マーク金井blog

2006年11月06日アッパーブローのウソ、ホント‥‥その2

10月29日のブログで、アッパーブローで打てるようになったら、ダウンで背骨を垂直に保てるようになると書きました。

写真だけを見てると‥‥

上からヘッドを入れている‥‥
シャフトを立てて下ろしている‥‥

インから煽る癖が抜けない人、ダウンで右肩が下がる人から見ると、上からヘッドを入れているように見えるかも知れませんが、このダウンはまぎれもなくアッパー軌道のダウンです。その証拠に、今使っているドライバーのリアルロフトは10度ちょうどですが、ボールの打出し角度は13~14度。その気になれば16度でもボールを打ち出すことができます。

では、なぜ体を右に倒さない方がアッパーに打っていきやすいのか?

大抵のアマチュアはボールを上げたい時ほど‥‥
こんな感じで背骨(体)が右に倒したり、右肩が大きく下がります。ボクも以前は「ダウンで右肩が地面にくっつきそうだよ~!!」とゴルフ仲間から揶揄されてました。

が、こうなると「イメージ」はアッパーになっても、「リアル」なクラブの動きはアッパーからどんどん遠ざかるのを避けられません。理由は単純。ダウン前半で右肩が下がると、アッパーに振るための前段階が上手く作れないからですわ~。

おーっと、締め切りの催促の電話が‥‥
この続きは今週中にアップしまっさ~

んじゃ。


2006年10月31日2代目藍ちゃんアイアン登場!!

昨日は、N島春巻とBSの記者発表へ‥‥
お目当てはもちろん‥‥

宮里藍ちゃんでしたが、

ボクが気に入ったのがこれっ!!

やや大きめのキャビティながら‥‥軟鉄鍛造なのでライ・ロフト調整できるVIQフォージドが2代目となって登場。グースの度合いが少し減り、ヘッドサイズも少しコンパクト。

易しすぎず‥‥
難しすぎず‥‥

フォーティーンの最新モデル(TC770フォージド)同様、アスリート指向のアマチュアにとって理想的なアイアン。デザインは小洒落ていますし、仕上げもキレイ。ボクも一目見て「買わずにいられない!!」感じになってますわ~。

ただし、気になったのがロフト設定。

3~5番は2.5度ピッチ
5~7番は3.0度ピッチ
7~8番は4.0度ピッチ

そして‥‥

8~PWは5.0度ピッチ

従来の常識では‥‥アイアンのロフトピッチは3~4度が普通。ロフトピッチをここまで劇的に変えてきたということは、メーカー側で何か仕掛けがあるのかも????? それとも藍ちゃんがこのロフト設定をリクエストしたのか?????

ちなみに、ボクが使うならば‥‥

5番から6番は3度ピッチ
6番からPWは4度ピッチ

にしちゃうでしょう。

おーっと、原稿締め切りの催促の電話が‥‥
アッパー軌道については、次回じっくり説明しまっさ~~

んじゃ。


2006年10月29日アッパーブローのウソ、ホント‥‥その1

米国製の弾道計測‥‥

アキュベクターを

使うようになってもうすぐ3年。この計測器はモバイルできるのが特徴ですが、もうひとつ大きな特徴はボールだけでなく、ヘッド挙動も画像で確認できること。

インパクト直後のフェースの向き、
打点位置、
ヘッドの入射角度、

そして、シャフト先端側のしなりをチェックできます。本来は飛距離、スピン量、打出し角度を計測するための機械ですが、ヘッドが見えることからスイングチェックにも非常に役立ちます。

実際、練習でベクターを使うようになってからスイングの錯覚、誤解が発生しません。アッパーに打ちたいと思えば打てるようになり、ダウンブローに打ちたい時は即座に打てます。

そんなボクが、ドライバーのスイングで発見した答えがこれっ!!

アッパーブローに打つには、ダウンスイングで背骨を垂直に近い状態に保つこと!! ボクはこれを実践するようになってから、打出し角度をスイングで自在にコントロールできるようになりました。

アマチュアの多くは‥‥

アッパーに打とうとすると、ダウンで体が右に傾いたり、右肩が下がる度合いが大きくなりがち。いわゆる「すくい打ち=アッパー軌道」と考えている人がほとどんどですが、残念ながらこの考え方を持っている限り、アッパー軌道でインパクトを迎えることができません。

その理由は次回から、じっくり説明しまっさ~~

んじゃ。


2006年10月26日ちょっとフライング‥‥

GDOブログで知り合ったゲーリーさんと‥‥
知り合って早1年。
ボクの似顔絵を描いていただいたのがきっかけですが、
それが縁となって‥‥コラボ‥‥

いよいよ単行本が11月下旬に出ます。
ちょっとフライング気味ですが‥‥どこよりも早く紹介したくって表紙のサンプルをアップしちゃいました。

こうご期待!!!!

んじゃ。


2006年10月24日ミズノの意気込み‥‥

11月に入ろうかというこの時期は、ニューモデルの記者発表が目白押し!!
昨日は‥‥午後2時から赤プリで‥‥

ミズノの記者発表。

鳥をあしらったロゴ、「ランバード」をシンボルマークとしてクラブに入れていくことを大々的に発表し、

その後にニューモデルを発表。ドライバー、ユーティリティ、アイアン、ウエッジがそれぞれ1モデル登場しましたが、その中でもボクが注目したのがこれ!!

MPシリーズの第3作目となる「クラフト」。クラブ自体は「顔」とフェースの素材にこだわった作りですが、驚いたのがこの部分!!

ネック部分も鍛造チタンなんですが、な・な・なんと‥‥

ライ角度が選べる!!

ノーマルは57.5度ですが、アップライ仕様は59度。そしてフラットライ仕様は56度。ドライバーで3種類のライ角度を選べるなんてピンのドライバー以来(ピンの場合、プラスティックのセルを使ってライ角調整)。そして、チタンネックでは世界初めてですわ~~

そして、さらに驚いたのが‥‥
購入後に、軟鉄鍛造アイアン同様、ライ調整ができる!!!!!!!
メーカー対応とはいえ、これも前代未聞。今日、ある国内メーカーの人と話をしたら「信じられない!!」と仰天してました。

軟鉄鍛造にこだわるミズノ。ヨーロッパ市場ではライ角度をフィッティングするのが当たり前。それをドライバーでも対応するなんて‥‥「FW、ユーティリティはどうする?」というのはさておいて、ミズノこのクラブ作りには大いに
んじゃ。