マーク金井blog

2015年04月02日ホットリスト2015を超私的に振り返ってみて感じたこととは!?

bnr_store_pr01 (1)

明日4月3日13時から販売します

こちらが売り切れても来週もまた販売します! 詳しくは このブログとマーク金井ブログをチェックして下さい。必ず事前に告知しています!!

  • 数量限定です(入荷数が限定ですが継続して入荷してきます)
  • 売り切れとなっても定期的に入荷しますのでご心配なく!
  • 商品のお届けは、一週間前後かかります
  • 転売防止の為お一人様2つまでです

申し訳ありませんがご予約は受け付けておりませんので、この機会にお求めください

毎週継続して販売します、お時間いただければ確実に手に入ります。ヤフオクなどで高価に取引されている商品には手を出さないようにお願いします


 

昨日(4月1日)はエイプリルフィール。大まじめに嘘をついてもいい日ですが、そんな日にマーク金井は大まじめにスノボしてました。2級の検定を1発合格したので、その勢いで1級の検定を受けてきました。もちろん、検定受検者最年長。そして、恐らくガーラ湯沢でスノボをしている人の中でも最年長でしょう(笑)。検定は見事に不合格となりましたが、これで来シーズンは1級合格目指してスノボをガンガンやります。

10431557_10202955030516637_7867166054092660965_n11096388_10202955033036700_6224250631488056476_n

 

そして4月1日と言えば、ゴルフクラブ業界にとっては特別な日。GDOが主催するホットリストジャパン2015が発表された日です。ドライバーからパターまで、それぞれのジャンルでゴールドとシルバーに選ばれたクラブが発表されました。ホットリストは今年で4回目。今回は93本のクラブが受賞しました。

img_hlj_01 (6)

img_hot-list_01 (2)

さて、このホットリストジャパン2015。第1回目から特別審査員を務めさせていただいてますが、毎年、膨大な数のクラブを一気に試打します。今回も1日で70~80モデルを続け様に打ち、なおかつすべてのクラブに点数を付け、なおかつすべてのクラブについてコメントを記入します。ボールを打つことよりも、点数を付けること、コメントを記入することの方が神経をかなり使います。クラブメーカーが精魂込めて作ったクラブですから、ジャッジする方も精魂込めて評価したくなります。

 

受賞した93本のクラブはいずれも素晴らしいクラブですが、受賞できなかったクラブの中にも、個人的に高く評価したいクラブはいくつかありました。そこで今回は、ホットリストジャパン2015を超私的に総括してみたいと思います。

 

まずはドライバー。

審査委員長の宮田卓磨さんは、こう総括しています。

HOT LIST JAPAN 2015 ドライバーの総括
2015年度のドライバーの傾向をみていくと、弾道調整機能がほぼ主流となり、調整次第ではプロ・上級者から、スコア100前後のアベレージゴルファーでさえも、クラブスペックとシャフトを合わせてしまえば同じヘッドを使用することだってありえる時代になってきた。

では、「どのメーカーのクラブを使っても性能はあまり変わらないのでは?」と思われてしまうが、そうではない。R&Aのルール規制により、ドライバーの新しい開発の余地があまりないと言われているが、メーカーがもつ理念や開発コンセプトに沿って、独自のキャラクターを持った製品を開発している。

調整機能に関していえば、重心の深さを変えることができる機構がようやく出てきたのも、ゴルファーにとっては喜ばしいことだ。ボールのスピン量、打ち出し角、ヘッドの寛容性を調整することができ、プレーヤーのレベルに合わせて調整すれば、ボールが上がらずに困るゴルファーは減っていくだろう。

最後に、空気力学に基づきヘッド設計を行うメーカー(ピンゴルフ、キャロウェイゴルフ、テーラーメイド)が出てきたのだが、次年度以降この分野にトライするメーカーが増えていくのか気になるところ。過去にもこの分野にトライしたメーカーはあったが、一過性に終わってしまっただけに、今後注目したい。(GDOホームページから引用)

 

宮田さんが総括しているように、今年も引き続き、カチャカチャ式ドライバーが主流です。昨年までと異なるのは重心を前後に移動できるタイプのドライバーが出てきたこと。重心の深さを変えることで、スピン量が調整できるのはユーザーメリットが大きいです。マーク金井的には、重量調整ネジを使うのならば、もっとヘッド重量を調整できることをアピールして欲しいと思います。ヘッドの重さを調整できると、クラブの長さを変えやすくなるからです。

 

それと、意外だったのは47インチ以上の長尺ドライバーのラインアップが少なかったこと。長さをアピールしているのはフォーティーンのゲロンディぐらい。ユーザーが長さに対して抵抗があることを考慮しているのでしょう。今の所、積極的に47インチ以上のドライバーを作るところはありません。しかし、ヘッドの重さを調整できるならば、例えば、ヘッドひとつで、長さが異なるシャフトを2種類純正で付けるのはありです。ひょっとしたら、来年発売のドライバーには45インチと47インチのシャフトが標準装着されたクラブが登場するかも知れません。

 

受賞からもれたドライバーにも、魅力的なモデルはいくつかありましあ。例えば、

・キャスコ ビッグ・スーパーハイテン・TARO

driver_img01

これはヘッド素材がスーパーハイテン。名前だけでなくオリジナリティ溢れるドライバーです。好みがハッキリ分かれますが、飛び指数はかなり高いです。

・テーラーメイド エアロバーナー

2015011412520824084 (1)

テーラーメイドの場合、R15とグローレFが受賞しています。この2モデルに比べるとエアロバーナーは新製品ですがやや地味です。しかし、初代バーナー同様、飛び指数が高いドライバー。重心距離が長いのでフッカー向きですが、エアロバーナーをリシャフトすると一気に魅力的なドライバーに変身しそう。マスターズでも、ひょっとしたらエアロバーナーを使う選手が優勝争いを演じるかもです。

 

受賞したドライバーの中で個人的に気に入っているのは、
・フォーティーン ゲロンディCT315

フォーティーン GelongD CT-315 ドライバー
HOT LIST JAPAN 2015 SILVER
詳細を見る

・ピン      G30 LS-Tec

ピン G30 LS TEC ドライバー
HOT LIST JAPAN 2015 SILVER
詳細を見る

・プロギア    iDナブラRS02

プロギア iD nabla RS02 ドライバー
HOT LIST JAPAN 2015 SILVER
詳細を見る

・ナイキ     ヴェイパー フレックス

ナイキ ヴェイパー フレックス ドライバー
HOT LIST JAPAN 2015 SILVER
詳細を見る

・コブラ     FLY-Z+

コブラ FLY-Z+ ドライバー
HOT LIST JAPAN 2015 GOLD
詳細を見る

・テーラーメイド R15

テーラーメイド R15 460 ドライバー
HOT LIST JAPAN 2015 GOLD
詳細を見る

・ブリヂストン  J815

ブリヂストン J815 ドライバー
HOT LIST JAPAN 2015 SILVER
詳細を見る

・ホンマ     TW727 455S

本間ゴルフ TW727 455S ドライバー
HOT LIST JAPAN 2015 SILVER
詳細を見る

マーク金井はシャットフェースのトップなので、重心距離が短いドライバーよりも重心距離が長いドライバーの方がスイングとの相性が良いので、どうしても主観で選ぶと、重心距離が長め、捕まり過ぎないドライバーの評価が高くなります~。

 

(▼▼)b


4月5日

4スタンスセミナー(レッシュプロジェクト公認トレーナーによる)

10時開始 まだ間に合いますよ!

レッシュプロジェクト公認トレーナーの山下プロが4スタンスの基礎知識から、ご自分のタイプ診断、スイングのアドバイスなど3時間みっちりやります。料金は8000円です yoyaku@analyze2005.comに お名前とお電話番号を書いてメール下さい(携帯アドレスでないほうが後々助かります) よろしくお願いします!


マジックマリガンUT

売り切れ中だったカーボンシャフトも販売再開!!

store_blog_header

マーク金井ブログ更新していますホットリスト2015発表になりましたね!!http://www.analyze2005.com/mkblogneo/?p=11991

Posted by マーク金井のアナライズ on 2015年4月2日


カテゴリー アナライズからお知らせ, ゴルフクラブ分析, ゴルフ業界情報

コメントは停止中です。