マーク金井blog

2014年08月06日手元調子と先調子、アマチュアはどちらのシャフトが合うのか?

昨日はインターネットラジオ、ソラトニワ「マーク金井のしゃべらずにいられない」のオンエア日。ゲストは三菱レイヨンの深山克己さん。新製品のフブキとディアマナの新製品を持ってきていただき、シャフト談義で盛り上がりました~。実は深山さんとは25年くらい前からの旧知の仲で、二人とも当時、千葉国際というゴルフ場のメンバー。二人とも千葉国際の研修会のメンバーでした。当時、マーク金井はアルバをやめてフリーのゴルフライター。深山さんは大学生で日大ゴルフ同好会。深山さんはハンデ0でゴルフの腕前はかなりのモノでした。

10550895_10201674944395284_2318065249418762872_n

さて、今日のエントリーはシャフトがゴルファーに及ぼす影響について。三菱レイヨンに限らず、ゴルフシャフトは以下の要素でフィーリング(振り心地)がガラッと変わってきます。

・重量(重さ)
・フレックス(硬さ)
・トルク(ねじれ)
・調子(キックポイント)

いずれの要素もスイングに影響を及ぼしますが、一番分かりづらいのが調子(キックポイント)でしょう。調子についてはいろんな情報が流れているからです。例えば、
・先調子の方がアマチュア向き
・先調子はボールが上がりやすい
・先調子はヘッドが走る

・手元調子は上級者向け
・手元調子はボールが上がりづらい

・中調子はオールマイティ
・中調子はタイミングが取りやすい

等々。それぞれの情報はいずれも間違いではありません。シャフトの特性を上手く捕らえていますが、その前に理解して欲しいことがあります。それは‥‥

慣れたシャフト=違和感がない=振りやすい=自分に合っている
慣れていないシャフト=違和感がある=振りづらい=自分に合っていない

という図式がゴルファーの中にあること。このため、例えば普段に先調子を使って入る人の場合、先調子のシャフトには違和感がありません。対して、手元調子のシャフトを振ると、

「手元がグニャりとして頼りない」
「切り返しでシャフトが暴れた感じがする」

などいう印象を受けてしまい、手元調子に対して違和感を感じます。逆もしかり、普段に手元調子のシャフトを使って入る人の場合、手元調子のシャフトに違和感がありません。対して、先調子のシャフトを振ると

「手元が硬くてタイミングが取りづらい」
「インパクトゾーンでヘッドが勝手に動いて気持ち悪い」

などという印象を受けてしまい、手元調子に対して違和感を感じてしまいます。

使い慣れたシャフトを使い続けることは悪いことではありません。慣れたシャフトで気持ち良くスイングしたい人ならば、シャフトの調子を変えない方がいいでしょう。しかし、本当にスイングを良くしたい、飛距離アップを狙いたいと考えているならば、自分の殻から抜け出すことも必要です。シャフトに関して言えば、「打ちやすい=慣れている」調子のシャフトではなく、あえて「打ちづらい=慣れていない」調子のシャフトを使うことをお勧めしたいです。

例えば、ヘッドスピードが上がらない人、ダウンで手首のコックがほどけやすい人の場合でしたら、手元にしなるポイントがある手元調子、もしくは手元と先端がしなるダブルキックのシャフトを試してほしいです。

ヘッドスピードが上がらない人、ダウンでタメがほどけやすい人、どちらも手首のコックがほどけてしまうためにエネルギーロスしています。加えて、ヘッドが遅れて下りてこないために、シャフトのしなりも上手く使えていません。しかし、このタイプのゴルファーも手元がしなるシャフトを使えば、シャフトがタメを作ってくれます。手元がしなるシャフトほど、手首のコックがほどけてもヘッドが遅れた状態(タメを作った状態)をシャフトが作ってくれるからです。

手元調子というと上級者向けのイメージがありますが、そんなことはありません。手元調子でも捕まりがいいシャフトがあります。加えて、ダブルキックのシャフトは先端側が軟らかいので、手元がしなっても捕まりが非常に良いです。

P1070232

三菱レイヨンの新しいシャフトディアマナRは、手元もしなって、先端で捕まえるWキックが魅力

ロボットが打つ場合、シャフトのキックポイントが変わっても飛距離に大きな差は出ませんが、ゴルファーが打つ場合、シャフトのキックポイントが変わると飛距離に大きな差が出る場合があります。男性ゴルファーでドライバーのヘッドスピードが40m/s以下の人、ダウン前半で手首のコックがほどけやすい人は、たとえ違和感があったとしても手元側がしなるシャフトを使った方が、道具(クラブ)でスイングが良くなるし、飛距離アップも狙えるでしょう~。

(▼▼)b

アナライズからのお知らせ!

マーク金井がブログで紹介してきた、アナライズの練習器具を使ったドリル集のDVDが完成しました

ゴルフの竪琴&スーパーシャット君 ドリル集

pr00010-300x300

必殺練習法が収められたDVDが完成!!!!!! マーク金井が竪琴セミナーでやっているドリル+いろいろ入ってます!!!

お値段は2000円です。(スイマセン発送はメール便(送料160円)をつかうので 代引きでは販売できません(ショッピングカートでは選択できるようになっていますが、メール便は代引き対応してくれないのです)クレジット決済or銀行振込みのみとなります。

8月23日(土)

中越豪 パッティングセミナー

10時  14時開始

ジオギャラクシー代表 中越豪。ツアーサービス、プロキャディの経験もある。中越豪があなたをパッティングの世界の入り口にご案内します。希望者にはパターの調整もします(別料金)愛用のパターをお持ち下さい

お値段は8000円です

お申し込みは yoyaku@analyze2005.com お名前とお電話番号とご希望時間を書いてメール下さい(携帯アドレスでないほうが後々助かります) よろしくお願いします!

8月24日(日曜日)

吉田一尊のお前を飛ばし屋にしてやるぜ セミナー

10時、13時開催

飛ばしのプロ、吉田一尊さんがその飛ばしの秘密を伝授します。皆さんのスイングを分析して、どうして飛ばないか?!その秘密を検証します!!料金は8000円 yoyaku@analyze2005.comに お名前とお電話番号とご希望時間を書いてメール下さい(携帯アドレスでないほうが後々助かります) よろしくお願いします!

開催場所

〒101-0044 東京都千代田区鍛冶町2-8-7光起ビル地下二階

アナライズ 神田スタジオ

  • アナライズはお待ちいただけるスペースがございません。開催時間の5分前ぐらいにお越しください。
  • 日曜祝日ですが、ビル入口のドアが防犯上の都合オートロックで閉まってしまいます。
    /恐れ入りますがお越しの際はお電話いただけると、ビルの入口の鍵を開けさせていただきます

ゴルフの竪琴 好評再発中。

ゴルフの竪琴 

bnr_store_pr01 (1)

ゴルフの竪琴は出来るだけ安く効果的に!をテーマに作った練習器具です。安価にするため、若干の仕上げの悪さ、スポンジの凹み(時間が経てば戻ります)がありますが、それは練習するのに支障はありません。少々いいよ!!という方だけ購入下さい(笑)練習するのが目的です!頑張って上達して下さいね。

store_blog_header


カテゴリー ゴルフクラブ分析, シャフト情報, 新製品情報

コメントは停止中です。