マーク金井blog

2018年06月07日超私的な考察 ゴルフ人口を増やすためにゴルフ場がなすべき事とは!?

 

昨日はトーナメント開催でもおなじみの川奈ホテルゴルフコース(静岡県)でPRGRが主催するRSカップに出場してきました。天気は朝からあいにくの雨、トップスタートだったのでコースには朝6時30分に到着しましたが、その時点ですでに雨模様。スタートホールからレインウエアと傘が手放せない天気で、数ホールプレーした時点で、バンカーはすでに水たまりだらけ。グリーンは砲台で水はけが良く、転がりもスムーズで。さすが川奈と思いましたが、雨は止む気配がありません。このまま雨に濡れ続けると風邪を引きそうだったので、9ホールプレーした時点で棄権しました。

川奈は日本を代表するコースで「一度はプレーしてみたいコース」として、多くのゴルファーから注目浴びています。その一方で、都内から行くのは容易ではありません。神田からだと車で片道3時間近くかかりますし、渋滞している所があったりすればさらに時間が掛かります。18ホールプレーするためには朝から晩まで時間を費やすことになります。

 

対して、マーク金井が普段プレーしている赤羽ゴルフ倶楽部は神田から電車で約30分。早朝や薄暮での9ホールプレーならば、半日も費やしません。ゴルフに行っても通常通り仕事ができますし、車がなくても手軽に行けます。今回、川奈でプレーして改めて思ったのが、

 

 

 ゴルフはボウリングやテニスのような手軽さがない。
 ゴルフはスキーやスノボと同じく、プレーするまでの場所が遠い。
 ゴルフは車がないと不便な所が圧倒的に多い。

 

先日、博報堂生活総研が調査したデータ「20代の趣味、スポーツの変化」を見たところ、1992年と2016年では趣向が劇的に変っています。さっと上げると、

減少した主なカテゴリー

ゴルフ  22.1%→6.7%(-15.4%)
スキー・スノーボード  39.2%→11.9%(ー27.3%)
テニス  27.2%→8.5%(-18.7%)
自動車・ドライブ  50.7%→17.5%(ー33.2%)

増加したカテゴリー

パソコン  5.9%→26.5%(+20.6%)
映画鑑賞  40.2%→48.1(+7.9%)
ジョギング・ランニング  7.2%→11.7%(+4.5%)
カメラ・ビデオ撮影  8.2%→15.4%(7.2%)

 

 

34のカテゴリーの中、24年前よりも増加したのは4つのカテゴリーだけ。30ものカテゴリーはすべて減少傾向にあるのです。20代には「自由に使えるお金が少ない」というのもありますが、この数字を見ると、ゴルフだけがガクッと減っていないのが分ります。減り具合で言えば、ゴルフよりもく自動車やテニスの方が深刻です。

 

 

では、どうすればゴルフ人口減少に歯止めをかけられるのか!?

 

 

20代も10年経てば30代、20年経てば40代になります。ゴルフは大人になってから初められる数少ないスポーツであることを考えれば、30代、40代、そして50代からでも始めやすい環境作りが大事なような気がします。具体的に言うと、、、、

 

 遠出をしなくてもプレーを楽しめること。
 あまり時間を掛けないでもプレーを楽しめること。
 公共交通機関でゴルフ場に行けること。
 ラウンドワンのような室内スポーツ施設に初心者向けスクールの設置。

 

この3つをクリアすることができると、ゴルフ未経験者がゴルフに対してのハードルをかなり下げることができるでしょう。現状では多くのゴルフ場が車でないと行きづらいこと、都会に住んでいるとゴルフ場までの距離が遠いという問題を抱えていますが、例えば、赤羽ゴルフ倶楽部のような河川敷コースならば、公共交通機関が利用しやすいです。また、近隣のゴルフ場が相乗りできるクラブバスを運行すれば、車がなくてもゴルフ場に行きやすくなってくると思います。

 

そして、前回のブログでも書きましたが、18ホールではなくて9ホールプレーが楽しめるゴルフ場を増やしてもらいたいです。9ホールならばプレー時間は18ホールの半分。ハーフ休憩で食事をすることもなくなるので、プレー時間を大幅に短縮できます。9ホールがゴルフのスタンダードのひとつに定着してくれば、「とりあえずゴルフを始める」という人達、「ちょっとゴルフしてこようと」する人が増えてくると思います。都心から遠いゴルフ場ならば、都心のゴルファーではなくて地域密着で集客するのも大いにアリです。

 

 

初心者向けゴルフスクールに関しては、ラウンドワンのような複合施設に鳥かごでいいからゴルフ練習できるスペースを作ってもらえると嬉しいです。スポーツジムも大いにありで、スポーツに興味がある人が訪れる場所に、ゴルフができるスペース、ゴルフスクールがあれば、「とりあえずゴルフを始める」人を増やすチャンスが広がります。

ゴルフに限らず、今どきの人は遠くに出かけるよりも近場で楽しむのが当たり前になります。ゴルフも近場で楽しめるという環境が作れれば、劇的にはゴルフ人口を増やせなくても、着実にゴルフを始める人を増やせると思います。ゴルフを始める人が増えてくれば、それに比例して18ホールプレーしたいとか、遠出してでもゴルフをしたい人も増えてくるでしょう~。

 

(▼▼)b


話題の練習器具フレループはアナライズのwebショップで購入いただけます↓


カテゴリー ゴルフ業界情報, 超私的な考察

コメントは停止中です。