マーク金井blog

カテゴリー: 超私的な考察

2017年11月16日超私的な考察 クラブが進化しているのに、なぜアマチュアの飛距離は思ったほど伸びないのか!?

今度の週末↓11月18日こちらマーク金井が横浜に登場!

トークショーとセミナーやります

お問合わせは 横浜旭ファミリーゴルフ 045-954-3587 へお願いします


インターネットでは様々なコンテンツを無料で視聴できますが、その中でも注目を浴びているのがYouTubeとインターネットTV。AbemaTV(アベマTV)では元SMAPのメンバーが出演して72時間オンエアしていますし、YouTubeではありとあらゆるコンテンツを無料で視聴できます。そして、どちらもインターネット回線を使っているので、iPhoneやスマホで手軽に観ることができます。

 

マーク金井も数ヶ月前からYouTubeにゴルフコンテンツをアップしています。最初に始めたのが、アナライズセミナーの実況中継、続いて、クラブ試打と練習器具のインプレッション。先週は、アスリート系ゴルファーの三枝こころさんが神田のスタジオにやってこられたので、ゴルフの竪琴の使い方をコンテンツとしてYouTubeにアップしました。

(注 今回はスーパーシャットくんの動画です。ゴルフの竪琴が再入荷してからゴルフの竪琴編をアップします)

 

三枝さんは自他共に認めるアスリート系ゴルファーだけあって、ゴルフの竪琴の使い方をすぐにマスターし、同時にスイングも劇的に良くなりました。当たり前と言えば当たり前ですが、スイングが良くなれば飛距離が伸び、かつ方向性も安定してきます。言い換えると、クラブがどんなに進化しても、良いスイング(理に叶ったスイング)をしないことにはボールを遠くに飛ばすことはできません。

 

 

身も蓋もないことを言ってしまいますが、今どきのゴルフクラブはパワーもさることながらスキル(技術)がある人の方が飛ばせるように作られています。その証拠と言ってはなんですが、40年前に作られたパーシモンドライバーには重いスチールシャフトが装着されています。総重量は360gを超えてました。この時代はスキルがあってもパワーがなければ、ボールを遠くに飛ばせません。対して、今どきのドライバーは300gを下回っているモデルもたくさんあります。パワーがなくてもスキルがあれば遠くに飛ばすことができるのです。

 

では、今どきのドライバーを使っても飛距離が今ひとつ伸びない人は、スイングにどんな問題を抱えているのか?

 

飛ばない人に共通していることは、

 

・インパクトゾーンで手元が減速していない
・ダウンスイングの前半で手首のコックがほどけている(アーリーリリース)
・インパクトでフェースが開いている

 

振り方については人それぞれ違いますが、飛ばない人のスイングを観察すると、この3つがスイングに含まれています。対して、プロ、アマチュアを問わず、今どきのクラブを上手く使いこなして飛距離を出している人は、

 

・インパクトゾーンで手元がタイミング良く減速している
・ダウンスイングでタメがちゃんとできている
・インパクトでフェースが開いていない(スクエアもしくはややクローズ)

 

ダウンスイングでタメを作る、インパクトゾーンで手元を減速する、そして、インパクトでフェースを開かない。実はこの3つのことは互いに関連しているのです。ダウンスイングでタメがほどけやすい人ほど、インパクトゾーンでは手元が加速しやすくなり、インパクトゾーンで手元が加速する人ほど、インパクトでフェースが開きやすくなるのです。

 

対して、ダウンスイングでタメがちゃんとできる人ほど、インパクトゾーンで手元を減速しやすくなり、そしてインパクトでフェースが閉じづらくなるのです。なぜなら、ダウンスイングでタメが作れると(その結果、ヘッドが遅れて下りてくるため)、インパクトゾーンで手元を減速しないと振り遅れるのが分るからです。そして、インパクトゾーンで手元が減速すれば、シャフトのしなり戻りが発生し、インパクでフェースが開きづらくなるのです。

アナライズでは「飛距離アップセミナー」を実施していますが、このセミナーでは飛ばすために必要な動作をどうして会得するのかをレクチャーしています。そして飛距離アップセミナーについては、誰でも無料で視聴できるように近々YouTubeにアップするつもりです。

 

ゴルフは物理です。物理的に理に叶った動きをするためにはパワーは必要ありません。必要なのはスキル(技術)です~。

 

(▼▼)b


↓こちら是非

マーク金井が、世の中の様々な練習器具をインプレッションします 今回は手前味噌ですいません・・・ アナライズのイージーフレックスEF009ドライバーです

詳しくは↓をクリック

こちら超柔らかシャフト!!EF009ウッド用シャフト

スリーブ付きシャフトで発売開始!しました

↓クリック


2017年11月05日超私的な考察 ヘッドをインサイド・イン軌道に振る極意とは!?

YOUTUBEのアナライズチャンネル 先月より始まった初心者セミナーの2回目が配信開始! 初心者の方、初心者の気持ちでやり直したい方!ぜひご覧ください


プロ野球の日本シリーズはソフトバンクが2年ぶりに日本一の座を手に入れました。ソフトバンク初戦から3連勝。このまま一気に行くのかと思いきや、第4戦目からベイスターズが3連敗からの2連勝。勝負の行方は第6戦に持ち込まれ、延長戦の末、ソフトバンクがサヨナラ勝ち。クライマックスシリーズからのポストシーズンはこれで幕を閉じました。

 

日本シリーズが白熱する最中、マーク金井アナライズ神田スタジオにてセミナーを実施。ボールが曲がる(真っ直ぐ飛ぶ)しくみ、ゴルフスイングのタネと仕掛けについて、これでもかってぐらい喋り、これでもかってぐらい質問し、そしてこれでもかってぐらい身振り手振りでデモンストレーションします。

 

 

講座によってデモンストレーションする内容は異なりますが、最近、よくやっているのがヘッドの軌道のイメージ作り。

 

ゴルフスイングは円運動と言われてますし、実際、クラブヘッドは円軌道で動きます。そして、正しい円軌道とは、ヘッドはインサイドから下りてきてインパクト後にインサイドに抜けていく、いわゆるインサイド・イン軌道です。

 

プロギアのWEBサイトより転載

 

では、インサイド・イン軌道を作るにはどんなイメージを持てばいいのか?

 

セミナー受講者にこの質問をすると、「ヘッドを丸く振る」「円軌道を意識する」「体の回転を意識する」というのが多いです。ヘッドを丸く動かすには、自分も丸く動くイメージを持った方がいいと思っている人がほとんどです。

 

 

しかしながら、円運動の意識やイメージというのは、実は、あまり役に立ちません。その証拠と言ってはなんですが、アマチュアの多くは円運動を意識しているにも関わらず、インサイド・イン軌道でヘッドが円運動していません。アウトサイド・イン軌道になっていたり、インサイド・アウト軌道になっている人が多いのです。

 

では、どんなイメージを持つとインサイド・イン軌道でヘッドを丸く振ることができるのか?

 

 円ではなくて、直線を意識して下さい!!!!

 

ヘッドの動きはボールを頂点にしてV字軌道を意識した方が、結果的にインサイド・インの軌道で円運動させやすくなるのです。ダウンスイングからインパクトまではインサイドからの直線、そしてインパクトからフォローにかけてもインサイドの直線、この2つの直線をなぞるようにヘッドを動かすイメージを持つのです。

 

 直線から直線。

 

これを意識すると、インパクトを境にしてヘッドが動く方向がガラッと変わるのが具体的にイメージできます。直線と直線になれば、曲がり角がはっきりとイメージできるからです。加えて、アウトサイド・イン軌道の人の場合は、ダウンでヘッドをインサイドから入れるイメージが出ますし、インサイド・アウト軌道の人の場合は、インパクト後にヘッドを左に(インサイドに)振り抜きやすくなります。

 

 

それだけではありません。

 

 

V字軌道を意識すると、どのタイミングでヘッドを左に振り抜くことを意識する必要があるのかも分ります。ドライバーのヘッドスピードが40m/sの人の場合、インパクトゾーンでヘッドは時速114キロ。時速114キロで動いているヘッドをインパクト直後にインサイドに振り抜くためには、インパクトで方向転換するイメージだと間に合いません。インパクトのかなり手前でヘッドの動かす方向を変えなくては「間に合わない」というのも分ってくるのです。

 

ゴルフは物理です。

 

 

ゴルフスイングは円運動を意識するよりも直線運動(V字軌道)を意識した方が、結果的にはヘッドを正しく丸く振れるようになるのです~。

 

(▼▼)b


こちら是非!!!

マーク金井が、世の中の様々な練習器具をインプレッションします 今回は手前味噌ですいません・・・ アナライズのイージーフレックスEF009ドライバーです

詳しくは↓をクリック


2017年11月02日超私的な考察 2017東京モーターショーから占うゴルフの未来とは!?

明日のセミナーまだ空きがあります!

急に予定が空いた方是非!ご参加下さい

11月3日(金・祝)11時

初心者セミナー

11月3日(金・祝)13時30分

シャフトセミナー ウッド編

↓詳しくはこちら

実際に体験したほうが絶対いいです。↓クリック

YOUTUBEのアナライズチャンネル 先月より始まった初心者セミナーの2回目が配信開始! 初心者の方、初心者の気持ちでやり直したい方!ぜひご覧ください

 


昨日は夕方4時から東京モーターショーを見学してきました。モーターショーは東京ビックサイトでの開催で、今回はインターネットでチケットを入手。ゴルフの薄暮プレーと同じく、モーターショーにも薄暮チケットがあり、こちらは通常のチケットの半額です。

新橋からゆりかもめに乗って午後4時ちょうどにビックサイトに到着したのですが、駅からすでに大混雑。モーターショーを見終えた人だけでなく、薄暮タイムからの入場者もこれでもかってぐらいいました。体感的にはゴルフフェアの来場者の10倍以上っていう感じです。展示場内も人であふれかえっており、「クルマ離れ」とは思えないほどの人であふれかえっていました。

 

さて、この東京モーターショー。今回が45回目の開催となりますが、テーマは、、、

 

「世界を、ここから動かそう。 BEYOND THE MOTOR」

 

メーカー各社は現行モデルを展示するだけでなく、未来のクルマを大々的に展示してました。電気自動車、自動運転、そしてVR(ヴァーチャルリアリティ)。F1マシンとかも展示してますが、ムードとしてはクルマを「快適な移動手段」として進化させていこうする意図(トレンド)を強く感じました。そして、BMWのキャッチフレーズである「駆け抜ける喜び」というのをコンセプトにしているメーカーはかなり少なく、超私的なことを言わせてもらうと、クルマを操る楽しみを積極的にアピールしていたのはBMWとポルシェとルノーぐらいでした。

 

 

クルマは確かに移動手段ですが、ドライビング(運転)を楽しめる乗り物でもあります。しかしながら、若者の「クルマ離れ」が加速していることもあって、車メーカーは「ファン・トゥ・ドライブ」は一部のカーマニアを除いて終息するという予測を立てているような感じがします。時代の変化と言ってしまえばそれまですが、クルマを単なる移動手段と思っていない人間にとっては、これからは肩身が狭くなりそうです。

 

では、ゴルフの未来はどうなのか?

 

 

ゴルフ人口は減少に歯止めがかかりませんし、アマチュアゴルファーの平均年齢は60歳をゆうに越えています。ゴルフ量販店の顧客平均年齢は65歳ということを考えると、「クルマ離れ」以上に「ゴルフ離れ」は深刻です。このまま何も手を打たないようであれば、ゴルフ業界の未来は決して明るくないと思います。

 

 

 では、どんなことに取り組めばゴルフの未来は明るくなるのか?

 

 

超私的なことを言わせてもらえるならば2つ提案したいことがあります。ひとつは、ゴルフは「大人のスポーツ宣言」。小金井カントリークラブはプレーヤーに年齢制限があり、ビジター男性は35歳以上でないとプレーできません。プレーできないとなると、プレーしたくなるのが人間心理です。なので、例えばゴルフは30歳以上から始めること推奨したいです。「お酒とタバコは20歳から」「ギャンブルができるのも20歳から」、ならば「ゴルフは30歳から」というキャンペーンを貼り、ゴルフを「大人のたしなみ」に持って行くのです。もちろん30歳以下でゴルフをやってもいいのですが、30歳すぎたらゴルフというマインド(文化)を築くようにするのです。

 

 

大人になったら「やっぱりゴルフがいいよね」というマインド(文化)を上手く作り上げることができれば、「30歳で初めて50歳でシングルになる」というストーリーを作れば、ゴルフは大人の遊びとして定着しますし、それはゴルフ人口を一定数増やすことにつながると思います。

 

もうひとつは、徹底的に飛距離を競うジャンルを作り上げる。ドライバーもアイアンも、今どきのクラブは飛距離重視。アマチュアが飛距離を求めているからクラブメーカーが飛ぶクラブを作っているのならば、それを大々的に認めてしまう。そして、スコアではなく飛距離を追求するゲームを作るのです。

 

飛距離で競うというとドラコン競技になりますが、これをもっと簡素化します。野外ではなくて、室内で手軽にできるようにします。シミュレーションゴルフを簡素化し、とにかく飛距離計測に特化した設備を作り、10分とか15分で1ゲームを楽しめるようにします。ドライバーでぶっ飛ばすだけならば、クラブは1本で済むのでプレーを始めるハードを下げられます。そしてそして、飛距離追求ゲームにすれば、VR(ヴァーチャルリアリティ)でドラコン競技も出来るようになります。これならゴルフに対するハードルを一気に下げられますし、ゲームが好きな人も参入しやすくなります。

 

 

ただボールを遠くにかっ飛ばすことからでもいいから、ゴルフクラブを手に持って、ゴルフクラブでボールを打って爽快感を味わう。この爽快感を味わう人を増やすことに成功すれば、その次の段階として本来のゴルフに興味を持つ人の分母(数)を増やすことにつながると思います~。

 

(▼▼)b


こちら是非!!!

マーク金井が、世の中の様々な練習器具をインプレッションします 今回は手前味噌ですいません・・・ アナライズのイージーフレックスEF009ドライバーです

詳しくは↓をクリック


2017年10月31日超私的な考察 プロ野球日本シリーズから学ぶスコアメイクの極意とは!?

YOUTUBEアナライズチャンネルで、マーク金井の初心者セミナー配信開始

ぜひご覧ください


プロ野球日本シリーズが開幕し、2戦を終えて福岡ソフトバンクホークスが2連勝。今日からは舞台を横浜DeNAベイスターズの本拠地、横浜スタジアムに映して熱戦が繰り広げられます。

 

マーク金井は第2戦をテレビ観戦してましたが、この試合は4対3、1点差でホークスがベイスターズに競り勝ちました。この試合はどちらが勝ってもおかしくない展開でしたが、決めてとなったのが7回裏の攻防。1死1塁で、打者は2番今宮。初球を打ってセカンドゴロ。絶好のゲッツーのチャンスだったにも関わらず、ショートが捕球ミスでオールセーフ。この後、ホークスが3点を奪って逆転勝利を収めました。

 

 

今宮のホームタッチプレーはあまりにも微妙でビデオ判定となりましたが(最初はアウトでしたが、ビデオ判定でセーフに変更)、やはり勝負のあやとなったのがエラーです。あのエラーでゲームの流れがベイスターズからホークスにバトンタッチされています。

 

さて、このゲームの流れ。

 

野球では「エラー」「走塁ミス」「四球」「暴投」「パスボール」があると、流れが空いてチームに行ってしまいます。では、ゴルフはどんな時に流れが悪くなるのかと言うと、

 

スコアメイクの流れが悪くなるのが、、、

 

・ナイスショットした直後にミスショットを打つこと
・やさしいライからミスショットを打つこと
・バーディチャンスを3パットすること
・1m前後のパットを外すこと
・ナイスショットしてグリーンオーバー
・アプローチを寄せて、寄せた後のパットを外すこと
・パー5で2オンを狙って失敗して池やバンカーに打ち込むこと

 

 

 

ゴルフの場合、難しいショットを失敗することよりも、易しいショットやパットを失敗するとスコアメイクの流れが悪くなります。また、強引な攻めをして失敗すると途端に流れが悪くなります。そして、そして、誤解を恐れずに言うと、アマチュアの場合、

 

 

ナイスショットしたことが、結果的にゲームの流れ(スコアメイクの流れ)を悪くすることが少なからずあったりするのです。例えば、「ティショットが今日イチでフェアウェイど真ん中。平らなライから残り120ヤードをひっかけて左のバンカー」。とか、「パー3でワンピンにワンオンしてバーディパットを1mオーバーして、パーパットを右に押し出して3パットボギー」とか、「花道からのアプローチを80センチに寄せたのに、パットを引っかけてボギー」とか、、、、

 

 いいショットを打った直後に凡ミスをすると、スコアメイクが非常に難しくなるだけでなく、プレーの流れも悪くなって、ミスショットも連鎖しやすくなってくるのです。

 

では、どうすればゲームの流れが良くなりスコアメイクが上手くなるのか?

 

 

野球のピッチングで例えるならば、三振を取ろうとするのではなく、内野ゴロや外野フライを打たせてアウトを取るようにすることです。三振をばったばったと取るというのは、ナイスショットをずっと打ち続けるようなもの。そうではなくて、のらりくらりと省エネピッチングでアウトを取っていくような感じ。ゴルフの場合ならば、のらりくらりとプレーするコツは、、、、

 

 ナイスショットを打とうとしないこと。
 ナイスショットを打ったらチャンスではなくてピンチだと思うこと。

 

ナイスショットではなくて、ずっと60~70点ぐらいのショットをずっと打ちつづけること。例えば、、、

 

・ティショットはフェアウェイにこだわらない、ラフでもOK。
・セカンドもベタピンにこだわらない、乗ればOK
・アプローチもベタピンにこだわらない、3mぐらいにのればOK。
・バーディパットは入れるよりも寄せる。

 

 

こんなゴルフをしたら面白くないと感じる人も多いかと思います。たしかにその通りで、ナイスショットを打つこと、セカンドでピンを狙うこと、パー5で2オンを狙うことというのはチャレンジングで成功するとなんとも言えない達成感を得られるからです。

 

 ゴルフは物理であり確率です。

 

ナイスショットをどう捉えるのかはゴルファー次第ですが、多くのアマチュアは自分が打ったナイスショットが引き金になってゲームの流れを悪くし、そしてスコアメイクに苦労しているというのが、「言ってはいけない 残酷すぎる真実」なのです~。

 

(▼▼)b


↓こちら是非

マーク金井が、世の中の様々な練習器具をインプレッションします 今回は手前味噌ですいません・・・ アナライズのイージーフレックスEF009ドライバーです

詳しくは↓をクリック


2017年10月26日超私的な考察  スタート前に練習場でボールを打つことは本当にメリットがあるのか!?

 

10月30日月曜日21時生配信決定

マーク金井 ここだけの話

お見逃しなく

アナライズの今週の営業ですが

10月25日〜27日まで社員研修、28、29は土日で休業の為、発送、メール返信がお休みします。

24日の15時ぐらいまでに入金確認出来た商品は、発送することがたぶん可能ですが、それ以降は30日以降の随時の発送となります!

商品のご注文は24時間365日受け付けております


昨日は寝台列車と新幹線を乗り継いで朝、7時30分くらいに広島駅に到着しました。そこから車で向かったのは、リージャスクレストゴルフクラブリージャスは36ホールあって、プレーしたのはグランドコース。設計は米国を代表するロバート・トレントジョーンズJR。典型的なアメリカンスタイルのレイアウトで、ベントのワングリーン。ポテトチップスのうねりがあるグリーンがあるかと思えば、まったりと傾斜が弱めのグリーンもあったりして1ホールとして同じグリーンはありませんでした。

これまでプレーしたトレントジョーンズのコースの中では池が少ない半面、強い打ち下ろしのホールはグリーン周りの難易度が高く感じました。初めてプレーする時、ボールは1個だけでプレーすること、ダブルボギーを叩かないことを心がけてますが、今回は素ダボを2個叩きました。3番ホールのセカンドを左にひっかけて「あわやOBを打ちそうになりましたが、林を抜けてなんとかセーフ。ボールは1個もなくさないでホールアウトをすることができました。

 

ー△ー△ー⬜︎△ーー 41
221222222 17

ー△◎ー⬜︎ーーーー 38
221222212 16

 

初めてのコースだと78を目標スコアに想定してますが、今回は79ストローク。素ダボを2つ叩いたことを考えるとそれなりに上出来でした。ちなみに、今回も強く意識したのは、ティショットでナイスショットを打とうとしないこと。ミスショットでもいいから2打目がちゃんと打てる場所にボールを運ぶことだけ考えてました。実際、18ホールプレーして、セカンドがちゃんと打てなかったのはホールレイアウトを勘違いしてティショットを打ってしまった6番だけでした。

 

 

このリージャスクレストGCグランドコース。クラブハウスもコースも立派ですが、練習場も立派でした。アプローチ、バンカー練習場は芝から打てるのはもちろんのこと、打ちっ放しのドライビングレンジでもプロトーナメントのように、天然芝の上から打てる打席が用意されているのです。実際、スタート前に練習しているプレーヤーも皆、天然芝からボールを打ってました。

 

 

そんな理想的な練習場が完備しているにもかかわらず、スタート前にマーク金井が練習したのは、アプローチとバンカーショットだけ。ドライビングレンジでボールは1発も打たないでスタートホールに向かいました。打席が天然芝であろうと人工マットであろうと、普段スタート前に練習場でボールを打たないからです。スタート前にやっているのはクラブを使ってのストレッチと、クラブを2本互い違いに持っての素振りだけ。カッコつけてボールを打たないのではありません。スタート前にボールを打つことが、スタートホールにいい影響を与えるとは思っていないからです。

 

 

その証拠と言ってはなんですが、スタート前に練習場でボールを打っているアマチュアの朝イチのティショットを観察すると、スタート前にしっかりボールを打っている人がナイスショットを打っている確率はそれほど高くありません。スタート前の練習で調子が良かった人でも平気でミスショットを打っていることが多々あったりします。

 

では、なぜスタート前にしっかりボールを打っても、朝イチのティショットが上手くいかないのか?

 

考えられる理由は2つあります。

 

ひとつはボールを打つ時の気持ちが全然違うことです。練習場でボールを打つ時、ほとんどのアマチュアゴルファーはスタートホールのような緊張感はありません。練習場は気楽な気持ちでボールを打っています。対して、スタートホールでは練習場と比べ物にならないぐらい緊張しています。緊張の度合いが違うわけですから、練習場でいくらいいショットを打てていても、コースに出たらそうは問屋が卸してくれないのです。

 

もうひとつ考えられることは、練習場でボールを打つ時、多くのアマチュアゴルファーはナイスショットしたことは記憶に残りますが、ミスショットしたことはすぐに記憶から消し去る傾向があります。このため、例えば、スタート前にドライバーを10発打った時、ナイスショットした3発は覚えていても、ミスショットした7発のことは覚えています。その結果、コースに出た時はナイスショットした3発を打てると誤認識し、自分に期待しながら打つから大きなミスが出やすくなるのです。

 

スタート前に練習場でボールを打つことは全然構いませんが、もしもスタートホールでしくじりたくないならば、心がけてほしいことが2つあります。

 

ひとつは、練習場で打ったショットと同じショットは朝イチのティショットではめったに打てないと肝に銘じておくことです。もうひとつは、練習場で打った最低のショット(ミスショット)がコースに出た時には頻繁に出る可能性があるということを肝に銘じておいてください。この2つを肝に銘じでスタートホールのティショットに臨めば、まず高望みはしなくなります。高望みしない方が過緊張することがなくなり、大きなミスショットが出づらくなります。

 

練習場ではポンポンと続けてボールを打てますが、コースに出たらいつも1発勝負。そして、コースに出た時はミスショットを記憶から消し去ることもできませんし、大きなミスをしでかしたらスコアは確実に悪くなってしまいます。

 

ゴルフはミスのゲームです。

 

 

スタート前に入念な練習するのでしたら、ナイスショットではなくてミスショットを記憶する癖をつけてください。そして、コースに出たら、記憶したミスショットが出ることを覚悟しておくのです。そうすれば、ミスショットが出ても大きく落胆しなくなりますし、落胆しない方がスコアの浪費を確実に防げます〜。

 

(▼▼)b


YOUTUBEアナライズちゃんねる

新企画登場!!

マーク金井 練習器具ミシュラン!

マーク金井が、世の中の様々な練習器具をインプレッションします 今回は手前味噌ですいません・・・ アナライズのイージーフレックスEF009ドライバーです

詳しくは↓をクリック


1 2 3 4 5 6 21