マーク金井blog

2018年09月13日超私的な提案 ショートパットが上手くなるのに役立つ意外な練習法とは!?

YouTubeのアナライズチャンネル、新しい動画、配信開始

マーク金井の打たずにいられない

ブリヂストンの新しいドライバーを試打します


第2木曜日と第4木曜日は各週発売のゴルフ誌、アルバトロスビューの発売日。9月27日号が本日発売されますが、ちょびっとお手伝いしてます。告知が遅くなりますが、前号から新連載「試さずにはいられない あなたの練習器具 星靴いくつ?」が始まっており、このページのナビゲーターを務めています。この連載はインターネット放送のゴルフネットTV CH1でも放映してますので、ご覧になっていただけると嬉しいです。

 

アルバでは毎回3つの練習器具を紹介してますが、マーク金井はゴルフクラブと同じかそれ以上に練習器具に目がありません。神田のスタジオにも練習器具はこれでもかってぐらいあります。FBでもアップしてますが、ボールを打つ前にはフレループゴルフの竪琴を欠かさず使ってますし、ボールを打っている時は超軟らかシャフトが装着されたEF009を使っています。

マーク金井がプロデュースする上達を目指すゴルファーのための情報サイト

フレループゴルフの竪琴はオンプレーンに振る感覚を道具(練習器具)を教えてくれ、EF009はシャフトのしなり(しなり戻り)をタイミング良く使う感覚、インパクトに向けて体の各部を減速させる感じがつかめてきます。手前味噌ですがボールを漠然と打つよりも、練習器具を積極的に使った方がスイング作りに役立ちます。

pr00019

 

そして、最近パッティングの練習で頻繁にやっているのが、、、、

 

 

 SW(サンドウエッジ)でのパッティング

 

SWの刃の部分(リーディングエッジ)をボールの赤道部分にぶつけ、パターのようにボールを転がす。わざとトップを打つことで、パターで打った時と同じようにコロコロとボールを転がします。

 

このSWの歯打ち。

 

 

試していただくと分りますが、実はパターで打つよりも難易度が高いです。パターはフェース面で打てますが、SWの歯打ではリーディングエッジが正確に赤道(もしくは赤道よりも少し上)で打たないとスムーズに転がりません。ヘッドを入れる角度を一定にすることが求められます。特にインパクトで手首を使い過ぎる人の場合だと、この歯打ちはとてつもなく難しく感じはずです。

 

 SWの歯打ちを上手くこなすコツは、インパクトゾーンで手首の余計な動きをできるだけ抑え、手元とヘッドを同じスピードで動かすこと。実は、これはパターを打つ時にも大事なポイントです。

 

 

加えて、インパクトでフェースが開くとリーディングエッジも右を向き、ボールは右に打ち出されます。パターで打つよりもSWの歯打ちをした方が、ヘッドの上下のブレ、フェースの向きをシビアにチェックできるメリットがあるのです。

 

 

パターマットで練習する時、SWの歯打ちをやってボールをカップインさせてみて下さい。これがスムーズにできるようになれば、パッティングのストロークも劇的に良くなってきますし、ショートパットの精度も上がってきます。

 

 

それだけではありません。SWの歯打ちをすると、インパクトゾーンでのヘッドの軌道が安定します。SWの歯打ちをした直後、今度は同じイメージでSWのヘッドを地面すれすれ動かして(軽く地面にソールを滑らせる)ボールを打ってみて下さい。フェースにボールが乗り、フワッと浮いた球も打てるようになります。SWの歯打ちをやると、10ヤード以内のアプローチもスキルアップできるのです~。

 

(▼▼)b


来週の月曜日 祭日ですが

生配信やります!

ぜひご覧下さい

アプローチが上達するこちら↓限定数入荷!お急ぎ下さい

セットもあります↓

pr00014
¥32,400(税込)

カテゴリー パター、パター練習法, 超私的な提案

コメントは停止中です。