マーク金井blog

2015年11月26日アイアンをリシャフトすることのメリット、デメリットとは!?

昨日は、久しぶりに赤羽ゴルフ倶楽部に行ってきました。天気予報は雨でしたが、最初の5ホールくらいは曇り。それから霧雨が降ったので、9ホールでプレー終了。いつものごとくキャディバッグに7本だけクラブを入れ、担ぎセルフです。クラブを担いで、目土しながら歩いてプレーすると、9ホールでもかなりの運動量。9ホールになれてくると、後半9ホールプレーするよりも、レストランでの生ビールを飲んで風呂にゆっくり入るのが楽しいです(笑)

12243486_10204104391609946_7006363726270051488_n12310488_10204104393089983_6938482715838465255_n

弊社女子スタッフと久しぶりにプレーしたのですが、彼女ももちろん担ぎセルフ。クラブも7本でしたが、バッグの中には新しいアイアン。マーク金井が設計したリンクスのマジックマリガンSSアイアン。ヘッドは男性用で、シャフトは三菱レイヨンの「BASSARA IRON」。ドライバーのヘッドスピードは33~34m/sぐらいなので、50g台でもっとも軟らかくて軽い、ライトをチョイスしています。

12310582_546320158855341_8844907708865536060_n

リシャフトというと、ドライバーやFWをイメージするゴルファーが多いと思いますが、実は、アイアンもリシャフトするとクラブの振り心地がガラッと変わります。純正シャフトに比べると、リシャフト用のシャフトは重さのバリエーション、そして硬さのバリエーションが豊富です。男女に関係なく、自分が使いたい重さのアイアンを作れますし、それはスイングの安定、ショットの安定につながるからです。ちなみに、マーク金井もアイアンはすべてリシャフトして使っています。現在は80g台のカーボンシャフト、フジクラの「MCI80」のSシャフトと、アナライズオリジナルの70g台のカーボンシャフトを使っています。

P1040169

sf00002-300x300

さて、このアイアンのリシャフト。

 

ドライバーやFWに比べると、アイアンをリシャフトするゴルファーはそれほど多くありません。ウッドに比べるとアイアンは本数が多く、リシャフトするにはかなりコストがかかるからです。加えて、ドライバーやFWに比べると、アイアンのシャフトにこだわるゴルファーもそれほど多くないからです。

 

 では、アイアンをリシャフトするメリットはどこにあるのか?

 

 

男性用クラブの場合、市販アイアンで装着されているシャフトは以下の3種類がほとんどです。

 

・ダイナミックゴールド(重量スチール、125g強)
・NS950(軽量スチール、100g弱)
・カーボン(50~60g)

 

 

それぞれのシャフトにかなりの重量差がありますが、これには理由があります。重さの差をはっきり付けないと、アマチュアゴルファーが振った時に重さの差を感じ取りづらいからです。クラブメーカーはゴルファーにベストマッチなシャフトを提供するために重量違いのシャフトをラインアップしていますが、同時に、明確な振り心地の差をつけることで「シャフトの違い」を分かりやすくしているのです。

 

言い替えると、ダイナミックゴールドだと少し重いと感じるゴルファーや、軽量スチールよりも少し軽めのカーボンシャフトを使いたいゴルファーの場合、市販アイアンでは求めるシャフトを手に入れることがほとんどできません。ダイナミックゴールドの次の選択肢は軽量スチールになると、いきなり30gも軽くなります。軽量スチールからカーボンに変えたい人の場合は30~40gも軽いシャフトを使うことになり、重さの落差が出過ぎてしまうのです。

 

アイアンは飛距離も大事ですが、距離感、方向性も大事です。この2つの要素を満たすためには、シャフトは重過ぎても軽すぎても好ましくありません。抽象的ですが、「振り切れる範囲で重いシャフト」がベストです。例えば、ダイナミックゴールドが少し辛くなっているゴルファーならば、「日本シャフトのモーダス3 105」。軽量スチールのNS950からカーボンシャフトに移行したい場合であれば、70~80g台のカーボンシャフトがちょうどいいです。でも、これらのシャフトは純正シャフトとしてはほとんどラインアップされていません。現状では、求める重量帯のシャフトがない場合はリシャフトという選択しになってくるのです。

 

ちなみにアイアンをリシャフトした場合、デメリットは2つあります。ひとつはドライバーをリシャフトするのに比べて本数が多い分だけコストがかさみます。もうひとつは、リシャフトしたからと言って、中古クラブで売却する時は、それほどは査定金額が上がりません。リシャフトが成功すれば何の問題もありませんが、成功しない場合は金銭的なダメージが大きいのです。

 

 

アイアンをリシャフトする場合は、まずは実際に試打してみることです。最近は練習場で開催される合同試打会などにシャフトメーカーも参加しているので、アフターマーケット用のシャフトを無料で打つことができます。また、リシャフトに力を入れているショップに行けば、試打シャフトを用意しているお店もあります。もちろん、アナライズにもアイアン用の試打シャフトは多数用意しています。

 

 

ドライバーだけでなく、アイアンもシャフトの重さ、そしてしなりが変わるとガラッと振り心地が変わります。気に入ったアイアンを使いたいと思うならば、ヘッドにこだわるだけでなく、シャフトにこだわることもお勧めしたいです~。

 

(▼▼)b


12月6日(日)

4スタンスセミナー(レッシュプロジェクト公認トレーナーによる)

10時開始

レッシュプロジェクト公認トレーナーの山下プロが4スタンスの基礎知識から、ご自分のタイプ診断、スイングのアドバイスなど3時間みっちりやります。料金は8000円です yoyaku@analyze2005.comに お名前とお電話番号を書いてメール下さい(携帯アドレスでないほうが後々助かります) よろしくお願いします!

マーク金井の電子書籍が発刊されました

↓こちら全五巻です お求めやすい価格となっております

41858_ext_06_0


mulligan_ut35_top

アプローチが苦手なあなた!

こちらはロフト35度そして、ウッド型UT形状で重心深度も深めなので、ミスにも強いそして500g以上としっかりとした重量!!加えて太いグリップで手元に重量がありテイクバックしやすいんです

コチラはパターに近いクラブです

ほんとにパターみたいにアプローチできます!!!

ポーンと寄ります!!!

コチラはお値段 お手頃で10584円!!


大ヒットした リンクスSSアイアン&ウエッジがモデルチェンジ!

bnr_store_mulligan_iron

 

アナライズ10周年記念 T島ブログ仕様 マジックマリガンUT大好評販売中

マジックマリガンUTに、アナライズのプレミアムグリップを装着して、お値段そのまま!!! なんか微妙ですがちょっぴりお得になっています

NS950装着モデルもT島仕様あります↓よろしくお願いします

ut00011-300x300

こちらもほぼ毎日更新しております。アナライズのストアブログ(T島ブログ)よろしくお願いします↓クリック

store_blog_header

カテゴリー クラブセッティング, コースマネジメント、ラウンドにて思う, シャフト情報

コメントは停止中です。