マーク金井blog

2018年05月01日超私的な考察 石川遼プロも実践している水平素振りのメリットとは!?

アナライズのゴールデンウィークの営業について・・・

4月28、29、30日、5月3、4、5、6日は商品の発送、メールの返信、電話でのお問い合わせはお休みです。(もちろんセミナーは開催しております(GW中のセミナーは全て満席となっております)


先週の国内男子ツアー「中日クラウンズ」は首位と2打差で出たY.E.ヤン選手(韓国)が5バーディ、2ボギーの「67」で回り、通算12アンダーで逆転優勝しました。ヤン選手は2009年にアジア勢として初のメジャーに優勝(全米プロ)しており、今年から国内ツアー本格復帰。46歳のベテラン選手ですが衰えはまったく感じられません。賞金王争いに絡んでくるのは間違いないでしょう。

 

さて、今週はGWの真っ只中。男子のレギュラーツアーもお休みですが、マーク金井はとセミナー三昧。4月28日、29日、5月5日と6日はセミナー講師を務め、ゴルフスイングのタネと仕掛けについてレクチャーしています。

 

 

セミナーでは座学だけでなく、様々なドリルを受講者にやってもらいます。ドリルの種類は10種類以上ありますが、中でも、頻度が高いのが、、、

 

 

水平素振りとひざ立ち打ち!!!!!

 

まったくもって偶然だと思いますが、石川遼選手もツアー会場のドライビングレンジで水平素振りとひざ立ち打ちをやってます。

さて、この水平素振りとひざ立ち打ち。

実際にコースでプレーする時、水平素振りのようなスイングでボールを打つことはありませんし、ひざ立ち打ちでボールを打つこともありません。この2つのドリルは、あくまでドリルに過ぎませんが、実は、オンプレーンに振る感覚を養うのには、非常に役立つドリルなんです。

 

では、水平素振りとひざ立ち打ちにはどんなメリットがあるのか?

 

今回は水平素振りのメリットについて超私的に説明したいと思いますが、ヒントはクラブの軌道にあります。

 

普通にスイングする場合、背の高さとかアドレスの仕方、クラブによっても多少異なりますが、スイング中のヘッド軌道は水平でも垂直でもなくて、斜めです。テークバックでは斜め上に振り上げ、ダウンスイングでは斜め下に振り下ろし、インパクト以降は、再び斜め上に振り上げていきます。クラブの軌道を物理的に説明すると、2次元ではなく3次元に動がしています。

 

 

対して、水平素振りはどうでしょう。

水平素振りはクラブを胸の高さに持ち上げ、腕は前に習えした状態からテークバックを開始し、ダウンスイングし、インパクトを迎えて、フォローを取ります。この時、そして水平素振りの目的は、「クラブを地面とできる水平な状態をキープし、水平に振り」ます。
クラブを水平に動かすということは、即ち、、、

 

 水平素振りは3次元ではなく2次元でスイングすることになるのです。

 

通常のゴルフスイングは3次元な動きに対して、水平素振りは2次元の動き。例えるならば、通常のゴルフスイングは飛行機の操縦と同じで、水平素振りは車の運転と同じようになるのです。説明するまでもありませんが、ほとんどの人は例外なく、飛行機の操縦よりも車の運転の方が簡単に感じるし、実際、簡単です。

 

ゴルフスイングもしかり。

 

水平素振りはクラブを2次元で動かせるので、通常のスイングよりもシンプルに動きを捕らえることができます。また、クラブが水平に動いているかどうかも目視しやすいし、スマホで自撮りした時も「正しい軌道なのか、間違った軌道なのか」を簡単にチェックできます。初心者セミナーでは、最初に水平素振りを徹底的にやってもらっていますが、ほとんどの受講者は短時間で正しい水平素振りをやれるようになります。クラブを水平に動かそうするのは、3次元ではなく2次元だからです。

 

そして、そして水平素振りにはもうひとつ大きなメリットがあるのです。石川遼選手は自覚しているかどうか定かではありませんが、水平素振りをするとクラブをオンプレーンに乗せるために必要な動きというのは、直感的に体感できるのです。水平素振りのメリットについては次回じっくりと説明致します~。

 

(▼▼)b


フレループよろしくお願いします。

フレループ 遂にアナライズでも販売開始しました!!! 是非宜しくお願いします↑クリック


カテゴリー スイング、ゴルフ練習法, 超私的な考察

コメントは停止中です。