マーク金井blog

2015年06月07日雨の日のゴルフでスコアをまとめる極意とは!?

一昨日、久しぶりに土砂降りの雨の中、キングスロードゴルフクラブ(兵庫県 三木市)で18ホールプレーしてきました。雨のゴルフは久しぶりでしたが、なんとか18ホール回ってきました。キングスロードは青ティ(レギュラー)で6646y。雨が降ったので、体感的には7000yぐらいのコースをプレーした感じです。パー4のセカンドショットでUTを5回以上も使ったのも久しぶりでした。初めてのコースでは目標スコアは80。実際のスコアは43、38の80。目標よりも1打多かったですが、雨の強さを考えるとほぼほぼ目標通りのゴルフが出来ました。

 

11401172_10203314822991224_6563971226097426168_n

 

 

 さて、この雨の中のゴルフ。

115432_600400

写真はGDOより転載 撮影は内田眞樹カメラマン

 

多くのアマチュアは、晴れた日に比べると雨の日はスコアを落としています。雨が降っただけで、スコアが10打ぐらい悪くなる人も少なからずいます。加えて、関西エリアでは梅雨入り宣言。そこで、今回は超私的に雨対策について書いてみたいと思います。

 

まず、きわめて当たり前ですが、晴れた日と雨の日ではゴルフ場のコンディションが異なり、プレーヤーのコンディションも異なります。コンディションの違いをざっと上げると‥‥

 

・身体が雨に濡れる
・グローブが濡れてグリップが滑りやすくなる
・クラブが濡れる、ボールが濡れる
・傘を差す
・レインウエアを着る
・ボールが飛ばない(特にランが出ない)
・バンカーが湿る(水たまりもできる)
・グリーンはボールが止まりやすくなる
・グリーンに水が浮くとパッティングは遅くなる
・眼鏡を掛けている人は視界が悪くなる

 

書いているだけで、スコアが良くなる要素はほとんどありません(笑)。雨でゴルフをするというのはかなりイレギュラーな状況です。例えば、練習場を思い出してみて下さい。
屋根付きの練習場ならば雨が降ってもボールを打つ人はたくさんいますが、屋根無し練習場だと雨が降ったらボールを打つ人は激減します。よほど物好きな人を除けば、雨に濡れるのはが好きな人はいません。言い換えると、雨が降っただけで、マイナスイメージを持つ人がほとんどででしょう。

 

115429_600400

写真はGDOより転載。撮影は内田眞樹カメラマン

 

では、どうすれば雨の中のゴルフでスコアを上手くまとめられるのか?

 

キーワードは慣れです。

 

習うよりも慣れろではありませんが、雨に慣れてないよりは雨に慣れた方が、雨に対するマイナスイメージを減らせます。極端な話、雨が降ったらプラスイメージを持てれば、それだけで、雨のゴルフが楽しくなるだけでなく、スコアを落とす度合も減ってきます。

 

では、どうすれば雨に慣れるのか?

 

いくつかポイントがありますが、本気で雨の日にいいスコアを出したいならば、雨に濡れながら練習すること。かつて中島常幸プロは晴れた日に、シャワーを浴びながらボールを打ったそうです。雨に慣れるためです。そこまでする必要はありませんが、雨の日に屋根の無い練習場でボールを打つ、雨の日にゴルフ場の練習場でボールを打つ。これが平気でできるようになれば、それだけでも雨に慣れてきます。そして、雨に慣れてくれば、おのずと雨対策に何が必要かが分かってきます。経験に勝るものはありません。誰かにサラッと教わったのではなく、自分で必要性を感じて学んだことは、かならず実践しますし役立ちます。

 

次に役立つのが、レインウエアを着てこまめに練習することです。こちらは屋根付き練習場でも簡単にできます。最近のレインウエアはかなり高機能になっていますが、それでもポロシャツだけでスイングするのとは異なります。レインウエアを着るとスイングしづらいと感じる人が多いですが、これは慣れていなから。レインウエアを着てずっと練習していれば、違和感は徐々になくなります。レインウエアを着ていても、何ら違和感を感じなくなれば、しめたもの。雨の日のゴルフでかなりのアドバンテージを手に入れられます。レインウエアを着れば、傘を差していなくても身体が雨に濡れづらくなります。ちなみに、レインウエアは予算の許す限りグレードの高いモノをお勧めします。レインウエアは「値段=性能」だからです。1万円のレインウエアと3万円のレインウエアとでは、着心地が大きく異なるだけでなく、防水(耐水)性も大きく異なるからです。

 

115435_600400

写真はGDOより転載 撮影は内田眞樹カメラマン

 

レインウエアと同じく、グローブ、そしてシューズも雨に強い商品をオススメします。この2つのアイテムも雨に強いモノを選んだ方が、身体が濡れづらくなります。グローブに関しては、滑りづらい方がグリップも滑りづらくなります。ゴルフショップに行けば、防水(耐水)性をアピールしたグローブ、シューズはいくらでも選べます。

 

次回は雨の日にスコアをまとめる方法について説明しましょう~。

 

(▼▼)b


大ヒットした リンクスSSウエッジがモデルチェンジ!

リンクス SSマジックマリガンウエッジ!販売開始↓

bnr_store_mulligan_wg (1)

アナライズ10周年記念 T島ブログ仕様 マジックマリガンUT大好評販売中

マジックマリガンUTに、アナライズのプレミアムグリップを装着して、お値段そのまま!!! なんか微妙ですがちょっぴりお得になっています

NS950装着モデルもT島仕様あります↓よろしくお願いします

ut00011-300x300

 

store_blog_header

マーク金井ブログ更新しています梅雨ですね・・雨が嫌いなゴルファー必見http://www.analyze2005.com/mkblogneo/?p=12647

Posted by マーク金井のアナライズ on 2015年6月6日


カテゴリー コースマネジメント、ラウンドにて思う

コメントは停止中です。