マーク金井blog

2018年07月22日超私的な提案 AW、SWのロフトは何度を選ぶとスコアメイクがやさしくなるのか!?

アナライズのYouTubeチャンネルの人気コンテンツ

マーク金井の打たずにいられない
更新しています


金曜日、軽井沢でプレーしてきました。朝7時ぐらいに晴山ゴルフ場に着いたのですが、気温は24度。東京からクルマで2時間ほどの距離ですが、関東エリアのゴルフ場と比べると5度以上気温が低く、風もひんやり。トップスタートでツーサムだったこともあり、スループレー。3時間15分ほどで18ホールをホールアウトできました。軽井沢は避暑地として歴史があるエリアですが、ゴルファーにとっても天国のような場所です。加えて、晴山ゴルフ場のように、担ぎセルフでサクッとプレーできる場所があるのも非常にありがたいです。

担ぎセルフでのプレーということもあり、クラブの本数は7本。ドライバー、UT、7番、9番、PW、そして54度のSWとパター。今使っているmmアイアン(今秋発売予定)はヘッドにロフトが記載されており、

 

7番(ロフト30度)
8番(ロフト35度)
9番(ロフト40度)
PW(ロフト45度)
SW(ロフト54度)

 

という感じです。14本でプレーする時は6番アイアンと50度と60度のウエッジが入り、

6番(ロフト25度)
7番(ロフト30度)
8番(ロフト35度)
9番(ロフト40度)
PW(ロフト45度)
AW(ロフト50度)
SW(ロフト54度)
LW(ロフト60度)

 

アイアンからAWまでのロフトピッチは5度刻み。5度刻みにすることでフルショットの番手間飛距離差を約15ヤードにしています。加えて、ロフトピッチを一定に刻んだ方がクラブ選択がシンプルになるからです。ちなみにAW以下の番手に関しては、飛距離差もさることながら、自分が打ちたい距離を打ちやすいロフトを選んでいます。LWに関しては、コースによって58度を使うこともあります。

PW以下のクラブに関しては、7本でプレーする時は54度のみ。14本でプレーする時は50度、54度、60度(時に58度)。プレースタイルによっても異なりますが、マーク金井の場合、AW(50度)まではフルショットもします。フルショットするという意味では、AWはアイアンと同じ感じで使えるクラブをチョイスしています。

さて、このウエッジの本数とロフト選び。

 

 

ゴルフショップでは52度56度が人気だそうですが、マーク金井のセッティングにはどちらも入ってません。その理由は、PWとのつながりがあまり良くないとの、自分の打ちたい距離が打ちづらく感じているからです。

 

 

 では、アマチュアゴルファーはAW、SWでどんなロフトを選ぶと、スコアメイクがやさしくなるのか?

 

ひとつめのポイントとなるのが、アイアンのロフトです。昔と違って、今どきのアイアン、特に飛距離重視のアイアンはロフトが立っています(ロフトが少ない)。7番で30度未満が当たり前なこともあり、PWのロフトが40~44度。AWの目安となるのは、

 

PWのロフト+5度前後です。

 

例えば、ゼクシオの現行モデル(ゼクシオ10)のPWのロフトは43度。この次に入れるAWの適正ロフトは48度。これでPWとAWウエッジのロフト差は5度になり、フルショットした時に飛距離の階段を作りやすくなります。

 

今どきのアイアンのPW事情

  • ダンロップ ゼクシオ10アイアン 43度

  • キャロウェイ ローグスターアイアン 41度

  • キャロウェイ ローグアイアン    44度

  • テーラーメイド M3アイアン   45度

  • テーラーメイド M4アイアン     43.5度

  • テーラーメイド P790アイアン  45度

  • タイトリスト  718AP2アイアン 45度

  • タイトリスト  718AP3アイアン 43度

  • タイトリスト  718AP2アイアン 43度

  • タイトリスト  718MBアイアン 47度

  • ピン      G400アイアン    44.5度

  • ピン      i200アイアン   45度

  • ピン      G700アイアン     43度

 

そしてAWを48度にした場合、SWのロフトの目安は54度。ロフト差を6度ぐらいにしておけば飛距離の階段を作りやすいし、コントロールショットをした時の距離感も良くなります。

 

逆に言うと、PWのロフトが43度で、その次のAWのロフトが52度というのはあまり好ましくありません。7本でプレーするならばもこれぐらいロフト差があった方がいいですが、14本でプレーすることを考えると、ロフト差が9度もあるというのは、PWとAWの飛距離差が出すぎてしまうからです。9度もロフト差があると、フルショットした時に20ヤード以上の距離差が出てしまい、距離感を安定させるにはかなりのスキル(技術)が求められます。

 

ウエッジと違って、アイアンの場合、クラブヘッドにロフト表記がなされてません。これはちょっと不親切な感じですが、クラブメーカーのホームページで検索すれば、PWのロフトを調べることが可能です(調べられないクラブももちろんあります)。

 

 

今どきのアイアンは飛距離性能を上げるためにすべての番手のロフトが立っており、そのしわ寄せとしてPWのロフトも立っています。このため、52度のAWでは、PWのロフトと大きくかけ離れてしまうケースが出ています。セット物のAWはストロングロフトに対応して、AWのロフトも立てている場合がありますが、別売りのAWではストロングロフトに対応しているモデルはかなり少ないのが現状でしょう。

 

先週からmmウエッジは追加ロフトを増やし、46度、48度、50度、52度、54度、56度、58度、そして60度をラインアップしてます。46度と48度に関しては、アイアンのストロングロフト化に対応すべく追加しました。

クラブを選ぶポイントはいくつもありますが、AW、SWはロフト選びが大事です~。

 

(▼▼)b


マーク金井ここだけの話生配信 来週月曜21時配信します!!!

 

フレループはアナライズのwebショップで購入いただけます↓

好評いただいておりますゴルフの竪琴、スーパーシャット君ですが

pr00001

ゴルフの竪琴 マーク金井の解説DVD付き

¥15,120(税込)

pr00009

アナライズオリジナル練習器具 「スーパーシャットくん」解説DVD付

¥10,800(税込)

7月中旬より付属のDVDを廃止し、取扱はYouTubeの配信に切り替えさせていただきます

DVD付属をご希望の方は、早めにお求め下さい


カテゴリー クラブセッティング, 超私的な提案

コメントは停止中です。