マーク金井blog

カテゴリー: 未分類

2018年05月22日超私的な考察 練習して上手くなる人と、練習しても上手くなりづらい人の違いとは!?

 

先週末、神田のスタジオセミナーを4回開催しました。いずれのセミナーも座学だけでなく、実際にボールを打ってもらい、スイングのタネと仕掛けを頭ではなく、身体で感じてもらっています。身体で感じないことには、スイングの修整点がどこにあるのかを具体的に把握できないからです。

 

加えて、アマチュアに限らずゴルファーのスイングは相当頑固で、「自分では変えているつもりでも、実際は変らない」ということが多々あるからです。セミナーでは毎回、マーク金井が受講者の後ろに回り込み、二人羽織のような感じで動きを体験してもらうようにしています。これをやると、ほとんどの受講者は「ええ~、こんな風に動いていいんですか?」とか、「こんな動き、一度もやったことがありません」と口にされます。今のところ、セミナー受講者で「予想通りな動きですね」とリアクションされた方はひとりもいません。

セミナーは毎月開催してますが、同じ講座であっても毎回同じことは致しません。受講者の反応をフィードバックし、毎回、内容を変えていってます。加えて、デモンストレーションの精度を上げるべく、自分自身の練習時間も増やすようにしています。24時間いつでも練習できる設備があるのは本当にありがたく、最近は夜10時を過ぎてからこっそり自撮りしながら練習してます。1球打っては自撮りしたスイングをじっくり眺めているので、40分の練習でボールを打つのは15球前後。15球打つ合間にフレループで素振りを40~50回ぐらいこなしています。

ゴルフの練習の自撮りで一番チェックしている点、それは、、、、

 

 スイングで変えたい部分(場所)が、ちゃんと変っているかどうか!!!!!

 

ナイスショットしたとかミスショットしたとかではなく、芯を喰ったとか芯を喰わなかったとかは二の次。自分が目指すスイング、欠点や悪癖を解消するためにトライしていることができているかどうかにフォーカスして自撮りしたスイングをじっくり見るのです。

 

これを繰り返すと分るのは、、、、

 

 ナイスショットした時、芯を喰った当たりをした時ほど、スイングは変えようとした部分(場所)がほとんど変ってないということ。良い当たりをしている時ほど、スイングの点数自体は低いことがほとんどです。言い換えると、ナイスショットを打とうとした時は、スイング自体は悪いことの方が多いのです。

 

セミナー受講生を観察していても同じで、ナイスショットを打った時にスイングが良い方向に変っている人はほとんどいません。ナイスショットした時、そのほとんどは昔ながらのスイングのままです。

 

察しのいい人はもうお分かりでしょう。そうです。練習場でボールを打っている時、ナイスショットを求めるほどに、スイングは昔のままから抜け出すことは困難な作業になるのです。例えば、トップでシャフトが目標よりも右を向くシャフトクロスになっている人の場合、ナイスショットを打っている時ほどシャフトクロスになっています。逆に、シャフトクロスの度合いが減った時は、ミスショットになっていることがほとんど。何故かと言うと、トップの位置が変ればダウンスイングに移るタイミングが合わなくなってしまうからです。超私的なことを言わせてもらうならば、、、

 

ナイスショットした時=スイングが変っていない可能性大(昔のまま)
ミスショットをした時=スイングが変っている可能性大(新しいスイング)

 

コースでミスショットを打つのと違い、練習場ではいくらミスショットを打ってもゴルフが下手になることはありません。スイングを本気で変えたい、悪い癖や悪い動きを本気で矯正したいと考えているならば、わざとミスショットを打つぐらいの意識(気持ち)が必要です。ミスショットを打つのを嫌がっていたら、スイングを変えたくても変らないからです。

 

練習場に行くと、「ナイスショット=いいスイングをしている」と評価しているアマチュアゴルファーを多くみかけます。確かにナイスショットを打つとなんとも言えない心地良い気持ちになりますが、この心地良い気持ち良さというのはスイング改造やゴルフ上達を阻む「禁断の果実」であり、この果実を求めるほど、練習してもその努力が報われなくなるのです~。

 

(▼▼)b



2018年05月10日超私的な考察 ドライバーが飛ぶ人と飛ばない人は一体、どこが違うのか?

YOUTUBEのアナライズチャンネル人気コンテンツ

マーク金井の打たずにいられない マグレガーターニークラッシックM85

配信しています


火曜日、水曜日と日本プロ選手権の大会会場、房総カントリークラブに行ってきました。
火曜日はプロアマ、水曜日は指定練習日、どちらもドライビングレンジで選手のスイングを観察してきました。

 

 

選手のスイングはひとりひとり違いますが、共通点も多々あります。違いをざっと上げると、、、、

スタンスの向き
ボールの位置
テークバックの方向
トップの高さ
ダウンスイングの軌道
フォローの大きさ
フィニッシュの形

 

共通点を上げると、、、、

 

 下半身主導でダウンスイングを開始
 インパクトで頭が残っている(ビハインド・ザ・ボール)
 ダウンでタメが作れている
 ハンドファーストの状態でインパクト

 

ドローが持ち球の選手も、フェードが持ち球の選手も例外はありません。この4つの動作がちゃんとできてます。クラブが進化したことでプロのスイングも変ってきましたが、この4つの動作が欠けたスイングをしているプロゴルファーはひとりもいません。言い換えると、ボールを効率良く飛ばす、方向性が安定したショットを打つためには、この4つの動作は必要不可欠な動作とも言えます。

 

対して、アマチュアゴルファーのスイングを観察すると、この4つの動作がちゃんとできてません。その代わりに、、、、

 

 上半身や手先でダウンスイングを開始
 インパクトで頭が残っていない(頭が突っ込んでいる)
 ダウンでタメがほどけている(アーリーリリース)
 インパクトがハンドファーストになっていない(左手首が甲側に折れている)

 

飛距離不足に陥っているアマチュアほど、この4つの動作が顕著に出ています。言い換えると、この4つの動作をやっている限り、体をしっかり使ってスイングしたとしてもボールを効率良く飛ばすことは出来ませんし、方向性が不安定になるのも避けられません。

 

ゴルフは物理です。

 

 

そしてゴルフスイングは金づちでクギを叩くのと同じで、道具を上手く使うことが求められます。そして、道具を上手く使うためには欠かせない動作があるのです。

 

 では、どうすれば下半身主導でダウンスイングできるのか?
 では、どうすればインパクトで頭を残せるのか?
 では、どうすればダウンでタメをキープできるのか?
 では、どうすればハンドファーストの状態でインパクトできるのか?

 

プロによるレッスンもさることながら、正しい動作を会得するために必要なのはセンサーではないかと超私的に思っています。下半身主導でダウンスイングできているのかどうかのセンサー、頭の位置をチェックできるセンサー、タメの有無をチェックできるセンサー、そしてインパクト時の左手首の角度をチェックできるセンサー。

 

ほとんどのゴルファーは自分の動きに自覚がありません。自覚がないから動きを変えることができないでいます。ならばセンサーがあれば、動きの善し悪しを客観的にチェックできますし、改善ポイントも具体的に見えてきます。

エプソンのMトレーサーをはじめ、ゴルフスイングを客観的にチェックする機器が増えてますが、超私的には左前腕とクラブの角度の両方を計測できるセンサー、左腕上腕、前腕の角度を計測できるセンサー、そして左手首の角度を計測センサーを作りたくてウズウズしています。これらのセンサーがスマホと連動するようになれば、アマチュアゴルファーのスイングが良くなるチャンスが一気に増えると思います~。

 

(▼▼)b




アナライズで今話題の逸品と言えばこれ!

よろしくおねがいします。↓クリック

RENGAパター!(アナライズRS1.5パター)

片山晋呉プロ使用しております↑(みてみて)アルミ削り出しと言うコストの掛かる構造なのにお値段控えめですよ!!!!!


2018年05月08日超私的な考察 手打ちとボディターンは、どちらの方が飛距離が出るのか!?

GWが終わりました。しっかり休みが取れた人、あまり休みが取れなかった人、いつもに増して仕事した人もいたかと思いますが、マーク金井はGWもいつもどおりほぼ毎日、神田におりました。ゴルフには一度も行ってませんが、スタジオで弾道計測器をガッツリテストしたり、新しいクラブ、中古クラブをガッツリ試打しました。GWが明けた今週からは、薄暮ゴルフ三昧するつもりです。

 

さて、GWでは新たなセミナー「ひざ立ち打ちセミナー」を開催。タイトルが示すとおり、ひざ立ち打ちについてのセミナーです。ゴルフスイングはひざ立ちでやるモノではありませんが、ひざ立ちすると、通常のスイングでは分らりづらいゴルフスイングのメカニズムを体感できます。加えて、ひざ立ちで打った方がヘッドの軌道がどうなっているのかもチェックできるメリットがあります。

 

では、通常のスイングとひざ立ち打ちはどこがどう違うのか?

 

・ひざ立ち打ちは下半身(フットワーク)が使えない
・ひざ立ち打ちはスイングプレーンがフラット(横振り)になる
・ひざ立ち打ちは手打ちっぽくなく
・ひざ立ち打ちはダフりのミスが出やすくなる

 

水平振りほどではありませんが、ひざ立ち打ちは通常のスイングよりも横振りになります。そしてフットワークは使えません。ほとんどの人は手打ちしているような感覚になります。

 

では、ひざ立ちは飛ばないかどうかと言うと、、、

 

 

そんなことはありません。ドライバーでひざ立ち打ちをしてもらうと、男性アマチュアの方でも180ヤード以上飛ばす人がたくさんいます。マーク金井も200ヤード以上飛ばせますし、ヘッドスピードが速い人だと250ヤード近く飛距離が出ます。

 

 

対して、ひざ立ち打ちとは逆に、手と腕を完全に固定して(スイング中、ひじを体にくっつけた状態)、下半身をフリーな状態で打つと、ボールはそこまで飛びません。手、手首、腕をまったく使わず、ボディターンだけで打とうとしたら、ドライバーでも100ヤードも飛ばない人がほとんどです。誤解を恐れずに言うと、ドライバーの飛距離の75パーセント以上は、手や腕、そして手首をタイミング良く使うことによって生み出されているのです。これはプロもアマチュアも関係ありません。一生懸命体をしっかり使っているのに飛距離が出ない人ほど、手や腕、そして手首が正しく使えていないのです。

 

下半身はパワーが出せる部位であることは間違いありませんが、下半身のパワーだけではボールを遠くに飛ばすことはできません。ひざ立ち打ちをすると、手打ちがドライバーの飛距離を生み出していることが如実に体感(確認)できるのです。

 

ゴルフでは「手打ちは良くない」「手打ちは飛ばない」とかと言われてます。確かに、飛ばない人を見ていると、体を上手く使えてなさそうに見えますが、実は、体よりも手や腕、手首を上手く使えてないことが「飛ばない」要因になっているのです。実際、ひざ立ち打ちセミナーでも、手や腕、手首を上手く使えていない受講者ほど、ひざ立ち打ちした時も飛距離が出てませんでした。

 

 

 

ゴルフは道具の依存度が高く、そして道具を上手く使うことによって飛距離が出る競技です。野球のホームランよりもドライバーショットの方が飛距離が出るのは、道具の依存度が高いからに他なりません。そして、道具を上手く使いこなすには、手や腕、そして手首を正しく使ってやることが必要不可欠なんです。

 

 

 

ひざ立ち打ちは、通常のゴルフスイングで分かりづらいことを色々と教えてくれます。マーク金井は今から45年ぐらい前にひざ立ち打ちを教わりましたが、その時は、ひざ立ち打ちをする理由が分っておらず、そしてひざ立ち打ちがこれでもかってぐらい上手く打つことができませんでした。

 

45年経った現在は、ひざ立ち打ちも違和感なくできるようになりましたが、それはゴルフスイングのタネと仕掛けが理解できるようになったからです。

 

ゴルフは練習しないと上手くなれませんが、練習の仕方が間違っていると、その努力は報われません。まずはひざ立ち打ちを試してみて下さい。まずは7番アイアンでひざ立ち打ちしてみて下さい。これで、ボールの手前を大きくダフる人↑、打ったボールがものすごく左に飛んでしまう人は、スイングの仕方にかなり大きな問題があります~。

 

(▼▼)b


フレループよろしくお願いします。

フレループ 遂にアナライズでも販売開始しました!!! 是非宜しくお願いします↑クリック


2018年04月29日超私的な提案 ドライバーの適正シャフトを選ぶのにこだわりたいポイントとは!?

アナライズのゴールデンウィークの営業について・・・

4月28、29、30日、5月3、4、5、6日は商品の発送、メールの返信、電話でのお問い合わせはお休みです。(もちろんセミナーは開催しております(GW中のセミナーは全て満席となっております)


昨日は国道16号線沿いにある、千葉カントリー川間コースでプレーしてきました。雲ひとつない絶好のゴルフ日和。半ズボンに半袖ですが、足にはレギンス、腕にはアームカバーを装着。忍者のような格好ですが、肌を露出する部分をできるだけ減らすようにしています。日焼け対策もありますが、実は日焼けの面積が少なくなるほど疲労の度合いが減り、翌日に疲れが残りづらくなるのです。

 

寝違えてテークバックが満足に取れない中でのラウンドですが、これが功を奏してくれました。ドライバーのヘッドスピードを42m/s以上上げないようにしたら、ドライバーがほぼパーフェクト。千葉カンは林間コースですが、林の中に打ち込んだのはゼロ。左ドッグレッグのホールで色気を出して引っかけて池に入れたのと、最終ホールで左のOBを嫌がって右のラフに打ち込んだのを除けば、すべてフェアウェイキープ。アイアンもミスらしいミスは2発ぐらいでした。

 

西コース
ー△ーーーーーーー 37
222222222 18

東コース
ー○○ー△○ーー△ 35
211121211 12

 

前半はパッティングがいつも通りに入りませんでしたが、後半は出だしで大オーバーしたセカンドパットがコロンと入り、それからは面白いように1パットが続きました。ハーフに3つのバーディーは出来すぎです。

 

さて、昨日はドライバーに新しいシャフト装着してプレーしました。それは、、、

グラファイトデザイン ツアーAD iz-5(Sフレックス)

 

ヘッドはテーラーメイドのM4 TypeD。長さは45.5インチでシャフトはライ角がアップライトになる向きに装着してます。

M4にツアーAD iz-5を装着した組み合わせは1発も打ったことがありません。いきなりの1発目がスタートホールです。スタート前の練習でボールを打ってしまうと先入観が入るので打ちません。コースの1発目でどんな球が出るかを知ることが、シャフトの特性を知るのにもっとも適していると思っているからです。1番は左に林がせり出しているホールで、フェアウェイ右サイドからドローを打ちたくなるホール。軽いドローを打つイメージで打ったら、イメージ通りのドローが打てました。

 

察しのいい人はもうお分かりだと思います。超私的なことを言わせてもらうと、シャフト選びで大事なことは2つです。振り心地と同じぐらいこだわりたいのが、

 

  • ひとつはイメージ通りの弾道が打ちやすいこと。
  • もうひとつは打点位置をコントロールしやすいこと。

 

 

飛距離やスピン量、ボールの捕まり具合もシャフト選びの大事な要素ですが、いくら飛ぶシャフトでも、自分のイメージと違う弾道が出たり、打点位置をコントロールしづらいシャフトというのは、コースでは通用しません。説明するまでもありませんが、コースに出たらいつも1発勝負。1発勝負を成功させる確率を上げるためには、イメージ通りの弾道が打ちやすいこと、そして打点位置をコントロールしやすいことが必要不可欠なんです。

 

ゴルフはミスのゲームです。

 

 ナイスショットを増やすことよりも、ミスを減らした方がスコアメイクがしやすくなります。加えて、ミスした時に大けがになりづらいミスを増やした方がスコアをまとめやすくなるのがゴルフです。

 

ナイスショットを打つとなんとも言えない快感を得られます。対してスコアに悪影響が出ないミス(軽度のミス)ショットというのは、打っても快感は得られません。快感は得られませんが、大叩きを防げ、かつパーで上がれる確率を確実に上げていけます。スコアアップを本当に狙っているならば、快感よりも確率にこだわるクラブやシャフトを選ぶことが必要不可欠です~。

 

(▼▼)b


フレループよろしくお願いします。

フレループ 遂にアナライズでも販売開始しました!!! 是非宜しくお願いします↑クリック


2018年04月24日超私的な考察 ドライバーとパターの打ち方の違いを正しく理解していますか!?


先週の国内男子ツアー「パナソニックオープン選手権」は最終日に3アンダーでプレーしたインドのラリヒ・ガンジー選手が1打差で逆転優勝、国内女子ツアー「フジサンケイレディスクラシック」はプレーオフの末、永峰咲希選手がツアー初優勝しました。昨日は久しぶりに男女ツアーをテレビ観戦しましたが、どちらも手に汗握る展開で、なおかつ生放送。なおかつプロ野球の巨人阪神戦も同時にやっていたので、数秒刻みにチャンネルを切り替えながら観戦してました。

プロ野球は巨人が大量得点を重ねたので早々と観るのを止めましたが、男女ツアーは最後の最後まで勝負がもつれました。男子ツアーは18番のティショットが勝負の分かれ目になり、女子ツアーはプレーオフでのパッティングで優勝者が決まりました。テレビを観ていて改めて思ったのですが、ゴルフは大胆さと繊細さの両方が求められるスポーツです。

大胆さとはボールを遠くに飛ばすドライバーショット、繊細さとはボールをカップに沈めるパッティングですが、ここで皆さんに質問があります。「ドライバーとパッティングの違いは何?」と聞かれたらなんと答えますか?

アナライズのセミナーでは、必ずこの質問をします。受講者の多くは、、、、

・ドライバーは飛ばす、パターは飛ばさない
・ドライバーはスイングが大きい、パターはスイングが小さい
・ドライバーはリストターンがある、パターはリストターンしない

・ドライバーは速く振る、パターはゆっくり振る

 

ドライバーは遠くに飛ばすクラブで、パターは遠くに飛ばさないクラブ。これは至極真っ当な答えですし、実際、そういう風に作られています。ドライバーで1mのパットを打つことはまずしませんし、パターで200ヤード以上飛ばすのは不可能に近いです。ドライバーもパターも使用目的に応じて設計がなされています。だからでしょう。受講者の多くは、振り幅やスピードのことについて言及します。

 

そして、ここからが大事なポイントですが、ドライバーとパターはクラブの構造が違うだけでなく、打ち方も大きく違います。ドライバー(アイアン)とパターというのは、クラブの動かし方が根本的に異なるのです。どこが根本的に異なるのかと言うと、

 

 スイング中のシャフトの運動方向です!!!!!!!!!!

 

パターは振り幅が小さいだけでなく、ストローク中、シャフトはほとんど回転しません。それに対して、ドライバー(フルショット)というのは、スイング中、シャフトが回転します。シャフトを回転させないと、クラブを正しく振り上げることができませんし、クラブを正しく振り下ろすことができません。

 

ドライバーショット(フルスイング)においては、テークバックでシャフトが時計回りに約80~110 60~80度ぐらい回転し、ダウンスイングではシャフトが反時計回りに約80~11060~80度ぐらい回転します。このシャフトの回転があってこそ、クラブは正しい軌道、すなわちオンプレーンに沿ってクラブを動かすことが可能になるのです。

 

このシャフトが回転することの重要性を知るのに役立つのが、片山晋呉プロ、石川遼プロも使っているシャフトが曲がった「フレループ」マーク金井もセミナーでは「フレループ」を積極的に使ってますが、シャフトが反っていると(曲がっていると)、シャフトを回転させないことにはクラブがトップに上がらないこと、そしてオンプレーンに振り下ろせないことが、体感できますし、かつ可視化できます。フルショットにおいては、シャフトをタイミング良く回転させることが、正しい軌道を生み出すことを即座に体感できるのです。

 

 

ゴルフスイングはできるだけ手や腕を使わない方がいいと言われてます。確かに使い過ぎると手打ちになったり、スイング軌道が不安定になります。しかしながら、手や腕を全く使わないでいると、スイング中にシャフトを回転させることはできません。スイング中にシャフトを回転させるためには、腕(特に左腕)の回旋(ねじれ)が必要不可欠だからです。

 

ゴルフスイングには数多くのセオリーがありますが、シャフトが反っている(曲がっている)フレループを振ると、ドライバーショット(フルスイング)を成立させるには、シャフトの回転(腕の回旋)が必要不可欠であることが即座に分ります。また、シャフトの回転(左腕の回旋)させた方がボールを真っ直ぐ飛ばせることも分ってきます。シャフトを反時計回りに回転(左腕を反時計回りに回旋)させるとリストターンした感じになって、ボールが左に飛びそうな感じがしますが、これも勘違いであることが分ってきます。

 

ゴルフは物理です。

 

ドライバーショット(フルスイング)とパターはまったく別物です。ここを正しく理解していないと、スイング作りが難しくなるだけでなく、クラブの軌道が不安定になるリスクも高まるのです~。

 

(▼▼)b


フレループよろしくお願いします。

フレループ 遂にアナライズでも販売開始しました!!! 是非宜しくお願いします↑クリック


1 2 3 4 5 6 12