「安定性」に分けられており、独自のヘッドシェープが空力性能を高めているとアピールしています。

 

テーラーメイドのSIMキャロウェイのマーベリック、そして昨年大ヒットしたピンのG410も空力性能を高めていると謳っています。米国メーカーにとって「空力性能」はドライバーの標準装備的な役割を担っていると言ってもいいでしょう。

 

 

ドライバーのヘッドスピードは毎秒40メートル以上、時速に換算すると時速144キロ。空気抵抗があってあたり前の世界ですから、米国メーカーが空力性能を上げることに取り組むのも至極当然だと思います。

 

 

 

そして空気抵抗といえば、ゴルフをプレーしていてもっとも感じるのは強いアゲンスト風(向かい風)が吹くホールのティショット。昨日の赤羽薄暮でも、強いアゲンスト風が吹いた、10番、12番、13番、15番ではこれでもかってぐらい空気抵抗を感じながらショットしました。

では、アゲンスト風が強い時、ゴルファーはどこの部分の空気抵抗をもっとも感じるのかと言えば、、、、

 

 

 それは自分の身体です!!!!!!!!!

 

 

身体の中でも強く空気抵抗を感じるのは上半身と頭。ここに風を強く感じると身体があおられ、あおられまいとすると切り返しで上半身が突っ込みます。アゲンスト風は飛距離が落ちるから力むというのもありますが、風にあおられまいとするために力んでしまったり、打ち急ぎのミスが出やすいのではないかと超私的に思っています。

 

 

そして身体の次に空気抵抗を感じるのはフェース面の大きさとヘッドの大きさです。12番ホールではティショットでドライバー、セカンドでUTを打ったのですが、圧倒的にUTの方が空気抵抗が少ないのを実感できます。UTの方がドライバーよりもフェースが薄いですし、ヘッド体積も小さい。空気が当たる面積が小さい方が、空気抵抗が少ないことを実感できました。

 

風速が10メートルを超える風が強い日はボールが風に翻弄されるだけでなく、人間の身体も風に翻弄されます。空気抵抗を最優先して考えるならば、空気抵抗が少ないゴルフウエア、そしてUTぐらいの薄いフェースのドライバーがあってもいいような気がします。

 

(▼▼)b


スリーブ付きスチールシャフト再入荷!

⇩クリック

注文して組み立てますので、納品までお時間いただくようになります。ご容赦を!

スリーブですが大手メーカーのスリーブに限ります。また初代グローレのスリーブが、手に入らない(手に入るものは問題が多いものばかり)ので申し訳ありませんが対応できません。

3月のセミナー一般募集開始しました↓クリック

3/15(日) 13時00分〜NEOゴルフの竪琴セミナー

3/15(日) 15時30分〜NEOアプローチセミナー

どしどし応募ください

マーク金井の有料メルマガ 

ゴルフはすぐに上手くならない 連載開始!

↑こちらからご登録できます。メルマガだから書ける最新情報をこちらから

無料お試し期間がありますのでぜひ


2020年03月02日超私的な考察 なぜアマチュアは「手打ち」になってしまいやすいのか!?

マーク金井チャンネルのメーカーさんいらっしゃいは、本日新しいボールを発売した ブリヂストンさんです!! タイガーが選んだTOUR Bの魅力を語っていただきました


昨日(3月1日)はアナライズセミナーデー。前半は練習器具「フレループ」を正しく使うためのNEOフレループセミナー、1時間の休憩を挟んだ後半はオンプレーンに振るコツをレクチャーするNEOオンプレーンセミナーを実施しました。

セミナーの内容は違いますが、どちらも主に使ったのはゴルフクラブではなくてフレループ。フレループをわざわざ使ったのにはもちろん理由があって、ゴルフクラブよりもフレループの方が(シャフトが沿っている分だけ)、シャフトの延長線から外れた位置にヘッドの重心があるからです。

 

どちらのセミナーとも、まず最初にレクチャーしているのがクラブの動かし方についてです。フレループ、ゴルフクラブともゴルファーが動かすべき場所は手元側。ダウンスイングからフォロースルーにかけて、手元側が動きつづけ、手元側が動くことでヘッドが動かされている。そのために必要な動作を徹底的にレクチャーしています。

 

 

 

ゴルファーが支配すべき動きというのはグリップ(手元)の動きだけ。意識するしないに関わらず、ダウンスイングやインパクトゾーンでグリップを止めて(グリップエンドを支点にして)、ヘッドを振り出すという動きをしてしまうと、体の回転が止まるのが避けられません。加えて、フェースの向きが急激に変わってしまうためにインパクトが点になってしまいます。

 

 

対して、手元(グリップ)を動かし続けるとどんなメリットがあるのかと言うと、まず体の動きが止まりません。インパクトゾーンで骨盤をしっかり開いていけます。加えて、手元(グリップ)が動き続けていれば、ことさら意識しなくてもハンドファーストの状態をキープできます。結果、ダウンスイングでコックがほどける、いわゆるアーリーリリースになるのを防げますし、ハンドファーストの状態でインパクトを迎えることができます。

 

 

アマチュアの多くはインパクトで左手首が甲側に折れた状態(逆ハンドファーストの状態)になっている人がすくなからずいますが、実は、このインパクトの形になってしまう最大の要因はグリップを支点にヘッドを振り出していることにあります。そして、このグリップを支点にしてヘッドを振り出す動き(てこの動き)が入っているスイングこそが手打ちの正体で、アマチュアの多くはこの動作を無意識にやっています。

 

 

誤解を恐れず言えば、どれだけ体をしっかり動かしていても、どれだけボディーターンを意識しても、どれだけ体重移動をしていても、、、、、

 

 

インパクトを迎える前に(ダウンスイングで)グリップを支点にしてヘッドを振り出す動きをしていると、そのスイングは手打ちと言わざるをえないのです!!!!!

 

 一生懸命スイングしているのにボールが思ったほど飛ばない人、
 一生懸命ボディターンをしているのにボールが思ったほど飛ばない人、
 一生懸命体重移動しているのにボールが思ったほど飛ばない人、
 一生懸命地面反力を使っているのにボールが思ったほど飛ばない人、

 

 

このどれかに当てはまる人(すべてに当てはまる人)のほとんどは、インパクトを迎える前にグリップを支点にしてヘッドを振り出す動きをしていると思っていただいてまず間違いありません。

 

 

ゴルフは手でクラブを持って、大なり小なり手でクラブを振り回してボールを打ちます。プロでも手や腕の力をまったく使わないでボールを打つ人はいません。しかしながら、プロはインパクトを迎える前にグリップを支点にしてヘッドを振り出すことはやっていません。ハンドファーストでインパクトを迎えているのが何よりもの証拠です。

 

 

グリップを支点にヘッドを振り出す動き、てこの力を使ってヘッドを振り出す動きをやらないようにするのは簡単ではありません。この動きというのは金槌で釘を打つのと同じ動き。ヘッドをボールにぶつけたくなればなるほど、はやくボールに当てたくなるほど、グリップを支点にしてヘッドを振り出したくなるからです。

 

 

アーリーリリース、そして逆ハンドファーストなインパクト。どちらも、グリップを支点にしてヘッドを振り出すことによって発生しています。手打ちを本気で解消したいのならば、ダウンスイングからフォローにかけてグリップを動かし続ける動きを会得することが必要不可欠です。

 

(▼▼)b

 


スリーブ付きスチールシャフト再入荷!

⇩クリック

注文して組み立てますので、納品までお時間いただくようになります。ご容赦を!

スリーブですが大手メーカーのスリーブに限ります。また初代グローレのスリーブが、手に入らない(手に入るものは問題が多いものばかり)ので申し訳ありませんが対応できません。

3月のセミナー一般募集開始しました↓クリック

3/15(日) 13時00分〜NEOゴルフの竪琴セミナー

3/15(日) 15時30分〜NEOアプローチセミナー

どしどし応募ください

マーク金井の有料メルマガ 

ゴルフはすぐに上手くならない 連載開始!

↑こちらからご登録できます。メルマガだから書ける最新情報をこちらから

無料お試し期間がありますのでぜひ


1 2 3 4 5 6 62