マーク金井blog

2013年06月07日ダウンブローに不可欠なハンドアクションとは!?

今週発売の週刊ゴルフダイジェスト(6月18日号)の特集で「ダウンブローの基本と応用」という記事がありました。ダウンブローの神様、陳清波プロと森守洋プロの対談企画です。

74517_360240

ダウンブローとは何か?

主にアイアンでスイングした時に、ヘッドが最下点を迎える手前でボールをヒットする打ち方のことです。ゴルフ場で打った時にはボールの先からターフが取れるヘッド軌道のことです。アマチュアの多くはボールの手前にヘッドが入りやすかったり、ターフが取れないことから‥‥ダウンブローはアマチュアの憧れ的な打ち方でもあります。

詳しい内容については週刊GDを読んでいただきたいのですが、弟子の森プロのコメントにマーク金井も痺れました。

ポイントはフェースターン。
手の使い方を覚えていけば芯にあたるんです。
(週刊GD6月18日号より引用)

手の使い方とはハンドアクションのことです。このブログでも再三再四ハンドアクションの重要性について書きましたが、アマチュアの大半はハンドアクションがちゃんと理解してませんし、ちゃんとできてません。にも関わらず「ハンドアクション=手打ち」のイメージを持っている人が非常に多い。結果、ハンドアクションが正しくできないままスイングを構築しようとするので、ボールを正しく捕えることができません。

何年やってもスライスが治らない
何年やってもシャフトクロスが治らない
何年やってもアーリーリリースが治らない

こんな状態から抜け出せない。練習場で何百球打ってもコースに出たらミスショットを連発してしまう人の大半は、ハンドアクションが正しくできてません。ボールをたくさん打てば上手くなれると思っているアマチュアが少なくありませんが、残念ながら見当違いです。練習場で一生懸命ボールを打てばスイングを固めることはできますが、正しいスイングが身に付く確率は非常に低くなります。その証拠に、真面目に練習場に通っているゴルファーのスイングを観察してみて下さい。練習頻度とフォームの良さには、ほとんど因果関係がないことが確認できるはずです。
では、どうすれば正しいハンドアクションが身に付くのか?
森プロは右手の重要性を説いてますが、マーク金井的には左手が重要だと思っています。アマチュアの多くはダウンの開始とともにフェースが開く方向に左前腕がねじれています。ダウンスイングで左前腕が時計回りにねじれてしまうためにフェースが開いてしまい、その結果、インパクトでもフェースが開きっぱなしならばスライスやプッシュアウト、インパクトで強引に右手でフェースを返すと今度は引っかけ。たまたまタイミング良くフェースが戻った時だけ、ボールが真っ直ぐ飛んでくれます。アナライズでは2000人近いアマチュアのスイングをビデオ分析しましたが、ダウンで左腕が時計回りにねじてしまう人(フェースが開く人)が全体の90%以上。プロのようにダウンで左手をちゃんと使える人(ダウン後半でフェースをスクエアに戻せる人)は10%いるかいないかです。

では、なぜアマチュアの多くはダウンで左前腕が時計回りにねじてしまうのか?フェースが開く方向に左前腕がねじれるのか?
これはクラブの影響も非常に大きいマーク金井は分析しています。ゴルフクラブは構造上、シャフト延長線上に重心がありません。ゴルフクラブの重心はシャフトから外れています。重心距離があって重心深度もあるため、ダウンスイングではフェースが開く方向にクラブは動きたがる。ダウンではフェースが開く方向に動きたがるために、左前腕はそれに引っ張られて時計回りにねじれてしまいやすいのです。

P1030552

練習用XLアイアンとMSウエッジ

アナライズにはこんな巨大な練習用クラブ(XLアイアン)がありますが、これでスイングするとほとんどのアマチュアはダウンでフェースが開く方向に動きます。重心距離、重心深度に負けてしまい、左前腕が時計回りにねじれてしまうからです。言い換えると、アマチュアが絶対に覚えなくてはならないのは、フェースが開かない方向にクラブをコントロールするハンドアクションなんです。その鍵を握っているのが左手の使い方。ダウンからインパクトにかけては左前腕を反時計回りにねじる。これを行うことでクラブは正しいプレーンに乗り、そしてフェースが開き過ぎるミスも防止できるのです。

P1030574

ダウンでフェースが開いてしまう

巷にはいろんな練習器具が出回っていますが、マーク金井はゴルフの竪琴を使ってこの左手のハンドアクションを欠かさずチェックしています。
おーっと、原稿締切りの催促が入りました。
左手の正しいハンドアクションについては明日じっくり説明しましょう~。

PS.

ボールをたくさん打ってもスイングは変わりません。ボールの行方や自分のフィーリングが邪魔をするからです。悪い癖を直したい、本気で正しいスイングを会得したいと思うならば‥‥身体の動きをチェックしやすい方法で練習しましょう。マーク金井はゴルフの竪琴を使っているのは、これが一番身体の動き、そして今どきのクラブに対応できるスイングが身に付けられるからです~。

g-3

ゴルフの竪琴にご興味ある方は←こちらをクリック  パイロン&ボールもうすぐ販売再開します(写真の物と実物は違います)

マーク金井が開発した、ショートパットが安心して打てるパター緩く予約を受付してます

DSCN0068

 

 


カテゴリー スイング、ゴルフ練習法

コメントは停止中です。