マーク金井blog

カテゴリー: 超私的な提案

2017年08月10日超私的な提案 夏のゴルフで欠かせない熱中症対策アイテムとは!?

マーク金井”ここだけの話” 

8月14日月曜日21時配信決定


夏の高校野球が始まりました。マーク金井は大阪育ちということもあって、50年くらい前から甲子園球場で高校野球を観ています。今でもハッキリ覚えているのは、1969年の夏の大会。太田幸司投手が活躍した時、三沢高校と松山商業が決勝戦で延長18回引き分け、その翌日の再試合を父親に連れられて甲子園球場で観戦しました。太田投手は18回を投げきった翌日の試合も9回完投。27イニングを投げ切りましたが優勝は手に入りませんでした。再試合では松山商業が4対2で勝利を収めたからです。

さて、当時は「夏は水分補給は早め」なんてことはまったく浸透しておらず、「水を飲むのはガマンする」なんてことがまかり通ってました。もちろん、当時はポカリスエットやアクエリアスといった飲料もありません。観客は頭にタオルを巻き、「かち割り」と呼ばれるビニール袋に砕いた氷が入ったモノを飲んでたのを今でも鮮明に覚えています。この「かち割り」、氷と水だけなので味はまったくしません。なので、子供の頃は粉末状のジュースの元を持参し、それをかち割りに入れてジュース味にして飲んだりしてました。

「かち割り」はシンプル極まりない飲料ですが、結構重宝しました。ビニール袋の入っているので氷が溶けない時は、氷のう代わりになって頭や後頭部に当てることができます。そして、溶ければ飲料水になったからです。

 

「かち割り」世代のマーク金井にとって、夏のゴルフで欠かせないアイテムはスポーツ用の氷のうです。

甲子園球場の「かち割り」と同じく、氷のうがあると首や後頭部をサクッと冷やせます。冷感スプレーとかもいいと思いますが、氷のうは夏のゴルフ、熱中症対策には欠かせないアイテムですね。ちなみに氷のうの中の氷が溶けた時は、冷たさを保っている時に、中の水を頭にぶっかけてます(笑)

 

他でお勧めしたいアイテムをざっと上げると、、、

 

・ステンレス製魔法瓶(0.75~1.5リットルぐらい)


・銀傘(日傘)


・キャップ(帽子)

 

ペットボトルを凍らせるのもありですが、ステンレス製魔法瓶の方が冷たい状態をキープできますし、飲み始めと飲み終わる時に味(甘味)が変わりません。薄暮の担ぎセルフで9ホールプレーの時は、0.75リットルのサーモスをドリンクポケットに入れ、乗用カートで18ホールプレーする時には、1リットルのステンレス魔法瓶を使っています。

 

銀傘とキャップについては、日除けです。女子プロ達もやってますが、キャップを被ってさらに傘を差す。夏の日差しを和らげるには、これぐらいでちょうどいいです。これにさらに日焼け止めを塗れば万全です。

 

加えて、日焼け対策で欠かさないのが

 

・アームカバー
・ふくらはぎサポーター
・サングラス

アームカバーとふくらはぎサポーターは肌の露出を減らせるので、日焼け対策になるのに加えて、疲労も軽減できます。かつてはゴルフウエアの下に機能下着を着用してましたが、今はアームカバーのみ。この方が風通しがいいからです。加えてアームカバーは食事時とかに簡単に着脱できるのがgoodです。ふくらはぎサポーターについては、これを着用するとハイソックスを履いたのと同じ感じになります。こ名門コースでプレーする時も、正々堂々と半ズボンでプレーできますし、ハイソックス着用のドレスコードもクリアできます。

 

ちなみに、ペットボトルを凍らせてゴルフ場に持って行くならば、ポカリやアクエリアスのようなスポーツドリンクではなくて、ミネラルウオーター(水)を凍らせたモノを持って行くことをお勧めします。水ならば溶け始めた時も、溶けた後も味が変わりません。加えて、水ならば半分ぐらい溶けた時にスポーツドリンクを入れると、ちょうどいい味になってくれるからです。水を凍らせたペットボトルは、いわば現代版「かち割り」なんじゃないかな、と勝手に思ってます~。

 

(▼▼)b


名作MSウエッジ限定復活!販売再開↓クリック

 

ツアープロも使っているゴルフの竪琴

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↓クリック


2017年07月29日超私的な提案 ゴルフ場のスロープレーを劇的に解消する奇策、続編!!

お待たせしました!

売り切れていました

アナライズマジックマリガンUT

 UT70装着モデル

販売再開!しました!

↓クリック


昨日は赤羽GCで薄暮9ホールプレーに行ってきました。スタート前に雨で流れたピンの撮影をサクッとすませ、午後3時過ぎにティオフ。クラブの本数はもちろん7本ですが、いつもと違のはキャディバッグの中に入れるボールの数。普段は5~6個入れてますが、昨日は、、、

 

 1個しか入れてません!!!!

 

先週の土曜日、そして今週の月曜日と初めてのコースでプレーしましたが、いつも心がけていることがあります。それは、

 

 

 ボール1個で18ホールを回りきることです。

 

 

土曜日のラウンドでは出だしでOBを打ってしまいいきなりボールを無くしましたが、それ以降は1個のボールでホールアウト。月曜日のラウンドでもティショットをOBしましたが、ボールはOB杭のすぐそばに止まってたので、なんとか1個でプレーできました。ゴルフはスコアもさることながら、ボールを無くさないでプレーすることが大事だと勝手に思っています。なぜなら、ボールを無くさないプレーを心がければ、おのずのコース攻略も緻密になるからです。

 

ゴルフは1打の重みが大事だと言われますが、ボールが1個しかないと思えば、否応なしに1打を慎重に打つようになります。

 

 ボール1個だけのプレーは、もうひとつメリットがあります。

 

それはスロープレー解消にもつながるのです。例えば、OBや池ポチャを連発し、ボールをたくさんなくす人と、ボールをなくさない人を思い浮かべみて下さい。ボールをなくさない人の方が、ボールを探す時間が確実に減ります。加えて、打ち直しをすることもありません。ボール1個だけでプレーできれば、それだけで余計な時間が減り、プレー時間も短縮されるのです。

 

察しのいい人ならば、もう言いたいことはお分かりでしょう。

 

もしもマーク金井がゴルフ場のオーナーだったら、「ボール1個」でプレーしてくれるゴルファーのプレー料金を設定します。例えば、9ホールプレーの通常料金が1万円ならば、ボール1個でプレーして下さるゴルファーには9ホール5000円といういう風に。もしもプレー中にボールを無くしてしまったら、その時点でプレー終了です。再度プレーしたい時は再び1番からスタートしてもらい、9ホール5000円いただくのです。

 

これならば1個でプレーできればかなりのお得感があります。5000円まで下げるのが難しいのであれば8000円でも構いません。また、コンペ形式にするのもいいでしょう。大事なことは、ゴルファーが「1球だけでプレーを楽しめる」ということ味わってみたいと思わせることです。

 

 昔と違って、今はゴルフボールの値段が劇的に安く、探せば1ダース2000円以下で売られてます。ボールが安く手に入ることはゴルファーにとってはありがたい反面、「1球だけでプレーする」という感覚が希薄なります。

 

 

ゴルフ創世記の頃は、プレー料金よりもボールの値段の方が高かった時代がありました。
鳥の羽をぎゅうぎゅうに詰め込んだフェザリーボールの時代、ボール1球の値段は家1件分に相当していたそうです。その時代はおそらく、誰しもスコア以上に、ボールをなくさないでプレーしていたと思います。

 

スタートホールから最終ホールのパットを打ち終わるまで1球でプレーすることを、ゴルフ場が推奨する。とてつもない奇策ですが、スロープレーが解消されるだけでなく、ゴルファーのスコアアップにもつながると勝手に思ってます~。

 

(▼▼)b


打点コントロールセミナーの動画配信、その2、その3配信しました

ぜひご覧ください。ちなみに8月の打点コントロールセミナーは満席となりました

ツアープロも使っているゴルフの竪琴

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↓クリック


2017年07月27日超私的な提案 ゴルフ場のスロープレーを劇的に解消する奇策とは!?

お待たせしました!

売り切れていました

アナライズマジックマリガンUT

 UT70装着モデル

販売再開!しました!

↓クリック


土用の丑の日に鰻を食べてきました。当たり前ですが、いつにも増して土用の丑の日は、日本橋の名店「うなぎ割烹大江戸」は混んでいましたが、恐らく、どの鰻屋さんも土用の丑の日が来客数が多いことだと思います。

 

 では、なぜ日本人は土用の丑の日に鰻を食べるようになったのか?

 

ネットで検索してみると、江戸時代以前から鰻は暑い夏を乗り切るための栄養食として重宝されていたという文献が残っています。そして、土用の丑の日が本格的に定着したのは江戸時代の後期以降。鰻の旬は夏ではありません。夏に売り上げを伸ばしたい鰻屋に相談を受けた平賀源内が、「本日土用の丑の日」と書いた看板を店の前に掲げたら、これが大当たり。鰻屋は大繁盛。このことを知った他の鰻屋がまねをするようになり、以来、土用の丑の日にはうなぎを食べるという風習が生まれ定着していったそうです。

この説が本当かどうかは定かではありませんが、大事なことは、「夏バテ解消に『鰻』はうってつけ」というのが日本人にぴったりハマったからだと思います。「本日土用の丑の日」と鰻の関係も腑に落ちたから(納得できたから)、多くの日本人は土用の丑の日に鰻を食べるようになったのでしょう。

 

旬ではない夏に鰻を食べてもらう。この発想を強引にゴルフに置き換えるならば、スロープレー解消も「土用の丑の日」作戦を立てることができます。ゴルファーが納得する方法、ゴルファーがそうしたくなる方法を、ゴルフ場が来場者に提案できれば、スロープレーを解消できると思います。

 

では、どんな提案をすればスロープレーする人を減らせるのか?

 

答えあ「早くプレーしてもらう」ことをお願いするのではなくて、我々が「土用の丑の日」に鰻を食べたくなると同じく、来場者が「早くプレーしたくなる」ようなアイデアを提案すればいいのです。

 

では、どんな提案をすればゴルファーは早く回りたくなるのか?

 

現状、ゴルフ場のプレー料金はプレーするホール数に対して定められています。例えば、18ホールで1万円とか、9ホールで6000円とかです。この場合、早くプレーしようがスロープレーしようが、コスパは変わりません。でも、料金体系が時間単位だったらどうでしょう。例えば、3時間回り放題で1万円としましょう。スロープレーしたら場合、3時間だと9ホールしか回れませんが、早くプレーすれば18ホールプレーすることだって可能です。こうならば、早くプレーした方がお得(コスパがいい)になり、ゴルフ場が催促しなくても、ゴルファーは早くプレーするでしょう。時間制打放題の練習場だとボールをたくさん打つ人が同じく、時間制回り放題にすれば、勝手にプレー時間は短縮されるはずです。

もちろん、練習場とコースでは勝手が違います。練習場と違ってコースには前後の組があります。前の組みのプレーが遅いと、早くプレーしたくても早くプレーできません。

 

この問題点を解決する方法は2つあります。ひとつはスコアカードをステーブルフォードのみにし、トリプルボギーを叩いた時点で、そのホールからはホールアウトしてもらうことをアナウンスするのです。トリプル以上叩く人がいなくなれば、それだけでプレーが遅くなるのを防げます。またギブアップした方が、数多くのホールを回れることが分っていれば、ゴルファーの方も「ギブアップすることに抵抗がなくなり」ます。時間制回り放題とステーブルフォードでのプレーをワンセットにすることができれば、ゴルフの腕前に関係なく9ホール2時間以内で楽にプレーできます。

 

 

そして、このアイデアに付け加えるならばティショットは打順を固定すること、そして使用クラブを7本以内にしてもらいたいです。打順が決まっていればティショットで打つ順番を確認する必要がなくなります。クラブも本数を14本から7本に減らせば、クラブ選択にかかる時間を短縮できます。察しのいい人ならばお分かりだと思いますが、ゴルファーのタスク(やる事)を減らせば、走らなくてもプレー時間は短縮できるのです。

 

 

プレーの途中でギブアップするというのに抵抗を持っている人も少なからずいると思いますが、ゴルフは元々はマッチプレー。対戦相手に負けた時点で、プレーヤーはそのホールをギブアップします。負けたのにプレーを続行するのは時間の無駄だからです。また、ボウリングを思い出してみて下さい。ボウリングはワンフレームで投げられるのは2投だけ。2投してピンを残しても、3投目はありません。これはゴルフに例えるならば、そのフレームはギブアップしたのと同じです。いや、ちょっと違うか(笑)。

写真は東京ドームボーリングセンターのWEBサイトより転載 ボーリングも東京ドームへ!

 

18ホールのゴルフ場で時間制回り放題を実施するのは難しいと思いますが、例えば、27ホールや36ホールあるゴルフ場ならば、18ホール以外のホールで時間制回り放題をやってみるのもいいと思います。また、18ホールのゴルフ場でも早朝や薄暮プレーの時に、時間制回り放題をやってみるのもアリです。

 

スロープレー問題はゴルフ場にとって深刻な問題ですが、視点を変えた料金設定をすれば、早くプレーしたくなるゴルファーを確実に増やすことは十分可能だと思います~。

 

(▼▼)b


打点コントロールセミナーの動画配信、その2、その3配信しました

ぜひご覧ください。ちなみに8月の打点コントロールセミナーは満席となりました

ツアープロも使っているゴルフの竪琴

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↓クリック


2017年07月12日超私的な提案 クラブの本数を減らすとゴルフが上手くなるって本当なのか!??

 

昨日は、第7回MMT9の本大会が赤羽ゴルフ倶楽部で開催されました。この大会は世界最小プロトーナメントで、今回はプロ18名、アマチュア18名が参加。9ホールの短期決戦で、プロが使えるクラブは4本以内。アマチュアは7本以内です。ティはプロもアマチュアも同じで、レギュラーティを使用します。

 

天気は快晴。強い日差しの中、トップの組がスタートしたのは午後2時30分。マーク金井は最終組で市原弘大プロ中井学プロ、そして予選トップ通過の児山和弘さんとティオフしました。

 

最終組というプレッシャーがかかる中、スタートホールのティショットはなんとかフェアウェイをキープすることできました。赤羽のインは回り慣れているコースですが、やはり競技となると話は別です。最初から最後まで、いい意味で緊張感をずっと味わいながらプレーしました。スコアは、予選と同じく+5の40ストロークでした。全体の成績は18位タイ、アマチュアの分では7位タイでした。悔しくなかったらと言えば嘘になりますが、改めて1打の重みを痛感しました。この悔しさは次回に向けてのモチベーションとして練習に励みたいと思います。

 

ちなみにホールバイホールは、、、

 

ーーー△+3△○ー△  40(パー35)
22234 3123  22パット

 

13番で1メートルのパーパットを押し出して右に外し、流れの悪い状態から14番ティショットは右の池(正確にはハザード内の橋の上)に打ち込み、3打目でオンするもののそこから4パット。続く15番はファーストパットを打ちすぎて3mオーバーからの3パット。16番では9mのバーディパットがスコンと入ってくれましたが、最終18番では7mのバーディパットを2mオーバーしての3パット。いつものことながら、ショット数よりもパット数の方が多く、それがスコアとなってしまいました(笑)

 

 

今回は風が強かったこともあって、優勝スコアは1アンダー。3名のプロ、1名のアマチュアが同スコアでしたが、優勝トロフィーを手にしたのは男子ツアーで活躍中の市原弘大プロ。最終ホールのバーディーが効いて、カウントバックで優勝トロフィーを手にしました。ちなみにMMT9では賞金は同順位複数名の場合は均等割。今回の優勝は市原弘大プロ、船越紀之プロ、そして伊藤誠道プロの3名。ローエストアマチュアは、トップタイの1アンダーでプレーした宮野嗣英さんでした。

 

 

アマチュア優勝の宮野さん

 

このMMT9。プロもアマもクラブの本数がかなり少ないです。これには理由があって、MMT9はプロトーナメントでありながら、「ゴルフをシンプルにプレーする」という趣旨でクラブ本数を制限してます。また、ゴルフルールでもクラブの使用本数は14本ではなくて、14本以内となっています。

 

では、クラブを少なくするとどんなメリットがあるのか?

 

キャディバッグを担いでプレーするのが楽になります。クラブの本数が少ない方がプレー時間が短縮できます。そして、クラブの本数が少ない方が手軽にプレーできます。

 

 そして、そして、アマチュアの場合はクラブの本数が少ない方が、ゴルフの技術を磨けますし、コースマネジメント能力を鍛えることもできるのです。

 

例えば、7本プレーの場合、キャディバッグにSWが入ってなかったとしましょう。SWがなければ、バンカーを避けてプレーします。バンカーショットが苦手な人ならば、バンカーに入れる回数が確実に減り、その分だけスコアアップできます。

 

 

 

例えば、バッグの中に7番と9番しか入ってなくて、セカンドで8番の距離が残ったとしましょう。この場合、7番で軽く打つか、9番でしっかり打つかの選択肢が出来ます。どちらを選択すればいいのかは、ボールのライ、ピン位置とかで変わりますが、本数が少なくなる分だけ、コントロールショットの技術を磨けるのです。

 

今回、マーク金井は優勝した市原プロ と同組。市原プロは、たった4本でのプレーでしたが、すべてのショットがコントロールショット。ゴルフはボールを遠くに飛ばす競技ではなく、いかにボールをコントロールするかということを教えて下さいました。

 

1本のクラブでいろんな距離を打ち分ける。ボールを真っ直ぐ飛ばすことと同じくらい、距離を打ち分けることはスコアメイクに必要不可欠なスキルです。そして、ゴルフをスポーツとして考えるならば、少ないクラブの本数で、自分でバッグを担いでプレーするというのは大いにアリだと思います~。

 

そしてこの場を借りまして、MMT9の会場を提供下さいました赤羽ゴルフ倶楽部様、そして暑い中、大会をスムーズに運営下さったスタッフの皆さんに深くお礼申し上げます~。

(▼▼)b

 


アナライズの大ヒット商品

シャフトスタビライザー

analyze_ss_photo01

analyze_ss_top (3)

インパクトでグリップが浮いて、ヘッドが垂れる人、チーピン、フックに悩む人、ミート率が悪い人に効果があります!! 是非お試しください


2017年07月05日超私的な提案 練習場での試打会でシャフトを正しく吟味するコツとは!?

月曜日はプロギアのRSカップの予選大会で、ザ・カントリークラブジャパン(千葉県)を18ホールプレーしてきました。最高気温が30度を軽く超えたこともあり、スタート時点からすでに汗だく。9ホールを終えてからの後半は、コースとの戦いというよりは暑さとの戦いでした。上がり3ホールで、3連続ボギーを叩き83ストローク。予選カットは82だと思っていました。今回も1打足りないと思いながらスコア提出してコースを後にしましたが、ラッキーにも10位でギリギリ予選通過できました。

そして向かったのがブリヂストンゴルフの新店舗「ブリヂストンゴルフガーデンTOKYO」

東京駅のすぐ前にあり、シュミレーターを使ってのプレーが楽しめます。もちろんフィッティングも充実していますが、最新の機器を使ってスイングの完成度をもチェックしてもらえます。パワーがどれぐらい出ているのか、スイングを構成する要素(軸、遠心力、リリース)がどれぐらいのレベルなのかも点数を付けてくれるのです。

診断してもらった所、現在のヘッドスピードは46m/s前後。最大で47.4m/sまで上げられるそうです。ちなみにマーク金井の現在のスイングスペックは、女子プロの渡辺彩香選手とほぼ同じだそうです。体重がかかと寄りとのことですが、これは自分の4スタンスのタイプがB2なので、ほぼイメージ通りでした。

そして、昨日火曜日は三菱ケミカル(旧三菱レイヨン)のシャフト試打会に伺ってきました。場所はメーカーのクラブ試打会が頻繁に開催されるメトログリーン東陽。1階の一番左側の打席を使っての試打も毎度お馴染みのことです。

今回、三菱ケミカルがラインアップしたのは、

FUBUKI AiⅡシリーズ(アイアン、FWウッド用)

ディアマナRFシリーズ(ウッド用)

OTツアーアイアン(アイアン用)
OTツアーハイブリッド(ユーティリティ用)

それぞれ重量帯が異なるモデルもラインアップしているので、10種類以上のシャフトを打ちましたが、改めて感じるのがシャフトによって球筋、スピン量、捕まり具合が異なってくることです。そして、シャフトを試打する時に重要なことは、、、、

 

 試打する時は、使い慣れているヘッドで試打すること!!!!!

 

 

普段打ったことがないヘッドでシャフトを試打した場合、正直、シャフトを客観的に評価することは非常に難しいです。なぜなら、飛んで行く弾道は、ヘッドで作られたものなのか、シャフトで作られたものかをジャッジすることができないからです。

 

 

昨日の試打では、ウッドはテーラーメイドのM2(2017年モデル)だったこともあり、ヘッドの特性は十分理解しています。なので、ディアマナRFのシャフトを打った時、前作とどこがどう変わったのかをかなり正確にチェックすることができました。対して、アイアンの方は普段使っていないヘッドだったこともあり、ドライバーでシャフトを試打した時に比べると、シャフトの特性を正確に読み取ることが難しかったです。

 

ゴルフクラブはヘッドとシャフトとグリップという、3つのパーツで構成されています。試打会などでシャフトを試打する時、シャフトを打比べる時に大事なのはシャフト以外のパーツはできるだけ普段と同じ方がいいです。ヘッドの特性をあらかじめ理解していれば、
このシャフトは、、、

・ボールが上がりやすいのか(上がりづらいのか)
・捕まった球が打ちやすいのか(捕まりづらいのか)
・スピンが少ないのか(スピンが多いのか)

 

をかなり正確にチェックできます。最近のドライバーはカチャカチャ式なので、ヘッドからシャフトを外せて交換できるモデルが大きくなっています。実は、このカチャカチャ式というのは、弾道コントールできることもさることながら、自分が持っているヘッドでいろんなシャフトを試せるというメリットがあるのです。

 

練習場でシャフト試打会に参加するのであれば、シャフトメーカーさんが対応しているのであれば、自分のヘッドを持ち込んで新しいシャフトを試打してみることをお勧めしたいです。その方が、より確実にシャフトの持ち味(性能)チェックできます~。

 

(▼▼)b


ツアープロも使っているゴルフの竪琴

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↓クリック